菜園日誌 180830 昔の写真を掘り起こし

2018年8月30日 木曜日 雨

 

朝から雨の木曜日。昔の写真を掘り起こしてみました。

**

2015年の9月にWさんから傾斜地の畑をお譲りいただきました。下の写真は、自ら行った土壌調査の経過図。

2015年9月12日付けの写真: 畑の土壌調査。東西方向に斜面を下る方向に掘ってみました。

驚くことに、バックホーで掘っているうちに見る見る水が噴き出してくる位置を発見。基準位置から北へ22.5メートル地点。地面の水捌けの悪さを説明できる所見です。

2015年9月28日付けの写真: 畑の土壌調査もここまで徹底的に・・。(あとで埋め戻すのが大変なことに・・。こんな所に大きな穴を掘り進めては・・困難なことになるのを思い知らされました。)

バックホー02の4トン車(画面左手に小さく見える青色のレンタル・ユンボ)を使って土壌調査を続行。東西に3列、南北に2列、延々と掘り進めました。手前の道はその時ちょうど行われていた市道の整備工事の様子です。

この年の秋に、南北に200メートルの明渠と暗渠それぞれ一条を設置して土壌の水捌け改善を図りました。

 

**

2016年4月24日付けの写真: ブドウ植え付け前の畑を展望台から見おろした写真です。雪解け直後の4月下旬。このあと、5月の初旬にブドウ苗1,250本を新植しました。

**

2017年8月27日付けの写真: ブドウは植え付けから2年目。元気に育ってきました。

**

2018年5月頃、タンポポ満開の季節、ブドウ畑(手前)を展望台から遠望して撮した写真。向こう側の畑にはソバを植える予定で虎縞模様の耕耘作業を施行しました。来年(2019年)の春にはこの虎縞模様の配置にブドウ苗1,400本を新植し、垣根栽培で育てていく予定です。

**

2018年7月30日付けの写真: 3年目のブドウ垣根栽培。2年目の写真と比べるとずっと賑やかになってきました。この秋には初収穫を予定しています。

**

垣根のブドウ列の端に植えたバラの苗も2年目を迎えて畑に馴染んできました。淡い色合いの端正な姿を見せてくれ、上品な香りで作業の疲れを癒してくれます。

*****

 

********************************************