夏休みの絵日誌(1)台風・地震

夏休みの絵日誌 (1)台風・地震

北海道にまでやって来て災害をもたらす台風としては、十年に一二(あるいは3?)度かと思われるほどの強風台風。雨はほとんど降らなかったが、南からの大風のため畑は酷い被害を受けた。

その翌日未明には大地震。311の地震は東京のモノレールに乗っていて経験したけれど、こんな大きな地震の経験は、私はこれが初めて。

**

刈り取り直前のソバ畑。台風21号の直後。吹き倒されて、白い花のソバ畑ではなく、「ソバの秋」の色。

**

台風で倒されてしまったリンゴ苗。支柱もぐらぐら。こんな支柱の選択・誘引方法では台風に耐えられないことを思い知らされた。

台風にやられて、根元からポッキリ折れてしまったトキリンゴ。

**

台風の翌日未明に北海道胆振震源の大きな地震。自宅では玄関の前室のタイルが剥がれ落ちた。

 

どうやらタイルは全体的に剥がれているようだ。

こちらの面のタイルも同様。

ブロック塀が大きく壊れてしまった。

同上のアップ。

**

私たちのバラもシュートが根元から薙ぎ倒されるなど、大きな被害を被った。けれど早速、台風被害を乗り越えて、にこやかに咲いているレオナルド・ダ・ヴィンチのピンク。来年はもっと大きく育つことだろう。

 

**

 

*****

 

********************************************