ヴルチェク・エリトリア訪問記

「もっとも基本的な人権とは何か?」

2015/01/26 Mon

アンドレ・ヴルチェク氏のエリトリア訪問記  &  藤永茂さん  エリトリアの人々に幸あれ(1〜5)

藤永茂さんが、アンドレ・ヴルチェク氏の『エリトリア:帝国主義者にとってのイデオロギー的エボラ出血熱』の翻訳をされています。 「エリトリアの人々に幸あれ(1〜5)」

http://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/d/20150107
http://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru をご覧ください。

<以下、藤永さんの訳注より引用>

「もっとも基本的な人権とは何か?」それは、何よりもまず、「人間らしく生きる事ができる」ことだと、私は考えます。着るものがあり、食べるものがあり、住むところがある、これが基本です。これらの基本的人権にくらべれば、言論の自由とか、表現の自由とかは、二次的なものです。この次元での人権を云々するのなら、私としては、言論の自由の権利よりも、むしろ、知る権利を要求したい。エリトリアを例にすれば、私たち一般大衆がエリトリアについて本当のことを知りたいと思っても、よほどの努力をしなければ、思いはかないません。実を言えば、エリトリアの実情を、つまり、アンドレ・ヴルチェク氏が報じてくれているような実情を先刻ご存じの人々は日本にも少なからず居るのだと私は推測します。・・・では何故彼らは真実を語らないのか? それは、日本に言論の自由、表現の自由が無いからです。本当のことを語るのは、自分の為にならないからです。このような自主規制は、日本の社会のあらゆる所に見られます。その状況の中で、意識的な、為にするプロパガンダが行われれば、私たち一般大衆はころりと偽りの情報を信じてしまう――これが実情です。

以上、藤永茂さんの2015年1月21日のブログ記事 http://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru より引用。

*****

http://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/d/20150107 より以下引用:

ある国の独裁者が、自国の民に無償の教育と医療を与え、自国の資源から得られる収入でその費用を賄おうとすると、米欧は、ほぼ必ず、その国に襲いかかって、暴力的にその政府を打倒しようとします。キューバ然り、サンカラのブルキナ・ファソ然り、リビア然り、そして、このエリトリアもそうです。ボリビア、ベネズエラ、北朝鮮も大いに気になります。

以上、藤永茂さんの2015年1月7日のブログ記事 http://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru/d/20150107 より引用。

*****

以下、引用

“They have actively promoted an economic blockade … when that failed the US used Ethiopia to start the war in 1998 … when that failed, it injected political dissent and tried to create divisions and cleavages along ethnic lines… when that failed, it used religion – Pentecostals …when that failed, it actively began luring youth out of the country, even issuing visas, illegally, to people without the passports … and then it turned around and accused the government of “human trafficking” … when that failed, it actively pushed different neighboring countries to pick fights with Eritrea and also to encouraged them behind closed doors to encircle Eritrea out of IGAD … It used the ‘client’ states to promote its own strategy for this region… And when that also failed, it used the infamous “terrorism” label to engineer illegal and unjust sanctions … Finally, when everything failed, it used and continues to use “human rights” and “democracy” as a battle cry for intervention…”

“米国は積極的に経済封鎖をやってきましたが・・・それが失敗すると、1998年にはエチオピアを使って戦争を仕掛けてきました・・・それが失敗すると、反政府の政治感情を注入して人種間の分裂や裂け目を作ろうとしましたが・・・それが失敗すると、米国の原理主義的キリスト教派を使って宗教的分裂を試み・・・それが失敗すると、今度は、しきりに若者たちを国外に誘い出すことをやり始め、パスポートを持たない若者に不法ビザを発行しておいて・・・そのあと一転してエリトリア政府が人身売買(Human Trafficking)をしていると非難したのですが・・・それも失敗すると、米国は積極的に隣接諸国をけしかけて、エリトリアと戦争を始めさせ、また、秘密裏にそれらの国に働きかけて、エリトリアをIGAD(「アフリカの角」地域の政府間開発機構、Intergovernmental Authority of Development)からいびり出すことを試みました・・・米国は、この地域での自身の戦略を推進するために、そうした従属国を使おうとしたのです。・・・そして、それもまた失敗すると、米国は、エリトリアに対する違法で理不尽な制裁措置を画策すべく、例の悪名高い‘テロ国家’のラベルをエリトリアに貼り付けました。・・・あらゆることが失敗した挙句、最後に、米国は、‘人権’と‘民主主義’を内政干渉のスローガンとして掲げ、それを使い続けています・・・”

以上、藤永さんの「エリトリアの人々に幸あれ(4)」2015-01-14 付けの記事より翻訳を引用。原文はアンドレ・ヴルチェク氏の最新のエリトリア訪問記 DECEMBER 12, 2014 Eritrea African Ideological Ebola for Imperialists by ANDRE VLTCHEK  http://www.counterpunch.org/2014/12/12/african-ideological-ebola-for-imperialists/print より引用。

*****

Andre Vltchek is a novelist, filmmaker and investigative journalist. He covered wars and conflicts in dozens of countries. The result is his latest book: “Fighting Against Western Imperialism”. ‘Pluto’ published his discussion with Noam Chomsky: On Western Terrorism. His critically acclaimed political novel Point of No Return is re-edited and available. Oceania is his book on Western imperialism in the South Pacific. His provocative book about post-Suharto Indonesia and the market-fundamentalist model is called “Indonesia – The Archipelago of Fear”. His feature documentary, “Rwanda Gambit” is about Rwandan history and the plunder of DR Congo. After living for many years in Latin America and Oceania, Vltchek presently resides and works in East Asia and Africa. He can be reached through his website or his Twitter.(ibid, http://www.counterpunch.org/2014/12/12/african-ideological-ebola-for-imperialists/print より引用)

**********

ザミャーチン われら

2015年1月15日 木曜日

ザミャーチン われら 川端香男里訳 講談社文庫 1975年  (もとは講談社の海外秀作シリーズとして1970年に刊行) 読了。

IMG150109001

原作は1920-1921年頃(ザミャーチン36歳頃)に書かれ、筆写されて人々の間に流布され、1924年にはザミャーチン自身が全ロシア作家同盟の会合で朗読し、作家の仲間うちではよく知られた作品となっていた。1924年に英訳、1927年にチェック訳、ついでプラハの亡命者系の雑誌「ロシアの意思」にロシア語で発表された。・・・ロシア語で発表したことはソビエト当局に対する公然たる挑戦であるということにされ、一斉に攻撃を受けることになった。(同書、解説p313より引用)

この作品は社会学主流のSFのうちの「もしもこれがこのまま続いたら」タイプの作品である。(ditto, p317)

数学と秩序が大いなる調和と幸福をもたらしているこの国を熱烈に愛している技師D-503号は、一人の女性への愛に惹かれてこの国の反乱計画と関係をもつことになっていく。それはまだ自由の余地が「革命」後、千年もたってもまだ残されていて、まだ完全ではなかったためなのである。やがて自由といういらざる幻想を生む想像力の摘出手術が人々に行われ、やがてより完全な国が生まれることになる。  この作品についてはザミャーチン自身が、「この小説は人類をおびやかしている二重の危険ーーーつまり機械の異常に発達した力と国家の異常に発達した力ーーーに対する警告である」と語っている。・・・・このままでは必然的にやって来てしまうユートピア(つまり、アンチユートピア)の否定的側面を見事に結晶させた最初の作品としての栄誉はザミャーチンに属する。(ditto, p318)

*****

この本を読んだきっかけ: 西谷修さんの「夜の鼓動にふれる 戦争論講義」で紹介推薦されていたのがきっかけ。

引き込まれるようにして読み進んでいった。が、十分に理解できているか? 「映画的なフラッシュバックや、地の描写の部分ときわだった対照をなして浮きあがってくる表現主義風のグロテスクな会話・・・心象風景が自然描写と一体となり、登場人物の無意識の衝動の描写が時としては超現実主義的次元へと移ってゆく・・・このような手法はいずれも`われら`のなかでも用いられることとなる。」(ditto, p310) この小説を翻訳で一度読んだだけで十分に理解することは不可能だと感じる。

それでもこの作家は魅力的でもう一度、また、もっと別の作品も読んでみたいと思う。ところが、日本語への翻訳というとほとんどなさそうなのである。何とか掘り返して進んでみたいと思うが。

*****

wikiで調べてみると: エヴゲーニイ・イワーノヴィチ・ザミャーチン(ロシア語:Евге́ний Ива́нович Замя́тин, 1884年2月1日 – 1937年3月10日)は、ロシアの作家。ソ連文学界は、文学史からも、彼と代表作『われら』の存在を、忌むべきレーニン批判の反革命作家・小説として完全に抹殺していたがペレストロイカ以降、再評価されるようになった。wikiより引用。

さらに孫引きすると: Yevgeny Ivanovich Zamyatin (1884-1937) – name also written Evgenii Ivanovich Zamiatin

http://www.kirjasto.sci.fi/zamyatin.htm より <以下、WEBサイトより引用>

Russian novelist, playwright, short story writer, and essayist, whose famous anti-utopia My (1924, We) prefigured Aldous Huxley’s Brave New World (1932), and inspired George Orwell’s 1984 (1949). The book was considered a “malicious slander on socialism” in the Soviet Union, and it was not until 1988 when Zamyatin was rehabilitated. In the English-speaking world My has appeared in several translations.   ”And then, just the way it was this morning in the hangar, I saw again, as though right then for the first time in my life, I saw everything: the unalterably straight streets, the sparkling glass of the sidewalks, the divine parallelepipeds of the transparent dwellings, the squared harmony of our gray-blue ranks. And so I felt that I ? not generations of people, but I myself ? I had conquered the old God and the old life, I myself had created all this, and I’m like a tower, I’m afraid to move my elbow for fear of shattering the walls, the cupolas, the machines…” (in We, tr. Clarence Brown, 1993)

さらに引用すると

We, completed in 1921, was the only full-length novel Zamyatin wrote. Extracts from the original text were published in an *igre journal in Prague in 1927. In Russia We circulated in manuscripts. At an imaginative level, claims the author Martin Seymour-Smith in The 100 Most Influential Books Ever Written (1998), We is “far above even Nineteen Eighty-Four”. Besides Orwell, We inspired Huxley’s Brave New World, although the latter writer did not acknowledge this fact. The first English translation was published in 1924, in the 1970s appeared two translations, and also in the 1990s, when the Soviet Union collapsed. Orwell got in his hands a French translation, entitled Nous Autres, not the American edition from 1924. In his review in Tribune (4 January, 1946) Orwell wrote: “So far as I can judge it is not a book of the first order, but it is certainly an unusual one, and it is astonishing that no English publisher has been enterprising enough to reissue it.” Orwell urged Fredric Warburg to publish the work.

講談社版の川端香男里さんの解説でも上記パラグラフとほぼ同様の記載がなされている。

さらに引用を続けると:

The story is set in the twenty-sixth century A.D. in a totalitarian, standardized One State of the future. Its dictator is the all-powerful “Benefactor,” who offers the citizens, called Numbers, security and material affluence but not freedom. All the citizens wear identical grey-blue unifiorms with bandages bearing their numbers. There is no freedom, because freedom and crime are closely connected: “If man’s freedom is nil, he commits no crimes.” Special guardians spy upon the behaviour and morals of the numbers. The narrator, D-503, is an engineer and chief mathematician of the state, who fully accepts the total control and rationality of the mechanized and centralized state. He is terminating the construction of an interplanetary vessel and begins to write notes for the inhabitants of other planets. However, his observations in his diary reveal a huge* between the reality and his orthodox view of it: “And the what a sky! Blue, unsullied by a single cloud (what primitive tastes of the ancients must have had if their poets were inspired by those absurd, untidy clumps of mist, idiotically jostling one another about). I love – and I am sure I am right in saying we love – only such a sky as this one: sterile and immaculate. On days like this the whole world seems to have been cast of the same immovable and everlasting glass as the Green Wall, as all of our structures. On days like this you can see into the deep blue depth of things, you see their hitherto unsuspected, astonishing equations – you see this in the most ordinary, the most everyday things.”

*huge という単語には名詞的用法はないので、この後ろにあった言葉が欠落していると思われる。とりあえず、gap, discrepancy, contradiction・・・などの言葉を補って意味をとっておきたい。

さらに引用を続ける:

D-503 falls in love with I-330, a member of a revolutionary group, but their love is doomed. The caretaker of D’s house makes a report to the guardians. Like in 1984, love is destroyed by the totalitarian system. D-503 becomes again the faithful servant of the One State when his imagination is removed in the Great Operation. I-330 and other revolutionaries are subjected to torture and sent to the modern improved guillotine. Though Zamyatin’s target in We was not the NEP Period in early Soviet history, but a highly rationalized industrial society, the book was also a prophecy of Stalinism. As Gleb Struve said in 25 Years of Soviet Russian Literature: 1918-1943, “It is obvious that in this institution of guardians the Communist Government should see a satire of certain of its own methods.” Zamyatin’s vision of a rule-dominated society owes much to his experiences in war-time Britain.

<以上、http://www.kirjasto.sci.fi/zamyatin.htm より、引用終わり>

**********

Gould, SJ, The Mismeasure of Man

Stephen Jay Gould, The Mismeasure of Man, revised and expanded edition, W.W.Norton, New York, 1996. (cf. 1st ed. published in 1981)

ditto, read by Arthur Morey, Tantor Audiobook, 2011.

2015年1月10日 読了。読了と言うよりは聴き終えるというべきか。オーディオブックのおかげで全編を通読することができた。実は、グールド本を通読したのは今回が初めてである。

この本を読むきっかけは、藤永茂さんの「老いぼれ犬と新しい芸」で紹介され一読を勧めてくださっていたことからである。前半は頭蓋計測、後半は知能テストに関して。非常に重い内容であり、大冊である。英語も決して平易では無い。オーディオブックがなければ簡単には読み進められなかっただろう。

IMG20150104023

 

**********

町田宗鳳「法然 世紀末の革命者」宝蔵館 1997年

 

2015年1月2日 金曜日

町田宗鳳「法然 世紀末の革命者」宝蔵館 1997年 読了。以下は p231 より引用:

歴史を動かす想像力ということ以外に、二〇世紀に生きる私たちが、法然に学ぶべきことがもう一つある。それは喜びも悲しみも含めて、あらゆる経験を重ねながら、存在の深みへと歩を進め、そこから生を見直すという作業である。法然にとって存在の深みは、救いの大地である死につながっていた。・・・ <以上、引用終わり>

IMG201501030007

*****

 

 

**********