夏休みの絵日誌(1)台風・地震

夏休みの絵日誌 (1)台風・地震

北海道にまでやって来て災害をもたらす台風としては、十年に一二(あるいは3?)度かと思われるほどの強風台風。雨はほとんど降らなかったが、南からの大風のため畑は酷い被害を受けた。

その翌日未明には大地震。311の地震は東京のモノレールに乗っていて経験したけれど、こんな大きな地震の経験は、私はこれが初めて。

続きを読む 夏休みの絵日誌(1)台風・地震

菜園日誌 180917 菊苗の定植

2018年9月17日 月曜日 晴れ
朝、自宅の庭で
ヒマワリ(ロシアヒマワリ、パレット咲きヒマワリ)の自家採種タネを日干し。パレット咲きはお昼に室内に取り込む。ロシアヒマワリはもう少し天日干ししたいところ。
昨日収穫したアズキの日干し。

続きを読む 菜園日誌 180917 菊苗の定植

菜園日誌 180906 深夜の胆振震源の地震

2018年9月6日 木曜日 朝は一時快晴、午後一時雨、大体は曇り。
未明3時9分頃、大きな地震。恐ろしかった! 家の天井が落ちてこなくてよかった!
しばらくしてから停電。
朝になっても、停電が続いていたため、
朝8時過ぎ、市役所まで歩いて行って、ヴォランティアを申し出た。
取りあえず、おもむろに圃場へ。
今日は後輩たち2人を含め、4人で、オーガを使ってブドウ垣根の杭打ち。中柱打ち、その他。
停電の復旧については情報が得られず。
ところが、午後3時頃に至って突然、電気が復活。
午後から杭打ち作業の続き。
夕方5時過ぎには全ての木柱を打ち終えた。オーガ第3日目にして、今年の使用はほぼ終了。
次いで、後輩たちはエダマメなどの収穫。
私とL氏は、オーガの水洗い。カスケード倉庫1に格納。
夕方、三笠市の消防のかたから連絡が入り、三笠市の場合は被災者なし。良かった。ただし、若者たち3名の災害被災地ヴォランティア初体験は延期となった。
**
わが自宅は隣家との境のブロック塀が大破、玄関前室のタイルが剥がれ落ち、門柱のタイルも落ち、等、かなりの物的被害。室内では、食器棚のお皿やカップ・グラスなどが壊れた。また、勉強机に備え付けの棚が転倒して載っていたものが飛散。寝室のスタンドが床に落ち、各部屋のペンダントランプが変に斜め宙づりとなるなど、大きめの地震被害であった。
家人は、昨日の台風、今日の地震と、2つの被災のため、夜は続けて札幌の自宅に泊まっている。
夜食は、急遽、私が我が農園で採れた野菜を用いてカレーを作ったのである。電気が開通してからは(買い物はできていないものの)ほぼ普通の生活ができている。
**
補註
今回の地震で、厚真町の地滑り被災者をはじめ多くの方々の命が失われたことを報道で知りました。ご冥福をお祈り申し上げます。2018年9月9日HH
*****
********************************************

菜園日誌 180830 昔の写真を掘り起こし

2018年8月30日 木曜日 雨

 

朝から雨の木曜日。昔の写真を掘り起こしてみました。

**

2015年の9月にWさんから傾斜地の畑をお譲りいただきました。下の写真は、自ら行った土壌調査の経過図。

2015年9月12日付けの写真: 畑の土壌調査。東西方向に斜面を下る方向に掘ってみました。

驚くことに、バックホーで掘っているうちに見る見る水が噴き出してくる位置を発見。基準位置から北へ22.5メートル地点。地面の水捌けの悪さを説明できる所見です。

2015年9月28日付けの写真: 畑の土壌調査もここまで徹底的に・・。(あとで埋め戻すのが大変なことに・・。こんな所に大きな穴を掘り進めては・・困難なことになるのを思い知らされました。)

バックホー02の4トン車(画面左手に小さく見える青色のレンタル・ユンボ)を使って土壌調査を続行。東西に3列、南北に2列、延々と掘り進めました。手前の道はその時ちょうど行われていた市道の整備工事の様子です。

この年の秋に、南北に200メートルの明渠と暗渠それぞれ一条を設置して土壌の水捌け改善を図りました。

 

**

2016年4月24日付けの写真: ブドウ植え付け前の畑を展望台から見おろした写真です。雪解け直後の4月下旬。このあと、5月の初旬にブドウ苗1,250本を新植しました。

**

2017年8月27日付けの写真: ブドウは植え付けから2年目。元気に育ってきました。

**

2018年5月頃、タンポポ満開の季節、ブドウ畑(手前)を展望台から遠望して撮した写真。向こう側の畑にはソバを植える予定で虎縞模様の耕耘作業を施行しました。来年(2019年)の春にはこの虎縞模様の配置にブドウ苗1,400本を新植し、垣根栽培で育てていく予定です。

**

2018年7月30日付けの写真: 3年目のブドウ垣根栽培。2年目の写真と比べるとずっと賑やかになってきました。この秋には初収穫を予定しています。

**

垣根のブドウ列の端に植えたバラの苗も2年目を迎えて畑に馴染んできました。淡い色合いの端正な姿を見せてくれ、上品な香りで作業の疲れを癒してくれます。

*****

 

********************************************