山空しく人静かに響き更に切なり

2016年6月16日 木曜日 雨の前の曇り

一海知義 漢詩一日一首 平凡社 1976年 p182-183

*****

山中の春暁 鳥声を聴く 高啓

子規(しき) 啼き罷(おわ)りて 百舌(ひゃくぜつ) 鳴く
東窓 臥して聴く 無数の声
山空しく 人静かに 響き更に切なり
月は杏花(きょうか)に落ちて 天 未だ明けず

訓み下しは一海さん、同書、p182

*****

鳥声を聴くというのだから、唐の孟浩然「春暁」詩の「処処啼鳥を聞く」というのとは異なる。聞く、は自然にきこえて来のであり、聴く、は耳を傾けてきくのである。・・・(中略)・・・山はがらんとして人もまだ寝静まる中で、鳴き声はいっそう鋭くひびく。月は杏(あんず)の花かげに沈んだが、空はまだ明けやらぬ。 ほとんど解説を要しない表現の平易さ、それはこの詩人の詩の特徴の一つだが、その平易な表現の中に、まだ明けやらぬ山中の春を写してたくみである。(一海、同書、p182)

*****

********************************************