自我の起原 愛とエゴイズムの動物社会学

2019年3月13日 水曜日 雪

真木悠介 自我の起原 愛とエゴイズムの動物社会学 岩波書店 2008年

<個体>という生の形態が本来はドーキンスのみるとおり、生成子(= gene)の再生産のメディアとして派生した現象であることは正しいだろう。けれども進化のどの時点でか、みずからの創造主にたいするこの<被造物>の反逆は起こったのである。つまり「個体」は、このかりそめの形態自体を自己目的化する主体として自立する。(真木、同書、p79)

**

遺伝子の、細胞の、個体の、家族の、企業の、国家の、種の、等々の利己性 selfishness が存在する。利個性 egoism はその一水準だけれども、利己性という問題の本来のトポスであった。(真木、同書、p80)

補註 トポス ウィキペディアによると・・・トポス: τόπος)とは、ギリシア語で「場所」を意味する語であり、以下の用法がある。 トピカ (アリストテレス)(トポス論[1]) – アリストテレス弁証法に関する著作。 トピカ (キケロ)(トポス論) – キケロ弁論術に関する著作。 トポス (詩学) トポス (数学) トポス (ディスカウントストア) トポス (小説)

**

テレオノミー的な主体性

テレオノミーとは、「何のために」という問いに対する答えである。テレオロジー(目的論)ということばの、神秘主義的な感触を乾燥するためにドーキンスが用いている用語である。(真木、同書、p83-84)

**

・・第1に哺乳、第2に保育期間の延長、第3に学習能力とシミュレーション能力、第4に群居と社会性、これら「個体」の、生成子(=gene)のメディアであることからの自立と、<主体化>を生みだしてきた条件は、個体の自己中心化への力であると同時に、また個体の脱自己中心化への力でもある。このことは<自我>という現象の原的な<脱自我性>ともいうべきものを根拠づけているように思われる。<主体>がテレオノミーとして選択することのできる2つの方向、求心化と遠心化とは、テレオノミー的な主体性の獲得の根拠それ自体によって、原的に同時に与えられているからである。(真木、同書、p97-98)

********************************************

*****

********************************************