唐茄子屋政談

2019年1月29日 火曜日 雪


唐茄子屋政談ウィキペディアによると・・・唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)は落語の演目。唐茄子屋(とうなすや)[1]とも。上方落語における南京屋政談(なんきんやせんだん)、南京政談(なんきんせいだん)もこの項目で説明する。人情噺。すべて口演すると長大になるため、2部に分け、その前半が演じられることが多い。「唐茄子」「南京」は、いずれもカボチャの異称である。主な演者に、東京では3代目三遊亭金馬5代目古今亭志ん生6代目三遊亭圓生3代目古今亭志ん朝が、上方では4代目桂福團治が知られる。<以上、引用終わり>

今回、三代目古今亭志ん朝のユーチューブ録画で聴いてみた。〜49分で全部の口演となっている。小気味良い早口の江戸東京弁で上手である。

***************************************************