菜園日誌 180917 菊苗の定植

2018年9月17日 月曜日 晴れ
朝、自宅の庭で
ヒマワリ(ロシアヒマワリ、パレット咲きヒマワリ)の自家採種タネを日干し。パレット咲きはお昼に室内に取り込む。ロシアヒマワリはもう少し天日干ししたいところ。
昨日収穫したアズキの日干し。

朝ご飯にアズキおこわご飯。
枝豆むしり。(昨日収穫したもの)
朝、圃場に向かう前に、Tzさんのワイナリーに寄る。MmさんTzさん共にお休みだったので、受付の女性の方に収穫予想量を書いた紙を預けて言付け。
その後、Nyさんの畑に慰問。L氏が明日で夏休み終わりであることを報告。
畑では草が青々として元気になってきた。主にはクローバーとタンポポの葉っぱ。
**
午前中、
軽トラに載せて、ブドウ挿し木苗バッカスと菊苗15株を圃場に運ぶ。
午前中に菊苗15株をブラムリーラインに定植。鶏ふんとモミガラ堆肥をたっぷり使って、3人でスコップ掘りで定植。
菊の定植。15本。
**
午後は、Itさんのピオーネが届いたので、Wtさんのお家に伺い、お裾分け。それからNmさんのお宅に伺い、(お留守だったので)ブドウを置いておく。
午後はまず番線張り。残っていた新植列に2番線から4番線までを9往復ぐらいで完成。
陽射しが美しく、素晴らしい秋の日和となった。
トキリンゴの初収穫(まだ酸っぱいけれど、L氏の夏休みが終わるので記念の味見として)。