カテゴリー別アーカイブ: まちかど紀行

羽音を立てながら急降下するオオジシギ

2016年6月16日 木曜日

羽音を立てながら急降下するオオジシギの鳴き声:
T町の我が家の周りで特に夕方、あるいは夜、未明の早朝も羽音猛々しく盛んに啼いて(縄張りを? 求愛?)主張している鳥は、調べてみると・・・オオジシギのようである。

オオジシギは、はるばる南半球のオーストラリアからやって来る渡り鳥とのこと。ウィキペディアによると・・・

オオジシギ(大地鴫、大地鷸、Gallinago hardwickii)は、チドリ目シギ科タシギ属に分類される鳥類である。
インドネシア、オーストラリア東部、日本、パプアニューギニア、ロシア南東部
夏季に日本(主に本州中部以北、熊本県でも繁殖例あり)、ロシア(ウスリー、サハリン南部)で繁殖し、冬季になるとオーストラリアへ南下し越冬する。

草原、湿原などに生息する。単独で生活するが、渡りの途中には小規模な群れを形成する事もある。
食性は動物食傾向の強い雑食で、主にミミズを食べるが、昆虫、種子なども食べる。
繁殖形態は卵生。繁殖期には縄張りを形成する。オスは縄張り内を鳴きながら飛翔した後に尾羽を広げて羽音を立てながら急降下、という行為を繰り返して求愛する。地表に枯草などを組み合わせた皿状の巣を作り、4-6月に1回に4個(まれに3個)の卵を産む。メスのみが抱卵すると考えられている。

以上、ウィキペディアより引用

*****

********************************************

アルテピアッツア美唄

JRで美唄へ。アルテピアッツア彫刻公園を訪問。

2015年2月4日 水曜日 快晴

IMG_0263

JRの特急で美唄へ行ってきた。市役所の用件が終わってから、ご親切なことに M 課長さんに、アルテピアッツアの彫刻公園まで案内していただけた。

旧体育館のアーチが大きな開放空間を作って、その中に安田侃(やすだかん)さんの大理石やブロンズの造形がゆったりと据えられていた。廃校となった小学校の校庭・校舎・体育館を活用したもの。校舎の2階は、小さめの彫刻の展示やミニギャラリー展になっていた。2つの教室を合わせた空間はこぢんまりした感じで、床板腰板その他、木が昔のままに使われていて懐かしい。私自身の小学校の頃を思い出す。教室の窓からながめると、雪の広場と彫刻そして周りの冬景色が落ち着いた調和をかもしている。校舎の一階は幼稚園として使われていて、子供たちが遊んでいるのも和やかな気持ちにさせてくれる。次回はまたゆっくりと訪問してみたいと思っている。

IMG_0269

M 課長さんはじめみなさまには今回の訪問で大変お世話になりました。ありがとうございました。

*****

IMG_0278

**********

Welcome to Quercus-mikasa Pages!

ケルクスミカサへようこそ!

最近の投稿へ

********************************************

ケルクスミカサのブログページ Quercus-mikasa Blog にお越しいただきありがとうございます。

Kashiwa140309-01w-IMG_8699

私たちの引っ越してきたこの辺り一帯は以前はかしわ台と呼ばれていたそうです。柏の林が森の最前線で生い茂っていたのでしょう。柏はケルクス族の王様です。柏の木の王様というと、宮澤賢治の「かしわばやしの夜」も思い出されます。

大王は大小とりまぜて十九本の手と、一本の太い脚とをもってりました。まわりにはしっかりしたけらいの柏どもが、まじめにたくさんがんばっています。

(http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/43759_17901.html より引用)

ところが残念ながら今ではニセアカシアのトゲトゲの若木が多く、柏の木をほとんど見つけることができません。自分で詳しく歩いて回った訳ではないのですが、柏の木は冬の間は落葉しないので茶色の大きな葉っぱの樹を見つけるだけでその存在が分かるからです。

柏の木240309aIMG_8673w

この写真は私たちがこの辺りで今までに見つけた唯一の柏の木。

ひと冬の降雪量は10メートル、積雪も2メートルと北海道の中でもかなりの豪雪地帯です。

主に畑仕事の無い冬の間、また時には繁忙期の雨の日にも、このページを更新してゆきたいと思いますので、どうぞお立ち寄りください。 2015年1月6日 火曜日 HH

最近の投稿へ

********************************************

お正月・2015年の新千歳空港



2015年1月3日 土曜日

L氏を送って新千歳空港へ行ってきた。今日は朝から快晴、夜になっても晴れていて、札幌から千歳に向かう高速道路はすっかり乾いていて運転も楽。

 

**********

 

新千歳空港のお正月飾り:スズランを模した飾り付け。顕微鏡版の雪の結晶とビーズの雪明かり。写真写りは上々。
IMG201501030013

IMG201501030015

**********

 

こちらは本物のポインセチア。

IMG201501030016

 

**********

 

そしてこちらは私たちのアイドル、宮ヶ丘在住のララ熊とピリカ(かアイラかツヨシ)の立体風合成写真。北極の氷の背景の中にいるのでまさかとは思ったけれど、やっぱりララ母さんの微笑み。

IMG201501030018

 

 

本物のララ・20歳は昨年の12月21日無事に第8子を出産とのこと。これから暗闇の中で親子で静かに過ごす70日余。そして3月春分の頃には無事に育った赤ちゃんグマを連れて元気な顔を見せて欲しいと願っている。

 

**********

桜の葉が赤く (その2)

 

2010年10月18日

朝の自転車、寒くなってきた。指切りの手袋で走れるのもそろそろ終わりかもしれない。ジャージの上にレインウェアを着込んでも、やや寒すぎるくらい。もう少ししたら耳当てなどが必要になるだろう。スピードも大してでていないのに、涙が出て眼が痛い感じ。自転車用の眼鏡に替えたら少しは寒さから眼を守れるのだろうか。スキーのゴグルでは、ややオーバースペックではないか、など思い巡らしながら、滑稽な我が姿を想像してみる。スキーゴグルが必要な頃にはきっと雪も降って路面も凍結し、現在のスリック1.25インチタイヤでは走行不可能であろう。そしたら、2.1インチのスパイクタイヤに履き替えてみるか? それも週末のバイクハイキングには面白いかもしれない。木の葉が散った林では小鳥たちが目立ち始めて面白い。が、さすがに国道36号とススキノの通りで多くのクルマの脇を通り抜けなくてはならない毎朝の通勤には荷が重いように思われる。

私のカデット号は、先々週の土曜日にブレーキ・変速レバー、それにワイヤ一式を交換した。ハンドルも60cm近いライジングバーだったものを46cmのフラットバーに交換した。エンドバーグリップも装着。この改造でハンドル位置がずいぶんと下・前となり、前傾姿勢の高速仕様となった。格好良くなりスピードもずいぶん出せる。しかし、先週の木曜日・金曜日と、夜の帰り道では右の腰が痛くてつらかった。フラットバーでの前傾姿勢オンリーなので腰に負担が来てしまうようだ。相棒のロードバイクと比較してみたところ、ハンドル位置はロードバイクよりも数センチは前で、5cm以上低い位置。ドロップハンドルの下ハンドル位置に相当する感じだろう。ロードバイクの方がずっと快適仕様である。腰が慢性炎症を抱えると大変なので、大事をとって、土曜日にはスペーサーを1cm入れてステムを上げ、さらにステムの角度が0度だったものを30度仰角にまで最大に上げ、さらにサドルを数センチ前に出した。この際、セルSMPだったサドルをveloの快適サドルに戻した。この調整ですっかりアップライトポジションの自転車に戻ってしまった。

今日、通勤に使ってみると、さすがにアップライト安楽ポジションでのんびりした走り。スピードも汗も出ないが、腰には負担がないようだ。私のカデット号のフレームは、私の体には小さすぎるのかなと思っていたが、設定の調整でベストの位置は見つけられそうだ。すなわち、もともとは私にとって適当な大きさのフレームなんだろうと思う。これから少しずつハンドル仰角を下げたり、サドルを少しセットバックするなど、快適かつ少々速い、ベストに近い位置を見つけてみたいと思う。

********************************************