現代文学理論を学ぶ人のために

2017年3月25日 雪のち晴れ

川上勉編 現代文学理論を学ぶ人のために 世界思想社 1994年

・・本書全体の原則的な立場は、現代の文学理論を固定的に捉えたり、分類したりするのではなく、さまざまな方法論が交錯するダイナミックなものとして解明するということである。(川上、同書はしがき、p3)

**

*****

********************************************