小浜逸郎vs中島義道 人はわかりあえない

2018年12月5日 水曜日 曇り

 

##

中島義道/小浜逸郎 「やっぱり、人はわかりあえない」 2009年(電子書籍版)
##
私(=小浜)には、プラトンのイデア思想こそは、現世における感覚世界を見下し、それに拘泥する私たち普通人の生き方を軽蔑するという意味で、最大の転倒に陥っている思想であると読めるのです。宗教にしろ、哲学にしろ、思想にしろ、知によって勝負する者たちは、いつもこの転倒の陥穽にはまる危険をはらんでいます。(同書、キンドル版、2132/2420)
##
私(=小浜)は、彼らの「おまえたちは気づいていないだろうが、私はおまえたちの根本的不幸、根本的惨めさについて知っている。それは神の前では客観的な事実なのだ」と言いたげな、一部の哲学に特有の傲慢さとお節介ぶりが、どうしても気に入らないのです。(同書、2182/2420)
##
先に挙げた哲学者たち(=パスカル、キルケゴール、ハイデッガー)は、実存派でありながら、ヨーロッパ哲学というローカルな分野で思索を続けると、どうしてもキリスト教信仰的な「最高の境位」から鳥瞰的に「衆生」を見下すという、客観的視点を持たざるをえなくなるらしい。しかし、それこそは、ニーチェが指摘した、ルサンチマンに発する屈折した「権力への意志」にほかなりません。(同書、2188/2420)
##
**
*****
********************************************