秦の趙高、漢の王莽、梁の周異、唐の祿山: 梁の周伊とは誰か?

2018年12月9日 日曜日 雪(M市は大積雪・S市は大した積雪はない)
祇園精舍の鐘の聲、諸行無常の響き有り。沙羅雙樹の花の色、盛者必衰の理を顯す。奢れる人も久しからず、只春の夜の夢の如し。猛き者も終には亡ぬ、偏に風の前の塵に同じ。遠く異朝を訪へば、秦の趙高、漢の王莽、梁の周異、唐の祿山、此れ等は皆、舊主先王の政にも隨わず、樂を極め、諫をも思い入れず、天下の亂む事を悟らず、民閒之愁る所を知ざりしかば、久しからず亡びし者どもなり……— 『平家物語』巻一、一「祇園精舎」
##
杉本圭三郎 新版 平家物語(一) 全訳注 講談社学術文庫 2017年(オリジナルは1979〜1991年刊の講談社学術文庫全12巻、今回手にしているのはこれを4冊にまとめたもの)
##
「遠く異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の周伊、唐の禄山」
##
梁の周伊 朱异(しゅい)が正しい。梁の武帝の臣、梁滅亡の因を作った。「梁書」に伝がある。(杉本、同書、p19)
##
・・この序章は、盛者必衰の理が貫徹する歴史への旺盛な関心を示して物語の世界へ享受者を導入しようとするものであって、哀調を帯びた表現ではあっても、厭世的な無常観のなかに人を誘うものではない。(杉本、同書、p20)
**
補註: 朱异(しゅい): 秦の趙高、漢の王莽、唐の禄山の3者は、いわば華々しい有名人(有名臣?)であるが、梁の朱异(しゅい)の方は、彼らと肩を並べるほどの問題があったとは思われないのであるが・・。
ウィキペディアによると・・<以下引用>
朱异(しゅい、中国語: 朱异; ピン音: Zhū Yì、483年 – 549年)は、中国南北朝時代の南朝の政治家、学者。は彦和。は异で、その異字体である「异」の訛字「异」が日本に入って定着した。
呉郡銭唐(現浙江省)の人。寒門の出身だったが広く諸学に通じ、梁の武帝の寵愛を得て頭角を顕わし、やがて国政の枢機に参画して権勢を誇った。548年に北朝の東魏に見切りをつけた侯景が自身の支配する州郡を手土産に梁への帰順を申し出ると、その受け入れをいったんは容認したものの、侯景と梁軍が東魏に大敗すると、手のひらを返して侯景を見捨てて東魏と和平を結ぶことを武帝に勧めた。これが侯景の立場を微妙なものとし、侯景の乱を誘発した。朱异は首都建康防衛の責任者である中領軍であったが、軍の指揮を執ることが出来ず、代わりに侯景と同じ降将であった羊侃の尽力で防衛される有様であった[1]。549年、建康が侯景軍に包囲される中、病死した。享年67。死後、武帝により特例として尚書右僕射を追贈されている。
朱异は武帝が推進した九品官人法の改革と武官の台頭の抑制によって儒教的教養を持つ人材を登用・抜擢しようとする賢才主義によって登用され、長く中書舎人を務めていることからも有能な人物ではあったが、侯景の帰順を巡る彼の判断ミスに加え、武官の台頭を嫌って軍の要職に武官ではない朱异を任じるという武帝の人事・軍事における政策ミスが、梁に致命的な打撃を与えることになった。
<以上、引用終わり>
##
ちなみに、以前に梁の武帝・蕭衍(しょうえん)について私のサイトに記載したことがあるので、以下に再掲する:<以下引用>
##
魏晋南北朝 梁の武帝・蕭衍(しょうえん)
2016年4月18日 月曜日 曇りときどき小雨
川本芳昭 中華の崩壊と拡大 魏晋南北朝 講談社 中国の歴史05 2005年
江南貴族制社会
社会のあらゆる場面に生まれた下克上の動き: ・・南朝では身分制が強固に存在していたが、にもかかわらず卑しい身分からはい上がろうとする下克上の動きが社会のあらゆる場面で生じていた。・・上に立つものはその下にあるものから発するそうした圧力を陰に陽に受けていた。藩鎮に赴任した皇子たちは、その配下の人々の上昇欲求を受け、究極的には帝位さえも狙うことを求められていたといえるのである。・・当時の史書は、皇帝に取り入って権勢をふるう、そうした人々を恩倖(おんこう)と称している。・・(皇帝が)そのような権力集中を行うとすれば、当然その手足となって働いてくれる人々が必要となる。こうした為政者の欲求と庶民層の台頭とが一致したところに、(劉宋の)文帝のときにもその萌芽が見られなかったわけではないが、孝武帝以降の南朝において顕著に見られる恩倖政治が出現するのである。(川本、同書、p146)
貨幣経済の発展: この恩倖には商人出身であるものや商人と結んだものがかなりいたことがわかる。このような人々の政界進出は、南朝における貨幣経済の発展が大きく関係している。(川本、同書、p147)
梁の建国: 武帝(蕭・・梁の武帝の時代の治世は南朝史上まれに見る安定と平和を享受し、武帝が五〇年近い間、政治を行い得たために、後世、「南朝四百八十寺、多少の楼台煙雨の中」とうたわれるような文化の隆盛がもたらされることになったのである。(川本、同書、p153)
(梁の)武帝が実行した四度の「捨身」: 仏教が中国に根を下ろし得た背景には、四〇〇年にもわたる安定した漢帝国の崩壊を受けて始まった、この魏晋南北朝という動乱の時代の民衆が、それまでの儒教的価値観ではなし得ない自己の救済を、異国の宗教である仏教に求めたからにほかならない。 また、この時代に中国へ移住してきた非漢民族にとっても仏教は、同じ異国に起源をもつ宗教であるだけに、受け入れやすい教えであった。(川本、同書、p159)
武帝の失政: 武帝の政治が放縦に流れ、また、仏教への傾倒がもたらしていた危機は、しかし、武帝の深く認識するところとはならなかった。武帝自身はよき政治を実現している、行っていると固く信じて疑わなかったのである。(川本、同書、p161)
*****
補注 ウィキペディアによると・・・https://ja.wikipedia.org/wiki/蕭衍
蕭 衍(しょう えん)は、南朝梁の初代皇帝。464年生549年没。
補注 侯景の乱 ウィキペディア「蕭衍」によると・・・
太清2年(548年)、東魏の武将侯景が梁に帰順を申し出てきた。武帝はそれを東魏に対抗する好機と判断し、臣下の反対を押し切って、侯景に援軍を送り河南王に封じた。しかし、東魏と彭城(現在の江蘇省徐州市)で戦った梁軍は大敗し、侯景軍も渦陽(現在の安徽省蒙県)で敗れてしまう。
その後、武帝は侯景に軍を保持したまま梁に投降することを許可するが、やがて侯景は梁室の諸王の連帯の乱れに乗じて叛乱を起こし(侯景の乱(中国語版))、都城の建康を包囲した。以下、ウィキペディアには詳しく記載されている。(略)
補注 「文選」: 武帝の長子、昭明太子(しょうめいたいし)蕭統(しょうとう)によって編まれた。
ウィキペディアによると・・・
『文選』(もんぜん)は、中国南北朝時代、南朝梁の昭明太子によって編纂された詩文集。全30巻[1]。春秋戦国時代から梁までの文学者131名による賦・詩・文章800余りの作品を、37のジャンルに分類して収録する。隋唐以前を代表する文学作品の多くを網羅しており、中国古典文学の研究者にとって必読書とされる。収録作品のみならず、昭明太子自身による序文も六朝時代の文学史論として高く評価される。
**********
<以上、引用終わり>
##
ウィキペディアによると・・・
蕭 衍(しょう えん)は、南朝の初代皇帝。ウィキペディアの画像より引用。
##

##

##

##
*****
********************************************

ノーム・チョムスキー氏が自由に活動出来るその理由 (海坊主)

2018年10月8日
ノーム・チョムスキー氏が自由に活動出来るその理由 (海坊主)
PCR氏がJFK暗殺に対するチョムスキー氏の立場を浮き彫りにしてくれたおかげで、彼が何を守り何を隠して居るのかについて考えさせられました。(海坊主さん、上記書き込み)

藤永さんの「私の闇の奥」の2018-10-05付けの記事より
同所での海坊主さんのコメント:<以下引用>
グリフィン氏を讃える一方でチョムスキー氏を鋭く非難するPCR氏の今回の記事ですが、今まで私が抱いて居た違和感が晴れた気がして、読了感はスッキリでした。これまで、チョムスキー氏の言動を厳しく非難するペトラス教授の記事などを拝読するものの、いまひとつ歯切れが悪かったというか覆われているベールを剥がせずに居てもやもや感が残ったのですが、PCR氏がJFK暗殺に対するチョムスキー氏の立場を浮き彫りにしてくれたおかげで、彼が何を守り何を隠して居るのかについて考えさせられました。
チョムスキー氏はある意味で米帝支配者層に利用されている面を感じる事ができました。

チョムスキー氏がベトナム戦争に拘る理由、ケネディにこだわる理由。今後、じっくり考える必要がありそうです。

このチョムスキー問題、皆さんはどうお考えですか?
**
補註
チョムスキー氏が準拠しているのはアメリカの公式見解。これに準拠して批判している限り、「民主主義の自由な国=アメリカ」の政策に反論を述べることが自由にできると人々に感じさせるための「ガス抜き」的な役割を果たしながらペンタゴンの研究費にサポートされて仕事を続けることができる。つまり、チョムスキーさんの意見が、「アメリカの公式見解」を支持し、その前提で物事を考えよう、とアメリカ国民あるいは世界の人々に呼びかけている形になるのである。このような意見の発表を許すことによって、アメリカでは言論の自由が保たれているように見せかけることができる。
一方、その公式発表見解自体がウソであることを独自の取材や信頼できる取材からの引用で暴露して、「アメリカ」の元々の悪魔的な姿を抉ろうとすれば、自由に活動できる場を失うであろう。
その立場が以下のような事例では明らかな浮き彫りになって見えてしまうのだ。
1)JFK暗殺の公式見解(JFK暗殺は個人的な犯罪であって、国家的な犯罪ではない)を前提として認める。
2)9/11の首謀者に関するアメリカの公式見解(中東での戦争を始めるためのアメリカ国家の自作自演ではなく、少数のイスラム教徒のテロ行為とする)を認める。
3)シリアでの「反政府派」の軍事行動(圧制者「独裁者アサド大統領」の抑圧に反対してアラブの人民の「民主主義を求める自主的な行動が形を取ったもの」であって、アメリカの国益に沿って組織を指揮されたアメリカ(やイスラエル・トルコなど)が軍事的にも資金的にも全面支援している「傭兵部隊」ではない)に関するアメリカの公式見解を前提として認める。
**
*****
********************************************

ゴーン逮捕、日産三菱を食おうとするマクロンの謀略の阻止

2018年11月22日 木曜日 雪
**さま
<ゴーン逮捕、日産三菱を食おうとするマクロンの謀略の阻止>
ゴーン氏については、就任当初から桁違いの高額:10億円もの年収を得ていくということで悪評が高かったのです。日本の経営者にも暴利をむさぼる傾向が表れ初めた象徴的な事例だったと思います。
武田邦彦さんの主張、会社は社員(株主ではなく従業員)のためにある、という考え方に、私も賛成です。経営者が偉いのではなく、従業員(=社員)の力が合わさったものが尊いのだと私も思います。
2018年11月22日 ゴーンの犯罪を日本社会に活かす
また、フランス政府との絡みに関しては、早速、田中宇さんの解説記事が参考になります。ご覧下さい。
「ゴーン逮捕で仏マクロンの謀略を潰した日本政府」
「ゴーンが逮捕されなければ、来年春ぐらい(数カ月内と報じられている)に日産と三菱がルノーに食われて「フランスの会社」になっていた。」「日産が検察に頼んでやってもらった事件であるなら、検察が金融商品取引法違反だとか、司法取引だとか、異例の手口でゴーンを潰していることに説明がつかない。今回の件は、横領的なものでなく、有価証券報告書への記載を「間違えた」だけの「微罪」と考えることもできるからだ。 (Five key questions in arrest of Ghosn)」 「マクロンは、・・日産三菱を併呑しようとした。今回、それを阻止した日本経産省は、ルノーとの関係を切った上で日産三菱がどうするか、代案を考えているはずだ。トランプは貿易政策などで米国企業を采配しているし、習近平は中国企業を采配している。自由企業万歳な時代はリーマン危機とともに終わっている。」
「東芝が、くそなWH(ウエスチングハウス)をつかまされた挙句に経営難になった」・・本当に残念なことです。
欧米(藤永さんのいう「ヨーロッパ的なるもの」)では、働かずに暴利を得ることを良しとする人たちが力を持っていることを、私たちは心得ておかなければなりません。中南米やアジア・アフリカを食い物にして富を築き繁栄している英米仏などの現状について、歴史的に本質を理解する目を養っておかなければなりません。
**さまのご意見をまたお聞かせください。
*****
********************************************

Vltchek 欧米の大衆は「知らない」のか、それとも「知ることを望んでいない」のか?

2018年12月5日 水曜日 曇り
Vltchek 欧米の大衆は「知らない」のか、それとも「知ることを望んでいない」のか?
Andre Vltchek
<前略>
 
— but at least they could show some curiosity about those places that are being sacrificed in order to maintain those ridiculously high standards of living in the West. There are so many places on earth where thousands, even hundreds of thousands die annually, so the Europeans can enjoy their free medical care, education and the latest models of cars.
 
欧米でばかげたほど高い生活水準を維持するために犠牲にされているそうした場所について、少なくとも彼ら(=ヨーロッパや北アメリカに住む人々の多く)が若干の好奇心を示すことはできようはずだ(が、できていない)。無料の医療や教育あるいは最新モデル自動車をヨーロッパ人が享受するために、何千人もが、それどころか何十万人さえもが毎年亡くなる場所が地球上には本当に多くあるのだ。(和訳部分は、http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-b81e.html マスコミに載らない海外記事さんの181203付けの記事より引用。修飾語や句読点の位置などを若干改変。)
 
 
・・・(中略)・・・
 
Let’s look at the world news. As this essay is being written, and as was mentioned above, Syria is recovering from another terrible chemical attack. France is possibly involved. Yet while in France, protesters are clashing with the police. Over what? Over high fuel prices. Fuel prices in France. That is as far as Europe is willing to go with its protest movements: prices, wages, privileges, privileges, privileges! Who pays for the privileges is irrelevant (to those who live in the West). Europeans know and care only about their ‘rights’ but not about their ‘responsibilities’ towards the world. They want justice for themselves, but never justice for the entire humankind. 
世界のニュースを見てみよう。この文章を書いている時点で、上で述べたように、シリアはもう1つのひどい化学兵器攻撃から回復しつつある。フランスは多分関係している。それでもその間フランス国内では、抗議行動参加者が警察と衝突している。一体何に関してだろう?  高い燃料価格に対してだ。フランス国内の燃料価格に対してなのだ! それはヨーロッパがその抗議行動を喜んで許容する範囲内までに対してだ:価格、賃金、権利、権利、権利! その特権に対して誰が代償を支払っているのかは(欧米に住んでいる人々には)無関係だ。世界に対して、ヨーロッパ人は彼らの「責任」についてではなくただ彼らの「権利」について、知っていて慮(おもんぱか)る。彼らは彼ら自身のためだけに公正を欲するが、人類全体のためには公正を欲することが決してない。(同じく、マスコミに載らない海外記事さんの181203付けの記事より語句を若干改変して引用。)
 
・・・(中略)・・・
 
Mostly, the fact is not always that the ‘population in the West is brainwashed’. That would really be quite a good scenario: and something relatively easy to correct.
 
大体の場合、本当は「欧米の庶民がいつでも洗脳されているため」というわけでもないのだ。そうだったなら、本当に良いシナリオだったろう。修正するのも比較的容易だったはずだ。
 
The problem is much greater: The inhabitants of the West do not want to know, because deep inside, they do not want the system to change. They don’t want the world order to be modified.
 
問題は遥かに深刻だ。欧米の住民は心の奥ではシステムが変化するのを望んでいないので、知ることを望んでいないのだ。彼らは世界秩序が変化するのを望んでいないのだ。
 
They intuitively feel that if what is being proposed by Russia, China, Cuba, Venezuela, Iran and other countries were implemented, their personal privileges would vanish. Their countries would become equal to all other countries on earth; they would have to obey international laws, and their people would be forced to work hard for their living. Plundering the planet would be banned. Privileges would stop.
Therefore, it is better ‘not to know’, not to understand. This way, the ‘pie’, or call it ‘carrot’, would not be lost.
彼らは、もしロシアや中国やキューバやベネズエラやイランや他の国々によって提案されていることが実行されたら、彼らの個人的特権は消失するだろうと直感的に感じているのだ。もしそうなれば彼らの国は、地球上の他の全ての国々と同じになってしまい、国際法に従わなければならないだろうし、(従来の特権国=欧米の)住民は生活のため一生懸命働くよう余儀なくされるだろう。地球から収奪することは禁止されるだろう。特権は停止されることだろう。
 だから、そのためには「知らない」、理解しないほうが良いのだ。そうすれば「パイ」は、あるいはそれを「ニンジン」と呼ぼうか、無くならない。 
 
The ‘ignorance’ in the West, I believe, is subconsciously ‘self-inflicted’. With knowledge, comes responsibility. With responsibility, an obligation to act (because not to act would be clearly immoral). All this could only lead to the loss of privileges.
 
 欧米の「無知」は潜在意識的に「自ら課している」のだと私は信じている。知識があれば、責任を伴う。責任があれば、行動する義務を伴う(なぜなら、行動をしないとしたら明らかに不道徳であろうから)。こうしたことは、全く以てただ特権損失へと繋がっていく。(同じく、マスコミに載らない海外記事さんの181203付けの記事より若干改変引用。)
 
The propagandists of the West are very well aware of the situation. I was told by some leading psychologists, that both psychiatrists and psychologists are employed and used in the process of ‘shaping the public opinion’, therefore, working for propaganda-makers. They study and analyze the ‘mood of the public’. They know public’s desires and aspirations.
All this is not as easy as it appears, is it?
Sadly, there is a silent (unpronounced and unsigned) agreement between the Western public and its establishment, as well as the corporate world, that the status quo should be maintained at all cost (paid for by “the others”); the West should be controlling the planet, and at least some part of the booty has to be shared among the (Western) masses.
 
 
What they are fighting over on the streets of Paris and other European cities is ‘how big the part of the pie that goes to the pockets of the common European people’ should be. There is absolutely no struggle to end the plunder of the world by the West.
パリの街頭や他のヨーロッパの都市で、彼らは「ヨーロッパ人の庶民の懐に入るパイの分け前の大きさはどれほどであるべきか」を巡って戦っているのだ。欧米による世界の収奪を終わらせるための闘争は全く存在しない。
 
 
Unfortunately, the world cannot count at all on the European or North American public for support in the struggle to destroy and end imperialism, neo-colonialism and the continuous deadly plunder.
帝国主義や新植民地主義や絶え間ない破壊的な収奪を終わらせる戦いに関して、ヨーロッパや北アメリカの大衆が支援してくれることを、残念ながら、世界は全く当てにできない。
 
It is not because the public in the West ‘doesn’t know’, but because it does everything it can in order not to know. Or if it knows or suspects, it makes sure to act as if it is ignorant. For its own selfish interests. For its own privileges.
それは、欧米大衆が「知らない」からではなく、知らないでいるために、できる限りのあらゆることをしているからだ。あるいは、欧米大衆が知っているか、ないしは疑っている場合には、必ず無知であるかのように振る舞うのだ。自身の私利のため。自身の特権のため。 
 
On the other hand, countries like Russia, China, Venezuela, Cuba, Syria or Iran cannot ever ‘appease’ the West. As long as they demand justice for all, as well as a revised global order, they will be smeared, demonized and eventually attacked. The confrontation appears to be inevitable. And it is the West which will begin the war.
一方、ロシアや中国やベネズエラやキューバやシリア、あるいはイランのような国は今までに欧米を「なだめる」ことができていない。彼らが、全員のための公正と、修正された国際秩序を要求する限り、彼らは中傷され、悪者にされ、遂には攻撃されるだろう。 対決は避けられないように思われる。そして戦争を始めるのは欧米だ。
 
The change, the revolution, will come, and is already coming ‘from the outside’, from the countries that are refusing to accept the Empire’s brutality and fully undemocratic control over so many parts of the planet.
変革は起きるだろうし、それは既に「外部から」、地球上の実に多くの部分に対する帝国の野蛮さと甚だしく非民主主義的支配とを受け入れるのを拒否している国々から来つつある。
 
And let us be very frank: The West will be fighting, by all means and fully united, against any fundamental change in the way the world is presently arranged.
率直に言おう。現在世界が構成されている姿を、どのような形であれ根本的に変えようとすることに対し、欧米は、あらゆる手段をとってしっかり結託して戦うだろう。
 
It will soon be the West (including its governments, corporations and extremely obedient and selfish citizens), against the rest of the planet.
 
間もなくそれは、彼ら(=欧米)以外の地球上のすべての国々と対決する欧米(欧米=その政府や企業や極めて従順で利己的な国民も含め)ということになるだろう。(同じく、マスコミに載らない海外記事さんの181203付けの記事より若干改変して引用。)
 
 
 
 
 
 
**
*****
********************************************