亡者の追善には何事か勝利多き?

2018年2月23日 金曜日 晴れ

改訂 徒然草 付き・現代語訳 今泉忠義訳注 角川文庫 昭和27年(私の持っているのは改訂95版・平成21年)

亡者の追善には何事か勝利多き?

**

徒然草 第二二二段
・・亡者の追善には、何事か勝利おほき?
・・称名を追福に修して巨益(こやく)あるべしと説ける経文を見及ばねば・・本経のたしかなるにつきて、この真言陀羅尼をば申しつるなり。(同書、p170)

補註 乗願房宗源、法然の弟子。

死者の追善に称名念仏が役立つか否か? また、その根拠は?

補註 2018年2月26日 月曜日 曇り
阿満利麿 法然の衝撃 日本仏教のラディカル 人文書院 1989年
・・専修念仏における死者救済は、あくまでも自身が仏となり、その仏力をもってなされることがらなのである。そのような論理が可能になる根拠は、「世々生々の父母兄弟」という輪廻説にある。(阿満、同書、p215)

**

****

*****

********************************************