やさしく学べる線形代数

2016年8月23日 火曜日 朝はかなり強い雨

石村園子 やさしく学べる線形代数 共立出版 2000年

補注 石村本の第2冊目で、線形代数の復習。ところが、復習のはずなのになかなか捗らないのである。この夏が例年よりも大きく蒸し暑いこともあり、少し消耗戦になっている。
 石村さんのこの入門書では行列の基本変形や行列式の計算などについて省略されずに図示されていてとても親切でわかりやすい。このような本が1975年に手元にあったなら、私の大学一年生時代もずっとハッピーであったろうと思う。
 行列と行列式の問題では、簡単な計算問題を繰り返し解きながら理解を確認してゆくという進め方。
 簡単なはず。が、私はとても手間取ってしょっちゅう間違っているではないか。どうしたことか。計算間違いの原因を探ってみると、一番多いのは何と「問題(最初に与えられた行列の整数)の計算用紙への写し間違い」であった。お蔭で最初から複雑な分数計算に陥って時間を取られていることがある。・・このような自分が陥りやすい間違いの傾向に気づいたので、これからは計算用紙を節約しないで大きめの字で黒々と太い鉛筆で、しっかり問題を写し、確認し、それから計算を進めてゆこうと思う。ほとんどは簡単な整数の加減算術なので、6歳の頃には習熟していたものである。ここは60歳に近づいても衰えてはいない(のでホッとしている)。

*****

********************************************