雑記帖」カテゴリーアーカイブ

老眼鏡・除雪など 170128-170129

2017年1月29日 日曜日 雪

雑メモ:老眼鏡・除雪など 170128-170129

 朝9時、農事関連の集まり、市の農政の基礎資料にするためのアンケート調査に記入した。次いで、倉庫の南面の雪除けを行った。除雪機は、この深雪に対して小型すぎて、やや非力である。少し厄介なところでは、すぐに立ち往生してしまう。まるでお腹でつり上げられた亀のように、いたずらにクローラが回るだけで、却って雪の中に埋もれてゆく。
 ついでT町の自宅へ。自宅のコンポストに生ゴミを投入しようと踏み込んだが、積雪きわめて深く、一足踏み出す度に足が腰のところまで深くズボッとのめりこむ。コンポストまではほんの10メートルもない距離だが、かんじきがない限り進めそうにない。重装備だったにも関わらず、ズボンがめくれ上がってブーツの中に雪がどさっと入りこんで冷たい。数メートル進んだところで自重して引き返した。三月末の雪解けまでは、コンポストまでアプローチできなさそうだ。
 トラクターのアイドリング、50分。軽トラ・アクティのアイドリング、30分。時々このぐらいのアイドリングでバッテリーあがりを回避できるだろうと思っている。
 この冬、ここまでのところでは雪が少なくて、倉庫や自宅のメインテナンスは比較的楽に経過している。

**

 現在のメガネたちの度が合わず、非常に生活しづらいのが「目に見えて」ひどくなってしまった状況である。昨年春頃からは、次の農閑期にはメガネをできれば新調したいと思いつつ暮らしてきた。そうしてついに昨日の土曜日、Fメガネさんのお店にうかがい、検査を受けた。ひどく当惑したことには、右目の近視がなくなり、裸眼視力は1.0まで見える。以前は0.3。老眼が進むと、近眼の人はメガネをかけなくても遠くが見えるようになると聞いてはいたものの、意味をはかりかねていた。そんなこともあることを、身を以て知った。一方、正常に見えていた左眼が、裸眼視力で0.3程度と、こちらが近視になっている。つまり、以前の検査(6年前)から今までの間に、裸眼視力が左右で近視に関して交差逆転してしまったのである。これに気づかず今まで過ごしてきたのは迂闊である。
 今回はこのような経緯で、思いもかけず、遠近野外作業用、中近室内作業用の二つのメガネを作ることになってしまった。読書用の老眼メガネに関しては少し時間をおいて考えてみることにした。というのも、一度に三つも高価なメガネを作ることには、精神的に乗り越えられない何かが立ちはだかっていたのである。老眼の予想外の進展・・・この事実を前に、即決判断力を失うほどに狼狽してしまったのだ。
 
 さて、自覚するようになってみると、今のメガネたちではあらゆる日常の視界で、ものにピントが合っていない。ひどく気持ち悪い。メガネの出来上がる次の土曜日が待ち遠しい。今まで少なくとも数年間は我慢を重ねてきたことと照らし合わせると、実に不思議なアンバランスである。それだけ脳の可塑性は許容範囲が広い。一方で、精神の方は、一旦知ってしまえば、騙されにくくなってしまう。可塑的な脳の甘い説得に対して、一旦目覚めた精神は容易には賛成しないのだ。
 老眼はどんどんと思わぬ方向に変化が進むようだ。実にお金がかかるものの、これからの暮らしでは、客観的な視力検査をある程度の頻度で受けた方がよさそうだ。こと老眼に関しては、脳の可塑性に負担をかけず精神の視力にも苦痛を与えずに、できるだけ素直に過ごしたほうが「性に適う」ようだ。

**

*****

********************************************

私のMacBookAirのバッテリー

2017年1月26日 木曜日

Mac覚え書き:
現在愛用の MacBookAir・OS10.10.5 — 今もソファに腰かけてこのページを書いているこのMacコンピュータ:
 Macの使い勝手はきわめて良い。優秀なできばえのノートパソコンである。
 ただ、蓄電池(バッテリー)の持ちがこのところ目に見えて悪くなってきた。以前ならば充電無しでも一日中作業できたものだが、半日で(3時間程度の使用で)電池残量が20%以下の危険域に落ち込むようになった。先月まではこんな風には感じたことがないので、恐らく最近になって急速にバッテリーが弱ったのだと思う。今月購入したばかりのiPadの電池の持ちが素晴らしく良いのと比較すると、がっかりさせられる。
 このコンピュータを購入したのが2015年の12月初め頃なので、まだやっと1年2か月の年齢なのである。修理に出してもよいと思われる症状ではあるが、その間の作業に支障を来すし、また、電源とつないで作業すれば何の問題もないのであるから(また、バッテリー交換修理となると高くつきそうだし)・・当分は修理に出す気になれない。これ以上のバッテリー劣化が進まないことを期待しつつ、使い続けることとしたい。
 現在残量23%、そろそろ作業を打ち切ることにする。

*****

********************************************

iOS 事始め

2017年1月16日 月曜日 曇り

これからのコンピュータ器機の大きな流れとしては、マウスを使う時代からタッチパッドへ、そしてタッチパネルへ、それからさらに音声入力などの方向へ進んでいくのだろう・・そのような趨勢にある程度追随できるようにはしておきたいと考えている。そこで今のうちに新しいOSに慣れておきたいと思い、今回 iPad を購入することにした。タッチパネル方式の器機は Kindle Paperwhite を持っているので、これが2台目になる。機種は mini 4 、32GB。かなり高価な機械だが、より小型の iPhone などに比べると半額程度であるから取っつきやすいとも言える。とりあえずiOSに慣れておけば、将来的により小型の器機を使う場合にも対応できるのではないかと予想し、今回はiPadの小型のものを選んだ。

**

外付けキーボード

キーボードは文章を入力するには便利かつ必須なものであるが、そうそう持ち歩けるものではないかもしれない。それでも今の私にタッチパネル入力で使いこなすのは難しいと推測し、今回はiPadとセットで、エレコム社のワイアレス・キーボードを購入した。

ペアリング
ブルートゥースによるペアリングは極めて簡単。iPadの設定でBlueTooth をONにして、キーボード側でFnプラスBluetoothボタン(半角/全角キー)を3秒以上同時押しすればよい。

モード切替(Win、Mac、iOSの選択)
このキーボードは、Fnキーと同時打ちでQ、W、EのキーにそれぞれWin、Mac、iOSが割り振られており、切り替えられるようになっている。従って今回はFnプラスEを押して、iOS専用のモバイル・キーボードとして使用することにした。こういう切替方式になっているという仕組みを理解するまで苦労した。(実は、メールアドレスを要求されることがしばしばなのに@マークがどうしても打てなかったのである。どうやら初期設定では英語キーボード配列に設定してあったようだ。系統的に調べていって、shiftプラス数字の2のキーで@マークが出てきたので、ハタと気づいた次第である。)

従って今回はFnプラスEを押して、iOS専用のモバイル・キーボードとして使用することにした。

入力モードを日本語から英語に切り替えるには、コントロールキーとスペースキーの同時押し。

ただし、F10キーなどを押しても半角ローマにになったりしない。もちろん、F7キーでカタカナになることもない。これは何とかしなければとても不便だ。

**

オーディオブック
いろいろ操作法にとまどいながらも、ようやくオーディオブックを聴けるところまで漕ぎ着いた。ところが、ライブラリーの中から目指すオーディオブックをタップすると、ダウンロードが始まり、その後おもむろに再生が可能になる。いわゆるストリーミングではなさそうなので、こんなことを続けていると今回購入した32GBではすぐに容量一杯になりそうである。10時間のオーディオブックで130MB内外である。ストリーミングで利用する方式に移行しなければならない。
 対策 アプリの「設定」をタップ、「コンテンツ」→ 「WiFi接続時のみダウンロード」をoffにする。(Wi-Fi接続時のみストリーミングをONにしておく。これでストリーミングができればありがたい。(結果は後ほど報告予定)

補註 ストリーミング再生: ダウンロードしたらすぐさま再生してデータを残さない方式。iPadの容量を食わない。

補註 2017年1月26日追記
結果報告: 上記方法ではストリーミング再生できない。必ずダウンロードされてしまう。従ってオーディオブックをiPadで試聴すると300MBから1GB近くのストーレッジを要する。今回購入した32GBのiPadでは(聴了したファイルをどんどん捨てていかない限り)すぐに容量不足になってしまうだろう。
対策: 方策としては、オーディオブックに関しては、何度も聞き返すと良いようなファイルを当iPadでダウンロードして聴くようにする。一度きりでOKのようなファイルに関してはパソコンのクラウドで聴くか、(将来になるが)もう少し容量の大きな端末を手に入れてそれを利用するか、という感じでいくとよいだろう。
 今回購入した32GBのiPadでは、聴く本よりも、目で読む本(キンドルなど)を中心に利用してゆくのがよさそうである。(2017年1月26日追記)

**

地図アプリなどについて
きっと、このようなモバイル器機を持ち歩いて一番役立つ場面は、出先で地図情報を調べたりすることだろうから、そのようなアプリケーションにも追々慣れていきたいと思う。すでに使い慣れている若者に聞いて、安直に習いたいものだ。

**

アプリの終了方法
ホームボタンを2回タップ。アプリをタップして画面の上外にスクロール。これで当該アプリが終了となる、とのこと。(佐々木直也さんのiPadファンのサイトで勉強した。)

**

*****

********************************************

ThinkPad13事始め

2016年8月26日 金曜日 雨のち晴れ

クロネコの営業所止めにしてもらっていたノートパソコンを受け取ってきた。

新規のウィンドウズ10マシーンを初めて購入したのである。早速ATOK(現在の手持ちのATOK2014)をインストール。さらにネットのATOKSync経由で私の他のコンピュータの辞書と同期。ここまではとてもスムーズにできた。さて、これですぐさま使えるようになるはずであったが意外なことに、新しいキーボードがうまく使えない。今までのレノボのノートパソコンは英語キーボード仕様だっため、ウィンドウズの日本語キーボードを操作するのは本格的にはこれが初めてである。

*****

補注 ウィンドウズの日本語キーボードを操作するのは本格的にはこれが初めて・・・これは、(私の過去の仕事を知らない人から見れば)意外かもしれない。研究の仕事を頑張っていた頃の私は、英語キーボードで英語の論文を書く事が座業における主業務だったのだ。思い返せば、2年弱前にMacの日本語キーボードを使い始めるまでは、常に英語仕様のキーボードを用いていたのだ。そういう背景からは、60歳近くなって初めて日本語のキーボードで日本語入力ができるよう、トレーニングしているというわけだ。

*****

多数の「変換」キーをどのように使うのだろうか?

漢字入力とカタカナ入力などの変換に際して、どのキーを押してよいかわからず、とまどう。「変換」というキーもあれば「無変換」というキーもある。「カタカナ」というキーもある。「半角/全角」キーもある。「ウィンドウズキー」なんて今までもほとんど使った経験がない。どれを押しても判然としない。(補注** 以下に述べるように「(CapsLockキーのふりをした)英数」キーが本命であった。他のキーの役割に関しては、ちんぷんかんぷんであるが、そのうち暇な時に探究してみることとしたい。)

*****

総体としてATOK2014との相性がよろしくなさそうである。いずれはウィンドウズ10に対応したATOKの新版を購入することになりそうだ。

*****

補注** 日本語入力の切替について
いろんなキーが担っているようだが、本命を探さなければならない。
たとえば・・
CapsLockキーをよく見ると、漢字で「英数」と書かれている。実際に使ってみると、この「英数」キーが通常の日本語入力と、半角英字入力との切替キーになっているのであった。あれこれキーを押してみたけれど、この英数キーというのにだけは気づかなかった。CapsLockキーとしてだけ認識していたのである。いざわかってみると、左手小指で簡単に押せる便利な位置に重要な繁用キーがあったというわけだ。

*****

ファンクション・キーの使い方も要注意
ウェブで調べてみると・・「レノボのキーロックのはずし方は、FnキーとEscキーを同時に押す」とのこと。・・自分でやってみると、「キーロックの方法は、FnキーとEscキーを同時に押す」、つまり、ロックするのもロックをはずすのも同じキーの組み合わせの長押しであった。長押しにも要領がありそうで、今はよく理解できていない。ともかく、長押ししてからパッと放すとFnLkキーの点灯ON/OFFが入れ替わるのである。

カタカナとFn7キーで変換するには、このFnLkを点灯させてからFn7キーを押せばよい。点灯していない場合は、Fnキーを押しながらFn7キーを押すことになるので、実用的ではない。Fn6キーで平仮名を、Fn9キーで全角英字を、Fn10キーで半角英字を、それぞれ簡便に入力するには、どうやらFnLkを点灯させっぱなしにしておけばよさそうである。よって、今後はそうすることにした。

*****

トラックパッドによる右クリック:

そうそう、それからトラックパッドの使い方で、左クリックゾーン(パッドの大半)と右クリックゾーン(パッドの右下角の小部分)が存在する、というのも、今初めて知った。これを知るまではクリックに失敗すること、しばしば。これからだって、右クリックゾーンはキーボードで日本語を入力している時にはやや遠い。だから、上にある正当な右クリックボタンを押す練習もしなければならなさそうだ。実はこのところ畑の草むしりのし過ぎで指の節々が痛く、指関節がひどく腫れていて器用には曲がってくれない。が、馴れるしかない。

*****

補注 インターフェイスについて このノートパソコンは十分なインターフェイスを備えており、便利に使えそうである。
ウェブ公開のカタログによると以下の通り。
インターフェース(ポート)*1 HDMI x1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、Lenovo OneLink+ x 1
インターフェース(USBポート)*1 USB 3.0 x 2、Powered USB 3.0 x 1、USB Type-C×1
Lenovo OneLink+ について: ThinkPad OneLink+ イーサネットアダプターなどの写真をみて推測すると、向かって左手についているポートがThinkPad OneLink+アダプターのようだ。レノボに独特のものなのか、汎用性のあるものかは不明。上記のリストには載っていないが、SDカードを深く差し込めるポートも(右手前に)備えていてとても便利である。ただし、本体を手で持ったときにSDカードを誤って押してしまってカードが抜けることがあり、気をつける必要がある。(2016年9月7日追記)

********************************************

ウィンドウズ10デスクトップ

2016年7月31日 日曜日 曇り

デスクトップパソコンで、日本語キーボードに交換。

2016年8月2日

現在手持ちのマックに対して、このMSのキーボードのリターンキー(エンターキイ)の位置(距離)が微妙に異なっていて、ミスタッチが多く、ストレスである。 

愛用のキーボードを手放さない、という執着は必要なことかも知れない。やっぱり、しばらくの間はマックでタイプ作業し続けることになるのだろうか。

*****

というわけで、デスクトップパソコンで、日本語キーボードに交換したにも関わらず、そしてOS10にアップグレードしたお蔭でATOKが使えなくなっているにも関わらず、ATOKを新しくインストールする時間が取れないでいる。(スズメバチにやられて昨日から入院していたということもあるが・・・)

*****

2016年8月6日 土曜日 快晴(暑くなりそう)

ヒロシマの原爆投下から七十一年目の朝。

*****

LENOVOノートパソコンもATOKが思うように動いてくれない。(ややもするとMS-IMEに自動的に変わって日本語変換がマッタリになるので、流れが滞ってしまう。)そこで、もともと入っていたATOK2011版を1回アンインストールして、もう一度新たに(同じものを)インストールしてみた。が、特に改善を見ない。

どうやら、ATOKもウィンドウズ10対応版を購入すべき、ということかもしれない。これは本当に困ったことだ。愛用のソフト(しかも最重要基本ソフト)がMSのお蔭でしょっちゅう使えなくなるのだから。

これも一つの世界支配の形かも知れない。

しばらくは現状のようにMacを使いこなすとともに、将来的には真剣にLinuxでOSと機械を整備して行くことを真剣に進めてゆきたい。(現在、私のLinuxマシーンはモニター接続されないで眠っている。)

*****

2016年8月19日 金曜日 曇りのち一時雨

雨でできたゆとりの時間を使って、デスクトップパソコンにATOK2014をインストール。これでようやくATOKが使えるようになったようである。

それにしてもMS-IMEが身内とはいえ、ここまで強力にATOKをブロックしなくてもよさそうなものである。それをするよりも、ATOKに負けないぐらいIMEを使い易い入力システムに磨きあげてくれればシェアも伸びるはずだと思うのだが。だれでも使い慣れた入力システムをそうおいそれとは変えたくないもの---その当たり前のところを大切にしてソフトの改良をしてもらいたいものである。ユーザーに本当に苦労を強いるシステムに(何度苦情が届いたとしても)拘るところがこのマイクロソフトの主張であろうか。

それはともかく、ATOKsyncが使えるようになって、本当に大助かりである。このところ営々と辞書を充実させてきているのだから、どんなパソコンからでもそれを活用したいものである。

*****

OS(MSのウィンドウズ10のことである)憎けりゃキーボード(付け替えたばかりのMS日本語キーボード)まで憎い、あるいは、OSの仇をキーボードで伐つ、・・というような執念深い性格の全くないのが弱点の私であるが、余りにMSの日本語キーボードが使いにくいので、愛用のRealForce英語キーボードに付け戻してしまった。まあ、しばらくはこれでいくしかあるまい。少し慣れれば、Macノートブックの日本語キーボードと、この英語キーボードとの両刀遣いもで出来るはずである。

特筆すべき事は、ウィンドウズ10では、以前から苦労してきた英語・日本語のキーボードの差し替えが全く設定不要で可能になっていること。こんなことができるぐらいは朝飯前のはずであるが、ウィンドウズ7までは本当に苦労だったのである。この部分に関してはウィンドウズ10を褒め称えたい。ただし、この程度のことは20年前でも朝飯前だったはずであるが・・・やっと対応してくれたのである。

*****

********************