耕耘のメリットとデメリット

2015年8月8日 土曜日 晴れ

藤原俊六郎 新版・図解土壌の基礎知識 農文協 2013年

耕耘のメリットとデメリット

耕耘のメリット
1)土を砕き、軟らかくすることで、播種や定植の作業を容易にする。
2)通気性と透水性が改善され、根が伸びやすくなる。
3)有機物や肥料を均一に混合することができる。
4)雑草をすき込んで減らすことができる。
5)通気性がよくなることにより微生物が活性化し、有機物分解が促進される。

耕耘のデメリット
1)大型機械を使うことによって、踏圧で作土直下に耕盤がつくられる。
2)過度の耕耘によって団粒が破壊されることがある。
3)表土が軟らかくなるため、乾燥すると風食、傾斜地では雨による水食など土壌侵食を受けやすくなる。(同書、p157-159)

*****

**********