太宰治「おさん」と源氏の女たち

2018年3月17日 土曜日 晴れ

太宰治 おさん

昨夜、wis さんの朗読で太宰治の「おさん」を聴いた。

このお話を書いてからそれほどの年月が経たないうちに太宰の死があったことを考えると、太宰はこの小説で自分の死へのレールを敷いてしまったことになる。語り手の女性は(主人公の男の)妻であるので、この小説でも太宰は複雑な視点から主人公の男(不倫相手と諏訪湖で入水心中する)を見つめていることになる。

今、私は源氏物語の現代語訳を読んでいるところである。「おさん」の中で語られる妻の視点は、源氏物語の登場人物の女性の中に探り当てて措定することができそうな気がする。

たとえば花散里に。花散里は光源氏そして夕霧の「うら若き母親役」ともいえるかもしれない。

あるいは、ある時期(たとえば女三宮がやって来る前のどこか)の紫の上に。明石の上と源氏との間に生まれた姫君を紫の上が引き取って育てる。やはり、「うら若き母親役」ともいえるかもしれない。

「おさん」の中では、男が入水心中してしまうので、話はそこで終わる。しかし、もし心中することがなかったり、心中が不成功だったりした場合(たとえば不倫相手の女だけが死んで、男が生き残る、など)には、現実生活はどのように進んでいくのか。「おさん」作中の妻の女性はどうなるのか? すでに800年近くも前に書かれた源氏物語の登場人物の女性の生き方の中にすでに書き表されていたかもしれない、という予感がする。

**

*****

********************************************

難波なる長柄の橋もつくるなり今はわが身を何にたとへん

2018年3月1日 朝からしっかりとした雪、午後になってもしんしんと降り続く

丸谷才一 輝く日の宮 講談社文庫 2006年(2003年に単行本として発行)

丸谷才一さんの「輝く日の宮」読了。モームのメリーゴーラウンドやオーウェルのアスピディストラ(オリヅルラン)などを読み終えた次なので、男女の仲という視点からは気楽というか平穏な結末の小説を読み通すことは、私の気持ちに気分転換と若干の安らぎを与えてくれることとなった。

この小説の登場人物たちは、いわゆる現代日本社会における上流、オーウェル流に区分けするなら9段階の上から3番目、上の下の品格に相当する(と思われる)。たとえば主人公・安佐子は大学教授の娘であり、父から東京品川にマンションを買ってもらっている。彼女自身は国文学の研究者で大学の専任講師から准教授に昇進した。行く末は学部長や学長を歴任することであろう。その兄は日銀で出世コース、作中ではロンドンに赴任してから昇進して帰国する。主人公・安佐子の前夫は大学の若手研究者、離婚後の愛人は同業の大学准教授、次いで一部上場企業の部長(作中で社長に昇進する)である。これらの男たちとも文通などによる付き合いは続けられ、決定的決裂はないのである。

人間の絆・メリーゴーラウンドやアスピディストラでの男女間のどろどろの葛藤や出口のない生き地獄・悲惨な不幸はこの安佐子ワールドとは別世界のものである。

さて、この小説は語りの視点その他、大変面白い構造にもなっている。その上に、細部に至るまで様々な工夫が織り込まれていて、楽しめるものであった。

たとえば・・

文学と史学との学際的研究(丸谷、同書、p62-69参照):
古今集・巻第十九(1051番)

難波(なには)なる長柄(ながら)の橋もつくるなり今はわが身を何にたとへん  伊勢

補註 「作るなり」か「尽くるなり」か?(丸谷、同書、p63)
「男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり」ーー高校一年生の国語の時間に習う「土佐日記」の出だしの句が浮かぶ。伝聞の「なり」は終止形に付き、断定の「なり」には連体形に付く。45年前に習った文法知識だ。よく覚えている。私の古典の先生・三村先生の口調までが脳裡に浮かぶ。だから恐らく、丸谷さんの小説のこの部分は高校生から老人まで、古典を愛する日本人のほとんどの人が楽しめる。

でも、さらりと読み飛ばさないで、私も少し考えてみたい。

北畠親房や賀茂真淵がこんな文法問題で間違う(丸谷、同書、p64)ということがありうるだろうか? 賀茂真淵の時代にはこのような動詞の活用形に関する文法がなくなり、古典文法知識が曖昧になっていたのだろうか? そんなバカな・・それは到底、考えられない。だから、意見が分かれているとしたら、相応の理由があるはずである。安佐子が本文中で論じたような簡単な文法問題で白黒付けられるはずはなかったと推定される。

おそらく、賀茂真淵は、「尽く」の連体形+(伝聞ではなく)断定の助動詞「なり」としたのである。

ネットで調べてみると・・
http://www.milord-club.com/Kokin/uta1051.htm 古今和歌集の部屋 > 巻十九
この歌の “つくる” は 「尽くる」と見る説もあり、その場合 「尽く」の連体形+断定の助動詞「なり」ということになるが、一般的には、仮名序に 「今は富士の山も煙たたずなり、長柄の橋も造るなり、と聞く人は歌にのみぞ心をなぐさめける」とある二つの 「なり」は終止形につく伝聞の助動詞「なり」であることから、この歌の 「つくるなり」も 「造るという」ということであるとされている。
・・・(中略)・・・
秋成の友人の桑名雅言(まさのり)が 「伊勢集」にこの歌の詞書として 「長柄の橋つくると聞きて」とあることを元に 「作る」ではないかと(契沖「余材」と同じように)言っていることを紹介した後、「...又思ふにつくるはくつるとありしを転倒して写なせしにもやともおもはるゝ也尽る也といふは今少おちゐぬやうにおぼゆかし」と、「つくる」は 「くつる」の写し間違いかも、という説を述べている。以上、引用終わり。

補註つづき 古今集の仮名序の著者(紀貫之ら)は「造る」として伝聞の助動詞「なり」と考えていたようだ。桑名雅言(まさのり)のつくる」は 「くつる」の写し間違いかも、という説は、新説であるが、あり得ないことではなく、第3の仮説として挙げてよいだろう。

さらにウェブで調べてみると・・
https://ameblo.jp/muridai80/entry-11436913251.html
驚いたことに、『伊勢集全釈』(唯一の信頼できる解説書でしょうか)のこの歌の題詞は「長柄の橋つくるを聞きて」でした。この「つくるを聞きて」とある、「を」と、『新編日本古典文学全集』の「と」とは大きく異なります。「と」であれば、その上接語は「終止形」となりますが、「を」だと「連体形」になります。そして、「連体形」だと、「作る」(四段活用)の連体形も「つくる」であり、「盡く」(上二段活用)の連体形も「つくる」となり、どちらとも決めることが出来ません。「と」と、「を」のどちらが原文かを決定できない限り、この「つくる」が「作る」か、「盡くる」かを文法的に決めることは出来ないというのが私の結論です。・・・(中略)・・・
 ただ、史実に即しての結論は『輝く日の宮』に出てきます。そして、『輝く日の宮』の主人公、杉安佐子の結論とは異なり、その本文中に出てくる、史実が明らかにしたとある、「盡くる」説に私の気持は傾いています。

以上、ウェブサイト https://ameblo.jp/muridai80/entry-11436913251.html
『輝く日の宮』を再読して(4) より引用終わり。

補註つづき・・ということで、伊勢集の題詞で、「と」と「を」のどちらが原文かを決定するのが一番大事なポイントになっていることがわかった。原典や写本などにアプローチできる研究者にお任せする課題であろう。さて、丸谷さんの本文中(p64)に出てくる、史実が明らかにしたとある、「盡くる」説に関して、この歌の作者である伊勢の年齢など、実は難しい問題を多く残していそうである。丸谷さんは、これらの論議を十分に調べた上で、それでも小説の中では不十分なところをわざと残しておいたのではないか、等々、興味は尽きないのである。

補註: また、伊勢の歌には本歌がある。

ウェブ情報によると・・名歌鑑賞 2083 より<以下引用> 
https://blogs.yahoo.co.jp/sakuramitih26/62547079.html
本歌です。
世の中に ふりぬるものは 津の国の 長柄の橋と
我となりけり            
           詠人知らず(古今和歌集・890)
(よのなかに ふりぬるものは つのくにの ながらの
 はしと われとなりけり)
長柄の橋=淀川の支流の長良川にかかる橋。
     洪水で流されて修理が繰り返されていた。
以上、引用終わり。

補註つづき 長柄の橋の「長柄」は「ながら」と読む。ながら(長良・長柄)川に架かる橋なのである。この小説で、安佐子の愛人となる「水のアクア」の部長の名前は長良(ながら)さん、そしてその会社の会長は橋本さん・・「長柄の橋」が前触れの幽霊のような役柄で働いている。遅ればせながら気がついた。小説の中では偶然となっているが、作者の構想のなかではすでに予定されていた人物名であったろう。
 安佐子が長良に初めて会ったときにも、長柄の橋vs長良豊という名前からくる既視感(デジャビュ)に不思議なものを感じたことは十分にあり得る。
 ・・とうわけで、細部を取ってみただけでもなかなか面白い。こんな読み方もまた文学の楽しみ方かもしれない。

**

********************************************

米三升といふ概念には重々しくてしかも蠱惑にみちたもの、心にしみるもの、頭をくらくらさせるものがあつた。

2018年2月28日 水曜日 曇り

丸谷才一 輝く日の宮 講談社文庫 2006年(2003年に単行本として発行)

 ・・中年女は部屋の隅に置いてある大きなリュックサックを引き寄せ、ウィスキーのびんを出した。ガラスのびんのなかで琥珀いろの液が悩ましく、たぷたぷと、挑発的に揺れるのを前に置き、
「いける口でせう、先生」と言つた。
・・・(中略)・・・
 ・・袋の口から米粒がすこし、白く、美しく、あえかに、みだらにこぼれて、さああたしたちを食べて、食べて、食べてと囁きながらきらめきつづけた。三升だ、と玄太郎は思った。米三升といふ概念には何か重々しくてしかも蠱惑にみちたもの、大御心(おほみこころ)、万世一系、恋闕(れんけつ)などといふ概念より遙かに心にしみるもの、頭をくらくらさせるものがあつた。(丸谷、同書、p192-193)

補註
このあたりの丸谷さんの(食べ物に関連した)叙述はなかなか素敵・秀逸である。描写力の天才たとえばバルザックの筆になっても、ここまで恋情と執着をもって食べ物(本引用の個所は、戦時の食糧難中とはいえ、ウィスキー以外はカニ缶・天ぷら油の缶・米・ハムなど単なる素材の数々である)の記載にのめり込むゆとりと才覚は持ち合わせないかもしれない。丸谷さんは、カード会社の月刊誌のグルメページなども担当されていたのであろうか?

同じ頃の描写で、太宰治の「親友交歓」のお話にもウィスキーの瓶の話しがでてきて感銘を受けた。

*****

********************************************

学者といふのはどこもおなじだなあ

2018年2月28日 水曜日 曇り

丸谷才一 輝く日の宮 講談社文庫 2006年(2003年に単行本として発行)

怪文書だな。親切気かもしれないが、何だか変だ。学者といふのはどこもおなじだなあ。・・・(中略)・・・
・・うん、ひょっとするとデマかもしれないし。
 あり得る。男にも女にも、下らない奴、多いからな。この世界(補註#)(丸谷、同書、p186-188)

補註# この世界:
文脈から推すと、「この世界」は、プーチン大統領やトランプ大統領からアフリカや北海道の農民までを含めた広い人間世界のことを指すのではなく、狭いサークルの中で怪文書を出したり陰口をたたいたり私怨私恨で意見を述べたり裏工作したりする「学者」の世界を指している。ただし、「広い人間世界」の縮図になっていることも確かだ。・・それにしても、補註者の私的見解としては、小説の中でまで出会いたい事柄ではないのだが・・。カール・セイガンの小説(たとえばコンタクト)や、松本清張のミステリーものの中でも、このごたごたとした学者のミクロコスモスが描かれていて後味が悪い思いをした。

**

*****

********************************************

死をさけることのできない人間のフィナーレ

2018年1月21日 日曜日 晴れ

**

中村 仁一 「治る」ことをあきらめる 「死に方上手」のすすめ (講談社+α新書) 2013年

久坂部 羊 日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書) 2007年

星新一 ひとにぎりの未来 新潮文庫 昭和55年(もとの作品集は昭和44年に新潮社から刊行された)

**

老い方・死に方を見せる役割
 老年期は、自分がこれまでの人生で価値あると思ったものを、次の世代に受け渡していく時期です。その老い方・死に方を後からくるものに見せるという、最後の役割、仕事が残されていると思います。
 死に方にもいろいろな型がないと困るわけですから、従容として死ぬ必要はないのです。泣き喚いても、のたうち回っても、それはそれでいいと思います。
 老い方も、決して立派である必要はなく、ボケでも寝たきりでも、どのような形でも、一向に構わないのです。(補註#参照)(中村仁一 上掲書、p103)

上手に子離れを
 親は子どもを育てる過程で、子どもがいなければ体験できないような人生の局面を、「怒り」や「嘆き」や「心配」により、たっぷりと味わわせてもらっているのです。子どもはそれで十分に親に恩返しをしており、そのことで、親と子どもの関係は差し引きゼロになっていると思います。
 ですから、それ以上の反対給付を子どもに望むのは、強欲といっても差し支えないと思うのです。(補註##と補註###を参照)(中村、同書、p129)

**

「先生の開発なさった、あの新薬の効果は劇的でございますね。すばらしいと言うほかありません」
「ああ。天国の幻覚を見せる作用を持つ薬のことか。あれを使うと、だれも死に直面することがこわくなくなる。いや、あこがれるようになりさえする。そして、やすらかな死にぎわとなるのだ」
「死をさけることのできない人間すべてにとって、最高の救いであり、最高のおくりものといえましょう」
 だが、医者はどこかつまらなそうな表情で言う。
「わたしもあの薬を開発してよかったと思う。使用法がああだから、秘密にしなければならず、・・・以下略・・・」(星新一 フィナーレ p340 ひとにぎりの未来 新潮文庫 昭和55年)

**

補註# A)「老年期は、自分がこれまでの人生で価値あると思ったものを、次の世代に受け渡していく時期」; B)「その老い方・死に方を後からくるものに見せるという、最後の役割・仕事」
 筆者・中村仁一さんのお話の骨子と思われるところである。
 A)に関しては「価値」のすりあわせが老者と次世代者のあいだでできていないことが問題となる。
 B)に関しては結局はあらゆる人が遂行してしまう。しかし、以下のことが問題となる。すなわち:
1)特殊な事例を除いて、老いそして死ぬ老者自身が、それ(=「その老い方・死に方を後からくるものに見せるという、最後の役割・仕事」)を価値として自覚できない(つまり上記A項が自覚的に遂行されない)場合が一般的である。
そしてまた、
2)(やはり、特殊な事例を除いて)先達の老い方・死に方を見つめるという役割・仕事を請け負うべきはずの「次世代者」が、その請け負いを無自覚あるいは忘却ないし無視して過ごしてしまうことが常態である。

補註者の見解としては、「次世代者」として一般に他の「人」を想定しても現実味に乏しいと思う。やはり特定の「家族」の人を想定することしか現実的な議論はできないと思う。

したがって、
補註## 中村さんのご意見としては「それ以上の反対給付を子どもに望む」のはいけない、とおっしゃることで「子ども」の負担を軽減してあげたいという優しいお気持ちはよくわかるものの、老いる(そして死ぬ)人はその「子ども(家族)」にしか、価値あるもの(そして逆に負の価値の高いもの=苦労)を受け渡すことが許されていないという現実を直視すべきであろう。

補註### それ以上の反対給付を子どもに求めること・・人類を除いて他の哺乳類のほとんどは生殖年齢を過ぎると死んでしまうので、「それ以上の反対給付」を子どもに求めることはない。しかし、人類は寿命が延びたため、生殖年齢を過ぎた後にも何十年かを生きられることになる。自分の世話を十分に行う事ができなくなった最晩年の介護は、誰かが担わなければならない。誰が担うべきか? ・・議論は根元に戻ることになる。

**

*****

********************************************