服装はどうしよう?

<以下、2001年4月3日付けWEBサイトより再掲>

札幌は天気の悪い日が多い。服装はどうしよう?

今日も曇天で雨の降る寒い日です。札幌の4,5,6月は、風がびゅんびゅん吹いて、天気が悪くて雨も降って寒い日が多いのです。今日はあったかそうだと思いこんでジャケットだけで歩き出すと、寒い風でひどく後悔したこともしばしば。結果、風邪もしょっちゅう引いてしまうし。日々愛用のダウンのオーバー、もう半年近くも着ています。まるで羽布団にくるまって歩いているよう。暖かくて軽くて快適です。これをどこで洗濯に出そうか、この季節、判断が難しいのです。あんまり早いとみすみす風邪を引いてしまいます。あんまり遅くなると、寒い秋がすぐに来てしまいますので—そのまんま着続けようかと思ったりもするのです。—が、いけない、そんなことでは。

東京に住んでいた頃は毎日のように磨いていた革底のストレートチップも、こんなに天気が悪いのでは一年のうち履いていられるのはほんの数日です。私もすっかり合成ゴム底派に変身してしまいました。

ところで、服装、身なり、部長や教授があんまり地味でダサクてむさ苦しいと、若い大学院生も幻滅してしまう。ああ(教授のように)はなりたくないもの、と思って進路を大きく研究からはずしてゆくのでは—困ります。大学院生が20年後の自分の姿を想像して、多少とも目標になるものを教授がもっておかないと。しかし、「内面から時にそこはかとなくにじみ出る深い教養、困難に直面してはじめて現れるはずの真の誠実や勇気」など、など、学生に温かい目で見てもらえると思うわけにはいきますまい。まずは、足許の靴、そして服装、身なりから、時代に流され、時には棹さしながらも、いつでも学生の1,2歩先を進んでゆこう、というのが地道流では?

<以上、2001年4月3日付けWEBサイトより再掲>

********************************************

エディターの奨め

 

2014年4月2日 水曜日

エディターによるテキストファイルの奨め

テクニカルなことのアドバイスを一件いたします。

添付のファイル名をご覧ください。ファイルの拡張子を.dat から.txtに替えてあります。

拡張子を.txtとしてあるテキストファイルはどんなコンピュータでも簡単に読み込むことができます。

一方、拡張子が.datとなっているファイルは、データファイルを意味するだけです。よって、それぞれのコンピュータによってまたはそれぞれの使うユーザーによってそれぞれ違うことを意味している場合が多く、たとえば私たちの自宅のLENOVOのコンピュータでは開くことができません。その場合でも今回のように読めるタイプの拡張子に書き換えるだけで簡単に開くことができたのは、もともとのファイルがテキストファイルだったからです。

これがマイクロソフトのワードなどで作ったファイル(バイナリーファイルといって、そのソフト固有の形式のファイル、コードが公開されていないものも多い)ですと、そのソフト、すなわちワードのソフトをインストールしていないコンピュータだとどうにも開けないことも多いのです。

ということで、Lさんが現在使っているノートパソコンで文章やレポートを書くときは、QXエディターなどのエディターソフトを使うと大変便利です。そしてファイルを保存するときに、忘れないで必ず、ファイル名を*****.txt と拡張子付きで保存してください。そうすると世界中の人が簡単に開けられるファイルができあがります。テキストファイルを読める一般的なソフトが必ず入っているので、QXエディターをインストールしていないコンピュータでも開くことができるのです。

テキストファイルは、ワードなどのバイナリーファイルに比べて、遙かにコンパクトなファイルになります。コンピュータに負担をかけずさくさく軽快に操作できるので、本当に気に入っています。すっかり手放せなくなりました。

詳しくは鐸木能光(たくきよしみつ)さんの、ワードを捨ててエディターを使おう、という本を見てください。鐸木能光さんのアドバイス本は、このほかのものも、私たちにとってとてもフレンドリーなアドバイスがなされて、いますので、いろいろ図書館などで手に取ってみてください。部屋が狭くなるので何でも購入というわけにはいきませんが、一読したあとで、これはどうしても手元に置いておきたいというようなものがあれば、迷わず購入しておくと良いと思います。

以上、テクニカルアドバイスでした。

体験記、いよいよクライマックスですね。続きも期待しています。

*****

********************************************

流れてゆく雲

 

2014年2月6日、午前10時。晴天、しかし、浮き雲の動きが速い。西向きのこの部屋の窓枠のなかを右から左へスイと流れてゆく。また昨日のように、午後になったら激しい雪が降ってくるのかもしれない。

WEBページを再開!

********************************************