タイムパラドックス

ロボット3原則 & タイムパラドックス: Principles and Paradoxes in Science and Science Fiction

2015年2月5日 木曜日 晴れのち曇り

前回記載した「ロボット3原則」と並んで、SFのモチーフとして有名なものに、タイムマシーンにまつわるパラドックスがある。現代の物理学でも「並行宇宙/別の時間線」の理論として大変おもしろい論点である。M理論に関しては3年ぐらい前から素人向けの一般書たとえばブライアン・グリーン、スティーヴン・ホーキング、レオナード・サスキンド、ロジャー・ペンローズらの本で勉強し始めていて、そのうちもう少し理解を深めて紹介できたらと思っている。とはいうものの、数式がひとつもでてこない物理学の一般書を読み通しても何かを理解したという実感がわかず、苦手意識が強まっている現状である。

*****

タイムパラドックスに関して現時点での常識といえるものに関して、以下ウィキペディアの記載を引用してみる。

*****

親殺しのパラドックスは、タイムトラベルにまつわるパラドックスで、SF作家ルネ・バルジャベルが1943年の著作 Le Voyageur Imprudent(軽はずみな旅行者)で最初に(この正確な形式で)描いた。英語では grandfather paradox(祖父のパラドックス)と呼ぶ。すなわち、「ある人が時間を遡って、血の繋がった祖父が祖母に出会う前に殺してしまったらどうなるか」というものである。
目次:
1 科学的理論
1.1 ノヴィコフの首尾一貫の原則
1.2 並行宇宙/別の時間線
2 SFにおける解釈
2.1 並行宇宙
2.2 過去は変えられない
2.3 宇宙が消滅する
2.4 過去の改変は取り消される
2.5 過去改変の試みは織り込み済み
(以上は親殺しのパラドックスのウィキペディアの記事より引用)

物理学における並行宇宙の仮説として、次の例がある。(以下も同じく、親殺しのパラドックスのウィキペディアの記事より引用)

エヴェレットの多世界解釈:
量子力学の理論の一つで、ゼロでない確率のあらゆる無作為な量子事象は全てそれぞれ異なる「世界」で実際に起きており、歴史(時間線)は常に様々な「世界」に分岐している。物理学者デイヴィッド・ドイッチュは過去に遡るタイムトラベルが可能だとしたら、時間旅行者が遡った先は出発点とはことなる歴史の枝になるだろうと主張した。

M理論:
6つの超弦理論を統合した仮説的な理論だが、今のところほとんど不完全である。M理論から導かれるアイデアの一つが、brane と呼ばれる3次元の膜の形で複数の宇宙が空間の第4の次元(いわゆる4次元といったときの時間とは異なる)上で並んでいるという仮説である(ブレーンワールド)。しかし多世界解釈とは異なり、物理学界から brane が歴史の一つのバージョンに対応しているという主張はなされておらず、タイムトラベルが brane から brane への旅行だという主張もない。我々の銀河系と良く似た他の銀河が(我々の銀河系の)パラレルワールド的存在の銀河ではなく、単に別個の銀河として存在しているだけの様に、我々の宇宙であるブレーンと他のブレーンの関係も互いに別個の独立したブレーンでしかないとする見方がシンプルでありごく自然だからである。

(以上も同じく、親殺しのパラドックスのウィキペディアの記事より引用)

タイムパラドックス temporal paradox に関しては英語版の wikipedia でも詳細な解説が載っている。http://en.wikipedia.org/wiki/Temporal_paradox より以下引用。

A temporal, time, or time-travel paradox is a logical contradiction or paradox that appears to be inherent in at least one of the theoretical scenarios suggested by the supposition that “time travel” into the past is possible. These include at least three hypothetical or fictional forms of backward causation mediated by “time travel” from one time to a time in its past:
1)& 2)the bootstrap and predestination paradoxes, where, respectively, the existence of an object, or the occurrence of an event, would be construed as existing or occurring only because of the (backward) influence on it of what might be called “its later self”
3)the grandfather paradox, where an event, that presupposes a specific earlier event, prevents it, by its (backward) influence on the earlier event

Contents
1 Solution
1.1 Novikov self-consistency principle
1.2 Multiple universes hypothesis
1.3 Branching universe hypothesis
1.4 Timeline corruption hypothesis
1.5 Erased timeline hypothesis
1.6 Temporal merging hypothesis
1.7 Choice timeline hypothesis
1.8 Can-not because has-not because will-not theory
1.9 Self-healing hypothesis
1.10 Destruction resolution
1.11 Temporal modification negation theory
1.12 Changes allowed, without resolution to paradoxes
1.13 Doomed timeline theory
1.14 Summerville’s timeline theory

以上、http://en.wikipedia.org/wiki/Temporal_paradox より引用。

*****

タイムマシーンの出てくるSFといえば、「夏への扉」を思い出す。同じくウィキペディアの項目をみてみると:

『夏への扉』(なつへのとびら、原題:The Door into Summer) は、アメリカのSF作家ロバート・A・ハインラインが1956年に発表したSF小説。...タイムトラベルを扱ったSF小説が直面する一般的な問題である、「自分自身との遭遇」、「未来からのタイムトラベルによる過去の変更」、「タイムトラベルを使って「将来の出来事」を変えることが倫理的かどうか」などを扱った初期のSF小説の一つである。また、「猫SF(あるいは猫小説)」の代表作としても知られる。http://ja.wikipedia.org/wiki/夏への扉 より引用。

英語版の wiki にはさらに詳しい梗概が記載されている。http://en.wikipedia.org/wiki/The_Door_into_Summer ただし、タイムパラドックスに関する解析は wiki の該当ページには記されていない。

*****

**********

ロボット3原則

I, Robot (the robot series); by Isaac Asimov, 1950.
Audiobook by Randomhouse Inc., 2004.

ロボット3原則、The Three Laws of Robotics

2015年2月5日 木曜日 昨日に続いて快晴

アイザック・アシモフの 私はロボット を通聴。

*****

The three laws of Robotics:
1) A robot may not injure a human being or, through inaction, allow a human being to come to harm
2) A robot must obey orders given to it by human beings except where such orders would conflict with the First Law.
3) A robot must protect its own existence as long as such protection does not conflict with the First or Second Law.

With these three, simple directives, Isaac Asimov changed our perception of robots forever when he formulated the laws governing their behavior. In I, Robot, Asimov chronicles the development of the robot through a series of interlinked stories: from its primitive origins in the present to its ultimate perfection in the not-so-distant future–a future in which humanity itself may be rendered obsolete.

Here are stories of robots gone mad, of mind-read robots, and robots with a sense of humor. Of robot politicians, and robots who secretly run the world–all told with the dramatic blend of science fact and science fiction that has become Asmiov’s trademark.

From the Hardcover edition. 以上は、Amazon.com の該当ページより引用。

*****

以下は I, ROBOT のDVDの該当ページからレビューアーの投稿より引用:
ロボット三原則
投稿者 hirohirohello VINE メンバー 投稿日 2008/6/30
冒頭のタイトルバックで流れる
1、ロボットは人間に危害を加えてはならない、また人間の危険を見過ごしてはならない。
2、1項に違反しない限り、ロボットは人間の命令に従わなければならない。
3、1及び2項に違反しない限り、ロボットは自分の身を守らなければならない。
SF作家にして生化学者のアイザック・アシモフが創作したこのロボット三原則こそがこの作品の肝であると言える。タイトルの「アイ、ロボット」も実際の小説はこのロボット三原則に基づいた短編集であり、このシナリオとはまったくの別モノです。
推理小説のネタとして「密室殺人」等の謎が定石として用いられるように、この「ロボット三原則」は「タイムパラドックス」とともにSF小説の定石な訳です。過去に多くの作品で数多くの「ロボット三原則」破りが考案され、今回この作品ではどんな論理で三原則破りに挑戦するのか!?21世紀の技術を駆使して描かれるこのオールドSF定番のテーマを堪能してこそこの作品の醍醐味と言えると思います。

以上、引用終わり。

*****

アシモフのロボット3原則は、私も以前S大学時代にスライドにしてセミナーレクチャーでスタッフに教えたことがある。もちろんこの I, robot も通読して臨んだ。(私たちにとって最も大切なコッホの三原則を教える際に、アシモフの3原則、それをもじった星新一のお金の3原則、この二つを導入に持ってきた。主題はもちろんコッホの3原則。それから最後に私オリジナルの標的化した癌治療の安全の3原則を最後に提唱してみたのである。)

この3原則をもとに、ディレンマやパラドックスを生み出し、それをどう謎解きし乗り越えてゆくかがこの小説集の魅力。等々、いろいろ書いてゆきたいところだが、これほど有名なものになると書評だけでも非常に充実しており、私が書き加えるのは屋上階をなすといったところか。むしろ、全く別物のシナリオに基づいたDVDも観てみたくなってしまう。

*****

以下はDVDの該当ページより引用。
ある日、ロボット開発の権威である科学者が謎の死を遂げる。その死にロボットの関与を疑ったスプーナー刑事は、ロボット心理学者カルヴィン博士の協力のもと、その謎を究明していく。そして、想像を絶する恐ろしくも巨大な陰謀に巻き込まれていくのであった……。
●ウィル・スミス主演作。「スパイダーマン2」を抜き、全米初登場No.1ヒットを記録。「マイノリティ・リポート」を超える驚愕のSFアクション巨編。 ●日本でも劇場初登場から5週連続No.1ヒットを驀進!! ●SF界の巨匠アイザック・アシモフの原典をベースに、練りに練られた秀逸なストーリー展開と驚異のVFX映像が見事に合体した今年No.1のSFアクション大作。
以上、引用終わり。

IMG_0279

*****

DVDも新品が1000円以下、中古なら700円で買えるようだ。しかし、DVDの目まぐるしい展開に私が付いていけるだろうか。少なくとも、今の私のようにオーディオブックを8時間もかけて聴いているのとは全く違った楽しみ方になってしまいそうである。コンピュータの小さな画面に吸い付けられるようにDVDを見入っていたら目が真っ赤になってしまいそうな気もする。そんな心配もあり、今のところ取りあえずは、のんびりと目をつぶって英語に耳を傾ける冬の日の過ごし方にしておきたいと思う。

*****

**********

ヴァージニア・ウルフ 灯台へ

**********

〔Virginia Woolf To the Lighthouse 1927〕 ヴァージニア・ウルフ 灯台へ

2015年1月18日 日曜日 オーディオブックとペンギンブックそれに青ボールペンで真剣にスタートするもCD1枚(だから全体の6分の1)を終えたところであえなく挫折。意識の流れらしい、ということまではわかったものの、頭も尻尾もつかめない。明日、もういちど最初から出直す予定。

IMG150123055

2015年1月19日 月曜日 オーディオブックCD1枚を再度通聴。昨日WEBサイトであらすじなどを勉強したので登場人物の名前に関して聴き取りができるようにはなったものの、内容の理解からは隔絶している。進むべきか退くべきか。はたまた邦訳書で「あらすじ」をさらに詳しく読んでから原書に挑戦すべきか。

ヴァージニア・ウルフ 『灯台へ』 邦訳書はいくつか出ているようだ:
(御輿哲也訳、岩波文庫 岩波書店 2004)
(伊吹知勢訳、ヴァージニア・ウルフ コレクション みすず書房 1999)
(中村佐喜子訳、新潮文庫 新潮社 1955)

***

2015年1月23日 金曜日 ナクソス版のオーディオブック、全巻聴了した。英語自体は平明。また、読んでいる Juliet Stevenson さんの読み込みと話芸による表現も名人級。しかし、この小説を理解し味わうのは極めて上級の英語並びに文学の素養と感性を必要としそうである。私の場合、局所も全体もわからないことが多すぎて歯が立たない状況だ。

ペンギン Modern Classics 1992年版、Hermione Lee 氏によるイントロダクションより以下引用:

To the Lighthouse is the story of a marriage and a childhood. It is a lamentation of loss and grief for powerful, loved, dead parents, which Virginia Woolf wanted to call an `elegy´ rather than a novel. It is, less apparently, about the English class-structure and its radical break with Victorianism after the First World War. It demonstrates the urgent need for an art form which could, though with great difficulty, adapt to and register that break. It is all these things at once. (ibid, ix)

Fiction requires formal strategies if it is to try and be several things at once. These strategies may be as complicated as a whole section written from the point of view of the passage of time, or as simple as a pair of brackets. (ibid, ix)

A great deal goes on in brackets in To the Lighthouse:
– silent gesture
– identification of a point of view
– comments and qualifications
– reminders
– sudden death
– a world war.
The middle section, `Time Passes´, reads like a long parenthesis between the first and last sections. Its square brackets enclose the facts of death, as if they belonged to another kind of language. (ibid, x)

多くのことが括弧の中で語られており、内容がどんどん飛んでゆくので、全体を味わうためには相当ののめりこみを要求しそうである。

Once begun again, the first draft of the novel was written, at a rate of about two pages a day, with speed and fluency (`Never have I written so easily, imagined so profusely´) between January and September 1926. (ibid, xix)

著者が一日に2ページの「快速」で書き進んでいたという。私たち読者は相当の精神集中で
読み込んでいかなければならないような小説なのであろう。「灯台へ」というすぐれた小説があるということは、高校の頃だから、今を去る40年以上も前に聞き知っていた。いつかは読んでみたいと思ってはいたものの機会はおとずれず、ようやく今になって聴了した。が、これに挑戦するのは私にはまだ早すぎたようだ。実力を養ってから、いつか再挑戦したい。

そんな日が来ることが私に許されているのだろうか? 昨日の昼間は少し期外収縮が多く不穏感があったので安静にしていた。そうしたら、ありがたいことに、夜にはすっかり直っていた。

Learn as if you were to live forever! この言葉に今日は自ら励まされている。

IMG150123059

**********

Jane Austen: 祝福に添えて

祝福に添えて一冊の本を

2015年1月7日 水曜日 (2015年1月23日改訂)

D. 結語: オースティンに祝福を。そして祝福に添えて一冊の本を。

冒頭、「これほど楽しい読書時間を過ごせる作品を何冊も残してくれたオースティンはストーリーテラーとして卓越している。。・・・美苗さんもオースティンを読むのが大好きだとおっしゃっていた。ほとんどの読者は同じ感慨を抱かれるのではないだろうか」と書いた。私もある意味、全く同感である。ある意味という保留を付けるのは、作者や登場人物と同じ価値観の世界を共有してその世界から世の中を眺め繰り広げられる事件に没入していけば、という意味である。また、この態度こそが文芸を作者の思惑通り正確に楽しく鑑賞する態度であることは間違いない。

ところが私にはコンシューマリズムで作られた彼女の世界が、偏った窮屈なものに感じられる。コンシューマリズム、消費至上主義とでも訳したらよいのだろうか。オースティンの描く世界は、ポンド貨幣を単位として計られるものたちで構成されている。小説の世界が虚構の世界であることは承知の上であるが、オースティンの世界には、生産のよろこび(あるいは労働の苦しさ?)を伝えてくれる人間が描かれていないのである。

ベネズエラの故チャベス大統領がアメリカのオバマさんの大統領就任のお祝いに、ガレアーノの「収奪された大地」を手渡して語りかけたと伝え聞いている。かなわぬ夢、途方もない無茶な想定ではあるが、もし冥界にてオースティン叔母さんに今の私が会えたなら、私も故チャベス氏に習って、感謝に添えて一冊の歴史の本をプレゼントしたいと思う。チャベスさんそのままの「収奪された大地」でもよいが、藤永茂さんの「闇の奥の奥」にしたいとも思う。知らないまま考えずにすむ方が楽しく生きられ芸術も堪能できるかもしれないが、やぼったく苦しくとも問いかけること知ること、そして語りかけることの方がより良く生きることへとつながると思うからである。

「アフリカ問題はアフリカをどう救うかという問題ではない。アフリカ問題はわれわれの問題である。われわれをどう救うかという問題である」 (藤永茂 「闇の奥」の奥 三交社 2006年 p236より引用:アフリカの「闇の奥」の凝視を試みた同書の結語)

*****

********************************************

 

 

セヴァストポル 1855年

2015年1月17日 土曜日 雪ときどき曇り、ときどき明るい陽射し

セヴァストポル・スケッチ 1855年

Sevastopol in December 1854

early dawn is just beginning to colour the horizon above the Sapun Hill. The dark blue surface of the sea has already thrown off the gloom of night and is only awaiting the first ray of the sun to begin sparkling merrily. A current of cold misty air blows from the bay; there is no snow on the hard black ground, but the sharp morning frost crunches under your feet and makes your face tingle. The distant, incessant murmur of the sea, occasionally interrupted by the reverberating boom of cannon from Sevastopol, alone infringes the stillness of the morning. All is quiet on the ships. It strikes eight bells.

On the north side the activity of day is beginning gradually to replace the quiet of night: here some soldiers with clanking….

<以上、引用>  from Delphi Complete Works of Leo Tolstoy

***

はじめて電子書籍 Kindle を使用。つねづねトルストイの全集を読み進めてみたいと思っていたが、今日、Delphi版をダウンロードで購入。去年の夏L氏が図書館の本で読んだというセヴァストポル・スケッチを開けて見る。私は今までこれを読んだことがなく、また蔵書としても持っていなかったのである。

3つの短編、出版は1855年。Delphi版での英語翻訳は Frank D. Millet 1887 と書かれている。上に引用したのは、はじめてダウンロード購入した電子書籍をコンピュータで開けてセヴァストポル・スケッチの最初のページにたどり着き、それを開けたままで、もう一台のコンピュータを開いて筆写したものである。筆写することなんて、これからもめったにないであろうが、今日は読み始めの記念スナップとして思い出にとどめておくことにした。

カメラ、Kindle端末、そしてこれらコンピュータ2台が載ると狭い机がいっぱいになってしまう。コンピュータ脇に置いているコーヒーカップには細心の注意を払わなくてはならない。

注:
reverb n 残響  reverberate vt,vi 反響させる・反響する (研究社・リーダース英和辞典)
********************************************