ソープワート再訪

 

2014年3月25日 火曜日

 

マンションのベランダで私のソープワートのプランターが冬を越した。

暖かくなって、今日はひさびさに窓を開けてベランダに出てみると、ほら期待通り。

 

IMG_8857w

 

新芽が生きている。ソープワートは吹きさらしの厳しい冬を越したのだ。

2010年の3月8日付けのWEB日誌では窓際の室内で冬を越したソープワートの本葉の写真が載っている。ハダニやアブラムシの被害に遭っているようなことが書かれている。一方、ここ数年はベランダで冬越しさせている。冬をこんな状態でやり過ごしたあと、夏にはやさしいピンクの花を見せてくれる。害虫被害に見舞われることもない。

植えて以来一度も植え替えしていない。恐らく今ではプランターの中ですっかり根がまわって非常に息苦しい状況になっているだろう。数年前よりもここ1,2年は花をつける株の勢いが弱まってきている。プランター植えっぱなしでは、ほとんど限界状態だろう。

いつか、こんな高層マンションの吹きさらしのベランダではなく、しっかりした地面に植えて自然に育ててやりたいと思ってきた。それが今年は、とうとう、単なる空約束で過ぎるのではなく、実現できそう。

陽当たりの良い南向きの斜面に移植してあげたいと思う。あるいは、たとえば、あの冬越ししている柏の木の根元辺りにパートナーとして植えられるかもしれない。もともとシャボン草なので、大きく繁殖したら根を掘って、古代の人々が使っていたような石鹸を作ってみたいとも思う。

 

*****

追伸

ソープワートの学名・別名など

Saponaria officinalis; Soapwort; Saponaire; サボンソウ

 

参考

以下は「みんなの趣味の園芸」サイトからの引用です。

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-546

地下茎と茎葉には、洗濯に適さない硬水を和らげるサポニンが含まれ、石灰分を含まない水の中で煮るとマイルドな石けん液ができる。中東の博物館では、古いタペストリーやレースのようにデリケートなものを洗うのに使用している。
淡いピンクの花には、フルーティーな甘さにクローブが混じった香りがある。八重花‘Rosea plena’や白八重花‘Alba plena’などが知られている。

<以上、引用終わり>

*****

 

「弥生おばさんのガーデニングノート」より 引用です。 <以下引用>

http://plaza.rakuten.co.jp/lilyandrose/diary/201005160000/

暑さ寒さに強く、よく茂って強健なので、他の花におおいかぶさった茎を切り花にしたり、花後に切り戻すと、夏中ずっと咲き、こぼれダネでもよく増えます。

ソープワートは魚などの生き物が住んでいる池の近くに、植えてはいけないと聞いています。

ソープワートの育て方
ナデシコ科サポナリア属、ヨーロッパ原産の耐寒性多年草(宿根草)
別名:サポナリア、サボンソウ(石鹸草)

●置き場所・植え場所:日当たりのよい場所に。半日陰でもOKです。

●水やり:土の表面が乾いたら、たっぷりと。

●用土:水はけがよければ、選びません。

●肥料:ほとんど必要なく、花後にお礼肥として、緩効性肥料を少量。

●切り戻し:大きくなるので、花後に切り戻しています。

花言葉:友の思い出

<以上、引用終わり>

*****

以下は「ヤサシイエンゲイ」サイトからの引用です。

<以下引用> http://www.yasashi.info/so_00003g.htm

季節・日常の手入れ
手入れ
草丈が高くなり倒れやすいので支柱を立てます。花は枯れてしまったら花穂の下から切り落としましょう。
利用
洗浄能力と繊維などの生地再生効果があり、魚毒性。根を煮出した液体がニキビなどの皮膚疾患に効果があるそうですが毒性があり粘膜(目や口)につく危険なので、知識や経験がない場合は鑑賞するにとどめておきましょう。

日当たり・置き場所  ポイント 
日当たりのよい場所を好みます。あまり日の当たらない場所でもよく育つのですが花付きが悪くなります。冬は自然と地上部が枯れて根だけの状態で越します。その状態ですと-15℃くらいまで耐えられますので特に防寒対策を行う必要はないでしょう。

生育が旺盛で大きくなるので、鉢植えでの栽培はあまり適しているとはいえません。地下茎が横に広がって、他の植物の領域まで侵食・占領してしまうことがあります。そういう場合は株分けを行って他の場所に植えるか、囲いなどを設けて広がらないようにします。また、魚毒性がありますので池の近くに植えない方がよいでしょう。

水やり・肥料 ポイント
やや湿り気のある土を好みます。かといって水を必要以上に与える必要はありません。土の表面が乾いているのを確認したらたっぷりと与えるようにしましょう。真夏は土が乾きやすいので注意。

肥料は植え付ける際にあらかじめ油かすなどを元肥として混ぜ込んでおきます。追肥としてときどき液体肥料を水やり代わりに当たるとよいでしょう 。

用土
水もちの良い土であれば土質はこだわらずどこでも育ちます。鉢植えで育てる場合は赤玉土(小~中粒)6:腐葉土4の割合で混ぜた土を利用します。

植え替え・植え付け
大きくなりすぎた場合は株分けも兼ねて植え替えます。

ふやし方
株分けでふやすのが一番簡単です。掘り上げた株を芽を確認して数株に切り分けてそれぞれを間隔を開けて植え付けます。1株ずつがあまり小さくならないように注意しましょう。その際に傷んでしまった根を取り除いておきます。適期は新芽が伸びてくる4月中旬頃か花後の9月頃です。

さし木でふやす場合は生長期の5月から花の咲く前の7月までです。元気な枝を先端から10cmほどの長さに切り取り土に挿します。
タネまきの適期は4月か9月です。発芽するまで乾かさないように気を付けましょう。

かかりやすい病害虫
特にありません。

まとめ 
生育が旺盛で横に広がるので花壇を占領されないように気を付けましょう
やや湿り気味の土を好みます
倒れやすいので伸びてきたら支柱を立てます。

<以上、引用終わり>

********************************************

 

ソープワートを育てる

2010年3月8日 月曜日

札幌の集合住宅に住んでいて、園芸植物を室内で育てるのは至難のわざだ。写真は、幾多のアブラムシやハダニの攻撃に苦しみながらも、何とか無農薬で踏んばっている私のソープワートの新芽。今朝の現況である。

2010_0308F31fd0010_convert_20100308153120

北国のことゆえ、この季節までなら窓から差し込む陽射しのリーチが長いので、窓辺の植物にはある程度の日光を供給できる。が、春分を過ぎて太陽が高く昇るようになってくると、室内の鉢植えには陽が届かなくなる。春分を過ぎて、暦の上では、あるいは本州なら、春(または夏)のはずといっても、札幌では6月になってさえも風が寒い。吹きっさらしのベランダに出すと、植物は寒さに震えて縮こまってしまう。北国の毎日が暖かく思われるのは6月中旬から7月を待たなくてはならない。その頃までの陽射しの欠如が、鉢植えの植物にとっては実に苦しいことなのだ。

今年はソープワートをしっかり育ててみたい、花を咲かせて実を結ばせたい、さらに大きな株にしたい、と考えているので、ベランダに出す時点ではじょうずな風よけの工夫を考える必要があるだろう。建物のまわりには激しいビル風が吹いており、下手なことをすれば吹き飛ばされてとても危険。よって、かなり頑丈な風よけを工夫したいものだ。遅霜の心配が無くなるのは八重桜が咲いてからということなので、札幌では5月の中下旬頃であろうか。

 

20100308155509fca

昨年の写真を掘り返してみると5月の14日には満開の八重桜(上の写真)。2ヶ月先である。

それまで我が家のシャボン草は持ちこたえることができるのだろうか。アブラムシ撃退の兵器はオリーブオイルと石けん(各1%vol/vol)の噴霧であるが、この兵器は植物自身や環境に優しいだけでなく、昆虫やダニなどにも優しく、ほぼ互角の戦いで、勝利は見えてこない。あと、2ヶ月以上にわたって何とか形成互角の膠着状態にもちこんでゆき、そして待望の6月にはオテントウサマの訪問してくれるベランダに進出させてあげるのが私の任務である。

********************************************

以上、2010-03-08付けのWEBページより再掲

********************************************

 

小松菜のタネ

********************************************

IMG_8243a

********************************************

 

これが本当の小松菜、といわれると、江戸時代のお百姓さんとのつながりを感じてじーんとなってしまう。それでも採種地をみるとイタリアン。国際化した小松菜のタネともいえる。

2014年度・T町自宅の家庭菜園で春蒔き・秋蒔きともに丈夫に育ち、楽しめた。雪の下で越冬。2015年の春は菜の花。秋になってT789の圃場に条蒔き。現在雪の下で越冬中。(2015年12月1日、札幌にて)

*****

**********

シュンギクのタネ

 

IMG_8239a

 

2014年度・T町自宅の家庭菜園で春蒔き。花も楽しんだ。2015年度、秋になってT789の圃場に条蒔き。寒い秋で雨が多く、シュンギクは現在雪の下で越冬中。2016年の春に花園を作ってくれるはず。(2015年12月1日、札幌にて)

*****

**********

甘トウガラシのタネ

甘トウガラシは在来種の万願寺甘とうを選んだ。

甘トウガラシについては、昨年「甘とう美人」という品種を農学校の共同圃場で育て、家族にもたいへん好評だった。また、自主管理圃場ではピーマンは「みおぎ」、パプリカはパプリレッドをそれぞれ2株ずつ栽培した。ピーマンのたぐいは夏の北海道の気候にはとてもよく合っているのだろう。昨夏は、病害虫に苦しむこともなく、ほとんど世話いらずで大豊作であった。真っ赤に熟した大きなパプリレッドたちを食卓に飾ると、独特の甘い香りも加わって、初秋の豊かさを演出できる。

井原さんの推奨は甘とう。「ピーマンより甘トウガラシ(シシトウ、伏見長トウガラシ)のほうが段ちがいにうまく、つくりやすい。大型ピーマンは見かけだけで、本来のもち味がないので、自家用にはシシトウや伏見をおすすめする。(井原豊「野菜のビックリ教室」p114、農文協、1986年)」と言われている。我が家でも甘トウガラシのほうがずっと評価が高く、今年は甘とう一本でいってみることにした。自家採種も始めてみたいと考えている。

 

IMG_8231a

IMG_8232a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タネは自然農法国際研究開発センターより購入。在来種なので毎年自家採種を続けながら良いものにしてゆけたらと考えている。

タネ袋の裏面に記載されている「黒アザ果」というのは、トウガラシ類を育ててみると当たり前に見られるものだけれど、「出荷には向かない」のか、と知らされて少し残念。確かにスーパーで並んでいるシシトウに黒アザは見られないような気がしてくる。

********************************************

井原さんの本によると「ピーマンなどトウガラシの仲間は、ナス科植物のなかでもっとも乾燥する畑に植えること。(中略) 自家用では、果を太らせるよりも、乾燥した畑で樹を長もちさせるほうが得策である。」とのこと。(井原豊「家庭菜園ビックリ教室」p48、農文協、1994年) 湿った土では後半に青枯れがくるそうである。「よく乾く畑のピーマン類は、果実が太らないし、クビレたような果実になる。けれど自家用ならそれでよい。少々乾きすぎてもかん水はしなくてよい。(井原豊「野菜のビックリ教室」p114、農文協、1986年)」ということだ。

********************************************