菜園日誌 181123 ソーヴィニヨンブランの剪定5日目で終了

2018年11月23日 金曜日 雪
本格的な雪。クルマの屋根は10cmほどの積雪。今日は5時起きで(2時間弱も夜の明けるのを待って)畑へ直行。
##
##
##
ソーヴィニヨンブランの剪定、北カラム第4列残り40本ほど。
これを終えて北カラム第13列の台木101-14、3309、8Bへと進む。
##
##
ずっと雪が降り続いていて、15cm程度には積もった。本格的な積雪はこの冬初めてである。剪定には不利な状況であるが、一つだけ良いこととして、誘引に使っていた麻紐が水を含んで完全に凍結しており、剪定ハサミで気持ちよく切れるようになった。今までは剪定バサミから両刃の鋭いハサミに持ち替えて切っていたので、凍結によって作業能率はアップする面もあることになる。一方、ズボン下だけで4枚も重ね着して作業しているため、寒さには抵抗力があるものの、動作はまったりの上に、少しの上り坂でも息切れするような感覚がある。おそらく重ね着過重のためにお腹が圧迫された情況なのであろう。
**
13列を終えて、剪定は第12列の5C1列50本を残すばかりとなったところで、昨夜は病院で過ごした家人を迎えに岩見沢駅へ。時間調整のため、I市のコメリ店に行く。工具などが充実していて楽しそうなお店であった。
家人と一旦自宅に戻って昼食を簡単に摂った後、再び圃場へ。今度は北カラム第12列の5Cの剪定。半分ほどのところで、夕方昏くなり本日の作業を終えた。ブドウ畑の片付けに明日の午前いっぱいかかりそうである。
穂木SBを昨日から水に浸けていたが、野外で冷え込むため、ボイラー室に取り込んだ。明日の朝、仮植えしたい。(雪が降り積もって埋めるのも手間がかかりそうだ。)本日、8Bの台木を10本ばかり採取。これも明日、仮埋めの予定。
**
*****
********************************************