MacとWordPressとの相性が良くなったか?

2015年12月1日 晴れ

今日から新しいMac、 OS10.10.5 を使い始めている。うれしいことに、WordPressとの相性が改善されている。今まではエディターで文章を作ってからWordPressにコピペしてアップしていた。直接書き込むと日本語の漢字変換時にデータがごっそりと飛んで(バックアップは自動で行われるものの)白紙から再開することになり、とてもストレスフルだったのである。が、今日はそのままWordPressに書き込んで何の支障も起こらない。これならWindowsマシーンでの入力と同じ便利さである。

今まで使っていたMacBookProのOSは、OS10.6.8。これに対して今日のMacBookAirのそれはOS10.10.5、このあいだに、WordPressとの相性に影響する何らかの改善が為されたのだろう。ただし、今まで使っていたブラウザはSafari5.1.10、今日のそれは9.0.1、Safariの方もずいぶんヴァージョンが変遷しているので、これとWordPressとの相性の問題であった可能性もある。入力ソフトのATOKに関しては同じものを使っているので、今回の改善の原因ではない。不調の原因がSafari旧ヴァージョンであった可能性について追究するために、MacBookProのブラウザをアップデートしてみてもよいかもしれない。OSをアップデートすればよいとも云われようが、もろもろの危険も勘案するとOSをアップデートする気持ちにはなれないのである。

ともかく、ストレスなく入力できるようになったのはめでたい。(注:この文章は、エディターを使わず、WordPressの画面に直接入力して作成しました。)

*****

追記 2015年12月1日 「MacとWordPressとの相性が良くなった」なんて、私の勘違いかもしれない。というのは、投稿のページで、テキスト画面からビジュアル画面に移動できないことに気づいたからだ。実害は些少とはいえ、なかなか上手くはいかないものなのかもしれない。

追記 2015年12月2日 「MacとWordPressとの相性が良くなった」なんて、私の勘違い。WordPressで画像メディアの追加ボタンを押しても反応しない。要するにテキスト画面の使い心地がよくなって、画像・ビジュアル作業との連携ができなくなっている、という状況かも知れない。標題にはクェスチョンマークを追加する改訂を施さなければならなくなった。

 

*****

**********