ラボック「小説の技術(1921年)」:a ‘straw man’-textbook

2017年8月19日 土曜日 晴れ(久しぶりの快晴・暑い陽射し)

P.ラボック 小説の技術 佐伯彰一訳 現代小説作法シリーズ ダヴィッド社 1957年(原著は1921年)

**

グランデ爺さんのけち臭さは、金持ちになるにつれて、ますますひどくなるのだ。現在は過去と同じであり、未来は現在のそのままの延長だ。こうした場面の中で、中年になったウージェニィの辛抱強い忍従は、はっきりと眼で見える事実となり、それ以上強調せずとも、ただちに感じとられ、受け入れられる。・・・(中略)・・・「五年の歳月は去った」とバルザックは言う。しかし、それを言う以前に、歳月の影は少女の上にちらつき、その孤独に押しせまり、みずみずしさを奪い去り、じっと待っている彼女のむっつりとした諦めだけを残してゆく様が、ありありと見える。(ラボック、同訳書、p174)

**

補註 ラボック(Percy Lubbock)は1879年生まれ。ということは、この「小説の技術」はラボックが42歳頃の著作ということになる。

ウィキペディアによると・・・Percy Lubbock, CBE (4 June 1879 – 1 August 1965) was an English man of letters, known as an essayist, critic and biographer.
His 1921 book The Craft of Fiction (‘the official textbook of the Modernist aesthetics of indirection'[4]) became a straw man (補註* 参照)for writers including Forster, Virginia Woolf and Graham Greene, who disagreed with his rather formalist view of the novel. Wayne Booth in The Rhetoric of Fiction[5] considers that Lubbock’s take on the craft of Henry James was in fact schematizing and formal, if systematic, with a flattening effect. Nevertheless, Lubbock’s The Craft of Fiction had a profound influence on novelists in the 1920s and after. As Michaela Bronstein has noted, “Lubbock’s book didn’t just influence critics; it was also a spur to contemporary novelists. Virginia Woolf vacillated between echoing and condemning his ideas. Woolf’s lengthiest engagement with Lubbock was her 1922 essay “On Re-reading Novels,” which primarily praises and extends Lubbock’s argument. However, in her Diary in 15 October 1923, she found herself disagreeing with him from an artistic perspective: “his ideal aesthetic form,” she says, “cannot be accomplished consciously.”[6](以上、ウィキペディアより引用)

**

補註* a straw man 「容易に倒せそうな藁人形」
ウィキペディアによると・・・ 
ストローマン(英: straw man)は、議論において対抗する者の意見を正しく引用しなかったり、歪められた内容に基づいて反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の意見そのものを指す。藁人形論法ともいう。

語源は不明である。 比喩的な用法は、容易に倒せそうな藁人形、ダミー、かかしなどを示唆する(以上、ウィキペディアより引用)、とのこと。

**

*****

********************************************