庭木の自然風剪定

2018年12月6日 木曜日 曇り
峰岸正樹 庭木の自然風剪定 農文協 2001年
##
樹形は樹種によって個性的
・・庭木というものは、その樹種ごとの自然樹形を基本としたいものです。(峰岸、同書、p13)
##
自然樹形を作る基本は光
・・自然樹形とは、長年かかって、木自身が「大透かし」「中透かし」をしてできた樹形なのです。(峰岸、同書、p16)
##
大枝の切り方
・・大枝をノコギリを用いて切る場合、とくに気を付けなければならないことは、切り終わる直前に、切り落とす枝の重みで切り口が裂けないようにすることです。切り口が裂けると、残す枝や幹の樹皮、その内部まで裂け、大きな傷となってしまうことが多いからです。(峰岸、同書、p64)
**
補註: 上の写真は、私たちの庭のイチイの木である。いわゆる自然形とは対照的な仕立になっている。これだと各枝が手の平いっぱいにもろに雪の重みを受けてしまう。多くの年月を経てすでに主枝の根元の多くには雪折れの裂け目のあとが見られる。が、とりわけ今年は(庭木の手入れをお願いしているHbさんが手をお怪我されていたため)例年通りの冬囲いの委託ができなかったので、雪害が心配である。イチイという樹種の自然形はどんな形になるのだろうか? 積雪2メートルにも及ぶこの豪雪地帯での自然形は、雪の重みを逃しやすいような樹形であるかもしれない。比較的温暖な本州の自然形とは異なるものかもしれない。これから風景を見る時に気を付けてみたい。
**
*****
********************************************

リンゴの剪定を科学する

2018年10月30日 火曜日 曇りのち晴れ
菊池卓郎・塩崎雄之輔 新版・せん定を科学する 樹形と枝づくりの原理と実際 農文協 2005年
摘果の重要性
・・毎年適切な摘果を行って適度に果実を成らせることが、樹を花芽のできやすい状態に維持するための条件である。(菊池・塩崎、同書、p35)
**
**
**
**
**
**
**
***
********************************************

リン資源枯渇危機とはなにか

大竹久夫編著 リン資源枯渇危機とはなにか リンはいのちの元素 大阪大学出版会 2011年

2018年3月12日 月曜日 曇り

補註: リン資源枯渇危機に関して、
 大切な問題であることは分かる。しかし、心なしか、石油機資源枯渇の問題と同様な危うさの匂いが感じられるのである。
 落ち着いて科学的な基礎データを集めることが前提となろう。

**

*****

********************************************

肥料になった鉱物の物語

2018年3月7日 水曜日

髙橋英一 肥料になった鉱物の物語 ーーグアノ、チリ硝石、カリ鉱石、リン鉱石ーー のぎへんのほん 研成社 2004年

自然界でのカリウムとナトリウムの分布の違い
 カリウムとナトリウムは地球表層にはほぼ同じくらい存在するが、その分布は陸と海で著しく異なっている。すなわち土壌中にはカリウムはナトリウムの二倍以上存在するのに、海水中にはカリウムはナトリウムの三〇分の一くらいしか含まれていない。・・・(中略)・・・
 ・・これらの事実は、生物が上陸する前の生息環境である海のカリウムとナトリウムの濃度を反映しており、動物は体液という海を宿し、植物は海の衣を脱いで上陸したように思われて興味深い。またその結果、一般の植物はナトリウムを必要とせず、むしろ過剰の害が問題になるのに対して、陸上動物はナトリウムの獲得が必要であり、とくに草食動物ではナトリウム不足になりがちである。(髙橋、同書、p81)

アメリカにおける木材の灰からのポタッシ生産
 ・・アメリカからヨーロッパへの二世紀にわたる木灰の輸出は、木灰以外のカリ資源が知られていなかった時代のヨーロッパの産業の発達を大いに助けた一方で、アメリカ東部諸州の農業の生産性を著しく低下させた。(髙橋、同書、p93)

**

*****

********************************************