古代、風は方神の使役する鳥形の使者であった

2016年2月4日 木曜日 曇り

かぜ(風) 以下、大野晋編 古代基礎語辞典 p333 角川学芸出版 2011年 より引用。

古代、風は息と同じで、生命のもとと考えられていた。その風は、各地方にいる風の神が起こすものと考えられていたので、行路などの安全のために風祭りを行い、風が荒れないように祈った。また、風が吹くのは恋人が訪れるしるしとも考えられていたという。風は自由にどこにでも行けるものであり、また、さまざまなものを運ぶが、香や音などのほか、人の消息なども伝えるものとされた。季節の変化をいち早く感じさせるのも風である。・・・一方、風の邪気によって起こされると考えられた病気は、今日の風邪のほか、中風など、主として神経系の疾患をいった。

・・・夕されば 風{加是}吹かむとそ 木の葉さやげる <記歌謡二一>
・・・おき(息)そ{嘆息}の風{可是}に霧立ち渡る <万葉七九九>

*****

以下は白川・字統 p776-777より抄:
風 フウ かぜ・ふく・おしえ・ならわし
声符は凡(はん)。卜文の風の字形は、鳳形(ほうけい)の鳥の形で、その左や右上に声符として凡の形を加えていることがある。冠飾をつけて、神聖な鳥の形にかかれている。
卜文・金文には風(虫)に作る字形はない。風を八風に分かつことは、卜辞にみえる四方の方神と、その使者たる風神の名に起源するものと思われる。・・・山海経にみえる神々には、「四鳥を使ふ」のように、鳥形の神を使者として使うものが多い。卜文の風が鳥の形、それも鳳(ほうおう)の形でしるされているのは、風はその神鳥の羽ばたきによって起こると考えられていたからであろう。・・・このような鳥形風神が、いまの風の字形に移行した時期は明らかではないが、秦の会稽刻石(かいけいこくせき)には、篆文と(てんぶん)と同じ字形が用いられている。風を、天上にいる竜形の神が起こすものと解したのであろう。卜文においても、雲や虹(こう)などは、みな竜形の神とされていた。
風の用義・・・風がもと方神の使役する鳥形の使者であること、方神の意を受けて、これをその地域に宣示し風行させるものであること、これによってその地域の風土性が特色づけられ、その土俗が規定されるものであるという観念が、古く存していた。これによってその風土・風俗が規定され、風光・風物・風味が生まれ、その地に住む人の性情にも深く作用して、風格・風骨を形成するとされたのであろう。それが歌詠に発するものは風、すなわち民謡である。風の字のもつ多様な訓義は、このような古代風神の観念から、おおむねこれを解することができる。風邪のごときも、この神によってもたらされる神聖病であった。風は自然と人間の生活との媒介者であり、その生活の様式を規定するもので、そのような営みを風化といい、流風という。(白川、字統、p776-777)

*****

「おか」に対応するいろいろな漢字:

以下のページの数字は白川・字統の該当ページ。解説は白川・字統より抄。

丘 p178 おか・はか キュウ 墳丘の象形。孔子の名は丘。
岡 p305 おか コウ 土笵(どはん)に火を加えて高熱で焼成すること岡という。・・・岡とは赤土色の焼きかためられた鋳型をいうのが原義。
阜 p767 おか・おおきい・さかん フ 神梯(しんてい)の形。神が陟降(ちょくこう)するときに用いる梯(はしご)である。この部に属する字は、神の陟降する聖地に関するものが多い。
陸 p908 おか・くが リク・ロク 坴(りく)は神を迎える幕舎(ばくしゃ)の形。阜(ふ、阝)は神が陟降する神梯(しんてい)の形。神様の前にその幕舎を設け、神を迎え祀るところを陸という。およそ山上の高平のところは、神を迎え祀るに適したところで・・・・・・以下略・・・

補注:陟降 ちょくこう 昇り降り。天地を往来すること。(WEB字書より)
 陟 チョク 登ること

*****

**********

研究力の基礎は論理力、すなわち母国語力と数学力である。

2016年1月22日

寺島隆吉 英語で大学が亡びるとき 「英語力=グローバル人材」というイデオロギー 明石書店 2015年

*****

『英語で大学が亡びるとき 「英語力=グローバル人材」というイデオロギー』寺島隆吉著の書評を http://www42.tok2.com/home/ieas/bookreview20151221.pdf のウェブサイトで見ることができる。

研究力の基礎は、国語力(母語で論理的に考える力)と数学力である。<同書評から引用>

これは私も長年にわたって教育と研究の場で重点的に指導してきたところであるので(同書はまだ手にしてはいないものの)同志ををひとり得られたような予感である。つまり、とても気強く感じている。

ただ、即戦力として使える人材を工業化社会に送り込むことを使命としている現在の大学教育の場では、往々にして軽視ないし蔑視されている視点であるのは認めざるを得ない。私も同僚から「草野球を小学生に教えるように指導すべき場面で、将来の大リーグの選手を育てようというような大それた目標で研究指導をしている」との批判を受けていたとのこと、直接言われたのではなく、間接的に聞き及んだことがある。大学教育が低俗化し、マスプロ教育が成果を挙げていないことは重々承知してはいる。しかし、たとえ同僚から冷笑的批判を受けようと、私は教育の場に臨んだら真摯に学生と向き合いたい。私は学生たちを見下したような教育をすることを潔しとはできないのである。

*****

マスコミに載らない海外記事さんのサイト http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-34a3.html から、<以下引用>

今読んでいる本『英語で大学が亡びるとき「英語力=グローバル人材」というイデオロギー』寺島隆吉著、素晴らしい本だと思う。こうした記事と直接つながる文章があったので、転載させていただこう。

307-308ページ

福島原発事故で明らかになったように、政府の発表も大手メディア(特にNHKを含めた大手のテレビ局)の報道も嘘に満ちていて、外国の報道を通じて初めて、私は福島原発事故における放射能汚染の深刻さを知ったからです。
かつてアジア太平洋戦争で日本が負け戦を続けているにもかかわらず当時の『朝日新聞』を初めとして大手メディアは政府の垂れ流す「勝った、勝った、日本が勝った」をそのまま報道し続けてきたのに似ています。しかし英語で情報を読んだり聞いたりできたひとにとって、日本の敗戦は疑いようのない事実でした。
ですから日本の英語教育は「読む能力」にもっと力を入れるべきだと考えています。そうすればインターネットで海外の報道を知ることができるようになった現在、英語を読む力をつけておきさえすれば、政府の発表や大手メディアの報道で国民がだまされることも、大幅に減少するでしょう。
ところがTOEICの受験結果を見るかぎり、大方の予想に反して、日本人の英語力は「聴解力」よりも「読解力」の点数が低いのです。今は学校も民間も「会話一辺倒」ですから、ますます英語の読解力と低下していくでしょうし、「英語でおこなう、英語の授業」はさらにこの傾向に拍車をかけるでしょう。情報を隠したい為政者にとってこれほど好都合なことはありません。<以上、引用終わり>

*****

私の以前の読書ノート:「日本人にとっての最も優雅な英語の話し方は、日本人らしく話すこと」の記事(2015年4月18日付け)も以下に再掲する。

2015年4月18日 土曜日 晴れ

中島義道 英語コンプレックス脱出 NTT出版 2004年

第一章 「英語コンプレックスとは何か」は、もともと「英語コンプレックスを探る」と題して1993年に書かれたものの復活。「英語帝国主義」に対する正面からの批判(同書、まえがき、p4)となっている。第二章以降は、英語コンプレックス状況の変化、私の英語コンプレックスの変化、英語コンプレックスの自然治癒、と続く。

以下、1993年に書かれた第一章からの引用:

この場合、日本人は欧米人のまねをしてアジア人同胞を虐待しておきながら、欧米人のアジア侵略を批判する資格はない、というべきであろうか。賢明な読者にここで考えてもらいたいことは、平均的日本人はアジア侵略に対して何ほどかの良心の呵責を感じるのに対して、平均的イギリス人はアジア侵略に対してほとんど自責の感情をもっていないということである。
イギリス人のインド支配の過酷さは人も知るとおりである。イギリスはアヘンによる中国支配というおよそかんがえうるかぎり最も卑劣な手段を講じた。それにもかかわらず、大多数のイギリス人は自分たちのアジア支配を正当だと考えている。(中島、同書、p66-67)

私が強調したいこと、それはごまかすことなく自分のうちに潜む欧米コンプレックスを直視することから出発するほかない、ということである。これはわれわれの「運命」なのである。黒人解放運動が黒い肌の色を理性的に愛すること(アガペー)から出発せねばならないように、われわれはこの運命を理性的に愛することから、すなわち、自分に与えられた運命を愛するところから出発するほかない。そして、コンプレックスはこうした理性的レベルでは解決できないことを肝に銘じつつ、さしあたりどこまでも理性的に対等の原則を貫くことに全力を投じるほかない。・・・中略・・・次のように問う人がいるとしよう。「私は現在の国際語としての英語に特別不都合を感じない。なぜ、わざわざこれに逆らってみずからの血を流しみずからの骨を砕く努力をしなければならないのか? 」 この疑問に対する答えは簡単である。それが正しいからである。言語や民族のあいだにはいかなる支配の構造もあってはならないからである。われわれは現在の英語支配の構造を変革すべきだからである。とすれば、その変革はいくら困難であってもできるのである。カントとともに言えば「きみはできる、なぜならすべきだからだ(Du kannst, denn du sollst)」(カント自身の言葉ではないが、カント倫理学の基本思想を表すものとして、有名なもの)。(中島、同書、p73-74)

アジア植民地支配の道具として使用された英語を、アジアの一国としてのわが国でいま眼の前の生徒たちに教えている行為を、何がしかの痛みとともに自覚せよ、と言っているのである。(同書、p77-78)

日本人にとっての英語の最も優雅なしゃべり方は、日本人らしくしゃべることである。(同書、p80)

英語支配の構造を覆すためにとるべき第一の対策は、英語を真の国際語として働かせるために、そこから英米文化の臭いをなるべく消し去ることである。(同書、p80)

そしてもう一つの対策は、さまざまな言語間での対等な関係を確立することである。(同書、p81)

しかし、些細なことだからと引き下がってはならないのだ。むしろ、きわめて大事なことは、「それ自体は大したことでないような、欧米に盲従する日常茶飯の自分の行動や癖を意識的に反省し、もしそこに問題があればあえて異を唱え、こだわる習慣をつけることである」。これは勇気を必要とすることである。(同書、p82)

けっして彼らの傲慢や偏見を見過ごしにせず、しかも時宜をつかんでさりげなく言えばよいのである。その静かな要求に、彼らがどのように応えるかをしっかり観察すればよいのである。
一般に、支配・被支配の構造において、支配する側の意識改革を待っていては何も進展しない。被支配の側から叫び声を発していかねばならないのだ。(同書、p82-83)

英語コンプレックスを空威張りや自己欺瞞や痩せ我慢ではなく、真の意味で克服するには、一つの道しかない。それはあらゆるコンプレックスと同様、そのコンプレックスの全貌を見通し、それを克服する手段を真剣に研究し、かつ勇気をもって具体的な行為に出ることである。(同書、p83)

*****

「憧れの」欧米社会の実態はこんなに悲惨なものだという報告---「ウィーン愛憎」はじつはこの系列。(中島道義 英語コンプレックス脱出 p129 NTT出版 2004年)

*****

**********

不道の道、不言の辯(ことば)、不仁の仁

2016年1月12日 火曜日

中嶋隆蔵 「荘子 俗中に俗を超える」中国の人と思想5 集英社 1984年

言葉はもともと立場によって意味内容を異にし、一定のことがらを指すわけではない。しかもその言葉には、まず左右のちがいを指摘することから始まって、ついで、事物それぞれにそなわる特質を明示し、さらに、事物それぞれの同異を分類し、ついには、彼此(ひし)自他の優劣を競争させるという働きがある。したがって、こうした性質の言葉によって、無限定の道を表現しようとするのが、そもそも問題なのである。言葉によって表現しようとすればするほど、その分別、分類の枠の外にはみ出してしまい収拾がつかなくなるだけであろう。道とは何か、言葉とは何か、両者の関係を知り悉(つ)くした聖人は、したがって、万物とは直接かかわることのない宇宙の外のことがらについては、在ることは認めつつも、一切言及することがない。万物が生死する宇宙の内についても、言及はしても云云(うんぬん)しない。人間にかかわりの深い古代の歴史や政治については、云云はしても是非を加えない。要するに、すべてを在るがままに容認するのである。たとい世を治めるに欠くことのできない道や言や仁や廉や勇といわれるものであっても、かくかくしかじかのものと言葉で言い表されたとたんに、それらは固定化され、その実質が見失われてしまい、逆に桎梏(しっこく)へと転化していくのである。とすれば、不道の道、不言の辯(ことば)、不仁の仁、不けん*の廉、不忮(ふし)の勇こそがもとめられなければならない。宇宙の外について在ることを認めても言及せず、宇宙の内については言及しても云云せず、古代の歴史や政治については云云しても是非の分別を加えない聖人こそ、そうした行為の真の体現者であり、光(ちえ)をかくした聖人の心はまさしく天府であろう。(中嶋、同書、p128)

*****

天府 ゆたかな地(白川、字通、p1165)

*****

**********

日本人にとっての最も優雅な英語の話し方

日本人にとっての最も優雅な英語の話し方は、日本人らしく話すこと。

2015年4月18日 土曜日 晴れ

中島義道 英語コンプレックス脱出 NTT出版 2004年

第一章 「英語コンプレックスとは何か」は、もともと「英語コンプレックスを探る」と題して1993年に書かれたものの復活。「英語帝国主義」に対する正面からの批判(同書、まえがき、p4)となっている。第二章以降は、英語コンプレックス状況の変化、私の英語コンプレックスの変化、英語コンプレックスの自然治癒、と続く。

以下、1993年に書かれた第一章からの引用:

この場合、日本人は欧米人のまねをしてアジア人同胞を虐待しておきながら、欧米人のアジア侵略を批判する資格はない、というべきであろうか。賢明な読者にここで考えてもらいたいことは、平均的日本人はアジア侵略に対して何ほどかの良心の呵責を感じるのに対して、平均的イギリス人はアジア侵略に対してほとんど自責の感情をもっていないということである。
イギリス人のインド支配の過酷さは人も知るとおりである。イギリスはアヘンによる中国支配というおよそかんがえうるかぎり最も卑劣な手段を講じた。それにもかかわらず、大多数のイギリス人は自分たちのアジア支配を正当だと考えている。(中島、同書、p66-67)

私が強調したいこと、それはごまかすことなく自分のうちに潜む欧米コンプレックスを直視することから出発するほかない、ということである。これはわれわれの「運命」なのである。黒人解放運動が黒い肌の色を理性的に愛すること(アガペー)から出発せねばならないように、われわれはこの運命を理性的に愛することから、すなわち、自分に与えられた運命を愛するところから出発するほかない。そして、コンプレックスはこうした理性的レベルでは解決できないことを肝に銘じつつ、さしあたりどこまでも理性的に対等の原則を貫くことに全力を投じるほかない。・・・中略・・・次のように問う人がいるとしよう。「私は現在の国際語としての英語に特別不都合を感じない。なぜ、わざわざこれに逆らってみずからの血を流しみずからの骨を砕く努力をしなければならないのか? 」 この疑問に対する答えは簡単である。それが正しいからである。言語や民族のあいだにはいかなる支配の構造もあってはならないからである。われわれは現在の英語支配の構造を変革すべきだからである。とすれば、その変革はいくら困難であってもできるのである。カントとともに言えば「きみはできる、なぜならすべきだからだ(Du kannst, denn du sollst)」(カント自身の言葉ではないが、カント倫理学の基本思想を表すものとして、有名なもの)。(中島、同書、p73-74)

アジア植民地支配の道具として使用された英語を、アジアの一国としてのわが国でいま眼の前の生徒たちに教えている行為を、何がしかの痛みとともに自覚せよ、と言っているのである。(同書、p77-78)

日本人にとっての英語の最も優雅なしゃべり方は、日本人らしくしゃべることである。(同書、p80)

英語支配の構造を覆すためにとるべき第一の対策は、英語を真の国際語として働かせるために、そこから英米文化の臭いをなるべく消し去ることである。(同書、p80)

そしてもう一つの対策は、さまざまな言語間での対等な関係を確立することである。(同書、p81)

しかし、些細なことだからと引き下がってはならないのだ。むしろ、きわめて大事なことは、「それ自体は大したことでないような、欧米に盲従する日常茶飯の自分の行動や癖を意識的に反省し、もしそこに問題があればあえて異を唱え、こだわる習慣をつけることである」。これは勇気を必要とすることである。(同書、p82)

けっして彼らの傲慢や偏見を見過ごしにせず、しかも時宜をつかんでさりげなく言えばよいのである。その静かな要求に、彼らがどのように応えるかをしっかり観察すればよいのである。
一般に、支配・被支配の構造において、支配する側の意識改革を待っていては何も進展しない。被支配の側から叫び声を発していかねばならないのだ。(同書、p82-83)

英語コンプレックスを空威張りや自己欺瞞や痩せ我慢ではなく、真の意味で克服するには、一つの道しかない。それはあらゆるコンプレックスと同様、そのコンプレックスの全貌を見通し、それを克服する手段を真剣に研究し、かつ勇気をもって具体的な行為に出ることである。(同書、p83)

*****

「憧れの」欧米社会の実態はこんなに悲惨なものだという報告---「ウィーン愛憎」はじつはこの系列。(中島道義 英語コンプレックス脱出 p129 NTT出版 2004年)

*****

2016年1月22日追記

マスコミに載らない海外記事さんのサイト http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-34a3.html から、<以下引用>

今読んでいる本『英語で大学が亡びるとき 「英語力=グローバル人材」というイデオロギー』寺島隆吉著、素晴らしい本だと思う。こうした記事と直接つながる文章があったので、転載させていただこう。

307-308ページ

福島原発事故で明らかになったように、政府の発表も大手メディア(特にNHKを含めた大手のテレビ局)の報道も嘘に満ちていて、外国の報道を通じて初めて、私は福島原発事故における放射能汚染の深刻さを知ったからです。
かつてアジア太平洋戦争で日本が負け戦を続けているにもかかわらず当時の『朝日新聞』を初めとして大手メディアは政府の垂れ流す「勝った、勝った、日本が勝った」をそのまま報道し続けてきたのに似ています。しかし英語で情報を読んだり聞いたりできたひとにとって、日本の敗戦は疑いようのない事実でした。
ですから日本の英語教育は「読む能力」にもっと力を入れるべきだと考えています。そうすればインターネットで海外の報道を知ることができるようになった現在、英語を読む力をつけておきさえすれば、政府の発表や大手メディアの報道で国民がだまされることも、大幅に減少するでしょう。
ところがTOEICの受験結果を見るかぎり、大方の予想に反して、日本人の英語力は「聴解力」よりも「読解力」の点数が低いのです。今は学校も民間も「会話一辺倒」ですから、ますます英語の読解力と低下していくでしょうし、「英語でおこなう、英語の授業」はさらにこの傾向に拍車をかけるでしょう。情報を隠したい為政者にとってこれほど好都合なことはありません。<以上、引用終わり>

『英語で大学が亡びるとき 「英語力=グローバル人材」というイデオロギー』寺島隆吉著の書評が http://www42.tok2.com/home/ieas/bookreview20151221.pdf で見られます。

研究力の基礎は、国語力(母語で論理的に考える力)と数学力である。<同書評から引用>

*****

**********