整数論

2016年4月18日 月曜日 (晴れのち)曇り

小林昭七 なっとくするオイラーとフェルマー 講談社 2003年

一言でいうと、素数を調べるのが整数論である。・・数学では、専門知識のない人にも説明できるが、なかなか解けないのがよい問題だとよく言われる。他の分野に比べて整数論にはそういう問題が多い。・・もっと一般の整数を考えるには、体、環などの概念が必要となるのである。(小林昭七、同書、まえがき)

*****

補注
最大公約数 (a, b) greatest common divisor g.c.d. たとえば g.c.d.(18, 24) = 6
最少公倍数 [a, b] least common multiple l.c.m. たとえば l.c.m.{630, 588} = 8820
[a, b] = ab/(a, b)

*****

**********