菜園日誌 180523a ブドウ芽欠きスタート。

2018年5月23日 水曜日 晴れ・暖かい(最高気温24度)
朝、ブドウ畑を見てまわる。展葉期を迎えたばかりだというのに、早くも芽欠き作業がスタートである。ブドウは若木で、芽吹きも早く勢いがある。一個所から複数出ている芽は、一つを残す。下り方向の結果母枝と上り方向の結果母枝が重複している個所は、下りを優先させる(下り優先則)。登り方向やバックアップの枝に関しては、樹勢を落ちつかせる方向で芽欠き・芯止めを適切に行う。今期も本幹の充実を最優先する。今朝は2時間余りで西から1,2列目の芽欠きを行った。

**

ミツバチの姿も見られる。

 

シャクトリムシも(稀に)見つかる。

次いで、家庭菜園スペースにトマト苗の定植。西から順に、
イエローピコ 2株
アイコ 4株
モモタロウ 4株
レッドオーレ 6株
ピッコロカナリア 14株
ほかに
パプリカ 3株
の定植を行った。支柱は、取りあえず150cmイボタケ支柱を立てた(早晩240cm支柱の増設が必要となるが、今回は先送り)。明日、テープナーを用いて誘引することにした。
**
午後は、T783圃場の東西の脇のスペースにロータリーがけ。ダンポール支柱が刺さらないほど固くなっている場所がいくつもあり、驚かされた。
終了は昏くなって19時半。
**
*****
********************************************