作成者別アーカイブ: hamada3

「シカ寄せ農業」から「シカ除け農業」へ

2017年8月17日 木曜日 曇り時に小雨

井上雅央・金森弘樹 山と田畑をシカから守る おもしろ生態とかしこい防ぎ方 農文協 2006年

 私自身がやっと「シカ寄せ農業」の実態を知り、増殖の原因が理解できたところだ。わかってみれば、真っ先にやるべきこと、すぐにやれること、ただでできることを、農家も行政も何ひとつやらないまま、オオカミを放つわけにはいかないのだ。今の状況でオオカミなどを放せば、シカとオオカミのバトルは間違いなく集落とその周辺で展開する。ほんの些細な理由で、オオカミはオオカミとして当たり前のことをしただけで、たちまち、凶暴な肉食獣として悪者にされてしまうに違いない。
 オオカミはカードの一枚かもしれないが、金森さんと私(=井上雅央氏)では、何枚先のカードか、という点が異なっているに過ぎない。
 さっそく、あなたや私たちが真っ先にやるべきことを整理しよう。(同書、p86)

**

「シカ寄せ農業」が生まれたわけ

日常農作業に欠落しているシカ対策
・・だが、こうした生産システムを稼働させるための日常の農作業のすべてでシカへの配慮はまったく欠落しているのだ。
 こうした欠陥システムを稼働させ続ける限り、被害多発環境は出現し続け、シカは増え続けるしかない。(井上、同書、p87)

**

 柵の外側に維持管理用通路を確保できるよう、圃場外周路の幅を拡張する。自家用菜園では、被害を受けにくい側に被害を受けやすい品目を集中配置する。シカが身を隠しやすい庭先果樹も思い切った伐採や移植が必要だ。(井上、同書、p88)

**

「集落ぐるみ」以外に道はない

集落の全員が餌づけ犯ーーシカの最初の餌は雑草(同書、p129)
・・シカのお目当ては集落の雑草だ。林地で餌が激減する冬期であろうと、林地で草が硬化する盛夏であろうと、集落では豊富な若い緑草でつねに満腹できる。その餌となる緑草を繁茂させているのが、シカへの配慮を欠いた刈り払い、耕耘、稲刈りなどの農作業であることは繰り返し述べてきた。つまり、集落の全員が餌づけ犯であり続けたのだ。
 だから、集落の全員が目覚め、今、まさに自分たちでシカを増やしているのだという共通認識をもたない限り、状況は悪化し続ける。シカが、ここは餌場だと十分認識し、ここが餌場だと教えられて育った子ジカが、たった一年半で母になり、次の子を産み・・という過程を経てようやく、被害がでる。そこが餌づけ途中で被害が出始めるサルやイノシシとは決定的にちがう点なのだ。・・・(中略)・・・
 みんなが勉強しないと、餌づけや人慣れ、個体数の増加は進む一方なのだ。(同書、p129-130)

*****

********************************************

原感覚としての儒教を大切にすること

2017年8月15日 火曜日 曇り

加地伸行 儒教とは何か 中公新書989 1990年

私は真言宗信者として仏教を、原感覚として儒教を、論理矛盾を知った上で、ともに大切にしている。(加地、同書、p224)

**

*****

********************************************

土壌は植物をかもしながら育む大地

2017年8月14日 月曜日 曇り(時々小雨)

後藤逸男・村上圭一 根こぶ病・おもしろ生態とかしこい防ぎ方:土壌病害から見直す土づくり 農文協 2006年

土壌学のさわりを少し 土と土壌は違う
「土」と「土壌」には微妙な違いがある。「土」とは植物を育む大地、「土壌」とは、植物をかもしながら育む大地で、「壌」には醸す(かもす):ゆっくり育てる」の意味がある。
 有機農産物はおいしいと、よくいわれる。その一因は、有機質肥料が土壌中で微生物によりゆっくり分解され、ゆっくりと作物を育てるからだ。その分、作物の収量は減少する。有機農産物をたくさん穫ろうと、多量の堆肥や有機質肥料を施せば、収量は上がるが、品質は確実に下がってしまう。逆に、化学肥料一〇〇%でも少しずつ施せば、有機農産物に引けを取らないおいしい作物ができる。
 本当にかしこい作物のつくり方は、「有機だけ」にこだわらず、化学肥料とも上手につきあい、焦らずゆっくりとつくること、それが環境にやさしい農業に直結し、土壌病害を抑える切り札にもなる。
 「土壌」にはそのような深い意味があるが、ふだんは簡単に「土」といってしまう。(同書、p44)

代表的な四つの土壌
 日本の土壌は、大まかに「褐色森林土」「黒ボク土」「赤黄色土」「低地土」に分類される。

**

 酸性土壌に石灰資材を施用してpHを6.5程度以上に高めると、作物に(おもにホウ素とマンガンを中心とする)微量要素欠乏が発生しやすい。これが日本の土壌学で土壌酸性改良の上限をpH6.5と定めた根拠である。
 このように高pH土壌で微量要素欠乏が発生しやすいのは、微量要素各成分が土壌中で不溶化するためである。(同書、p77)

**

転炉スラグはケイカルの兄弟(同書、p81)

スラグとは鉱滓という意味で、転炉スラグは製鉄所の製鋼工程で生産される鉄の副産物である。・・主成分はケイ酸カルシウムで、副成分としてマンガンやホウ素などの微量要素を含んでいる。(後藤ら、同書、p80)

転炉スラグは肥料取締法で定められた農業資材:
・・そのケイ酸や微量要素は鉄鉱石、アルカリ分は高炉の中に入れる石灰石に由来し、原料はすべて天然物だ。・・転炉内の温度は約1700度。仮に原料の中に不純物として有害成分が含まれていたとしても、蒸発か分解されてしまう。したがって重金属などの有害成分はいっさい含まれていない。(後藤ら、同書、p83)

**

補註 転炉スラグ 転炉さい: クミアイ転炉石灰(転炉スラグ)http://minex.co.jp/items_ts.html; ミネカル http://tetsugen.co.jp/products/slag.htmlなどとしてJAホクレンなどのブランドで市販されている。
ミネカルなど・・
石灰等のアルカリ分を含むため、酸性土壌の改良効果があります。 同時に、苦土(マグネシウム)、マンガン、酸化鉄、ホウ素、その他の有効な微量要素が補給されます。 土壌のpHを急激に上げることなく、肥料効果が長期間持続することが期待できます。http://tetsugen.co.jp/products/slag.html

**

根こぶ病以外の土壌病害にも効く
また、転炉スラグを施用して土壌pHを十分に高めると、フザリウム属菌など根こぶ病以外のかびを病原菌とする土壌病害にも有効である。やはりアルカリ性がいいのだろう。(後藤ら、同書、p88)

補註 私の畑のカボチャの立枯病に対しても有効かもしれない・・試してみる価値がある。ただし、高pH化によるリスクとして、「高pH土壌にすると、細菌や放線菌を病原菌とする土壌病害が出やすくなる(本書、p95)」ので、ジャガイモそうか病などが出現することになる。(ちなみに、今の私の畑では、膚の綺麗な美ジャガが育つ)。

**

*****

********************************************

民衆の壮大な仏教誤解

2017年8月13日 日曜日 小雨

朝は雨。

**

加地伸行 儒教とは何か 中公新書989 1990年

 それでは、再生や長生という現世への執着に満ちていた中国人が、なぜ輪廻転生という異質の仏教を信じたのかという問題がある。結論を先に言えば、仏教をよく知っていた知識人は別として、民衆の壮大な仏教誤解があったからである。すなわち、輪が回り続けるように苦しみが<転生>して長く長く続くという点がすっぽりと抜け落ち、死んでも来生に再び<肉体を持って>生まれることができるなら良いではないかと考えたのである。・・楽しいこの世に肉体を持ってもう一度生まれることができる転生を良いものと誤解したのである。・・・(中略)・・・ その上、儒教の<再生>は、神主・木主<魂の憑りつくところ>におけるものであるから、結局は観念的とならざるをえない。生きた肉体を伴わない<再生>であるからである。しかし、仏教の<輪廻転生>を「輪廻」抜きで、・・・(中略)・・・ただ過去から現在へ、現在から未来へというレベルで<転生>を言うとき、それは<楽しい>この世に、儒教のように神主に憑りつくだけではなくて、快楽をつくせる生きた肉体を持って再生することができるというふうに誤解することとなる。しかし、この誤解は、同じく再生を説く儒教に比べてかえって魅力的であり、こういう壮大な誤解によって、民衆において仏教が大流行したのである。それが、魏晋六朝時代から隋唐時代に至る状況であった。(加地、同書、p174-175)

**

・・一般民衆にとっての仏教とは<死後も楽しいこの世に再び生まれ変わることができる>ものであり、それならいいではないかと誤解された仏教であった。・・死後、<苦の世界>でなくて<楽の世界>へというこの発想が中国人民衆に広がった結果、そのつきつめた形として浄土思想が大流行となる。すなわち、死後、浄土に<往>ってそこで<生>きる、すなわち<往生>である。
 これは日本においても大流行する。こうした浄土思想、すなわち、死後に長い長い輪廻の苦しみが待っているとはしないで、阿弥陀如来の本願にすがって浄土へ行けるとするのは、中国人や日本人、楽天的な東北アジア人にぴったりであった。(同書、p176)

**

補註: お盆の時期を迎えて、今から50年以上も前、田舎の祖母や叔母と過ごしたお盆の日々を思い返したりしている。お盆の3日間だけは、私たち子供が魚や虫を捕ってはいけないと固く禁じられていた。これは、一年中を通してベースにあった仏教の生類憐れみの仏教思想だけではなくて、この特別なお盆の日に、ご先祖の霊がフナやカブトムシに宿ってこの家に帰ってきているかもしれないという祖霊の<招魂再生>の思想が変形されて一般民衆の心の中にあったことの現れであったのかもしれない。子供の私は、深く疑うでもなく、また深く信じるでもなく、素直に聞き従っていたように思う。北東アジアの民衆の「壮大な仏教誤解」から生まれた俗信であったかもしれないが、私たち子供には通奏低音として心の底を流れ奏でられる日常だっただろう。
 今では私も還暦を過ぎ、父母の位牌だけでなく、祖母やその家を守ってくれた叔母の位牌をも祀る身となってしまった。今日、このお盆の日には、天候が許せば、春から育ててきてやっと咲きはじめたムギワラギクの花を摘んで、若くして異国で死んだ伯父の位牌を代表として、祖母や叔母や父母、私が祀るべき祖霊を想い、家族で語りながら、その依りつくべき位牌に花を飾ることとしたい。

**

*****

********************************************

菜園日誌 170809-170817

2017年8月9日 水曜日 曇り時々小雨

午前中、来年・再来年の植え付けのためのブドウ苗の予約のFAXを苗木屋さん宛に送る。新しい品種なども積極的に試してゆく予定である。

L氏と一緒に畑仕事、今日が初日。ブドウ畑に施肥、鶏糞ペレット、ふた握りずつ(約150グラム)。総計は、210kg程度(15kg袋で14袋ほど)。次いで、トマトの収穫、誘引整枝の指導。これから1か月、L氏がトマトの管理を行ってくれることになった。タマネギの収穫。ベビーコーン収穫。インゲン(ムラサキ菜豆)収穫。雨が降り出したので、早めに撤退。帰り道、隣のAさんのところに寄って情報交換。Aさんの庭のコンテナ倉庫の中に入ると、驚くほどの洒落たくつろぎバーベキュースペースに改造されていて感心した。

ブドウが落ち着いているので、少し時間にゆとりができてきている。

**

2017年8月10日 木曜日 曇り

朝、L氏とブドウの畝を見てまわる。秋伸びさせないための芯止め作業。トマトの収穫。ベビーコーン収穫。タマネギ収穫。インゲン収穫。(この辺りの記載は昨日と全く同じルーティーンである)。

お昼前に市役所・JAに行き、事務手続などを行った。

**

ソバ栽培について営農相談情報: 一俵は約45kg、タネは4〜5万円と高く、収穫物は一俵が1万円。流通機構の不思議?ーーとはいえ、悩ましい情報で気分は曇り空。当初の5俵・3.7haを大幅に見直し、2俵・1.5haからスタートするのが用心深い進め方かもしれないと・・就眠前、起床時にあれこれ考える(8月11日朝、追記)。

**

L氏に管理機作業のオリエンテーション。下仁田ネギの列に土寄せ。これで、10日もしたら美味しい下仁田ネギに育つはずである。

その隣のタマネギは全収穫。植え付けが遅れたタマネギなので、小さいが、病気にならず、しっかりしまった美味しいタマネギになった。小さいのですべて自宅で消費。

トマトの誘引整枝。

夕方はL氏とスィートコーンのキツネ除け柵の設置を行う。1cmグラスファイバーポール(シカ電牧柵用のもの)を流用してみたので、ポールの設置は容易であったが、ネットを張り付ける段になって、ファイバーポール専用のクリップを持ってこなければネットを保持できないことに気づいた。自宅の2階に置いてあるので、完成は明日に持ち越し。なお、このキツネ除けは、アライグマには無効である。アライグマは簡単にネットを登って内部に侵入できるから(参考:農文協のおもしろ生態・かしこく防ぐハクビシン・アライグマ本を参照した)。アライグマにやられるようなら、電柵を用いる必要があるが、いずれにせよ来年の課題。

スィートコーンを3本、収穫。良く実って絶好の収穫時期となった。(ということは、ネット張りは数日遅れてしまったようだ。狐さん家族はもっと美味しい農家のトウモロコシが狙い目と狙っているのであろうか、それとも今年は俊敏なお母さん(またはお父さん)の捕らえてくるウサギで満ち足りているのか。助かった・・来年もしネット張りをするとしたら、計算日よりも1週間は早めに設置すべきかもしれない)。

**

カボチャ・ロロンを1個、初・試験収穫。若取りである。立枯病で枯れてくるのが心配である。今年は畑の3個所に分散してカボチャを育てているが、すでに2個所で立枯が始まっている。一昨年まで立派なカボチャ・スイカ畑だったのに、私が管理するようになった去年から、カボチャの収穫は皆無に近い。今年もそうなってしまった場合には、ウリ類の栽培は10年か20年(ただしフザリウムはもっと長命)はこの畑ではできないような気がしている。

*****

2017年8月11日 金曜日 曇り時々小雨

朝、家族でスィートコーンのキツネ除け囲い作業を遂行。キツネに関してはこれで大丈夫だろう。(ただ、今年はキツネはこのスィートコーン畑には来ないことにしていたのだろうけれど)。家人はニンジン畑の草取り。間引きを兼ねての試験収穫。

ブドウ畝の見回り、芯止め作業。ヨトウムシなどの卵集団を多数排除。雨が降ってきたので、お昼前に撤収。

**

ホームセンターに買い物。コンクリートブロック・16個。コンパネ・8枚。力持ちのL氏がいるのでスムーズである。昨年秋に一人でコンパネ12枚を運んだときは重労働であったのを思い出す。

畑の隅に水平を取り、コンクリートブロックを並べ、その上に耐火レンガを並べて、簡易な焼却窯を設営。もう少し工夫を加えれば、刺多きオニアザミやフザリウムに冒されたカボチャヅルなどを焼くことができそうだ。なお、このブロックやレンガは9月の上旬には片付けて倉庫にしまう予定。冬の北海道では凍害が強くて、水がかかって凍結融解が繰り返される場所に置いておくのは耐久性に難ありとのこと。

**

ブドウ畑の両脇のコスモスが咲き出して綺麗。ミラクルチョコレートの矮性パレット咲きヒマワリとの相性は良好と見える。ドランの描いた花の絵画のような景色となって嬉しい。

夕方、ブドウ畑を見てまわり、芯止め作業の追加。径10mm程度の白い紡錘のドームをブドウの葉裏に作って、中に多数(数十個)の灰色の卵を産みつける生物があり、以前から取り除いていた。が、ひょっとして蜘蛛の卵であればまずいと思っていた。今回、ちょうど孵ったばかりの現場を見つけた。虫眼鏡で覗いてみると、うごめいている小さな虫の集団は、まさに見慣れたヨトウムシ類のイモムシの幼虫(一齢幼虫)であった。L氏にもデモ。見つけ次第取り除いていたのは、正しい選択だったのだ。

ロケットストーブの脚の長さを調整して、倉庫の中に立ててしまえるようにした。コンパネ6枚を倉庫床に追加(アスファルト床の保護、並びに浸水時の物品の保護のため)。

かなり強い雨が降り出してきて撤退。

*****

2017年8月12日 土曜日 朝から降り続く雨

雨のため、畑仕事は休み。

**

除虫菊のペーパーポット苗のトレイに水が満杯! 不覚であった。ペーパーポットは水の抜けるトレイにセットすべきであろう。(あるいは今まで通り、雨の降る前の日に庇の下へと避難させておくことを心がけるべきだろう。ただし、自宅には庇のある部分は極小面積しかない)。

**

午前中、ホームセンターに買い物に行き、培養土を購入。ペーパーポットの除虫菊苗を9cmポットに鉢上げ作業。約135鉢、40リットルの培土で足りた。計算すると9cmポットには培土300ml程度を使っている。

**

午後、S農園さんからお電話あり、担当の方がお盆明けの17日頃までお休みのため、注文を受けて頂けるかどうかの連絡はそれ以後になるとのこと。大変丁寧にご連絡頂き、ありがたかった。(今回の私の依頼は、ピノノワール400本、ピノグリ200本の計600本である)。

*****

2017年8月13日 日曜日 小雨時々曇り

雨のため、畑仕事は収穫のみ。

エダマメ・サッポロミドリ、これからが旬。
スィートコーン、今が旬。10本を収穫。
トマト、調理用トマト・イタリアンレッド他、多数収穫。
ピーマン、少量。
ニンジン、小さいのを5本。
インゲン・ムラサキ菜豆、これも今が旬。
先祖の位牌の前に献げるために、百日草・ムギワラギクを切り花に摘む。

ご近所にL氏帰省のご挨拶。L氏の東京のお菓子と、家人のラズベリー・チョコレート・ジャムが手土産。メロン、トマトジュースなど、お返しにいろいろともらって・・ありがたい。

斜向かいのNさんから、中古の倉庫を譲っていただけるとのお話をいただき、検討開始。今のカスケード倉庫に対してどのような位置に配置するのが良いのだろうか。

お昼には、さっき収穫したばかりの野菜を梅味噌ディップスなどで食す。取り立ての野菜の甘さ・本来の香りを家族で楽しんだ。

*****

2017年8月14日 月曜日 曇り

畑のコンディションが悪く、畑仕事は収穫のみ。エダマメ、トマト、ニンジン少量、スィートコーン。

*****

2017年8月15日 火曜日 曇り時々晴れ

朝、畑のいちばん南端に設置した竈に鉄網を置いて炭火をおこしてみる。意外と炭に火が付きにくい。オイル交換の時にとっておいた廃油を使うと、確かに良く燃える。しかし、大きな炭の塊に火が付くかというと、そうでもない。この春に切っておいた楊などの雑木は今ではよく乾いてまずまず良く燃える。ゆっくりこれらを燃しているうちに漸く炭にも火が付くといった感じである。せっかくなので、畑でトマト、

さて、ついで、水道のホースの付け替え。先日、水圧でホースが裂けてしまったので、今回はより丈夫なホースに付け替えた。

次いで、自走式草刈り機のL氏への講習と実技。

さらに、刈り払い機のL氏への講習と実技。

ブドウの畝、シャルドネを見てまわる。今日は、お隣のYさんが芯止めのアタッチメントを着けたトラクターを操縦していらっしゃった。芯止めの時期なのである。

**

午後はL氏と、倉庫前で軽トラに刈り払い機と自走式草刈り機を積み込み、アーモンド園へ。プラムの葉っぱが何者かにすっかり食べ尽くされていた。隣のウメは無傷であるから、不思議な偏食ぶりである。いずれは蝶や蛾の幼虫の仕業と思われるが、すべて巣立ってしまった後だろうか、葉っぱが無いこと以外に何も痕跡が残っていない。下手人をこんな形で取り逃がして気づかないでいたことは実に残念だ。

入口の草を刈り払い、アーモンド脇の草へと進む。セイタカアワダチソウやハギが鬱蒼と茂っているのを刈り払う。途中、自走式草刈り機のナタが伐木に突き刺さって抜けなくなり、往生した。2メートル以上ある樹をノコギリで切断し、木槌で叩いて、ようやく抜くことに成功した。夕刻になり、蚊の襲撃も受け、さらにスズメバチにも付きまとわれて怖い目にも遭い、早めに撤退となった。

自走式草刈り機のレバーのアールピンが脱落して、進行方向切替が不自由になった。部材を調達する必要がある。

*****

2017年8月16日 水曜日 曇り

朝、ブドウ垣根の見回りと芯止め作業続行。ヨガ系の卵の塊を各種見つけられるものの、幼虫はほとんど見つからない。天敵が活躍しているものと思われる。L氏と二人で400本のブドウを観察して、一匹もコスズメが見つからないため、コスズメ対策は必要ないものと判断した。べと病の徴候は皆無のため、今まで通り、Zボルドー水和剤などの予防剤のみで押していけると判断した。

自宅に帰り、軽トラに乗り換えて、畑に戻る。L氏と背負い式動噴でのボルドー液・愛媛AI散布作業(挿し木ブドウ苗・リンゴ)。私はL氏へのデモを終えた後、スピードスプレイヤーでブドウ垣根にZボルドー水和剤散布。14往復、約40分。軽油使用量、約3~4リットル。スムーズに終えることができた。

*****

2017年8月17日 木曜日 曇り

L氏の刈り払い機安全講習(6時間)のため、今日は札幌で過ごす。

*****

********************************************