菜園日誌 180802 クレオメの花咲く。

2018年8月2日 木曜日 晴れ・陽射しの下は猛暑

上の花は百日草ソンブレロ。

今年はムギワラギクの代わりにクレオメを育てている。当園の夏のイメージフラワー役である。春にタネを蒔いてもなかなか発芽せず、双葉から次の本葉が出るまでも延々と時間がかかったが、暑くなってくれば成長は早く、畑に直播きしたタネも元気良く発芽してポット苗に追いつかんばかりの勢いだ。まさに暑さ好きの夏の花。私の中学校か高校のときに一シーズンだけ、そして一本だけクレオメの花を育てた思い出があるのである。どうしてこの花が庭の端っこに芽生えたのか、不思議である。秋になっても次々と咲いて、秋の強い陽射しに照らされながら私の帰宅を迎えてくれた。その思い出が忘れられず、61歳の夏はクレオメをいっぱい育てているのである。

**

咲き出したクレオメの花。

不思議な姿の花。どんな昆虫が雄花の花粉を雌花の先端に運ぶのだろうか?

 

夏の陽射しで花びらが巻きこんでしまったけれど・・
陽射しが強いと花びらが萎れているようだが、水やりするとすぐにピンと復活する。

**

*****

 

********************************************