嵐の中を歩むガドルフ

2012年9月13日。

朝、F先生にアポのメール。夕方17:30におうかがいするよう、返事。

*****

藤永さんのブログより。<以下引用>「長い間、信用してきたガーディアンにガッカリしてしまったと私がいうのを聞いて、そんなことは今さら新しいニュースでも何でもない、とジャーナリズム専門の先生たちはおっしゃるに違いない。しかし、そこに問題があります。現に作動しているジャーナリズムの世界で、私たち一般大衆に与えられる報道にあらゆるバイアスが意図的にかけられていて、一貫した無視もその手段であることを私たち大衆に知らせる行為に踏み切れば、職業的に疎外され、いい所からお声がかからなくなることを怖れて、私たちにそれを教えてはくれないわけです。」

John Pilger のWEBサイトから。<以下引用> “It was one of the strictest language courses I know,” he says. “Devised by a celebrated, literate editor, Brian Penton, the aim was economy of language and accuracy. It certainly taught me to admire writing that was spare, precise and free of cliches, that didn’t retreat into the passive voice and used adjectives only when absolutely necessary. I have long since slipped that leash, but those early disciplines helped shape my journalism and writing and my understanding of moving and still pictures”.

私もそのような文章を綴ってゆこう。文章を書く時に心にとめて置こう。 passive voice はvoiceにアクセントがあり、受身形、受動態のこと。反対は active voice。受動態を使えば主体が曖昧な文章が書けてしまうからだろう。私も心したい。

***

水谷千秋著「謎の大王 継体天皇」を読了。日本の古代史の本を読むとき、困るのは、古事記・日本書紀以外に典拠に乏しく、古墳も措定はされていても発掘調査などがされていない状況で、手詰まり感がつよい。異説のいくつかをこちらは採用しこちらは棄却してという操作から一つの物語を再生産しているような感じで、基準が全くはっきりしない。中国の歴史書などをしっかり読み込めばよいのであろうが、昔の漢文を読みこなすのは、中国語を話す人たちでも難しいだろう。要するに学問の進め方が明確でない。記紀の著者たちがどういう方針でどういう歴史編纂を行ったかが明確でなく、読みこなすことが難しいことが、大きな障害となっている。たとえば九州王朝はどのような形で起こり衰退したかなど、不明のところに手を付けられないでいる。どこから手を付けたらよいのであろうか。

***

夕方5時半。F教授のところにうかがい、退職に関してお願い申し上げる。

部屋に戻ってからwisさんの朗読で賢治の「旅人の話」を聴く。旅も終わりに近づいてきました。しかし、新しい旅の始まり。「新しい紙を買ってきて、この旅人の話をまた書きたいと思います。」

同じくwisさんの朗読で「グスコーブドリの伝記」を聴く。恐らく私の旅の原点はこのブドリの世界にある。マキアヴェリや会田雄次さんの見る世界も本物である。けれども、私がこれからも旅してゆくのは嵐の中をひとり歩むガドルフであるし、恋しているのは嵐の中で立ち続ける白い百合の花なのだ。その原点を見失わなければ、また正しい道を歩み続けることができるだろう。

それにしても、ブドリたちが大変なサンムトリ火山の噴火を前に「急いで汽車に乗った」、というところでは思わず笑ってしまう。サンムトリに到着するのは次の朝。昔の汽車は遅かった。最後に本格的な路線汽車に乗ったのは11歳の夏、腕を骨折して旅の途中で引き返した折だったが、本当に遅かった。腕がずきずきと痛んだ。優しかった母を思い出す。ブドリの時代なら、きっと汽車が一番速い乗り物だっただろうが、すでに内燃機関を備えて高速のメルセデスはドイツには存在していただろう。イーハトーボにはベンツは輸入されていないし、買えたとしてもそれを走らすしっかりしたアウトバーンはなかっただろう。それでも、ブドリたちは、本物。悲しい顔をして心で笑ったり、笑いながら心の中で悲しい思いで泣いていたりはしないのだ。

***

以上、2012年9月13日付けの日記より。

*****

*****************************

*****

2014年2月20日付け、WEB記事のためのHHコメント:

この日に大学退職を願い出たのです。それから半年後の2013年3月末で大学での研究者生活に終止符を打つこととなりました。私にとっては記念すべき踏み切りをしたこの日、賢治の「旅人の話」を再び聴いておりました。私のひとつの旅も終わりに近づき、しかし、新しい旅の始まりも待っていました。「新しい紙を買ってきて、この旅人の話をまた書きたいと思います。」  私も、今、新しい土地で新しい旅を始めているのですね。

「けれども、私がこれからも旅してゆくのは嵐の中をひとり歩むガドルフであるし、恋しているのは嵐の中で立ち続ける白い百合の花なのだ。その原点を見失わなければ、また正しい道を歩み続けることができるだろう。」

以上、2014年2月20日付け、WEB記事のためのHHコメント。

*****

***************************************

 

 

 

 

 

市民科学者として生きる

 

市民科学者として生きる: 人はどうしたら本当の科学者として生きていけるか

 

2014年2月20日 木曜日

 

島村英紀さんの「人はなぜ御用学者になるのか―地震と原発」花伝社 2013年 を読了。島村さんの充実したWEBですでに公開されている文章が少なからず再録されており、常日頃の島村さんの熱心なファンとしてはやや物足りない面がないわけではなかったが、それでも一息に通読させていただいた。

さて、メインストリームの科学研究が主に国家予算から支出される研究助成金によって支えられている現状から、科学研究の多くが国家にとって役に立つことすなわち「御用」を務めることのできる方向に向けられることは当然であろう。この辺りの機微に関して島村さんのWEB記事や単行本ではまとめてよく記載されている。

多くの科学者がややもすると御用学者になってしまうことに関しては、島村さんの単行本の中によく書かれいるので、ここでは私は、「人はどうしたら御用学者にならないで本当の科学者として生きていけるか」ということに関して考えてみたい。

科学を支える行政に関して、問題の本質は、「何が国家にとって本当に役立つことか」という問いかけである。 これを論議できるような情報が国民に十分に公開されず、深く議論されることもなく、国民ひとりひとりが時間をかけて考える機会もなく、国民のアイデアや希望が行政に伝えられる道も開かれていない。行政と行政から選ばれた審議会などの一部の担当者たちのその時の判断にゆだねられているのが現状である。彼らの視点から国家にとって役立つように見えても、長い目で見てあるいは結果から判断して決して役立ってはいなかった、ないしは他のことに人的物的資源を振り向けた方がよほど有益だったであろうに、という事例が多々ある。島村さんの専門分野の地球科学や地震科学、しかり。私が取り組んできた医学研究、しかり。以前の私のWEB記事で繰り返し、「もう少しだけ目線を高く遠くに向けて」と訴えてきたのは、このような意図からである。

さて、ここまでは、国家ないし企業の助成による科学研究、すなわち現代文明の花形であるメインストリームの科学研究に関して述べたものであるが、視野をもう少し広げて問題を提起してみたい。すなわち、助成金がもらえなくても科学はできるのではないか? 国家や企業の予算支援に支えられなくても科学者として生きることは可能ではないか?

私が今まで学生や大学院生の教育に懸命になって取り組んできたのは、職業科学者を育てるのが目的ではなかった。そうではなくて、「科学する人」を育てることを目指してきた。前回のメールではリサーチマインドという表現を使わせていただいた。「科学する人」は必ずしも職業科学者である必要はない。一人の市民として、科学的な方法、科学的な取り組み方で、それぞれの今の課題に立ち向かっていける人を指している。

一例を挙げよう。たとえば第一線で働いているお医者さんのほとんどは、文部科学省の大きな助成金を受けて研究プロジェクトを推進しているわけではない。しかし、多くの難しい課題を抱えた個々の患者を目の前にして、今でもわからないことだらけである。それを何とかしてわかろうとしない限り、医者のやっていることは、500年前の呪い(まじない)師と実質的に変わらない営みになってしまう。わからないことに直面したその時、医者に求められている姿勢は、隠されている本質を見抜く科学者としての取り組み方である。

もう一例。たとえば土地を耕す一人の農家を考えてみよう。太陽そして地球、季節と天候、タネや動物や虫たち、空中のカビ、土壌の微生物に至るまで、さまざまな自然にさらされふれ合い、それらに思いを馳せながら作物を育てる。やっぱり、わからないことだらけである。それを何とかしてわかろうとしない限り、困難を乗り越えてそれぞれが目指すところへと進んでゆくことはできない。人類が1万年前に農耕を始めたときから今に至るまで、直耕の農民は「わかろう」と努めてきた。本当のことを知ろうとする「科学する心」はすべて時代の農民にとって大切なものであり続けてきたのだ。

以上、医師と農家の2例を挙げただけだが、ほかのどんな職業に就いている人であっても、あるいは職業とは関係のない人の営みであっても、私たちがよりよく生きていくうえで、「科学するこころ(リサーチマインド)」は貴重なものなのだ。

「科学するこころ」はもっとずっと広く、そして楽しい人類の営みを指している言葉であり、私たちは「市民科学者」として、「科学する心を持った人」として、胸を張って楽しく歩を進め生きてゆくことができる。

国家の助成金に支えられた、ややもすると競争の激しい、孤独で暗くなりがちな職業科学者たちによる、国家社会の御用を務める「仕事としての科学」は、 科学のなかでも特殊な比較的小さなカテゴリー(範疇)に属するものだ。本当の科学は、もっとずっと広く、明るい。それは、私たち市民ひとりひとりの手の中そして心の中にある。

国民一人一人が市民科学者として学び考え行動すること、今一歩、さらにもう一歩、歩を進めてゆくこと、そして、それを積み重ねることを続けてゆければ、すばらしい。

国家行政予算から多額の助成金を受けて大きな研究を進める職業科学者たちの仕事は、それらの市民科学者たちによって真の意味で正しい方向に舵取りされ支えられることによってのみ、国家にとって本当に役立つ仕事へとつながってゆくのである。科学と学問を進める真の主体は、本当は、市民科学者としての私たち国民市民一人一人である。憲法の前文を持ち出すまでもなく、国民が国家の主権者であるのだから。

 

*****

 

以上、島村さんの単行本を読んでの所感。2014年2月21日付け。

 

島村英紀さんの「人はなぜ御用学者になるのか―地震と原発」(花伝社 2013年)をお読みください。

 

********************************************

 

グラフの形が違う!

 

グラフの形が違う!: ユーア、ロングの思い出。

 

2006年1月17日e

「グラフの形を比べてみよう!」とは、当部のメンバーなら、耳にたこができるほど聞かされている。しかし、ここで語るのは、「ユーア、ロングの思い出」である。すべては語れない。痛恨の想いに沈み込む。とげのように深く突き刺さって、古い傷口が今でも疼くのである。

1991年のこと、私は、Hv大学のG教授のところに相談に行った。Hv大学は、私の小学生の頃からのあこがれの大学でもあり、また、G教授はノーベル賞ももらっている天才科学者の誉れ高い人だ。パーティでお宅にうかがったこともあったし、常々、立派な仕事に心服していたのである。G教授のところに一回目に相談にうかがったときに、私の仕事で面白いデータのでていること、G教授のテーマの方向でその仕事を発展させていきたいことを話した。結果、日を改めてもう一度、私の実際のデータを見せて、具体的なディスカッションをすることとなった。

私のデータは、今までの平凡なデータとは違ったラインの仕事で、なかなか不思議な実験データであった。ただ、その面白さが、当時のボスのM先生が決して面白がらないジャンルの面白さで、むしろ、G教授にぴったりのプロジェクトにつながりそうだった。私は、是非、G教授のアドバイスをもらい、ボストンの地で、科学者としての起死回生の仕事に打ち込んでみたいと思ったのだ。

さて、G教授に見せに持っていくべきいくつかのデータのうち、一つのフィギャーでは、2回繰り返して基本的には同じ興味深い結果が出ていた。ただ、グラフがでこぼこしていて、実験が下手だと思われそうなデータだった。が、まあ、仕方なかろう。G教授のところに2回目に訪問、そのデータを見せて説明したところ、G教授が即座に「ユーア、ロング」と大声で言った。私は、何が長いのか分からず、びっくりしてしまった。「ロング、ロング」と繰り返す。私は、ようやく、「You are wrong. (お前は間違っているぞ)」と言われているのに気づいた。G教授は、グラフの形が different (違っている)、というのだ。私は、実験のデータのばらつきでグラフがでこぼこしていることかと思い、実験手技が下手であることによるでこぼこではあっても、結論が間違っていることにはならないことを、冷や汗をかきながら一生懸命説明した。何しろ、私の命運がかかっている。

しかし、それでも、ユーア、ロングと言われた。そして、こんなこともわからないのかと蔑んだような身振り言い方で、彼が説明するには、私の仮説が正しければ、私が実験で得るはずのグラフの形は、コントロール実験のグラフの形と同じ、すなわち、平行移動したら重なる形になるはずである。ところが、私の実験結果は、変にへちゃげた、コントロールとは全く違った形のグラフになっている、すなわち、私の仮説とは全く違った異質の「何か」が起こっている、と解釈しなくてはならない。私もようやく、そのグラフに関して自分の解釈の誤りに気づいた。確かに、G先生のおっしゃるとおり、私の仮説は成り立たないかもしれない。言われたことは良くわかった。

それは良くわかったが、こうしてG先生のところに相談に来ている理由は、局所的にそのデータの解釈だけを教えてもらいたかったからではない。科学者としての姿勢を尊敬しているG先生からさまざま大局的なアドバイスをもらいたいから、こうして相談に来ているのである、そう言ってお願いしたが、冷たくあしらわれただけであった。日本的な浪花節では通用しない世界がそこにある。たとえ一つのフィギャーにせよ、データの解釈を間違えたこと自体、言語道断、徹底的に糾弾さるべき愚かさ、ということか。あとには、とげとげしい冷たさが残ったのみであった。

問題のフィギャーに関して、あとから落ち着いて追加実験を行って、やはり私の実験結果のアセス(評価)は間違っており、バクテリアからタンパクを精製してきたときの夾雑物による影響を見ていただけらしいことを、自ら突き止めた。結果として、G先生の読みは正しかった。しかし、よそのポスドクのデータを開示させ、局所的な解釈に関して、あれほど厳しく糾弾された。私はひとりで、ひどく落ち込んだ。その辺の人間関係的事情はさておき、私はその時はじめて、自分の実験データの読みがいかに浅かったかを思い知らされた。「ユーア、ロング」とあからさまに指摘されたのは、あの時がはじめてであった。(今のところ、あれが最後であった、と言えるが、これはまだ当分、確定しない。) 私も、すでに30報以上の英文原著を発表してきた34歳の科学者として、ひとつの実績は出してきていたはずなのに、すべてを打ち砕かれた面接だった。今に至るまで、この「グラフの形が違う!」は、私にとって最も貴重な研究のキーワードであり続けている。部員の前で「グラフの形」と言うたびに、依然として、私のどこかで小さな「とげ」のようなものが動いているのが見つかる。「ユーア、ロング」は、私の痛みであり、悔しさ・屈辱である。

2年間のボストン留学時代は、科学者としての私にとって、惨めな模索の時期であった。

**********

 

以上、グラフの形が違う!: ユーア、ロングの思い出  2006年1月17日e 付けのWEBページより再掲

 

********************************************

 

 

バイオ研究者の英語文例

 

バイオ研究者・大学院生のための 簡単な英語文例集

1.材料の供与の依頼状 私たちが日頃の仕事で使っている手紙の文例を集めてみます。簡単英語の集まりです。特に私が書いたものは、へたな英語かもしれませんが、何とか仕事には仕えています。相手にこちらの意図が伝わって、相手から暖かい応答をもらえれば、取りあえず手紙の目的は達成です。要は、はっきりと自分の希望を伝えること。そして、簡潔に。相手の立場にも考慮して丁寧に。

文例を参考にして、欲しい情報や材料を積極的に提供してもらえるようにトライしましょう。そしてどんどん研究を進めて下さい。そして仕事が進んだら、感謝の気持ちを伝えましょう。一番良い方法は、レベルの高い論文で発表することです。それから、自分が自分の努力で得た知識・情報・材料など、自分のものだけにしないで、研究室の仲間、世界中の仲間と分かち合って下さい。楽しいですよ。

*******

ものを送ってもらいたいとき

My research group at the Dept. Molecular Medicine, Sapporo Medical University is engaged in establishing tumor therapeutic strategies based on virus-directed suicide gene therapy. We are now involved in a study using partially replication-competent adenoviruses whose cytotoxicities are restricted for specific cancer tissues. For your reference, I enclose a list of our recent publications using Adv vectors including the replication competent Advs. During these studies we have realized that some tumor cells including melanomas, esophageal cancer cells, and squamous cancer cells from head and neck origin are resistant to adenoviral replication or adenovirus-mediated cytotoxicity. From this point of view we are very much interested in your previous work describing ** (Ref **).

I would like to inquire whether you might assist us by providing your ** virus stock solutions. Would you be willing to send us *****, which were described in *****? If you require us to fill some official form, I would be grateful if you could send us the form at your earliest convenience (注参照). For transportation, please feel free to use my FEDEX account number (#*****).

I look forward to hearing from you soon.

Sincerely,

注: at your earliest convenience というのは相手をせかせるような言い方なのでよくないのだそうです。そこで私は最近はat your earliest convenienceのかわりに soon を使うことにしました。

<以上、2001年2月22日付けのWEBサイトより再掲>

********************************************