雑記帖」カテゴリーアーカイブ

ウィンドウズ10のインストール

2016年7月21日 木曜日 晴れ

ウィンドウズ10をインストール

一昨日、大学の図書館で久しぶりにPC雑誌をめくっていたら、ウィンドウズ10への無料アップデートが今月の29日ないし現実的には28日まで、とのこと。ウィンドウズ10へのアップデートがなされていなければ、PC修理の受け付けも支障をきたす可能性が高いという。

今までウィンドウズ7でも問題なく仕事ができていたため、不必要なアップデートに関しては気乗りがしない。けれど、手持ちの2台のウィンドウズ7・PCマシーンが機械的に不調が重なってきていることがあり、将来の修理の便を考慮して、今回、ウィンドウズ10へのアップデートを行うこととした。

昨日、水曜日のお昼の12時頃にレノボのノートマシーン(4年前に買った・愛称ガウス号)アップグレードをスタート。・・で、現在、翌朝の9時である。21時間経過しても今だに延々と作業中である。一体何をしているのだろう。それでも現在「ウィンドウズ10のインストール」まで、漕ぎ着けている。・・と書いているうちに、初めての再起動が始まった。

どんなOSになっているのだろう。そもそもちゃんと生きててくれるのだろうか。

もう一台のウィンドウズ7マシーンをどうするかを含めて、判断の難しいところである。

ちなみに、この1年半ほどは、2台のMacノートOS[X]を愛用している。これらのMacは、軽快な起動から始まって、何事につけ迅速で、とても使いやすい。日常使う機械としてMacは本当にユーザーフレンドリーである。昔のXPマシーンは殆ど壊れたか遅くて使えなくなったかしており、Linuxに入れ替えたマシーンも2台を動態保存している。

確定申告の事務仕事のために、どうしてもウィンドウズマシーンが必要である。また、ブログのアップに使っているワードプレスとMacの相性が悪く、このところ私のブログには画像をアップできないし、リンクも貼れていない。そんなわけで、できれば一、二台は優秀なウィンドウズマシーンを持ちたい状況なのである。ただし、急ぐこともあるまい。会計の仕事は一月二月に行っているので、その頃までに環境を再構築したい。

*****

2016年7月22日 金曜日 曇り

昨日の夕方19時頃からは2台目のウィンドウズ7マシーン[愛称「サト号」(聡のサト)]もアップグレードを始めている。深夜になってもダウンロードが終わらず、70%ぐらいの数字が出ている状況を確認後、就寝。今朝6時には一段落して「使用許諾ーーー同意しますか?」の画面でストップしていた。同意して進むと、今度は「更新プログラムをダウンロードしています」の画面である。一昨日の経験ではこの画面で延々と作業が続く。今度は%表示のカウンターも示されないので、何時間かかるかは不明である。昨日の経験だと、12時間以内には終わってくれると思われる。一体何をしているのだろうか。

午前10時半現在、「個人のファイルとアプリを引き継ぐ」を選択クリックして続行。今回は昨日のレノボ・ガウス号よりも早く終わるかも知れない。

午後2時45分 先ほどまでずっと「更新プログラムをチェックしています。0%」と(4時間も同じ画面で)誇らしげに表示されていたのだが、外出して要件を済ませてから戻ってみると、22%となっている。進行しているようだ。

午後4時5分、画面を見ると、以前見たときと同様、22%。この作業の重さはある意味驚きである。

午後7時25分、インストール開始のボタンを押す。すでに開始から24時間を経過したが、いよいよ終わりが見えてきた。

午後7時55分、インストール終了。一応、すべて順調に終わったことになる。それにしても、この24時間は一体何に使われたのだろうか。ネットからのダウンロードの容量を見ると、180MBほどで、容量制限を心配するほどの大きさではなかった。高速インターネット接続なのだからほぼあっという間に終わり得る量である。さらに深まる空白の24時間の謎。

*****

2016年7月23日 土曜日 晴れ

ウィンドウズ10をインストールして、まず困ったのは愛用のATOKが使えないこと。MSのIME優位で、それでもATOKに替えることは可能だが、日本語入力ができない。何とかMSでもやれる・・かと思ったが、キーボードの矢印の操作も異なっていたり、何しろATOKで鍛え蓄えてきた辞書がなくては、万事休す。ATOKを再びインストールするなど、対処が必要そうだ。昔のことなので、どのパッケージ版だったのか、など過去を想起することから始めなければならない。余計な苦労だが。

*****

********************************************

古代、風は方神の使役する鳥形の使者であった

2016年2月4日 木曜日 曇り

かぜ(風) 以下、大野晋編 古代基礎語辞典 p333 角川学芸出版 2011年 より引用。

古代、風は息と同じで、生命のもとと考えられていた。その風は、各地方にいる風の神が起こすものと考えられていたので、行路などの安全のために風祭りを行い、風が荒れないように祈った。また、風が吹くのは恋人が訪れるしるしとも考えられていたという。風は自由にどこにでも行けるものであり、また、さまざまなものを運ぶが、香や音などのほか、人の消息なども伝えるものとされた。季節の変化をいち早く感じさせるのも風である。・・・一方、風の邪気によって起こされると考えられた病気は、今日の風邪のほか、中風など、主として神経系の疾患をいった。

・・・夕されば 風{加是}吹かむとそ 木の葉さやげる <記歌謡二一>
・・・おき(息)そ{嘆息}の風{可是}に霧立ち渡る <万葉七九九>

*****

以下は白川・字統 p776-777より抄:
風 フウ かぜ・ふく・おしえ・ならわし
声符は凡(はん)。卜文の風の字形は、鳳形(ほうけい)の鳥の形で、その左や右上に声符として凡の形を加えていることがある。冠飾をつけて、神聖な鳥の形にかかれている。
卜文・金文には風(虫)に作る字形はない。風を八風に分かつことは、卜辞にみえる四方の方神と、その使者たる風神の名に起源するものと思われる。・・・山海経にみえる神々には、「四鳥を使ふ」のように、鳥形の神を使者として使うものが多い。卜文の風が鳥の形、それも鳳(ほうおう)の形でしるされているのは、風はその神鳥の羽ばたきによって起こると考えられていたからであろう。・・・このような鳥形風神が、いまの風の字形に移行した時期は明らかではないが、秦の会稽刻石(かいけいこくせき)には、篆文と(てんぶん)と同じ字形が用いられている。風を、天上にいる竜形の神が起こすものと解したのであろう。卜文においても、雲や虹(こう)などは、みな竜形の神とされていた。
風の用義・・・風がもと方神の使役する鳥形の使者であること、方神の意を受けて、これをその地域に宣示し風行させるものであること、これによってその地域の風土性が特色づけられ、その土俗が規定されるものであるという観念が、古く存していた。これによってその風土・風俗が規定され、風光・風物・風味が生まれ、その地に住む人の性情にも深く作用して、風格・風骨を形成するとされたのであろう。それが歌詠に発するものは風、すなわち民謡である。風の字のもつ多様な訓義は、このような古代風神の観念から、おおむねこれを解することができる。風邪のごときも、この神によってもたらされる神聖病であった。風は自然と人間の生活との媒介者であり、その生活の様式を規定するもので、そのような営みを風化といい、流風という。(白川、字統、p776-777)

*****

「おか」に対応するいろいろな漢字:

以下のページの数字は白川・字統の該当ページ。解説は白川・字統より抄。

丘 p178 おか・はか キュウ 墳丘の象形。孔子の名は丘。
岡 p305 おか コウ 土笵(どはん)に火を加えて高熱で焼成すること岡という。・・・岡とは赤土色の焼きかためられた鋳型をいうのが原義。
阜 p767 おか・おおきい・さかん フ 神梯(しんてい)の形。神が陟降(ちょくこう)するときに用いる梯(はしご)である。この部に属する字は、神の陟降する聖地に関するものが多い。
陸 p908 おか・くが リク・ロク 坴(りく)は神を迎える幕舎(ばくしゃ)の形。阜(ふ、阝)は神が陟降する神梯(しんてい)の形。神様の前にその幕舎を設け、神を迎え祀るところを陸という。およそ山上の高平のところは、神を迎え祀るに適したところで・・・・・・以下略・・・

補注:陟降 ちょくこう 昇り降り。天地を往来すること。(WEB字書より)
 陟 チョク 登ること

*****

**********

穴あきマルチの植え穴

2016年2月3日 水曜日 曇り

東山広幸 有機野菜ビックリ教室 米ヌカ・育苗・マルチを使いこなす 農文協 2015年

マルチの規格の見方
穴あきマルチの規格は4桁の数字で表される。
左から1桁目がマルチの幅(ただし、1m以上は省略していて、数字は10cm単位の数字)
2桁目は条数
3,4桁目は株間
つまり、たとえば、3715という数字は、135cm幅、株間15cm、7条マルチ。
9415なら、95cm幅、株間15cmの4条。(東山、同書、p81より抄)

よって、9515は、95cm幅、5条。株間15cm。
3715は、135cm幅、7条、株間15cm。

穴あきマルチの植え穴:
植え付けは穴あけ棒で穴をあけ、そこに苗を押し込んでいくだけである。穴あけ棒は折れたスコップの柄などでつくっているが、棒の先をナタで適当に削っただけのものでもいい。
 苗と土との隙間ができると乾くので、指で土を少し寄せる。だいたい一箱二二〇株植えるのにかかる時間が二〇から三〇分程度である。(東山、同書、p81)

*****

ペーパーポットの有機畑での使用に関して:

ところで、東山さんが推奨されているペーパーポットに関して、有機農産物JAS規格 – 農林水産省http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/2_nousan.pdf によると、
「第4条 一般管理
要望: ネギのチェーンポットは紙でできており、現行規格では使用禁止資材になるが、紙マルチと同様に認めてほしい。・・・
考え方: 紙製のポットは接着剤が使用されているため、ほ場に植え付ける前に 取り除かない限り使用できません。」となっている。取り除くのであれば、プラスチック製のセルトレイを用いた方が再使用できて妥当ということになろう。(東山さんの場合、すべて直売なので、JASの規定にとらわれることはないのであろう。)舌切り雀の民話にも登場するように、昔の接着剤はすべて有機素材であった。紙製の育苗ポットに関して、有機JAS認定で圃場にそのまま植え付け使用できるものが作られているだろうと思っていたのだが、現時点では難しそうである。

同じ考え方で、「生分解性のマルチ、シーダーテープは天然物質に由来するものでないこと、再生紙原料のシーダーテープ は接着剤として化学的に合成された物質が使用されていることから、使用は認められていません。」(同じく、http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/2_nousan.pdf より)

*****

2016年1月14日 木曜日 晴れ

お昼過ぎ、携帯の地震警報が鳴ったのでびっくりした。その直後に電灯や冷蔵庫の中身などがミシミシと軋んだ音を立てて揺れるほどの、やや強めの地震。マンションの管理人室からの有線連絡によると札幌で震度4の地震、とのこと。

*****

市販の穴あきマルチについて

東山広幸 有機野菜ビックリ教室 米ヌカ・育苗・マルチを使いこなす 農文協 2015年

今年は東山流を習い、「米ヌカ・育苗・マルチ」を大いに使ってみたいと考えている。まずはプランニングのための下調べ開始。

*****

マルチに関して:穴あきマルチでどのようなものが市販されているかをネットで調べてみた。

当座の結論としては、株間30cm以下の苗に関しては市販の穴あきマルチも便利そう。株間が50-60cm以上の苗であれば、今までどおりカッターナイフで十字に切ったり、マルチ穴開け器やマルチバーナーなどで自分で穴を開ける方が、コストパフォーマンスがよいと思われる。

*****

「穴あきマルチ2列穴(1列穴も同様)【特長】植え付け穴の付いている黒色マルチ。 【幅(cm)】95 【長さ(m)】50 【穴径(Φmm)】80 【株間(cm)】30 【材質】ポリエチレン 【色】黒 【規格】95cm×50m」

上記を使えば株間30cm、(明記はされていないが)二列の場合は条間も30cm? ベッド幅は70cm程度のマルチ栽培ができそうである。中島正さん流のベタ掛けマルチ方式であれば3mの幅の圃場区分に3列、6条のベタ掛けが可能ではあるものの、幅95cmのマルチ使用ではやや煩雑に思われる。

たまねぎマルチ
【特長】植え付け穴のついている黒色マルチ。 めんどうで時間の要る穴あけ作業不要。 畝幅約70cmに適しています。【仕様】4.5cm穴、4列並び(約15cm間隔)、(植え付け穴)約260個 【適合】ウネ幅約55~70cm 【材質】ポリエチレン 【厚さ(mm)】0.03 【色】黒 【寸法(幅W×長さL)(m)】0.95×10・・・・畝幅70cmに4条植え。長さ10メートル、価格は穴が開いていることでやや割高か? ただし家庭菜園程度のタマネギ作りならこのようなマルチ10から20メートルで十分。

マルチにカッターナイフで穴を開けるのが煩瑣で美観を損なっていると感じる場合、
マルチに穴を開けるバーナーのようなものがある。http://www.monotaro.com/s/c-119114/のサイトより引用(一部改変):【特長】マルチバーナーは、歩きながらラクにマルチシートに穴をあける道具。レタス栽培、にら栽培。カッター式とは異なり、熱処理による穴あけなので、切り口から破れる心配がない。 また、軽く当てるだけでラクに穴があくので、短時間に大量の穴あけが可能。・・・・(別売の)マルチ火口をマルチバーナーに取り付けることで、マルチシートに穴をあけることができる。火口の径は4種類ぐらいから選べる。

*****

**********

青とベージュの帽子

2015年5月13日 木曜日 雨

空知でおしゃれ

今年の畑仕事では少しおしゃれしてみようと・・・冬中考えてきた。雨でお休みの今日、大通に帽子を買いにでかけた。形は、日焼けを少しでも防ぐためにツバ広のハット。色は、おしゃれなものを・・・いろいろかぶって比べてみて・・・私と友とそれぞれ青とベージュの帽子を選んだ。空と地の色、かな? 広々とした畑で、独りで働ける充実。親しい友と二人で働ける幸せ。新しい有志たちと一緒に働ける喜び。

*****

**********

不幸な親子関係の歴史を書き記すこと

2015年5月10日 曇りときどき晴れ、風強く寒く、ときどき雨がぱらぱらと降る。

*****

Sさんへのメールより:

・・・覆い隠すのではなく、言葉にして声に出して話してみてはいかがでしょうか。言葉にすることによって、そして他者に語ることによって、今まで語れなかったもの、恐れて封印していたものも客観的に眺めることができ、それを乗り越える第一歩が踏み出せると思います。

 短時間では語り尽くせるものではありません。あとからあとからいろいろと出てくるでしょう。

 自分にとってトラウマになっているような親子関係を自己弁護することなく細部まで思い出し、その全体像を繰り返し反芻すること、自らの親子関係の愚かしさ醜さを直視し続けること、それが自分自身を見いだし、自分自身の不幸な親子関係の歴史を書き記し、「救い」へとつながってゆく自然な道筋のように思われます。

・・・中略・・・

 決して簡単に客観的に眺められるようになると思えませんし、ましてや易々と乗り越えられるものになるとは考えられません。それでもYさんが亡くなって仏様になるための修行を開始されたこの5月をスタート地点として、私たち固有のYさんとの関わりの歴史を私たちも正しく眺め正しく乗り越えてゆくことがYさんの供養になるのではないでしょうか。

*****

上記の中で、「自分にとってトラウマになっているような・・・云々」は以前わたしのWEBサイトで引用させていただいた不生庵さんの文章のパロディである。つまり、自分自身の「愚行」の代わりに「親子関係」を入れて若干の手直しを試みたもの。

このところ二週間以上にわたって実践哲学道場で修行しているような日々を過ごしている。

*****

********************************************