親とは何か、子とは何か、家族とは何か、結びあっているものとは何か。

加地伸行 沈黙の宗教−−−儒教 ちくまライブラリー 1994年

2015年10月2日 金曜日 晴れときどき雨

仏壇を前にして、最上段の本尊に対して花を捧げて祈り、中段の位牌に対しては、灯明をもって祖先を幽暗のところからこの世に導き、線香をあげて位牌に依りつかせ、回向をする。すなわち、本尊と花と、位牌と灯明・線香と、という組み合わせである。われわれの日本仏教は、こういう形で、輪廻転生のインド仏教と招魂再生の儒教とを、仏壇においてみごとに併存させているのである。われわれは仏壇に向かって、毎朝、仏に祈り、そして祖先と出会っている。毎朝−−−ここには、大きな意味がある。それは、家族の連帯を知らしめる行動だからである。
 私は、日本の家庭において仏壇の持つ意味は重要であると思っている。輪廻転生と招魂再生との矛盾を問う必要はない。われわれは、論理的には整合していなくても、すでに心理的に感情的に整合して両者に接しているのであるから、このままでよいのである。ただし、輪廻転生のインド仏教と招魂再生の儒教との併立、併存であることは、知的に理解しておくべきである。それはそれとして、というよりも併存を現実として認めて、そのつぎが大切である。
 「そのつぎ」とは、仏壇の持つ意味である。もし、家庭がただ単なる個人の集まりであったとするならば、それはもう家庭でもなんでもない。家をホテルとして利用しているだけのバラバラの家族にすぎない。・・・(中略)・・・浅薄な個人主義・自由主義の名の下にバラバラとなった家庭に未来はない。
 仏壇の前に座って、静かにお経をあげてみよ。仮に般若心経一巻を読じゅしてみよ。子は親の後ろに座り、親の読じゅを聞く。子は親の背中になにも感じないであろうか。親子はなにも語らずともよい。二人でお経をあげる、それでよいのだ。
 語るならば、親は子に語るがよい、輪廻転生を、招魂再生を。親とは何か、子とは何か、家族とは何か、結びあっているものとは何か。そういう<家を語る>場において、日本には仏壇がある。仏壇がその家の精神的中枢、精神的靱帯となるであろう。個人宗教に立つ欧米には、こういうものはない。
 日本仏教の最後の砦は、家庭の仏壇に在る。寺院がなんであれ、宗派がなんであれ、家の仏壇に比べれば、そんなものは大して重要でない。日本の家庭を支えうる最大の方法として仏壇がある。それを失ってしまっては、なんの寺院であり、なんの宗派であろうか。(加地、同書、p81−82より引用)

*****

**********

山里暮らし実践術:農地と生物とのネットワーク

大内正伸 楽しい山里暮らし実践術 学研 2013年

2015年8月18日 火曜日 雨

 豊かな水と旺盛な植物の勢いが、日本の自然を特徴づけているのは言うまでもなく、山に入れば無数の沢が流れ、平地や緩斜面においては水田の王国である。・・・中略・・・水は不思議なもので、水があると微生物が豊かになり、微生物の底辺が大きいと、生きものの食物連鎖が太くなる。地球規模で旅する渡り鳥たちにとって、田んぼは重要な食料庫なのだ。
 山に入って間伐作業をしていると、水の源は森なのだなあ・・としみじみ思う。森の木々が雨から山崩れを防ぎ、腐葉土を作り、そこに微生物を抱いて、水晶のような水を、また、生み出している。(同書、p66)

コンクリート水路は農業をやるものにとっては便利だが、両生類やヘビのとっては移動路を断つ場所であり、落ちたら二度と地上に戻れない。そこで落下防止のふたを設けたり、小さな「はい上がりスロープ」をつける。コンクリートには杉板を敷いて上がりを導いてやろう。(同書、p68)

基盤整備によって田んぼはイネ製造工場と化してしまったが、「水田魚道」はもう一度魚たちを呼び込もうという試み。昔は田んぼでウナギが捕れたとか、ナマズが田んぼで産卵するの、知ってた? (同書、p69)

*****

********************************************

「晴耕」と「雨読」の関係

不生庵さんの「畑に家を建てる」から「晴耕」と「雨読」の関係

2015年4月10日 金曜日 晴れのち曇り

晴耕雨読の生活:読書と作業、両者のいずれにも淫することなくバランスを取って一日を過ごす:

不生庵さんからはその充実したWEBサイトを通じて多くのことを学ばせていただいている。新しいブログのアップもいつも楽しみに読ませていただいている。

*****

不生庵さんの晴耕雨読の生活

不生庵さんの「畑に家を建てる」から、以下引用:

バランスを取ること: メインは、やはり本を読むことである。晴れていようが、降っていようが、興の赴くままに本を開く。読書に倦んだときに・・・畑に出て作物の面倒を見る、これが現代の晴耕雨読の実体なのだ。・・・要するに、本を読むことと作業することのいずれにも淫することなく、両者のバランスを取って一日を過ごすのが「晴耕雨読の生活」なのである。(http://www.ne.jp/asahi/kaze/kaze/relation.html

ムキにならずに: 問題は持続。 10年15年と土にまみれた暮らしを続けていると、心の下底に自ずと根を張ってくるものがある。これが大事なのだ。  私は百姓仕事を継続して続けることがなかったら、自身の思想、信条のすべては、根のないタワゴトに終わっていたろうと考えている。 ダメ人間の私が、僅かながら自分を肯定し、己の言説に自信を持ちうるとしたら、それは中年以後根気よく百姓仕事を続けてきたからだ。 (http://www.ne.jp/asahi/kaze/kaze/relation.html

スタートは早めに: 活力が残っているうちに・・・やはり自分の畑を持った方がいい。 畑を手にいれたら、その片隅に拠点を作ることである。階下を農機具置き場にして、二階を休息の間とする。・・・場所がどこであれ、農地を手にいれようとしたら、農地委員会との交渉とかいろいろ面倒なことが多い。それらをあまり苦にしないで身軽に動ける若いうちに、早々と手を打っておくに限るのである。(http://www.ne.jp/asahi/kaze/kaze/relation.html

*****

**********

実用個人輸入 Mail Order の手引き

*****

1) 井上洋 実用個人輸入 Mail Order の手引き 同文館 平成6年(1994年)

2) 井上洋 Import Business ちょっと上級: ビジネスとしての個人輸入 同文館 平成8年(1996年)

3) (社団法人)日本通関業連合会編 個人輸入ハンドブック 大成出版社 1996年

4) (一般財団法人)日本輸入ビジネス協会 ネットでかんたん在宅輸入ビジネス 秀和システム 2012年

5) TAKEZO 確実に稼げる Amazon 輸入副業入門 ソーテック社 2014年

2015年2月2日、上記5冊も本日、通読・読了。

1)と2)は、同じ著者による 井上洋 個人輸入の達人 税務経理協会 1995年 の前半部分・ならびに後半部分だけを別の出版社からそれぞれ一冊の本にして出したもので、内容的には2冊になった分、幾分詳しくなっている。このような重複購入は、避けたいものであるが、内容を手に取ってみることができない古書の場合には間間起こるものである。あまり拘泥しないことにしたい。 3)は、今回または今後お世話になるかもしれない日本通関業連合会の編集で、Q&A100が役立ちそうだ。今後、事例に応じて事典的に活用したい。4)は安藤俊介という方が書かれた本。ネット輸入ビジネスに関して概観を得るには取り付きやすい本かもしれない。5)は、Amazon に特化して詳しく解説したもの。なるほど、このような仕組みになっていたのか。社会勉強になった。マーケットプレイスなどは日頃よく利用しているものの、その仕組みに関しては全く知らなかった。

今回の私の目的は、果樹の苗木クローンで由緒正しいものを輸入することだけなので、どことなく本日の6冊の実用書の通読勉強が的を射ていないのであるが、4)に一行だけ書かれていた「遠慮なくどんどん催促して構わない」という言葉に励まされて、2週間何の音沙汰もない先方の担当者宛に丁寧な催促のメールを、えんやっと出したところである。返事が来ればよいのだが。なかなかストレスフルな営みである。

*****

IMG_0220

**********

**********

個人輸入の達人: proforma invoice, etc.

2015年2月2日 月曜日 曇り(昨夜の雪で、ベランダには数センチの積雪)

井上洋 個人輸入の達人 税務経理協会 1995年、本日読了。

全体は 1)海外通信販売による個人輸入 2)ビジネスとしての個人輸入 の2部に分かれている。

この本が出版されてからすでに20年が経過しており、世の中はすっかりメールとインターネットの時代になった。よって、この本の中に紹介されている海外通信販売会社リスト100社や世界主要都市の商工会議所リストなどは、すっかり時代遅れなものとなってしまっている。

しかし、このような少し古い本で基礎を学ぶことは私には役立ってくると感じる。たとえば、催促の手紙の書き方など、具体的な英語の表現なども参考になった。見積書 proforma invoice の意味や具体的な請求の仕方などに関してこの本で(実ははじめて)勉強できた。第2部の輸入契約書の作り方や信用状の仕組みと開設の仕方などは、現在の私には取りあえず必要のない高度な知識であるが、商取引の習慣の具体的な知識が学べて大変勉強になった。

次はもう少し新しい書籍で、インターネット時代の習慣を教わることにしたい。

IMG150202112*****

**********