数字と確率で実感する「フクシマ」

 

2015年1月17日 土曜日 雪(吹雪、12号線も一時ホワイトアウトで前が見えず江別の手前で引き返す)

鐸木さんのキンドル本 数字と確率で実感する「フクシマ」 読了。

第6のIF もし福島第一以外の原発で同じことが起きていたら: 復旧作業がまったくできず、なすすべなし(同書より引用)

4号機の奇跡: 第7のIF もし4号機の作業でミスをしていなかったら もし4号機の作業でバカなミスをしていなかったら: たまたま空っぽになって蓋も開けてあった4号機炉心に水が満たされていたため、それが地震で歪みができた隔壁を通して隣の燃料プールに流れ込んで冷却し続けられた。この想定外の「たまたま冷却」がなければ、4号機燃料プールの燃料が露出してしまい、1〜3号機以上の汚染が起きていた。つまり、作業ミスと設備の強度不足が日本を奇跡的に救った。(同書より引用)

「人間は今ある現実しか信じられないので、こうした仮定の話にはなかなか馴染めません。しかし、今、日本で多くの人たちがまがりなりにもフクシマ以前と同じような生活を営めているのは、本当に幸運に幸運が重なった結果に過ぎないのです。」(同書より)

***

「フクシマ」は、「災害」ではなく「社会構造」の問題なのです。(同書より)

こうしていられるのも、あのとき、奇跡的な幸運に恵まれて、被害がこの程度で済んだからなのだ、ということを、日本人のほとんどは認識しないまま時間だけが経ってしまいました。・・・今生きている私たちを「再出発」させるために、多くの命や自然環境が犠牲になりました。なんの反省もなく、軌道を修正できないまま同じことを繰り返すのは、大きすぎる犠牲に対しての冒涜です。(同書あとがき2013年5月14日付けより)

***

**********

Evolution: The Triumph of an Idea

Zimmer, Evolution: The Triumph of an Idea

2015年1月16日 金曜日 Zimmerの進化本を読み始める。これもオーディオブックで聴くが、残念ながら縮刷版の朗読でCDでは6枚のみ。

Zimmer, Evolution: The Triumph of an Idea, William Heinemann, London, 2001 Audiobook Read by Peter Thomas, Harper Collins Publisher, 2001.

IMG150116033前半、まずは、ダーウィンの進化論のきっかけとなったビーグル号航海が詳しく紹介される。2枚目、進化論の元となったエッセイ1844年、そしてウォレス、1859年の出版。ケルヴィン卿の反論、ラザフォードの発見したアイソトープ比率による年代測定法。

2015年1月18日 雪 午前9時、読了。ただし、縮刷版。

*****

**********

セヴァストポル 1855年

2015年1月17日 土曜日 雪ときどき曇り、ときどき明るい陽射し

セヴァストポル・スケッチ 1855年

Sevastopol in December 1854

early dawn is just beginning to colour the horizon above the Sapun Hill. The dark blue surface of the sea has already thrown off the gloom of night and is only awaiting the first ray of the sun to begin sparkling merrily. A current of cold misty air blows from the bay; there is no snow on the hard black ground, but the sharp morning frost crunches under your feet and makes your face tingle. The distant, incessant murmur of the sea, occasionally interrupted by the reverberating boom of cannon from Sevastopol, alone infringes the stillness of the morning. All is quiet on the ships. It strikes eight bells.

On the north side the activity of day is beginning gradually to replace the quiet of night: here some soldiers with clanking….

<以上、引用>  from Delphi Complete Works of Leo Tolstoy

***

はじめて電子書籍 Kindle を使用。つねづねトルストイの全集を読み進めてみたいと思っていたが、今日、Delphi版をダウンロードで購入。去年の夏L氏が図書館の本で読んだというセヴァストポル・スケッチを開けて見る。私は今までこれを読んだことがなく、また蔵書としても持っていなかったのである。

3つの短編、出版は1855年。Delphi版での英語翻訳は Frank D. Millet 1887 と書かれている。上に引用したのは、はじめてダウンロード購入した電子書籍をコンピュータで開けてセヴァストポル・スケッチの最初のページにたどり着き、それを開けたままで、もう一台のコンピュータを開いて筆写したものである。筆写することなんて、これからもめったにないであろうが、今日は読み始めの記念スナップとして思い出にとどめておくことにした。

カメラ、Kindle端末、そしてこれらコンピュータ2台が載ると狭い机がいっぱいになってしまう。コンピュータ脇に置いているコーヒーカップには細心の注意を払わなくてはならない。

注:
reverb n 残響  reverberate vt,vi 反響させる・反響する (研究社・リーダース英和辞典)
********************************************

オースティン本を楽しむために

ジェーン・オースティンの世界を楽しむために

2015年1月16日 金曜日

オースティンの世界をその外側から眺めると嫌なことがさまざま目について楽しめない。が、これがオースティンに対してフェアな付き合い方とは言えない。文学を楽しむためには、まずはその枠組みの中に身を置いてその視点から世界を眺め直してみることが始まりだろう。オースティン本を楽しむためには、オースティンの世界にどっぷりと漬かり、その世界の価値観を共有して、夢中で読み進むことだ。

この厚い雪と氷に覆われた北国の長い冬の季節、しばし緑の季節の自分を忘れて、すべて新しく学んでみたらどうか。この冬の季節の王様となって子どものように、難しい歴史思想書も軽妙な小説も不思議なSFも数式いっぱいの物理学書も、余裕いっぱいに抱擁し無心に遊びながら吸収してゆけばよい。 Learn as if you were to live forever.

そして緑の季節が訪れたなら、王様として過ごした季節のことは忘れて、靴を直したり庭の手入れに勤しんだりするとよい。去った日々の姿よりも少しだけ成熟し少しだけ強く優しくなった庭守の姿を見いだせるかもしれない。

*****

**********

ストルガツキー兄弟 ストーカー

 

ストルガツキー兄弟 ストーカー 深見弾訳 2014年新版 ハヤカワ文庫

2015年1月10日 土曜日 読了。

原作は「路傍のピクニック」か「道端のキャンプ」。1972年。キャンピングカーで旅をしている連中が、ある一夜をどこかの道端でキャンプをして立ち去ったあと、そこに残していった塵芥は、野の虫たちにとってどんな意味があるのか? この作品は、キャンプの跡(ゾーン)の塵芥(諸諸の不可解な事物)をめぐって右往左往する虫たち(人間)の物語です。(同書、解説p288)

IMG150110026ゾーンをめぐって様々な人間がそれぞれの立場で、既成の観念に縛られて行動する中で、生きるために命がけでゾーンに潜入し、ブツを運びだすストーカーたちこそ、実は、心の底でもっとも人間的な苦悩を、そしてよろこびを味わっているのです。(同書、解説p289)

彼らは二重の危険を冒す。まずは不法侵入、そしてゾーンに立ち入れば得体の知れない気配の影響を受けて健康を害し、彼らの子どもはしばしばミュータントになるという。けれども、ただ貧しさからだけではなく、人生の次元を超えたこのゾーンに抗いようもなく惹きつけられ、彼らはそこに不条理な畏怖と敬虔の極を見いだしている。(西谷修「アフター・フクシマ・クロニクル」p60より引用)

世界で最初の核惨事は、1957年に旧ソ連の南ウラルのキシュテム市付近(秘密都市チェリャビンスク-65近郊)で起こった。極秘にされていたが、75年にイギリスに亡命した科学者ジョレス・メドベージェフが「ウラルの核惨事」を発表して知られるようになった核廃棄物処理場の事故だ。ただ、SF作家のストルガツキー兄弟がこれを題材に小説を書いた。「路傍のピクニック(ストーカー)」という。(西谷修 アフター・フクシマ・クロニクル p169 ぷねうま舎 2014年)

*****

きっかけは西谷修さんの「夜の鼓動にふれる」で紹介されていたことから。

**********