再生のヴィジョンのために

西谷修 破局のプリズムーーー再生のヴィジョンのために ぷねうま舎 2014年

2015年1月21日 水曜日 読了。西谷さんの「世俗哲学」本。

*****

キリスト教は近代の社会形成や人びとの意識の変化のなかに拡散するようにまぎれ込み、一見非宗教的なかたちで規範的効果を及ぼし続けており、そのためにいまも問題になるのだが、そのことを「キリスト教の歴史」として」把握するのが難しいからだ。(同書、p236)

IMG150114027

まさしく、世界の一部がそのような「発展」や「繁栄」を「自由に」追求するからこそ、そこに埋め込まれた暴力によって至るところに「人間の戦場」が生みだされるのだ。そしてふるわれる暴力は「発展」や「繁栄」の側から常に隠される。広河さんはずっとその現場に立ち続けてきた。焼き込んだ硬質な画面のなかから、犠牲者たちの沈黙の叫びが訴えかける。(同書、p252)

東日本大震災と福島の原発事故は、まったく新しい課題をわれわれに提起したわけではない。むしろ進行していた事態がすでに孕んでいた「破局」を、一気に激発させた出来事だったといってよい。いわば「未来」が強引にそこに現出したのである。・・・だから、課題はいかにして噴出した「未来」もう一度遠ざけるか、あるいは「未来」を違ったものとして確保するのか、ということのはずだった。そして、そのための方向はすでにさまざまなかたちで示されていた。ところが、・・・「持続」の復興を押し出し、その勢いで「未来」さえあらかじめ押し潰すような動きが顕在化してきた。「未来」を押し潰すとは、来たるべき「破局」を現在のうちに呑み下してしまうこと、そうして破綻を全般化・恒常化することである。だから、流動化する秩序を制御するために強力な管理と統制が必要とされ、それをソフトに行うため何よりメディア管理が求められる。(同書あとがき、p255-6)

********************

ここにある未来 アフターフクシマ

続・アフター・フクシマ・クロニクル

西谷修 アフター・フクシマ・クロニクル ぷねうま舎 2014年
2015年1月20日 火曜日 読了。

破局はいつも「まだ起こっていない」ものとして「未来」にある。だが、いまその「未来」がここにある。それが「大洪水のあと」ということだ。その「大洪水のあと」、われわれはもはやいままでのように生きることはできない、目先にかまけて「未来」を無視するようにしては。むしろ、ここに現実化してしまった「未来」を基準に、この「未来」の全面化を退けるようにしてしか、「これから」を思い描くことはできないということだ。(同書、p198)

IMG150114028

「ここにある未来」に目を向けること、「この未来」に配慮すること、それが技術の功利性や経済的配慮が避けがたくする「無思考」を抜け出る道ではないでしょうか。そして同時に、人類が呼び覚ましてしまった「手触りのある未来」に向き合う道なのではないでしょうか。(同書、p222)

**********

アフター・フクシマ

2015年1月15日 木曜日

西谷修 アフター・フクシマ・クロニクル ぷねうま舎 2014年  読み始める。

2015年1月20日 火曜日 同書、読了。今日は、猛吹雪と大雪。道路が真っ白で何も見えなくなる。行き慣れた通りが、誰もいない未知の空間となり、ひょっとして反対車線を逆走しはしないだろうかとパニックのような不安にとらえられる。レストランでお昼を食べて出てくると、駐車していた車の上に10cmほどの雪が積もっていた。札幌では今年一番ぐらいの吹雪かもしれない。

*****

世界で最初の核惨事は、1957年に旧ソ連の南ウラルのキシュテム市付近(秘密都市チェリャビンスク-65近郊)で起こった。極秘にされていたが、75年にイギリスに亡命した科学者ジョレス・メドベージェフが「ウラルの核惨事」を発表して知られるようになった核廃棄物処理場の事故だ。ただ、SF作家のストルガツキー兄弟がこれを題材に小説を書いた。「路傍のピクニック(ストーカー)」という。(西谷修 アフター・フクシマ・クロニクル p169 ぷねうま舎 2014年)

**********

「危険」は、“核”を扱う技術そのものにある。にもかかわらず、核技術は「安全」だとしなければ原発は維持できない。虚偽と隠蔽の構造はそこから始まる。(西谷修「アフター・フクシマ・クロニクル」p61より引用)

・・・“核”はもともと虚偽と隠蔽によってしか維持できないのだ。“核”ほど、国家と人間の利害を対立させるものはない。(ditto p62)

**********

IMG150114028

「もし」を想定しなかったら、原発の場合、取り返しのつかないことになる、というのが福島第一の教訓である。(同書p120)

**********

TNT火薬の10万倍規模の破壊力をもつ核エネルギーは、どこでも国家規模のプロジェクトとしてしか遂行できない。その性格はいわゆる「平和利用」においても同じである。国(官僚、政治家、軍)と学会、産業界をあげて行われるこの開発は、とうぜんながらメディアを巻き込む。「民主主義国」であればなおのこと、国民の「支持」を作り出すためにメディアが挙げて動員される。戦時なら国家の最高機密、平時なら国を挙げてのプロパガンダが、起こっていることの「真実」を覆い隠す。総力戦以降とも言うべき、このような組織的体制が核技術にははじめからつきまとっているのである。*(ditto p190-1)

*HH注 藤永茂 ロバート・オッペンハイマー: 愚者としての科学者 朝日選書 1996年 もご参照ください。

**********

人間の経験的次元も歴史的次元も超えた持続、それを人は「永遠」とか「永劫」などと呼んできた。核技術の使用によっていま人間に必要となっているのは、その「永遠」を守護することである。それはこれまで人間の務めではなかったのだが、いまや「未来」は目に見えるものになり、しだいに翳りを深くし、むしろ人間は過去を哀惜しつつ埋葬し、未来に向かうのではなく、来たるべき間近ないまを守るために遠い未来をあらかじめ哀悼しなければならないかのようである。(ditto p168-9)

「永遠」に向き合うことは、かつてはどこでも神官たちや宗教者・聖職者たちの役割だったが、核技術はそれをこれからの人間全体(人類)の課題にしたのである。あらゆる宗教的な恐れや迷信から解き放たれて、そういうものとは無縁に自然を解明し操作しようとしてきた科学技術は、“核”を解き放つことで逆に人類全体を剥き出しの「永遠」に直面させることになってしまった。これ以後、人類は「恐れ」のなかに生きることをまぬがれない。そして、恐れの対象を封じ込める方法は、この映画*の扱うフィンランドのオンカロのような永遠不可侵の施設を作るほかにない。つまり「至聖所」を作るということだ。(ditto, p188)

*マイケル・マドセン監督「10万年後の安全」原作 Into Eternity フィンランド・デンマーク・スウェーデン・イタリア合作映画。NHKBSでは「地下深く永久にーーー核廃棄物10万年の危険」のタイトルで放映された。(ditto, p157)

**********

**********

・・・だがその「自由」の実現のために開発された巨大技術の効果によって、自然に埋め込まれていた10万年の時間が暴き出され、解き放たれてしまい、それが「未来」を石化し始める。「未来」への衝動は、人類の未来を曇らせる。こうして、齢を数えるべくもなかった「未来」は、いまや人間の時間の次元をはるかに超えて数えねばならないものになっている。
グローバル化の環は閉じられた。誕生以来わずか一世紀半で世界を領導した「アメリカの世紀」はすでに終わろうとし、近代の自燃システムは燃え尽きようとしている。われわれは打ち破られた「近代」の200年の時間のうちにとどまるべきか、それともその外に歩み出るべきか。・・・「終末」はいつも遠く、つねに「未だ来ていない」とすれば、明日でも、十億年先でも同じことである。だが、いまや予兆がある。その予兆のなかで人間は時を数えなければならない。その数えねばならない時間を、つまりは有限の時間に向き合い、それを「無限」へと転化して、別の「自由」の可能性を引き出すすべを、人間は発案してゆかねばならない。(ditto, pp195-6)

**********

数字と確率で実感する「フクシマ」

 

2015年1月17日 土曜日 雪(吹雪、12号線も一時ホワイトアウトで前が見えず江別の手前で引き返す)

鐸木さんのキンドル本 数字と確率で実感する「フクシマ」 読了。

第6のIF もし福島第一以外の原発で同じことが起きていたら: 復旧作業がまったくできず、なすすべなし(同書より引用)

4号機の奇跡: 第7のIF もし4号機の作業でミスをしていなかったら もし4号機の作業でバカなミスをしていなかったら: たまたま空っぽになって蓋も開けてあった4号機炉心に水が満たされていたため、それが地震で歪みができた隔壁を通して隣の燃料プールに流れ込んで冷却し続けられた。この想定外の「たまたま冷却」がなければ、4号機燃料プールの燃料が露出してしまい、1〜3号機以上の汚染が起きていた。つまり、作業ミスと設備の強度不足が日本を奇跡的に救った。(同書より引用)

「人間は今ある現実しか信じられないので、こうした仮定の話にはなかなか馴染めません。しかし、今、日本で多くの人たちがまがりなりにもフクシマ以前と同じような生活を営めているのは、本当に幸運に幸運が重なった結果に過ぎないのです。」(同書より)

***

「フクシマ」は、「災害」ではなく「社会構造」の問題なのです。(同書より)

こうしていられるのも、あのとき、奇跡的な幸運に恵まれて、被害がこの程度で済んだからなのだ、ということを、日本人のほとんどは認識しないまま時間だけが経ってしまいました。・・・今生きている私たちを「再出発」させるために、多くの命や自然環境が犠牲になりました。なんの反省もなく、軌道を修正できないまま同じことを繰り返すのは、大きすぎる犠牲に対しての冒涜です。(同書あとがき2013年5月14日付けより)

***

**********

市民科学者として生きる

 

市民科学者として生きる: 人はどうしたら本当の科学者として生きていけるか

 

2014年2月20日 木曜日

 

島村英紀さんの「人はなぜ御用学者になるのか―地震と原発」花伝社 2013年 を読了。島村さんの充実したWEBですでに公開されている文章が少なからず再録されており、常日頃の島村さんの熱心なファンとしてはやや物足りない面がないわけではなかったが、それでも一息に通読させていただいた。

さて、メインストリームの科学研究が主に国家予算から支出される研究助成金によって支えられている現状から、科学研究の多くが国家にとって役に立つことすなわち「御用」を務めることのできる方向に向けられることは当然であろう。この辺りの機微に関して島村さんのWEB記事や単行本ではまとめてよく記載されている。

多くの科学者がややもすると御用学者になってしまうことに関しては、島村さんの単行本の中によく書かれいるので、ここでは私は、「人はどうしたら御用学者にならないで本当の科学者として生きていけるか」ということに関して考えてみたい。

科学を支える行政に関して、問題の本質は、「何が国家にとって本当に役立つことか」という問いかけである。 これを論議できるような情報が国民に十分に公開されず、深く議論されることもなく、国民ひとりひとりが時間をかけて考える機会もなく、国民のアイデアや希望が行政に伝えられる道も開かれていない。行政と行政から選ばれた審議会などの一部の担当者たちのその時の判断にゆだねられているのが現状である。彼らの視点から国家にとって役立つように見えても、長い目で見てあるいは結果から判断して決して役立ってはいなかった、ないしは他のことに人的物的資源を振り向けた方がよほど有益だったであろうに、という事例が多々ある。島村さんの専門分野の地球科学や地震科学、しかり。私が取り組んできた医学研究、しかり。以前の私のWEB記事で繰り返し、「もう少しだけ目線を高く遠くに向けて」と訴えてきたのは、このような意図からである。

さて、ここまでは、国家ないし企業の助成による科学研究、すなわち現代文明の花形であるメインストリームの科学研究に関して述べたものであるが、視野をもう少し広げて問題を提起してみたい。すなわち、助成金がもらえなくても科学はできるのではないか? 国家や企業の予算支援に支えられなくても科学者として生きることは可能ではないか?

私が今まで学生や大学院生の教育に懸命になって取り組んできたのは、職業科学者を育てるのが目的ではなかった。そうではなくて、「科学する人」を育てることを目指してきた。前回のメールではリサーチマインドという表現を使わせていただいた。「科学する人」は必ずしも職業科学者である必要はない。一人の市民として、科学的な方法、科学的な取り組み方で、それぞれの今の課題に立ち向かっていける人を指している。

一例を挙げよう。たとえば第一線で働いているお医者さんのほとんどは、文部科学省の大きな助成金を受けて研究プロジェクトを推進しているわけではない。しかし、多くの難しい課題を抱えた個々の患者を目の前にして、今でもわからないことだらけである。それを何とかしてわかろうとしない限り、医者のやっていることは、500年前の呪い(まじない)師と実質的に変わらない営みになってしまう。わからないことに直面したその時、医者に求められている姿勢は、隠されている本質を見抜く科学者としての取り組み方である。

もう一例。たとえば土地を耕す一人の農家を考えてみよう。太陽そして地球、季節と天候、タネや動物や虫たち、空中のカビ、土壌の微生物に至るまで、さまざまな自然にさらされふれ合い、それらに思いを馳せながら作物を育てる。やっぱり、わからないことだらけである。それを何とかしてわかろうとしない限り、困難を乗り越えてそれぞれが目指すところへと進んでゆくことはできない。人類が1万年前に農耕を始めたときから今に至るまで、直耕の農民は「わかろう」と努めてきた。本当のことを知ろうとする「科学する心」はすべて時代の農民にとって大切なものであり続けてきたのだ。

以上、医師と農家の2例を挙げただけだが、ほかのどんな職業に就いている人であっても、あるいは職業とは関係のない人の営みであっても、私たちがよりよく生きていくうえで、「科学するこころ(リサーチマインド)」は貴重なものなのだ。

「科学するこころ」はもっとずっと広く、そして楽しい人類の営みを指している言葉であり、私たちは「市民科学者」として、「科学する心を持った人」として、胸を張って楽しく歩を進め生きてゆくことができる。

国家の助成金に支えられた、ややもすると競争の激しい、孤独で暗くなりがちな職業科学者たちによる、国家社会の御用を務める「仕事としての科学」は、 科学のなかでも特殊な比較的小さなカテゴリー(範疇)に属するものだ。本当の科学は、もっとずっと広く、明るい。それは、私たち市民ひとりひとりの手の中そして心の中にある。

国民一人一人が市民科学者として学び考え行動すること、今一歩、さらにもう一歩、歩を進めてゆくこと、そして、それを積み重ねることを続けてゆければ、すばらしい。

国家行政予算から多額の助成金を受けて大きな研究を進める職業科学者たちの仕事は、それらの市民科学者たちによって真の意味で正しい方向に舵取りされ支えられることによってのみ、国家にとって本当に役立つ仕事へとつながってゆくのである。科学と学問を進める真の主体は、本当は、市民科学者としての私たち国民市民一人一人である。憲法の前文を持ち出すまでもなく、国民が国家の主権者であるのだから。

 

*****

 

以上、島村さんの単行本を読んでの所感。2014年2月21日付け。

 

島村英紀さんの「人はなぜ御用学者になるのか―地震と原発」(花伝社 2013年)をお読みください。

 

********************************************