カボチャは肥切れに注意:東山さんのアドバイス

2015年12月15日 くもり

東山広幸 有機野菜ビックリ教室 米ヌカ・育苗・マルチを使いこなす 農文協 2015年

同書、p48「米ヌカはウネ間に大量に」によると、
コヤシは元肥にはモミガラ堆肥と少量の魚粉。定植直後に、ウネ間に米ぬかを大量に振って(1アールに50から100キログラム)、ロータリーをかけておく。これで追肥は終了。カボチャはコヤシが切れると一気にウドンコが広がるので、肥切れだけは注意が必要だ。

とのこと。私の今年の経験では、窒素をひかえることでアブラムシは来なかったけれども、ウドンコ病はまったく予防できなかった。

東山さんのアドバイス: 
 元肥にはモミガラ堆肥と少量の魚粉。
 追肥として、1アールに50から100キログラムの米ヌカ。カボチャ一株当たり5平米とすると、一株当たり2.5から5キログラムほどの追肥肥料(米ヌカ)を奨められていることになる。
 井原さんのビックリ教室にも書かれていたが、肥切れは葉っぱの色や大きさで検知できる。「カボチャはコヤシが切れると一気にウドンコが広がるので、肥切れだけは注意が必要だ」ーーー来年度(平成28年度)のカボチャはこの東山さんのアドバイスを作業仮説としてトライしてみよう。有機栽培で上手に育ててみたいと思う。

*****

**********

いっぺんにこんなでっかい穴を掘っちゃいけませんや

2015年12月15日 火曜日 曇り

陳舜臣 青玉獅子香炉 中国仁侠伝 陳舜臣中国ライブラリー29 集英社 1999年 

 陜西(せんせい)地方では、もともと洞窟を住居とする風習があった。大邸宅といえる洞窟も少なくない。冬は暖かく、夏は涼しいのである。ところが、掘ってみると湿気が多くて、とても文物を収容できそうもない。・・・(中略)・・・「いっぺんに、こんなでっかい穴を掘っちゃいけませんや。わしら、どんな大きな家をつくるにも最初の年はちょっぴり掘って、しばらく住むんですよ。それから一年ほどして、またちょっと掘り進めるちゅう具合でね、何年もかかって拡げると、湿りゃしませんわ。」 (陳舜臣、同書、p40)

民衆の文化遺産は安全な土地をもとめて、李白が「蜀道の難(かた)きは、晴天に上るよりも難し」とうたった、その蜀道の険を超えることになったのである。それは千百八十年前、飢饉をのがれて杜甫が、秦州(しんしゅう)から成都へ赴いたコースでもあった。・・・(中略)・・・
 これ天の険を設(もう)くる有り
 剣門は天下の壮たり
 連山は西南を抱き
 石角(せきかく)は皆北に向かう
 ・・・・・・・・
痩せさらばえてこの地を通った詩聖を偲ぶのか、若い科長は杜甫の「剣門」を低い声で吟誦(ぎんしょう)した。(陳舜臣、同書、p40-41)

*****

注: 陜西(せんせい)<以下 http://www.weblio.jp/content/陜西省 より引用> 
都市: 延安、咸陽、銅川、漢中、渭南など。
概要 中国六大古都の一つ。

省名は陝原(現在の河南省陝県一帯)の西に位置したことに由来する。略称は陝以外にも、春秋時代、この地の大部分が秦の領土であったため秦ともいう。

高原部分が省面積の半分近くを占める。50-150センチの深さの黄土に覆われたこの地帯を、黄河が切り裂くように流れている。

麦、稲、黍、綿、桑、タバコの葉の生産が盛ん。また、石炭、機械、石油、電気機器、紡績などの工業も比較的盛ん。

歴史 中華文明発祥の地の一つ。80万年前には藍田猿人が生息し、20万年前には大茘人、6000年前には半坡人が居住していた。

西周時代は王朝の都となり陜西と名づけ、西安付近が首都・鍋京に定められた。

唐代に入ると陜西節度使が置かれ、都が長安に定められた。宋代には陜西路、元代では陜西行中書省、明代に陜西承宣布政使司が置かれた。その後清代に陜西省となる。

中国紅軍の「大長征」の後、中国共産党は省北部にある延安に中央根拠地を置いたため、「中国革命の聖地」として知られる。<以上、http://www.weblio.jp/content/陜西省 より、引用終わり>

*****

**********

大浦ゴボウのタネ

********************************************

IMG_8247a

IMG_8248a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大浦牛蒡は栽培しやすく、おいしい。もちろん、2015年度も普通に高畝で育てて美味しいゴボウをいっぱい収穫できたのである。

一方、2014年度のゴボウをそのまま冬越しさせ、2015年、夏に開花、秋にタネを採った。こぼれたタネが発芽して美しい双葉を広げる・・・そこで雪が降って、今は雪の下。双葉で上手に冬越しできるのだろうか。来年の春、どんな姿を見せてくれることだろうか。2015年12月1日、札幌にて。

*****

**********

真黒ナスのタネ

********************************************

IMG_8235a

********************************************

ナスは北国の露地栽培ではなかなか上手には育たない。一昨年の農学校では4月からの温室での苗栽培のおかげで上手に作れたのであろう。2015年度は、市販の苗を買ってきて露地植えにしてみたが、一夏で掌ほどの大きさも育たなかった。今年の7月8月は寒すぎた感じ。北国でナスを育てるなら、6月まではハウスなどで暖かにして、できるだけ大きな苗に育ててから露地植えにしたいところ。(2015年12月1日)

*****

**********

ステラミニトマトのタネ

********************************************

 

IMG_8237a

********************************************

2014年度・T町自宅の家庭菜園で栽培。味は独特のおいしさで、作りやすい。ただし、露地栽培では雨が降ると見割れが激しく、農家の販売用の栽培には向かないだろう。たとえばアイコトマトは皮が固めで雨が降っても実割れがほとんどないのである。 2015年度はタネを播くゆとりがなく、ミニトマトは苗で買ってきたアイコだけの栽培となった。

*****

**********