電子レンジの仕組み

2018年12月11日 火曜日 曇り
谷腰欣司監修 図解プロが教える電気のすべてがわかる本 ナツメ社 2010年
電子レンジの仕組み
食物中の水分子は通常、それぞれが熱運動をしている。マイクロ波のプラス部分が近づくとマイナスの酸素原子側が引き寄せられて回転し、マイナス部分が近づくと反発して回転する、を繰り返す。(同書、p176)
照射された電波の周波数に応じてプラスとマイナスが入れ替わることで、(水分子は)振動を繰り返す。電子レンジのマイクロ波は、1秒間に24億5000万回も振動する(プラスとマイナスが入れ替わる)高周波だ。つまり、マイクロ波が当たった食物の水分子も1秒間に24億5000万回振動する。この振動によって発生した摩擦熱で、食物が温められるのだ。(同書、p177)
ガラスや陶器、磁器、耐熱温度140度以上のプラスチックは使用可能だ。なお、水分が含まれていないこれらの食器はマイクロ波を素通りさせるため、食物は温まっても食器は温まらない。(同書、p177)
##
**
*****
********************************************

リンゴの剪定を科学する

2018年10月30日 火曜日 曇りのち晴れ
菊池卓郎・塩崎雄之輔 新版・せん定を科学する 樹形と枝づくりの原理と実際 農文協 2005年
摘果の重要性
・・毎年適切な摘果を行って適度に果実を成らせることが、樹を花芽のできやすい状態に維持するための条件である。(菊池・塩崎、同書、p35)
**
**
**
**
**
**
**
***
********************************************

プレートテクトニクス入門 なぜ動くのか?原理から学ぶ地球のからくり

2018年9月19日 水曜日 晴れ間のある曇り
木村学/大木勇人 プレートテクトニクス入門 なぜ動くのか?原理から学ぶ地球のからくり 講談社ブルーバックス 2013年

続きを読む プレートテクトニクス入門 なぜ動くのか?原理から学ぶ地球のからくり