チャペック評伝:独創性は、次の財産を作るために利用されるべきだ

2017年1月7日 土曜日 晴れ

飯島周 カレル・チャペック小さな国の大きな作家 平凡社新書 2015年

**

カレル・チャペック自身について
「(文学的)独創性は個人の財産ではなく、次の財産を作るために利用されるべきであり、わたしは自分自身のために作品を書いているのではない」(カレル・チャペック自身について1925年、飯島、同書、p36)

**

カレルの「お話」に関する考え方
「お話」とは「楽しい語り」であり、何よりもまず「行為」、すなわち言葉による「創造的行為」であって、現実の存在または非存在には依存しない世界を作り出せる、とする。(お話の理論1930年、飯島、同書、p47)

*****

********************************************