快楽という名の連絡船

 

そして船は行く(1): 快楽という名の連絡船

 

2010年3月24日

 

異国の街で見つけたにぎやかな装いのお船たち。明るい南の国の連絡船が互いに挨拶をかわす。むっつりして灰色の軍艦風なんてのは一隻もいない。

20100324171236274

あちらにやってきたのは、快楽という名の連絡船。

カニにハタ(石斑魚)にホタテにツブ、青いヒトデのお星さまを見つめて一休みした後はヒラメ、美味しいよ。豊かな海の幸。

さて、快楽だけでは不健康かも?とお感じのみなさまは、どうぞ手前のお船をご覧ください。こちらのお船は、健康・活力・快楽号。幸せのてんこ盛り。子供たちが踊って歌えば、蒔いた種が次々芽を吹き双葉が並ぶ。いかにも楽しい船の旅。

向こうの岸にはほんの10分で着きます。街の中では一番古い小さな町並みをぶらりと散歩して、はずれの灯台に登って帰ってきて、さて、帰りの連絡船は幸福号に当たればいいなと思います。

 

  • 2010-03-24付けWEB記事より再掲

********************************************