産学連携の課題

2010年4月6日 火曜日

産学連携の課題に関して文章を書いたのがほぼ2年前。前任のセンター長として、活動報告書の前書きのようなものを依頼されて書いたものである。2年ほどしか経過していないこと、私の年齢の変化率も誤差範囲に収まってきているためもあろうが、読み返してみても私の視点は全く変化していない。

ただ、大学の報告書という形式上、少しだけかしこまった、若干大学らしいスノッビッシュな姿勢を装った文章にするよう工夫したのを覚えている。

産学連携の課題として、やはりお金の問題を避けて通ることはできない。政府の助成金が産学連携の原動力であるが、その動きを観察してみると、産業界に直接の助成金を投入することははばかられる。そこで、大学を窓口として、さまざまな大学の雑多な知的なアクティビティをリスク分散の拠り所として、競争によって得られた良い成果を産業界へ流し込む、という図式になっている場合が多い。

その場合、成果主義・実用応用主義にどうしても重点が置かれてしまう。産業界がお金を投資できるのは、百年後に人類の役に立つかも知れない成果ではなく、せめて10年後には形が見えてくるような成果でしかあり得ない。前記の文章の中にも記載したように、これは大学の学問や教育には危険な姿勢である。

大学での研究費獲得が非常に競争的となっている。科研費のアクセプト率が応募の4分の1以下程度が普通であることを考えると、残りの多くの部分をどうやってサポートするか、重い課題になってしまっている。産学連携では現実問題としてその一翼を担うことはできないし、担えと命じることは(目的の範疇がお門違いであることから)適切なことではない。

では、どうすればよいか?

今ここに私に簡単な答えを用意できているわけではないが、国家の税金の使い方は国の最も大切な意志決定事項であり、1月から3月にかけての通常国会で十分に審議されてしかるべきであろう。昨年末の事業仕分けに関しても個々の大切な問題に十分な説明と考慮議論の時間が割かれておらず、今年に入ってからの国会でも審議され尽くされることはなく、また今この4月を迎えてしまったようで、私には残念でならない。

以上、2010年4月6日付けのWEBページより再掲

********************************************

産学地域連携の課題

<以下、WEBサイトより再掲> 2008年6月27日付けの記事より。

私たち大学人にとって「産学連携・地域連携」はむずかしい。その難しさを考察しはじめると、以下の2つの疑問点につまずく。(1)そもそも何のために(Why)という根幹のところでコンセンサスに到達できていないのではないか。どうして大学で今の時期に産業界や地域との連携なのか。(2)具体的にさまざま試行錯誤の努力を重ねても、なかなか良い結果につながらない。やり方(How)はこれで正しいのだろうか。

(1)何のために(Why)何をすべきか。公的助成を受けて運営される大学としての従来の流れからは、助成金の提案課題に積極果敢に応募し、審査の難関をくぐり抜けてサポート獲得できたプロジェクトに関して特段の力を注ぐことで結果をだしてゆけばよい、という考え方がまずは実際的である。確かに、このような助成金本位の行動選択に従えば、その時その場では流行に棹さして快適に流れを進んでいるようにみえよう。しかし、長い時間経過を広い視野から眺めてみれば、時々局所の流れに翻弄されてクルクルと忙しくまわっていただけ、本当に目指していたはずの方向は見失っていた、ということにもなろう。私たち大学人としては、助成金本位プラグマティズムの行動基準に与することはできない。それなら、大学人本位の行動選択の規範はいかなるものであるべきか。

(2)やり方(How)に関しても難題が山積している。たとえば、以下の3点を挙げてみたい。

1) 利益相反・Fraud(不正)の問題。未然に防ぐ、あるいは次善策として如何に良く対処するか。個人・組織ともに、3年ないし5年の短期年限で結果を出すことを求められる昨今の状況もあり、功を焦る余りの勇み足による失敗の蓋然性は高まる。

2) 研究費の問題。マスコミでもてはやされるような「流行る」テーマには、産官学からの大きな期待のもとに、人・金・物をサポートする資金がふんだんに注ぎ込まれる。一方で、公共にとって大切な仕事でも、結果がすぐには出にくい「地味な」テーマには、助成金のサポートが得られず、多くはやむなくストップする。産官学連携に関連した資本投資は、得てして短期の回収を目指すため、説明の容易な流行る仕事に集中して流れやすい。この傾向は、私たちの医学保健に関する研究の多くの場面では、憂うべきこと・心得違いである。地道な研究が廃れれば、せっかく積み上げられてきた知の基盤の危機を招来する。では、息の長い地味な仕事であっても本当に大切なものを見分けるには、私たち大学人はどのような鑑識眼を育めばよいのか。一方で、そのような結果の遅い仕事に対して、大学として今までにも増して十分なサポートを提供するために、われわれ大学人はどのような方法をとれるのだろうか。

3) 医療と地域を取りまく問題。1980年頃から英米を基点として強まったネオリベラリズム・グローバル化の流れは日本をも巻き込み、小さな政府を目指した福祉・医療費の抑制政策が進められている。私たちの住む北海道を筆頭として、地域間専門科間の医師の偏り・医師不足による地域医療の危機が顕現し、「医療崩壊」とまで呼称されている。また、ワーキングプアという言葉で象徴される格差貧困の問題をはじめ、年金・医療保険・介護保険など社会保障・福祉の懸案課題も解決からは遠く、国民は福祉・医療に関して決して安心できる状況ではない。また、世界に目を広げれば、次々に引き起こされる戦争、サイクロンや地震などの大災害、慢性の貧困に襲いかかった穀物価格の高騰による大規模な飢餓の危機、など、私たち医療保健福祉を志す者にとって何とか手を差し伸べたい厳しい現実がある。これらの課題に私たちは私たちの持てる力でどのように取り組んでいけばよいか。

以上、どれ一つとして解答も解決も容易でない課題をただ単に列挙してきた。これらの問いかけに関して、私たちは何の答えも提案も提示できないのだろうか。そもそも答えはあるのだろうか。答えるために私たち共通の規範はありえるのだろうか。

最後の問いかけに対して、逆説的ではあるが、答えはすでにとうの昔から私たちの手の中にある。それは、たとえばS大学の「建学の精神」に謳われている。それは、私たちの最も大切な出発点 「より良い医療・保健・福祉を地域の(そして世界の)人ひとりひとりに届けたい」 から決してぶれない心構えと視点であろう。その出発点のドアを開ければ、人が人にしてあげられる最もとうとい行いを目指して進んでゆく長い道が続いている。道の行く先を見通せるように私たちは今少しだけ顔を上げて、私たちのやり方でその道のりを進んでゆけばよいのだ。

平成20年6月20日

<以上、WEBサイトより再掲終わり>

********************************************

Linuxマシーンによる初投稿

 

2014年4月4日 金曜日

 

古くて使えなくなったPCをどうするか? 古くなったPCをLinuxマシーンとして再生し、Linuxマシーンによる初投稿。

 

 

今日は少しうれしいことがあった。ここ数日、見つからなくて探していたメガネをペンケースの下に見つけたのだ。見つけてから反省してみれば、いつもメガネを置いている定位置にずっと置かれていたわけだ。なぜか、メガネの上にペンケースが載って擬装されたようになっていて、ペンケースも何もかもひっくり返してその下をのぞいてみるということができなかったのだ。

 

それはさておき、

 

来月の引越しに備えて、少しずつ準備を始めなければならない。まずは、インフラ整備。

 

電気は大丈夫。上水道も良し。また、下水道に関しても、今回契約する予定のT町にはしっかりしたものが整備されているようで、助かる。(ただし、K町の私の将来の畑の予定地では、今のところ下水は通っていない。住宅部分に関して、下水関連の整備を将来的に進めてゆくことになりそうだ。)

 

一方、ガスは都市ガスではなく、プロパンガスのボンベを設置するタイプだ。私が生まれたころの田舎ではたいていの家がプロパンガス・ボンベを備えていたが、私が小学校のころには市のガス管網が整備されたのだろう、ボンベの交換などに関する思い出がほとんどない。だから今回のガスボンベに関しては、私にとっては初めての経験で、とまどうかもしれない。

 

電話は問題ないはず。インターネットや光電話回線など、どのようになるのか、あるいはWiHiでネットにつながるのか、引越の前によく調べてあらかじめプランを立てておく必要がある。インターネットにつなぐのに、無線LANが便利だろう、ということで、親機と子機など必要な機器をオーダーして引越し前に自宅で使い慣れておくことにした。引越し直後にはいろいろトラブルが多いもの。だから、少しでもその負担を減らしておきたいと考えたためだ。

 

さて、私のオフィス・デスクトップ・コンピュータは、現在、ウィンドウズ7機(聡、Sato号と名づけている)が主力だ。2011年の7月から使っていて、とても良く働いてくれている。一方、2005年ごろから使っていたウィンドウズXPのデスクトップマシーンが2台(静、Shizu1号、Shizu2号と名づけている)あり、これらは3年前の引越以来余り働いていない。今回の引越しに備えて、昨日からこの2台を引っ張り出してセットアップし、現役復帰を試みている。しかし、これらXP機は二つながらOSの動作がとても鈍重で苦しい。扱っていてとてもじれったい。画面がほとんどフリーズしていて、それをながめてぼーっとして過ごしてばかりいる。起動も終了もままならない。これらXPマシーンたちは、新規に買った時点ではきびきび動いていたのだ。NECの水冷モデルである。ファンの音がなくて静かで本当に気に入って愛用していたマシーンたちだ。ところが、いつの頃からか、耐えがたいほど遅くなってきて、ついに7機に買い換えざるを得なくなってしまった。今ではパワーポイントなどの重たいファイルは扱わない。せいぜい、WEBページを見るぐらいだが、それでも現状では余りにも遅くて実用の役に立たない。ハードディスクの容量は十分に余しており、メモリーもGbクラスなのに、なぜかOSの動きが非常に具合が悪い。

 

今回、最終的にXP機の現役復帰はあきらめ、ウブンツ機として使ってみることにした。今回の投稿ページはこのウブンツで開いたWEBページに直接入力を試みた。ウブンツのWEBブラウザは対照的に実に軽快だった。投稿ページの操作もウィンドウズ7マシーンと比べて遜色ない。ハードディスクの領域を分け合って使っている同じハードのコンピュータで、OSによってこれほど動作速度が違って見えるのは驚くばかりだ。

 

しかし、現実的には、いくつか乗り越えなければならない困難がある。今まで覚えた難しい設定、たとえばキーボードの配列を英語キーボードにするなど、どうやってよいかわからない。ショートカットキー操作もウィンドウズと異なっているようで、たとえば文字入力してから確定前にF10を押すと、意に反して毎回変なポップアップが出てくる。もっとも苦しいのは、今まで使い慣れたIMEのATOKにさんざん学習させた変換がまったく使えなくなることである。LinuxではIMEはどのようなものが定番として優れて愛用されているのだろうか。Linux機を形ばかりでも使うためには、いろいろ学ばなくてはならないことが多く、60の手習いとしてこの高いハードルを越えられるかどうか、また越えたときに見えてくる風景にどれだけの価値と楽しみがあるのか、難しいところである。

 

ところで、ひとつ、とてもおもしろいと思うのは、今日、こうして文章をLinuxマシーンで書いてみると、3年前に一回だけトライしてそれきりになってしまったときに比べてずっと書きやすく感じることである。3年前は Ubuntu 11、そして今日は昨日アップデートしたばかりの Ubuntu13.10 である。この間にひょっとして標準IMEに何らかの進化が加わったのかもしれない。あるいは単に私の心象風景の時間の流れ方やストレスの受け止め方に変動が生じただけなのかもしれない。

 

参考までに、コンピュータに眠っていた3年前のUbuntu 11による作文 2011年7月8日付け を以下に張り付けしてみる。

 

*****

 

以下、引用 2011年7月8日付け

 

ウブンツへの英語キーボードによる入力。まあ、可能。どうして前回までできなかったのか。

 

良く分からない。

 

恐らく、現状ではウブンツで頑張って日本語の作文をどんどんやってゆくという状況がくることはないのだと思う。

 

入力の際、文字列が揺らいですこし不愉快である。

 

英語と日本語との切り替え方法が良く分からないが、何とか書いてゆくことができるといった状況である。へんなダジャレのオンパレードのような文章を書くのでなければ変換に関してはATOKが断然賢いように思う。ウブンツではアンティという変換ソフトを使うようである。とてもおかしな変換が頻繁に起こって、まるで昔ワープロを使い始めたばかりの時のような苦労である。文節の区切り方がとても下手なのだと思う。

 

それから、キーボードの文字行の一番上の段が !”#$%&’()~=~となる。アスキー配列ではないので、これも設定を工夫しなくてはならないのだろう。例えば、星印を打とうと思ってもどうやったらよいかわからないのである。

 

それにしても、英語のキーボードで入力できるようになっただけでも、大きな一歩と言ってよいだろう。

 

2011年78

 

以上、引用終わり

 

###########

 

「文節の区切り方がとても下手」なのは現在もその通りで、学習機能がどこまで進化しているかが今後の注目点。「キーボードの文字行の一番上の段が !”#$%&’()~=~となる。アスキー配列ではない」のであるが、日本語キーボード配列に関しては、この3年間でもずいぶん習熟してしまっているので、次に起動するときに現在の英語キーボードを日本語キーボードに差し替えるだけで何の問題点も感じないと思う。3年前は、こんなことにこだわりをもっていたのか、と思うと少し羨ましいような気もして微妙である。 2014年4月4日 金曜日 Linuxマシーンによる作文の生涯マックス更新。

 

*****

 

Soramame in Hokkaido 4 (Day9)

2014年4月3日 木曜日

Soramame in Hokkaido 4 (Day9)

菜園日誌のつづき 窓際でのソラマメ苗の養成 植え込み後 満9日 Day 9。

Soramame140403-01wIMG_8927

ソラマメの大きな豆の中からきれいな緑の芽がのぞいてきた。左は同じ日にタネを蒔いたスナップエンドウの発芽。室温はせいぜい14℃。今日は室内でも暖房がないと肌寒い。

 

*****

 

********************************************

 

Soramame in Hokkaido 3 (Day7)

2014年4月1日 火曜日

Soramame in Hokkaido 3 (Day7)

菜園日誌のつづき 窓際でのソラマメ苗の養成 植え込み後 満7日 Day 7。

昨日、Day 6 ぐらいから、ソラマメのタネの発芽が見られるようになった。

Soramame140331-1wIMG_8904
Soramame140331-1wIMG_8904

 

Soramame140401-1wIMG_8911
Soramame140401-1wIMG_8911

外気温は午後で7から11℃ぐらい。室内の窓際は朝で12℃、午後の陽射しで18℃から20℃程度。

 

 

*****

 

********************************************