シマミミズのふる里づくり

2015年9月3日 木曜日 曇り

土壌改良の担い手として、多くのミミズたちを誘致動員するのが正統派のやりかた・・・ということで、シマミミズを購入することにした。ミミズなんか購入するのは初めてである。

こどもの頃の私であったなら、ミミズの30匹や50匹なら20分か30分もかからずに近くの原っぱから拿捕して来られたはずである。が、今この北海道ではそう簡単にミミズを捕まえてこられるお気に入りの場所をもっていない。わが家庭菜園では昨年誘致した多数のミミズたちが大人のフトミミズになって日々直耕に勤しんでいるが、なにしろここは不耕起栽培の自然農園であるからむやみに耕してミミズを拿捕するわけにはいかない。しかもここにもシマミミズ牧場を設置しようとしているのである。地元のミミズを拿捕して虜にするのでは理に合わない(かな・・?)。

ともかく、ミミズ牧場をまずはT町我が家の家庭菜園とT789圃場とに一つずつこしらえて、この9月に半々ずつ放牧することに決めた。牧場設置の理念としては以下のことを挙げてみた。
1)ミミズは、当牧場が周囲の環境よりも居づらいと感じた場合には、自由にいつでも外に逃げ出せること。
2)ミミズを外敵ならびに気象災害から可及的に守ってあげられる環境を整えること。
3)ミミズが順調に子孫を増やせるように食べ物その他の生活資材を豊かに提供すること。
4)ミミズが増えてきたら、ミミズに危害を加えることなく移住させてやれる工夫を施すこと。移住先は、同様のミミズ牧場か、あるいは、耕耘管理機やトラクターの入ることのない自然農法の畑の堆肥置き場脇を予定している。いずれの設備も堆肥や腐植で豊かなミミズの楽園を想像している。

本州ではモグラがミミズの大敵であるとのこと。北海道にはモグラがいないが、トガリネズミやラットがいる。ヒキガエルのようなものもいるかもしれない。とするとそれらの外敵からミミズの身を守るためには、しっかりした金属ないしプラスチックのネットなどで底を覆い、側面は板などで囲って、容易に外敵の侵入を寄せ付けないことが要求される。さらに蓋はエサの食物残渣などを投入するために簡単に外せるとともに、閉めた時は比較的しっかりとしていて、雨風・直射日光・過度の乾燥などからミミズを守れることが必要である。腐葉土の上に落ち葉を厚く敷いてその上にコンパネの板などで覆いをするぐらいで十分であろう。雰囲気的には、小さいミミズなら自由に通過できる程度の穴の開いた底にし、側面はコンパネなどの板の囲いで囲んで、ネズミなどが入らないようにする。そして全体を土の中にほとんど埋めることで強化・固定し、その上に適当な蓋を載せるというような形を想定している。

コンパネやベニアなどの合材は接着剤で貼り合わせてあるので、余りミミズ向きの自然派住まいではない。できれば一枚板の廃材を手に入れたいところ。贅沢をいえば、間伐の檜材を用いて、お風呂の蓋のような構造にしてやると総檜の高級住宅となるのであるが。

*****

********************************************

オガクズをそのまま土壌中に入れてはいけない理由

2015年9月2日 水曜日 雨

農文協篇 買わない捨てない自分で作る:農家に教わる暮らし術 農文協 2011年

 オガクズを畑に入れるとよくないと言われることがありますが、それは、オガクズにはチッソ・リン・カリなどの無機栄養素がほとんどないことが原因です。したがってオガクズをそのまま土壌中に入れると、これを分解するために、担子菌やバクテリアが周囲の土壌からチッソ・リン・カリなどの栄養素をかき集めてしまいます。そのために、植物が栄養不足となって育たない状況が生まれるわけです。
 しかしながら、バイオトイレから出た使用済みオガクズには、これらの栄養素がたっぷり蓄積しているので心配ありません。むしろ、栄養分が濃すぎないように希釈して施肥する必要があるくらいです。(同書、p96-97、バイオトイレの項、初出は現代農業、2004年9月号p318)

*****

**********

セスバニア・クロタラリアのまとめ

2015年7月10日 金曜日 快晴

T788の畑のライン6mにセスバニアを播種。このライン6を終了して、今回の予定の約4反の種まきをすべて遂行した。これで夏休みが来たような晴れやかな気持ちになった。青空と7月らしい暑さの到来のおかげかもしれない。タネたちはしっかり人力で鎮圧したのでよほどの旱魃が来ない限りはしっかりと発芽してくるだろう。どんな景観ができてくるかとても楽しみだ。

*****

2015年7月15日 水曜日 快晴

一列、きれいに発芽。まっすぐで壮観(親心の視点からは・・・)。

2015年8月2日 日曜日 くもり

農協で脱脂米ぬか30kg入りを5袋購入。フォークリフトで運んできてもらって5袋をポンと荷台に載せてもらうと、モワモワッと米ぬかの煙が・・・アクティ軽トラならではの買い物(150kgもの積荷。初!)。

今日の米ぬかなどを施肥。我がセスバニアにも米ぬかを直接散布。現在のセスバニアはネムの葉っぱのようなかわいい端正な豆科の葉っぱを見せてくれているが、背丈はせいぜい10cm。家人に「これがセスバニアで3メートル近くに育つはず」と話すのだが、信じてもらえそうにない。私もとても心配になってきている。家人は「8月も半ばになるとこの辺りは寒くなるかも・・・」と語る。私としてはせっかくのセスバニアに巨大になってもらいたい。そのためには8月も9月になっても記録破りの暑さが続いてくれなければならない・・・ということは、実現しないということか・・・せめて小さな豆の花をいっぱい咲かせて、来年のための子孫へつなげて欲しい、というのが現在の私のささやかな願いである。

*****

2015年8月25日 火曜日 晴れ

朝、ずいぶんと寒くなってきた。夏はすっかり終わってしまった感がある。

セスバニア、一ヶ月半でせいぜい2,30cmの背丈。クロタラリアも不調であるが、それでもヒトの腰辺りにまでひょろっと伸びている箇所もある。そういう意味では、今回播いた緑肥の中でもセスバニアは最もがっかりさせられる結果に終わりそうである。近辺のイヌビエ株たちの巨大にみえること! 来年のことを考えなければ緑肥ではなくて雑草としてのイヌビエないし雑穀としてのヒエがずっとこの土地の気候に合っているのかもしれない。

*****

*****

2015年10月2日

セスバニア・クロタラリアのまとめ:

どうも北海道のように寒い気候ではセスバニアは大きくなれないのではないかと思う。播種した時期が遅すぎたということを加味しても、どう見てもハッピーな育ち方をしていないのである。畑の辺縁に育つシロクローバーの方がよほど大きく育っている。

クロタラリアはそれでも1メートルぐらいまでは育つのだが、芯止めをするなど工夫しないと分枝が全く出ないで非常に貧弱な容姿となる。花を咲かせて次世代の種を採ってゆくという拡大再生産はおぼつかない。柏町や北広島のサイクリングロード辺りでごく自然に生えて黄色い花を咲かせている近縁種の方が北海道の寒い気候にあっているのかもしれない。

*****

2015年10月6日

続セスバニア・クロタラリアのまとめ:

セスバニア、小さい上に、さらに追い打ちをかけるように、シカに食われて無残である。

クロタラリア、1メートルぐらいにひょろりと育って、いくつかは黄色い花を咲かせている。ただし10月初旬のこの寒さで咲いているようでは、蒔いたほどのタネも収穫は難しいかもしれない。

*****

2015年10月17日

15日、16日の2日間に分けて、ソルゴーやヒマワリ、クロタラリアなど、緑肥栽培植物たちを刈り払った。ユキムシが飛び交い、秋が深まってきている。

**********

ポリマルチの是非

2015年8月6日 木曜日 くもり時々雨

雨のあとの晴れ間に農作業。

ポリマルチの残ったスペースに大豆とインゲンの直播きをしたのが3週間前、7月20日頃。先週まで様子を見ていたが、発芽率が極めて悪い。1,2割ほどしか発芽していないのである。マルチに開けた穴に何も生えていないというのはいかにも寂しいので、今日は意を決してヘアリーベッチを播種。こんなものわざわざマルチして播くほどのものではないのだが。

大豆やインゲンの発芽不良の要因はいくつか考えられるが、マルチなしの隣の畝での直播きが極めてよい発芽率であることを対照群とすると、マルチがしてあるために低劣な発芽率であったことを第一に考える。雨も多かったせいで、マルチなしの周りの畝よりも過湿状態である。マルチのために地温も極めて高かったと思われる。高温と過湿とが重なってじょうずに発芽できなかったのではなかろうか。

ポリマルチを行うことで草取りの労力からは解放されるのだが、植物の発芽にとっては非常にまずい環境になっているのではなかろうか。過湿に対する対策として、今年のように雨が多い夏であれば、マルチをするならある程度高さのある畝を作って排水が良好なマルチ畝を設けるべきであったかもしれない。今回は周囲から全く高さを作らないベタ掛けマルチにしていたのである。

高さをもった畝を作って80メートルのマルチをかけるのは、私独りの手作業の鍬とスコップではとても大変そうである。やはりトラクター(歩行式ないし乗車式)の機械力とマルチャーアッタチメントがあった方が現実的なように思う。

いっぽうで、マルチをかけなくても隣の畝ではじょうずに元気に大豆もインゲンも育っていることを考えると、本当にマルチが必要だったのかどうかも立ち止まって考えてみることが必要そうである。

よもやヘアリーベッチが発芽しないなどということはあり得ないとは思うが、もしも発芽しなかったら・・・一週間後に・・・また悩むことにしよう。

*****

2015年8月25日 火曜日 快晴

マルチに関する考察のつづき: 一年目のブドウ苗の生育が良い(幼苗に水分保持は有利・地温上昇・地力養分保持など)、夏の盛りに株元の雑草との格闘から解放されること、この2点から来年のブドウ新苗植え付けの際にはグリーンマルチをしてみたい。まずは耕し、必要な土壌改良材をすき込み、95cm幅のマルチを用いてベッド幅が60cmのものをこしらえ、それから植え付け(オーガなどで穴開け、根は広く浅くではなく、深い方向を目指すように広げる)、必要に応じてグラスファイバーの支柱棒にテープナー誘引(支柱は120cmかそれ以下で十分ーーー120cmもあれば一番線に固定でき、冬はグラスファイバーの支柱付きで雪の下に寝かせて越冬ーーー)と、まあ、こんな感じで進めていけばどうだろうか。

疑問:苗の植え付け時、マルチに穴を開けて植える場合に、十分な鎮圧をしづらいように思う。具体的にどのように植え込めば良いのだろうか。尋ねてみる必要がありそうだ。

*****

**********

アイコミニトマト栽培日誌

 

IMG_8257aIMG_8258a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

2015年6月23日 火曜日 曇りときどき小雨

今年もミニトマト・アイコを育てている。去年は種から蒔いて多くの苗を育てたが、今年は市販苗を6本買ってきて植えた。同じ時にミニトマト・イエローピコの苗2本も植えた。

アイコを定植した場所がたまたまアリの巣の近所だったらしく、2,3本がアリの被害に遭っている。根元の茎を囓られていたのだ。無農薬トマトを作りたいのだから、アリに対抗する手段はなさそう。平和共存を目指すこととした。もともと寝かせ植えしてあったのをさらに寝かせて土を被せ、囓られた茎部分よりもさらに上の茎から根が出てくるようにしてみた。

今のところ茎は細く元気なさそうだが、7月になって夏の陽射しを浴びるようになったら元気に育ってくるだろうと期待している。

*****

2015年8月13日 木曜日

朝、アイコトマトの収穫。大きなボールにいっぱいになる。今年は去年のアイコよりもずっと甘みがのって美味しいように思う。土作りがうまくいったおかげかな。

*****

*****************************