エダマメ 2016年 栽培計画

2016年1月29日 春まきタネの栽培計画(案)

無農薬有機栽培のエダマメはほとんど害虫に見舞われなかったのに、その1,2か月後、熟した大豆は虫食いだらけ。昨年秋はこの分別の大変さに泣きそうになった。せいぜい5kgほどの大豆を手作業で分別するのに3,4日の作業を要した。昨年の経験では早生のサッポロミドリや味勝り、そして晩生の鶴の子大豆、大豆に熟すまでに激しく虫に食われることで、早生と晩生の三品種間で差はなかった。

本年度は、機械選別に載せるか、さもなければ「大豆」の収穫は最小限(翌年のタネ用と自家製味噌用)にとどめ、「エダマメ」としてすべて収穫して食べてしまう、食べきれない分はエダマメとして冷凍保存その他の工夫をする、というような方針で考えている。もちろん有機栽培なので大豆になるまで畑に置けば虫被害は避けられないと思う(きな粉が嫌いな虫の方が珍しいはずだ)。

*****

*****

*****

**********

エンドウ・インゲン 2016年 栽培計画

2016年1月29日 

実エンドウ・絹莢えんどう・サヤインゲン 2016年 栽培計画

春蒔きタネの栽培計画案 東山さんの「有機野菜ビックリ教室 農文協 2015年」より抄録

*****

実エンドウは、無肥料でペーパーポット育苗
72穴のペーパーポットで育苗。培土はコヤシっ気のない川砂+燻炭。コヤシっ気があると発芽が極端に悪い。

つるありサヤインゲン:
マルチ不要。
ネットにからみ始めたらつる先を摘心。あとは収穫まで除草以外やることなし。
何度も収穫に入るので、畝間には敷きワラか防草シートを敷いた方がいい。

*****

補注: ただし北海道ではエンドウは3月中旬から下旬に播いて、芽が出たところで(3月下旬から4月はじめに)野外の寒さに当てる。4月半ば以降の雪解け後に定植し、風よけ(筒の帽子、ないしビニールトンネルなど)。

補注: 花豆インゲンは、直播きで5月下旬に播いて初生葉が出たとたんにアブラムシがぎっしりついていたことがある。こうなったら徒手でアブラムシ退治は難しい。農薬を使わない有機栽培の場合には、トンネル併用の直播きあるいはハウス内での育苗などアブラムシが来ないような工夫をすると良いと考えている。エンドウの跡地にむらさき菜豆を(6月下旬に)播いたときは全くアブラムシはやってこなかった。花豆インゲンはデンプン過剰の太っちょなので、やや糖尿病系の発芽になってアブラムシを呼び寄せてしまうのかもしれない。

補注: 晩生のむらさき菜豆は、北国では6月下旬播きぐらいが遅まきの下限と思う。エンドウの終わり頃に株元に直播き、または苗の定植をすると支柱を有効活用できる。8月下旬から9月にサヤインゲンとして、10月には熟した実も食べられる。

*****

**********

スイートコーン 2016年 栽培計画

2016年1月29日 スイートコーン:春蒔きタネの栽培計画案

*****

春蒔きタネの栽培計画案 東山さんの「有機野菜ビックリ教室 農文協 2015年」より抄録

ずらし播きで連続収穫:少しずつずらしてまく。
定植したら次の播種というかたちで延々と播種を行う。
プラグトレイ、胚が下になるようにタネまきすればある程度発芽率を上げることができる。
5月までの定植では黒マルチが必須。
95cm幅のポリマルチ、畝間140cmの2条植え。株間30cm。
収穫期前にはネットか電気柵。害虫・害獣の被害にどう対処するかがスイートコーン栽培の要。(以上、東山さんの「有機野菜ビックリ教室 農文協」p63-より抄録)

*****

**********

赤花除虫菊:春蒔きタネの栽培計画案

2016年1月27日 水曜日 曇り

この春から新しく育てる草花、雑穀、野菜などに関して、下調べしながらプランをつくり、必要な資材などを調達してゆくこととしたい。なお、特記しない限り、種子に関しては「この種子は農薬を使っていません」と明記してあるものを用いることとする。

*****

赤花除虫菊 ロビンソン・ミックス Pyrethrum
春まきで開花は翌年の春から初夏。多年草。
草丈約80cm。
タネまき:桜の開花するころからが適期。湿った布にタネを包み、乾かないようにビニール袋に入れ、冷蔵庫の5℃程度の所に約1週間入れて催芽処理してからまく。タネまき用土を入れた箱にバラまきし、かくれる程度の土をかける。
本葉2,3枚のころ植え替え。陽当たりと風通しのよいところでしっかりした苗を育てる。
有機質を多めに施した水捌けと風通しの良い場所に、真夏の高温時期を避けて、株間約30cmで定植。寒さには強く、高温と多湿をきらうので、夏は木陰になるところが理想。(以上、サカタのタネのタネ袋より抄録)

栽培プラン:
深めの育苗箱にバラまき。
本葉2,3枚で植え替え ペーパーポット128穴ないし220穴。
さらに10cmポットに鉢上げ。定植場所の畝を準備。
定植。

培養土を自前で調製したい。

*****

*****

**********

穴あきマルチの植え穴

2016年2月3日 水曜日 曇り

東山広幸 有機野菜ビックリ教室 米ヌカ・育苗・マルチを使いこなす 農文協 2015年

マルチの規格の見方
穴あきマルチの規格は4桁の数字で表される。
左から1桁目がマルチの幅(ただし、1m以上は省略していて、数字は10cm単位の数字)
2桁目は条数
3,4桁目は株間
つまり、たとえば、3715という数字は、135cm幅、株間15cm、7条マルチ。
9415なら、95cm幅、株間15cmの4条。(東山、同書、p81より抄)

よって、9515は、95cm幅、5条。株間15cm。
3715は、135cm幅、7条、株間15cm。

穴あきマルチの植え穴:
植え付けは穴あけ棒で穴をあけ、そこに苗を押し込んでいくだけである。穴あけ棒は折れたスコップの柄などでつくっているが、棒の先をナタで適当に削っただけのものでもいい。
 苗と土との隙間ができると乾くので、指で土を少し寄せる。だいたい一箱二二〇株植えるのにかかる時間が二〇から三〇分程度である。(東山、同書、p81)

*****

ペーパーポットの有機畑での使用に関して:

ところで、東山さんが推奨されているペーパーポットに関して、有機農産物JAS規格 – 農林水産省http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/2_nousan.pdf によると、
「第4条 一般管理
要望: ネギのチェーンポットは紙でできており、現行規格では使用禁止資材になるが、紙マルチと同様に認めてほしい。・・・
考え方: 紙製のポットは接着剤が使用されているため、ほ場に植え付ける前に 取り除かない限り使用できません。」となっている。取り除くのであれば、プラスチック製のセルトレイを用いた方が再使用できて妥当ということになろう。(東山さんの場合、すべて直売なので、JASの規定にとらわれることはないのであろう。)舌切り雀の民話にも登場するように、昔の接着剤はすべて有機素材であった。紙製の育苗ポットに関して、有機JAS認定で圃場にそのまま植え付け使用できるものが作られているだろうと思っていたのだが、現時点では難しそうである。

同じ考え方で、「生分解性のマルチ、シーダーテープは天然物質に由来するものでないこと、再生紙原料のシーダーテープ は接着剤として化学的に合成された物質が使用されていることから、使用は認められていません。」(同じく、http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/2_nousan.pdf より)

*****

2016年1月14日 木曜日 晴れ

お昼過ぎ、携帯の地震警報が鳴ったのでびっくりした。その直後に電灯や冷蔵庫の中身などがミシミシと軋んだ音を立てて揺れるほどの、やや強めの地震。マンションの管理人室からの有線連絡によると札幌で震度4の地震、とのこと。

*****

市販の穴あきマルチについて

東山広幸 有機野菜ビックリ教室 米ヌカ・育苗・マルチを使いこなす 農文協 2015年

今年は東山流を習い、「米ヌカ・育苗・マルチ」を大いに使ってみたいと考えている。まずはプランニングのための下調べ開始。

*****

マルチに関して:穴あきマルチでどのようなものが市販されているかをネットで調べてみた。

当座の結論としては、株間30cm以下の苗に関しては市販の穴あきマルチも便利そう。株間が50-60cm以上の苗であれば、今までどおりカッターナイフで十字に切ったり、マルチ穴開け器やマルチバーナーなどで自分で穴を開ける方が、コストパフォーマンスがよいと思われる。

*****

「穴あきマルチ2列穴(1列穴も同様)【特長】植え付け穴の付いている黒色マルチ。 【幅(cm)】95 【長さ(m)】50 【穴径(Φmm)】80 【株間(cm)】30 【材質】ポリエチレン 【色】黒 【規格】95cm×50m」

上記を使えば株間30cm、(明記はされていないが)二列の場合は条間も30cm? ベッド幅は70cm程度のマルチ栽培ができそうである。中島正さん流のベタ掛けマルチ方式であれば3mの幅の圃場区分に3列、6条のベタ掛けが可能ではあるものの、幅95cmのマルチ使用ではやや煩雑に思われる。

たまねぎマルチ
【特長】植え付け穴のついている黒色マルチ。 めんどうで時間の要る穴あけ作業不要。 畝幅約70cmに適しています。【仕様】4.5cm穴、4列並び(約15cm間隔)、(植え付け穴)約260個 【適合】ウネ幅約55~70cm 【材質】ポリエチレン 【厚さ(mm)】0.03 【色】黒 【寸法(幅W×長さL)(m)】0.95×10・・・・畝幅70cmに4条植え。長さ10メートル、価格は穴が開いていることでやや割高か? ただし家庭菜園程度のタマネギ作りならこのようなマルチ10から20メートルで十分。

マルチにカッターナイフで穴を開けるのが煩瑣で美観を損なっていると感じる場合、
マルチに穴を開けるバーナーのようなものがある。http://www.monotaro.com/s/c-119114/のサイトより引用(一部改変):【特長】マルチバーナーは、歩きながらラクにマルチシートに穴をあける道具。レタス栽培、にら栽培。カッター式とは異なり、熱処理による穴あけなので、切り口から破れる心配がない。 また、軽く当てるだけでラクに穴があくので、短時間に大量の穴あけが可能。・・・・(別売の)マルチ火口をマルチバーナーに取り付けることで、マルチシートに穴をあけることができる。火口の径は4種類ぐらいから選べる。

*****

**********