カテゴリー別アーカイブ: culture & history

英仏文学を理解するためのお金の単位と価値(1)

2017年4月2日 日曜日 晴れ

文学歴史の語彙メモ: (主に19世紀の)英仏の文学と歴史を理解するためのお金の単位

ペニー イギリスのお金の単位は、ポンドを基本としているが、その補助として、ペニーが使われる。1ペニーは百分の1ポンド。この頃(スティーブンソン「宝島」の頃)、4ペニー銀貨があった。

クラウン銀貨 1クラウンは5シリング。1シリングが1ポンドの20分の1。現在では、使われていない。

ギニー金貨 アフリカのギニアから輸入された金を使ってつくられたイギリスの金貨。20シリング、または21シリングにあたる。現在では、使われていない。

8の字銀貨 スペインの古い銀貨。表に「8R」と刻まれていることから、こうよばれた。(金原訳・宝島・訳注、p372-より)

**

2017年4月3日 月曜日 晴れ

W.S. Maugham, Ten Novels and Their Authors, Vintage, 2001 (first published in Great Britain by William Heinemann in 1954)

Fifty thousand francs was two thousand pounds, but two thousand pounds then (補註~1830) was worth far, far more than it is worth now (補註~1954). (ibid., p117)

補註 バルザックが出版業で破産して、母親から50000フランを立て替えてもらったのが1830年頃である。当時、1ポンドが25フラン。
 上記引用部分に続けて、モームはバルザックの「ゴリオ爺さん」の記載を引用しながら、当時の5万フランの価値を推定している。田舎の紳士階級(gentry)ラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算で(かつかつだが)生活できている。学生ラスティニャックは、ヴォケール婦人の下宿で、賄い付きで月に45フランを支払っている(1819~21年)。外に住んで、食事だけだと月30フラン。1950年現在であればおそらく月3万5千フランはかかるはず、とモームは言う(同書、p117)。
 補註者は、ここのモームの記載はやや飛躍があると思う。 Board and lodging to-day in an establishment of the same class as Madame Vauquer’s would cost at least thirty-five thousand franc a month. ibid, p117 となっているが、バルザックの「ゴリオ爺さん」の記載では、ヴォケール婦人の下宿は、オーウェル流の表現を借りれば、中流でもやや下、 upper lower middle class あるいはせいぜい lower middle middle class ではないかと思われるように描かれている。よって、モーム1950年頃のフランが相当安くなっているとしても、3万5千フランまではしないのではなかろうか。1フラン30円としても100万円もすることになるのは、補註者の金銭感覚と合致しない。以下に私なりに試算してみたい: 
 バルザックの「ゴリオ爺さん」のラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算、これをたとえば現代の日本の900~1200万円ぐらいの所得と考えてみる。すると1820年の1フランは、現在の3000~4000円となる。月30フランのフランス料理の賄いは、月額9~12万円。
 スタンダール「パルムの僧院」のファブリックがワーテルローの戦場で馬を取引するときに20フラン程度を考えている。1815年の20フランは、上記の換算では、現在日本の6~8万円となるが、ドサクサ紛れの戦場での金銭感覚としては大きくは外れていないと思う。
 仮に1820年の1フランを3000円とすると、1ポンドは3000x25=7.5万円。イギリスの住み込み女家庭教師の年収40ポンドは、7.5x40=300万円、これも現代日本の労働者の年収を勘案すると感覚的にははずれていない。
 すると、バルザックがお母さんに払ってもらった5万フランは、3000x5万=1億5000万円ということになる。ここに至ると、やや私の金銭感覚とギャップが生じる。息子の借金の肩代わりに1.5億のお金をキャッシュで払えるブルジョア母さんが今の日本にどれだけいるだろうか。ただ、当時は累進課税の所得税住民税がなかったかもしれず、新興のブルジョアが今の億単位(当時の万フラン単位)のお金を所有することは、比較的敷居が低かったのかもしれない。この金銭感覚のギャップが、当時のパリやロンドンで貧富の格差が巨大であったことを明示しているのであろう。
 当時の英仏という国家たちはいわゆる「三角貿易」で巨万の富を築きつつあり、金利収入感覚として、安定した年利4~5%のラインが常識的に意識され、話されているようだ。当時のイギリスは、そしてそれに追随してフランスも、世界から富を吸い上げつつ、巨視(マクロ)的には長期安定「高度成長期」にあった。国内国外に多くの貧困や犠牲を伴いつつも、良きにつけ悪しきにつけ金銭的に豊かな文明を開発享受し、新興市民たちが活き活きと活躍して文化を築いていた時期に当たるのであろう。

補註 2017年4月5日 追記
バルザック「人間喜劇」セレクションの別巻1ハンドブックによると、バルザック当時の1フランは、20世紀末の22フラン、すなわち日本円で500円ほどに相当するだろう、とのこと。これで換算し直してみると、

1820年の1フランは、現在の500円と仮定する。ラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算、これは、現代の日本の150万円ぐらいの所得。
月30フランのフランス料理の賄いは、月額1.5万円。
 スタンダールのファブリックがワーテルローの戦場で馬を取引するときに20フラン程度を考えている。1815年の20フランは、上記の換算では、現在日本の1万円となるが、ドサクサ紛れの戦場での金銭感覚としてもとても安い。
 1フランを500円とすると、1ポンドは500x25=1.25万円。イギリスの住み込み女家庭教師の年収40ポンドは、1.25x40=50万円、これも現代日本の労働者の年収を勘案すると非常に安い。
 フローベールのボヴァリー医師の骨折(単純な整復のみ、複数の長距離往診出張付き)治療謝礼が75フランであり、1フランを500円とすると、500x75=37,500円、この辺りになると今の日本とほぼ同じような価値感覚か、・・保険制度が発達している日本にあって、医療費はやや割高感があるが、3割負担なので払えているというような状況かも知れない。
 そして、バルザックがお母さんに払ってもらった5万フランは、500x5万=2500万円ということになる。これは私たちの金銭感覚にすんなりと受け入れられる。
 というわけで、1フランを500円とする換算表では、当時のフランスでは(今の日本に比べて)、安いものは不当に安く、高いものはまあ妥当な値段に見える。

今までの2回の議論を綜合して、感覚的に把握すると:
1820年当時、庶民の暮らしに要するお金は今に比べて、かなり安価に感じられる。もちろん労賃や賃金も非常に安い。ところが、同じ線型スケールでお金持ちのお金の使い様を見ると、極めて破格の値段になる。つまり、お金持ちはべらぼうに金持ちなのである。

お金の尺度として、現在の感覚スケールに合わせるときは、数フランの尺度のときには1フラン3000~4000円を、数千から数万フラン以上の尺度のときは1フラン500円ぐらいで捉えると、現在の日本人の物価の尺度感覚に合ってくる。

もちろん、お金の計算は線型で行われるものであるから、上記の二重基準の尺度には根本的な無理がある。すなわち、現在日本では、庶民の生活の底上げがなされて、比較的に平準化し、貧富の差が(19世紀初頭のパリに比べて)少ないために、単純な線型変換が感覚的に成り立たないのである。

**

2017年4月7日 金曜日 曇り

バルザック ニュシンゲン銀行 「人間喜劇」セレクション 第7巻 金融小説名篇集 吉田典子・宮下志朗訳 藤原書店 1999年 (「ニュシンゲン銀行」は1837年)

19世紀の換算レート
1フラン=現在のレートに換算すると約千円
1スー(=二十分の一フラン)=約50円
1三チーム(=百分の一フラン)=約10円
1エキュ=3フラン=約3000円
1ルイ=20フラン=約2万円
1リーヴル=1フラン(リーヴルは年金や公債によく用いる)(吉田典子・宮下志朗訳、上記巻末の参考資料、p469)

補註 上記の換算レート(1フラン1000円)は、4月3日の私見による試算(1フラン3000円)と、4月5日に引用した換算レート(1フラン500円)と、この両者の中間である。これはまさに妥当な、中産階級のための換算レートとして採用できるものと思う。

*****

********************************************

チャペック チェコスロバキアはどこへ行く?

2017年3月13日 月曜日 晴れ

カレル・チャペック コラムの闘争 ジャーナリスト・カレル・チャペックの仕事 田才益夫訳編 社会思想社 1995年(オリジナルは1920〜1930年代)

**

市民戦争に関する寓話
歴史の一ページ = ・・外国の金と外国の軍隊により民族の名誉が保たれた。
自給自足 = 外国人と戦争して血を流すな。戦争は自分の国でやれ。
・・
悪魔 = わしはそういうものを称して戦争と言うとるんじゃ!
(LN・1936年、同書、p224-5より抜粋)

補註 チャペック氏の得意とするひねりの利いた一行アフォリズムである。(略号:NLは国民新聞、LNは民衆新聞に掲載されたコラム記事)

**

チェコスロバキアはどこへ行く?
・・私たち自身が、私たちの一人一人が他の世界との競争に耐えうる力をもたねばならないのだ。世界のなかで民族として国家として自由な民主主義の国として立っていこうと欲するならば、世界の最良の国と同じくらいに、場合によっては、それ以上に働き、それ以上に生産しなければならない。同じくらいの、またはそれ以上の精神的価値を創造すること。同じくらいに、またはそれ以上によく組織されていること。同じくらいに、またはそれ以上に、国民の誰にたいしてもいい祖国であること。そして他のどんな国においてであれ実現された社会概念(コンセプト)と同じに、あるいはそれ以上によい社会秩序でなくてはならない。
 いかなる点においても中途半端で満足してはいけない。私たちの祖国は空間的には増大できない。だから数的に、自然によって与えられた人口増加をはみだしてはならない。ただ一つ、私たちに制限が加えられていないもの、それは民俗的質と効率である。私たちは縦横に広がることはできない。私たちに開かれた唯一の発展の方向は上の方向だ。絶えざるよりよいものへの道。できるだけ最良のものへの道。
 チェコスロバキアに唯一の生存の可能性として与えられたものは質的発展である。だから私たち全員が自分から最良のもの、最も有効なものを引き出すことが、とても大事なのだ。そのことはまた、私たち自身のなかで、それに私たちの環境のなかでそれをはばもうとするすべてのものにうち勝つよう努めることを意味する。(同書、p186-187)

**

認識の精神と支配の精神(「現代」1936年)
技術の誤りとは言えないまでも、むしろ技術の無力さは別のところにあります。つまり、どんなものでも作れるとしても、純粋にポジティブに平和の道具となるべきものは何も作りえないということです。逆に、技術はだんだんと大きな物質的力を支配し、その力を増殖させ、蓄積し、いつでも破滅的な抗争のなかに投入しうるエネルギーの潜在力を恐ろしいまでに高めることになります。技術は要するに人類にたいして途方もない物質的手段を供給するが、それを用いて善をなすか悪をなすかについてはすでに最小限の影響力すらもっていないということです。(同書、p221)

・・人文科学はその性格において普遍的です。その普遍性はその実際の範囲にもその本質や使命にも基づいてはいません。私たちに世界を支配することを教えるのではなくて、世界を理解することを教える。さらにもう一つのこと、つまり相互に理解しあうことを教えます。その益するところはすべての民族に共通であり、すべての国境を越えています。・・・(中略)・・・思想の自由を守ることができるかぎり、人文科学はあらゆる時代にとって人間の自由の手段となるでしょう。普遍性、平和、自由、これは三つの大きな本源的理想であり、人文科学が自らに忠実であるかぎりこの三つの理想にたいして仕えることになるでしょう。
 ・・・(中略)・・・
・・支配の精神はいつでも暴力と破壊の道具になりうる莫大な力と手段を製造しました。今日は他のいかなる時代よりも多くの、もうひとつの力を動員する必要があります。世界の民族が相互に理解しうるための手段、すべての国境を越えた真理、人間存在や民族が支配の単なる対象となることを許さない思想の自由といった精神的価値です。今日、文化生活の均衡が破られています。支配の精神が認識の精神を危険なほど凌駕しています。私たちの努力と知的勇気をいっそう強めることは、精神文化に仕え、また仕えんと欲する私たちすべての双肩にかかっています。平和と自由もまた、自分の道具を必要としています。それを補給すること、それを手遅れにならないうちに補給すること、それこそが私たちの時代の最も緊急な課題なのです。(同書、p222-223)

**

*****

********************************************

Orwell, The Road to Wigan Pier

2017年3月3日 金曜日 雪(札幌)

George Orwell, The Road to Wigan Pier, A Harvest Book, Harcourt, Inc., 1958; first published 1937.

オーディオブック: The Road to Wigan Pier, Written by: George Orwell
Narrated by: Jeremy Northam, Length: 7 hrs and 37 mins, Unabridged Audiobook, Release Date:03-08-12, Publisher: Canongate Books

**

Under the capitalist system, in order that England may live in comparative comfort, a hundred million Indians must live on the verge of starvation—an evil state of affairs, but you acquiesce in it every time you step into a taxi or eat a plate of strawberries and cream. The alternative is to throw the Empire overboard and reduce England to a cold and unimportant little island where we should all have to work very hard and live mainly on herrings and potatoes. That is the very last thing that any left-winger wants. Yet the left-winger continues to feel that he has no moral responsibility for imperialism. He is perfectly ready to accept the products of Empire and to save his soul by sneering at the people who hold the Empire together. (ibid, p160-161)

**

*****

********************************************

加地伸行 儒教と老荘:絶対と相対

2017年2月5日 日曜日 晴れ

加地伸行 儒教と老荘 (加地伸行編・「老荘思想を学ぶ人のために」) 世界思想社 1997年

儒教と老荘思想との関係

老荘思想: <相対>というものの見かたの提案
儒教思想の基本は、<絶対>という価値を認めることである。・・しかし、老荘思想は、そういう<絶対>の窮屈さ、虚飾、こだわりといったものを徹底的に揶揄し、批判し、そして否定する。それは<相対>というものの見かたの提案である。死さえも生との相対において見るのであり、まして、世俗の数量的絶対化(補註#)の愚かさを痛烈に突く。(加地、同書、p85)

補註# 「世俗の数量的絶対化」とは具体的に何を指しているのか、宿題とさせてください。(2017年2月5日時点で)

**

老荘思想や儒家思想を支えていた階層とは何であろうか?
 私(=加地さん)は「老子」に軍事指導者の影を見る。それはむしろ都市生活者の影である。儒家思想は農村を、老荘思想、少なくとも「老子」は都市を、それぞれ背景としているのではなかろうか。
 だいたい<相対>化してものを見るというのは、余裕があるからである、都会的視点である、世の中は広いということを知っている者の発想である。これに反して、<絶対>の追究などというのは、余裕がなく、世間を知らない者の発想である。農村(「近代化された農村」という意味ではない。「前近代的社会の農村」という意味)的な視点である。
 老荘思想ーーーそう聞くだけで農村との結びつきをイメージするのは、先入観にすぎない。(加地、同書、p86-87)

**

*****

********************************************

アラブが見た十字軍

2017年1月3日 火曜日 雪

アミン・マアルーフ アラブが見た十字軍 牟田口義郎・荒川雅子訳 ちくま学芸文庫 2001年(訳本の初版は1986年リブロポートより刊行、原著は、Amin Maalouf, Les croisades vues par les arabes, Jean-Claude Lattes, フランス語で1983年、1984年には英訳も出ている)

**

**

*****

********************************************