ツルゲーネフ 父と子

2018年3月2日 金曜日 雪

ツルゲーネフ 父と子 金子幸彦訳 岩波文庫 1959年(オリジナルは1862年刊)

**

補註: この小説の内容からも容易に推察されることであるが、小説の題名の「父と子」、父も子も複数形となっている。

**

 ・・いろいろな、定かならぬ感情、過ぎ去りゆく生活の意識、新しいものへのあこがれ、こういうものに動かされて、彼女みずから強いてあるところまで進んでゆき、そのむこうをのぞいて見たが–そこに見たものは。深い淵ではなくて、空しさ・・あるいはむしろ醜さであった。(ツルゲーネフ、同訳書、p175-176)

**

・・かきとなると、話をしても身ぶるいがでるほどであった。食べることはすきであったが、精進はかたく守った。(ツルゲーネフ、同訳書、p203)

補註:  (ロシア語の原文に当たっていただいて、「かき」の意味を確定してもらう予定だが・・)私の暫定的な改訂(漢字を多く入れてみた): 
「柿(または牡蠣;補註参照)となると、話をしても身震いが出るほどであった。食べることは好きであったが、精進(補註*参照)は固く守った。」

補註: ここの「かき」が、貝の牡蠣のことか、果物の柿のことか? 平仮名であるために確定できない。広大で海から遠いロシアの田舎でこの時代に牡蠣を安全に食べることが可能であったかどうか、疑わしいので、果物の柿の方かとも思ってみる。しかし、寒いロシアで柿を栽培できるのか(ちなみに北海道では寒すぎて柿は育たない)、柿が(西瓜と同じように)物忌みの対象となりえるのか、物忌みになるとしてその理由は?・・などと考えると、私には到底確定できない。原著に当たってもらう必要がある。柿(または牡蠣)に何か呪術的な禁忌事項があるかどうか、これも問い合わせてみる予定である。
 この例でも分かるように、この1959年版の飜訳は、漢字の使い方が少な過ぎるように思う。ある程度まではどんどん漢字を使って書き表した方が、日本語は表現し易く、また読み易くなるのであるが・・。
 数多くの漢字を、ワープロの候補に載っているものを単に選ぶだけで自由に使える今は、60年前に比べてずいぶんと楽になっている。ワープロのお蔭である。(旧漢字が選べなかったり、歴史的仮名遣いを打ち込みにくかったりと、不満は多くあるものの・・)。

補註*: 「精進」・・ロシアの正教のご婦人の「精進」の料理や習慣に関しては、イメージが浮かばない。宿題としたい。
**

・・しかし、この瞬間、彼の心のなかには、消えはてた自分の全生涯がおののきふるえていたのである。(ツルゲーネフ、同訳書、p278)

**

ーー姉さんはあのころ、あの人にかぶれていたんです、なたとおなじようにね。
ーーぼくとおなじようにですって! では、君は僕がもう彼の影響から抜け出したことに気がついているんですか? 
・・・(中略)・・・
ーーなんと言ったらいいかしら・・あの人は猛獣ですし、あたしや、あなたは飼いならされた獣です。
ーーぼくも飼いならされた獣ですか?
カーチャはうなずいた。(ツルゲーネフ、同訳書、p284-285)

**

 ・・ここにいると、むすこに、その思い出に近づくことができるかのように。・・彼らの祈りやなみだは、みのりのないものであろうか? いな! どれほどはげしい、罪ぶかい、反逆のたましいがこの墓のなかに隠れていようとも、その上に咲く花は、けがれのない目で、おだやかに人々をながめている。これらの花が人々に語って聞かせるのは、ただとこしえの安静のみではない。「無心の」自然の偉大な静けさのみではない。彼らはまた永遠の和解と、かぎりない生命をも語っている・・(ツルゲーネフ、同訳書、p347-348)

*****

********************************************

バザーロフはニヒリスト、つまりすべてのものを批判的見地から見る人間

2018年3月1日 木曜日 雪(朝から午後まで降り続き、何十センチも積もる)

ツルゲーネフ 父と子 金子幸彦訳 岩波文庫 1959年(オリジナルは1862年刊)

ーーあの男(=バザーロフ)はニヒリストです。
・・・(中略)・・・
ーーつまりすべてのものを批判的見地から見る人間ですーーとアルカーヂイが言った。
・・・(中略)・・・
ーーそう、もとはヘーゲリストというものがいたもんだったが、いまはニヒリストか。まあ、その空虚のなかで、真空のなかで、お前たちがどんな風に存在をつづけてゆくか、見ていることにしよう。(ツルゲーネフ、同書、p36-37)

**

2018年3月2日 金曜日 雪 今朝も雪降り続き、風も強い。嵐・吹雪の大荒れ。

・・パーヴェルの方は反対に寂しい独り者として、人生の薄暗いだそがれの時期に入りかかっていた。それは、青春は過ぎてしまったが、老年はまだ訪れてこないという、希望に似た哀惜と哀惜に似た希望の時期であった。
 こういう時期は、ほかの誰よりもパーヴェル・ペトローヴィッチのような人にとって、最も苦しいものであった。彼は自分の過去を失うことによって、すべてものもを失ったのである。(ツルゲーネフ、同訳書、p51)

**

補註: 期待 D. 159 Die Erwartung, D. 159
アルカージイの父ニコライはチェロでシューベルトの歌曲「期待」を弾く。今日の私は、Dietrich Fischer-Dieskau, Gerald Moore の演奏をユーチューブで聴くことができた。

**

アルカーヂイは曲の最後の部分に、とりわけ心をうたれた。それは、魅惑に富んだ、あかるい、しずかな調べのさなかに、にわかに悲痛な、ほとんど悲劇的な哀愁が、ほとばしるように、わき起こる部分であった・・しかしモーツァルトの音楽が彼の心に呼び覚ました想念はカーチャにかかわるものではなかった。(ツルゲーネフ、同訳書、p143)

補註: モーツァルト ピアノ・ハ短調幻想曲 K475;ハ短調ソナタ K.457
ウィキペディアによると・・・Fantasia in C minor, K. 475
Fantasia in C minor, K. 475 is a piece of music for solo piano composed by Wolfgang Amadeus Mozart in Vienna on 20 May 1785. It was published as Opus 11, in December 1785, together with the Sonata in C minor, K. 457, the only one of Mozart’s piano sonatas to be published together with a work of a different genre.

補註 今ではウェブで(無料で)楽譜をダウンロードして見ることもできる。便利な時代になったものだ。
また、バレンボイム、グルダやリヒテルなど多くの著名な演奏家の演奏をユーチューブで聴くことができる。今日の私は、懐かしいアリシア・デ・ラローチャ伯母さんの演奏 Alicia de Larrocha plays Mozart – Fantasy & Sonata in C minor, K.475/457  https://www.youtube.com/watch?v=kMsTV0XscQ8 で聴きながらツルゲーネフを読み進めた。
少し前の時代(ナポレオン戦争の頃1815年)を背景にしたスタンダールの「パルムの僧院」でチマローザのオペラ(「秘密の結婚」)などがバックグラウンドに響いてくるのに比べると、このツルゲーネフの「父と子」でモーツァルトのK457&475が聞こえてくるのは、私には感覚的にずっと新しく身近に感じられるのである。

補註の補註: 秘密の結婚(Il matrimonio segreto)
ウィキペディアによると・・・チマローザ(Domenico Cimarosa/ 1749年-1801年)は、1792年(43歳)にオペラ『秘密の結婚』を作曲。彼の代表作で、18世紀のオペラ・ブッファとしてはモーツァルトの作品を除けば上演される数少ないオペラのひとつ・・とのこと。

**

補註 ヴェルスタ ウィキペディアによると・・・
ベルスタ (ヴェルスタ;ロシア語: верста ヴィルスター;ラテン文字転写の例: versta) は、かつてロシアなどで使用されていた長さ(距離)の単位である。日本語では、ロシアの里ということで露里(ろり)と訳されることがある。
1ベルスタは500サージェン (サジェーニ;са́жень;sazhen’) に等しい。SIでは約1066.8メートルとなる。
ベルスタ (верста) は単数形であり、複数形はビョールスティ (ヴョールストィ;вёрсты) である。日本語では複数であっても「ベルスタ」と訳すのが通例となっている。英語などいくつかの言語では、複数形の生格ビョールスト(вёрст)に由来する語が単数形として扱われている(例: 英語では単数形がverst、複数形がversts)。

*****

********************************************

ブルガーコフ 悪魔物語

2018年1月25日 木曜日 雪のち晴れ

**

ブルガーコフ 悪魔物語・運命の卵 水野忠夫訳 岩波文庫 赤648-1 2003年(原作は短篇「悪魔物語」は1923年刊、作品集「悪魔物語」は1925年刊)

**

補註 ブルガーコフ 悪魔物語
ブルガーコフ 1891-1940 キエフ市生まれ 1916年、キエフ大学医学部卒。1921年9月、モスクワに出る。作品集「悪魔物語」(1925年)は、革命後のロシア社会に対する辛辣な諷刺がこめられていたため、同年に書かれた「犬の心臓」とともに、発禁処分となった。・・・(中略)・・・1966年、検閲による削除を含む不完全なテキストではあったが、長篇「巨匠とマルガリータ」が作者の死後26年を経てようやくソ連で活字になった。(同書・解説、p268−271より抄)

ザミャーチンの批評:
生活に根をおろした幻想、映画のような急速な場面転換は、1919年、20年というわれわれの昨日を収納できる数少ない形式上の枠組みのひとつである(1924年)。(同書・解説、p275より抄)

**

*****

********************************************

ツルゲーネフ はつ恋

2018年1月6日 土曜日 曇り

ツルゲーネフ はつ恋 神西清(じんざい・きよし)訳 新潮文庫 1952年(原著は1860年)

  情け知らずな人の口から、わたしは聞いた、死の知らせを。
  そしてわたしも、情け知らずな顔をして、耳を澄ました。

という詩の文句が、わたしの胸に響いた。
 ああ、青春よ! 青春よ! お前はどんなことにも、かかずらわない。お前はまるで、この宇宙のあらゆる財宝を、ひとり占めにしているかのようだ。憂愁でさえ、お前にとっては慰めだ。悲哀でさえ、お前には似つかわしい。お前は思い上がって傲慢で、「われは、ひとり生きるーーまあ見ているがいい!」などと言うけれど、その言葉のはしから、お前の日々はかけり去って、跡かたもなく帳じりもなく、消えていってしまうのだ。さながら、日なたの蝋のように、雪のように。・・・(中略)・・・
 さて、わたしもそうだったのだ。・・ほんの束の間たち現れたわたしの初恋のまぼろしを、溜息の一吐き(ひとつき)、うら悲しい感触の一息吹をもって、見送るか見送らないかのあの頃は、わたしはなんという希望に満ちていただろう! 何を待ちもうけていたことだろう! なんという豊か未来を、心に描いていたことだろう!
 しかも、わたしの期待したことのなかで、いったい何が実現しただろうか? 今、わたしの人生に夕べの影がすでに射し始めた時になってみると、あのみるみるうちに過ぎてしまった朝まだきの春の雷雨の思い出ほどに、すがすがしくも懐かしいものが、ほかに何か残っているだろうか? (ツルゲーネフ、同訳書、p130-131)

**

父は、しきりに何やら言い張っているらしかった。ジナイーダは、いっかな承知しない。その彼女の顔を、今なおわはしは目の前に見る思いがする。ーー悲しげな、真剣な、美しい顔で、そこには心からの献身と、嘆きと、愛と、一種異様な絶望との、なんとも言いようのない影がやどっていた。・・・(中略)・・・ーー従順な、しかも頑なな微笑である。この微笑を見ただけでもわたしは、ああ、もとのジナイーダだなと思った。(ツルゲーネフ、同訳書、p122-123)

*****

********************************************