ベト病治療薬 オキサジキシル(2007年失効)

2016年9月4日 日曜日 曇り 涼しい(朝6時)

ベト病に対する農薬など覚え書き

補注 ベト病治療薬 オキサジキシル, Oxadixyl: ネットを調べてみても簡単には情報がつかめないが、オキサジキシルは、「卵菌網のツユカビ目に属する菌類による種々の病害に高い効果を示す。RNAポリメラーゼ阻害作用をもつ。オキサゾリジン, アシルアラニン系殺菌剤。」
2007年に失効となったらしい。失効の理由に関しては(ネットで簡単に調べた限りでは)不明である。だから現在はサンドファンMやクリーンヒッターなどの農薬は入手できないようだ。ネットでは残留農薬として問題にされている。中国などでは使われているのかと推察している。

以下はネットからの情報 <以下引用>

*****

オキサジキシル Oxadixyl
卵菌網のツユカビ目に属する菌類による種々の病害に高い効果を示す。RNAポリメラーゼ阻害作用をもつ。オキサゾリジン, アシルアラニン系殺菌剤。mp 104~105℃。室温にて安定。水溶液もpH5~9(室温) にて20ppm溶液の半減期が約4年との報告がある。http://www.siyaku.com/uh/Shs.do?dspCode=W01W0115-0152

別名(計24件) 
2-メトキシ-N-(2-オキソ-1,3-オキサゾリジン-3-イル)アセト-2′,6′-キシリジド (IUPAC)(2-Methoxy-N-(2-oxo-1,3-oxazolidin-3-yl)acet-2′,6′-xylidide (IUPAC))
サンドファン(Sandofan)
http://www.siyaku.com/uh/Shs.do?dspCode=W01W0115-0152

オキサジキシル http://www.weblio.jp/content/オキサジキシル
分子式: C14H18N2O4
その他の名称: サンドファン、オキサジキシル、M-10797、SAN-371、SAN-371F、Sandofan、Oxadixyl、N-(2,6-Dimethylphenyl)-2-methoxy-N-(2-oxooxazolidin-3-yl)acetamide、N-(2-Oxooxazolidine-3-yl)-N-(2,6-dimethylphenyl)-2-methoxyacetamide、2-メトキシ-2′,6′-ジメチル-N-(2-オキソ-1,3-オキサゾリジン-3-イル)アセトアニリド
体系名: N-(2,6-ジメチルフェニル)-2-メトキシ-N-(2-オキソオキサゾリジン-3-イル)アセトアミド、N-(2-オキソオキサゾリジン-3-イル)-N-(2,6-ジメチルフェニル)-2-メトキシアセトアミド

オキサジキシルの毒性試験の概要 日本農薬学会誌13, 639−643(1988)
Summary of Toxicity Studies on Oxadixyl
http://ci.nii.ac.jp/els/110001712236.pdf?id=ART0001835576&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1472940445&cp=
抄録  オキサジキシルの安全性評価のために各種毒性試験を実施した.その結果, オキサジキシルの急性毒性は弱く普通物に相当した.眼に対しては投与後, 洗浄しない場合に軽度の刺激性がみられた例を認めたが全体的評価としては陰性であった.皮膚に対する刺激性もなく, 皮膚感作性も陰性であった.ラットおよびマウスを用いた亜急性毒性, 慢性毒性および催腫瘍性試験では高用量で体重増加抑制, 飼料摂取量減少等オキサジキシルに関連する所見が認められ, ラットの慢性毒性試験では肝臓の増殖性病変の発生率が増加した.しかしながら発癌性は示唆されず, むしろ生存率が増加し悪性腫瘍数が減少する傾向にあった.イヌにおける慢性毒性試験では用いられた投与量においてはオキサジキシルによる影響はまったく認められなかった.催奇形性試験ではラットおよびウサギに対する催奇形性はみられず, 変異原性試験においては, S-9 Mixによる代謝活性化系の非存在下において細菌に対して弱い復帰変異原性が示唆されたものの, 染色体異常試験, マウスの小核試験の結果はいずれも陰性であった.オキサジキシルは耐性菌出現防止のため混合剤として開発を進めてきたが, 昭和61年10月に農林水産省に農薬登録され現在(補注:この論文の書かれた1988年のことらしい)に至っている.農薬登録保留基準は果実1.0ppm, 野菜5.0ppm, いも類1.0ppmであり, とくに, ばれいしょ, たまねぎ, きゅうり等に有用な薬剤である.

2013年02月02日16:50 雑草の都合 http://blog.livedoor.jp/touxia-plant/archives/1516737.html
カテゴリ農薬
オキサジキシル
オキサジキシル oxadixyl
●登録●1986/10/28。失効●2007/10/28。
●用途●殺菌剤
●商品名●テクトジン、サンドファンC、サンドファンM、クリーンヒッター。
●生産●原体生産量0.9t(2000年)と輸入量16.3t(2000年)。複合製剤生産量121t(2000年)。
●毒性●毒劇区分:指定なし。魚毒性:A類。
農薬工業会のHPにある資料:『日本農薬学会誌』第13巻 第4号
●残留性●日本食品化学研究振興財団HPにあるポジティブリスト制度でのオキサジキシルの残留基準。
●環境汚染●水産動植物の被害防止に係る農薬登録保留基準値(案)7.3 μg/Lと資料

**

*****

********************************************