culture & history」カテゴリーアーカイブ

矢部宏治 日本はなぜ基地と原発を止められないのか

2017年11月9日 木曜日 曇り一時雨のち晴れ

矢部宏治 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか 集英社インターナショナル 2014年

・・この「密約法体系」の存在を考えに入れて議論しないと、
「なぜ沖縄や福島で起きているあきらかな人権侵害がストップできないのか」
「なぜ裁判所は、だれが考えても不可解な判決を出すのか」
「なぜ日本の政治家は、選挙に通ったあと、公約と正反対のことばかりやるのか」
ということが、まったくわからなくなってしまうのです。(矢部、同書、p65)

**

・・こうした形で司法への違法な介入が繰り返された結果、国家の中枢にいる外務官僚や法務官僚たちが、オモテ側の法体系を尊重しなくなってしまったのです。・・・(中略)・・・ウラ側の法体系と一体化してしまった。そして、すでに六〇年がたってしまった。その結果、日本の高級官僚たちの国内法の軽視は、ついに行きつくところまで行きついてしまったのです。(矢部、同書、p84)

田中耕太郎判決は「統治行為論」、柏木賢吉判決は「最良行為論」(補註#)、米軍機の騒音訴訟は「第三者行為論」と呼ばれます(補註##)が、すべて内容は同じです。・・こうした「法理論」の行きつく先は、
「司法による人権保障の可能性を閉ざす障害とも、また行政権力の絶対化をまねく要因ともなりかねず」、「司法審査権の全面否定にもつながりかねない」。(矢部、同書、p86)

補註# 柏木賢吉判決 1978年、愛媛県の伊方原発訴訟の一審判決。「・・原子炉の設置許可は周辺住民との関係でも国の裁量行為に属する」(矢部、同書、p85-86)

補註## あとになってわかっtのは、それらはすべて素人の目をごまかすための無意味なブラックボックスでしかなかったということです。(矢部、同書、p90)

・・その行きついた先が、現実に放射能汚染が進行し、多くの国民が被曝しつづけるなかでの原発再稼働という、狂気の政策なのです。(矢部、同書、p87)

法律が改正されても続く「放射性物質の適用除外」(矢部、同書、p91)
・・大気や水の放射能汚染の問題は、震災前は「汚染防止法の適用除外」によって免罪され、震災後は「統治行為論」(補註###)によって免罪されることになったわけです。このように現在の日本では、官僚たちがみずからのサジ加減一つで、国民への人権侵害を事由に合法化できる法的構造が存在しているのです。(矢部、同書、p93)

補註### 原子力基本法・・原子力に関する安全性の確保については、「わが国の安全保障に資する[=役立つ]ことを目的として、おこなうものとする」(第2条2項)という条項が入っているからです。(矢部、同書、p93)

日米原子力協定という日米間の協定があって、これが日米地位協定とそっくりな法的構造をもっていることがわかりました。(矢部、同書、p95)

**

**

*****

********************************************

矢部宏治 隠された日本支配の構造

2017年11月8日 水曜日 曇り一時雨

矢部宏治 知ってはいけない 隠された日本支配の構造 講談社現代新書2439 2017年

**

ほかの国の軍事協定を読んでいるとよくわかるのですが、主権国家にとって「他国の軍隊が自国の国境を越えて移動する権利」というのは、なにょり厳重にコントロールしなければならないものなのです。(矢部、同書、p75)

**

「対米従属」の根幹:
 「対米従属」の根幹には、軍事面での法的な従属関係がある。
 つまり、「アメリカへの従属」というよりも、それは「米軍への従属」であり、しかもその本質は精神的なものではなく、法的にガッチリと押さえこまれているものだということです。(矢部、同書、p94)

まさに「ブラックボックス」
 日米合同委員会の本質とは、占領時代から続く基地の使用権や治外法権など、米軍が持つ巨大な特権を、どうすれば日本の国内法のもとでトラブルなく維持していくかの調整機関です。(矢部、同書、p98)

「地位協定」=「行政協定」+「密約」(矢部、同書、p118-119)

**

砂川事件の結果、起こったこと
「安保条約のような重大で高度な政治性を持つ問題については、最高裁は憲法判断をしなくていい」・・「日本版・統治行為論」(1959年12月16日・最高裁判決)(矢部、同書、p148-150)

**

 突然の朝鮮戦争によって生まれた「占領下での米軍への戦争協力体制」が、ダレスの法的トリックによって、その後、六〇年以上も固定し続けてしまった。(矢部、同書、p248)

**

 ・・遠く離れた場所(沖縄、福島、自衛隊の最前線)で大きな矛盾に苦しむ人たちの声に真摯に耳を傾け、あくまで事実に基づいて、根本的な議論を行うときにきていると私は考えます。(矢部、同書あとがき、p260)

**

なぜ、9条3項・加憲案はダメなのか
 ・・憲法9条は・・・(中略)・・・1952年の独立後は、日米安保条約とセットで存在しているものだからです。・・・(中略)・・・この①から④までの四つの問題を解決しないまま、憲法で自衛隊を容認してしまうと、・・「米軍による日本の軍事利用体制」の完成です。(矢部、同書、p259-260)

*****

********************************************

町田宗鳳 法然の涙

2017年11月7日 火曜日 晴れ

町田宗鳳 法然の涙 講談社 2010年

補註: 小説(フィクション)版の法然伝。幼名、勢至丸。父、漆間時国、母、秦姫、稲岡庄、長承二年(1133年)四月七日生まれ。

**

**

*****

********************************************

文明(技術)と文化(生きかた)

加地伸行 家族の思想(つづき)

2017年11月6日 月曜日 晴れ

加地伸行 家族の思想 儒教的死生観の果実 PHP新書 1998年

複雑になった現代と異なり、かつての時代では、文化(生きかた)と文明(技術)とが、ほぼ重なっていた。その文明も、どこでも農業をしていた時代では、農業技術にそんなに差はなかったのである。ところが、蒸気機関車に始まり欧米工業技術が先進的に発展してから、様相が一変する。機械文明(欧米文明)が文明の基準になってしまい、文明の差ができてしまった。そこで人々は錯覚を起こした。高い文明(技術)を持っている地域はその文化(生きかた)もまた高い、と。
 完全な錯覚である。たとえば・・・・・(中略)・・・
 ・・けれども大部分の日本人は、文化まで変えようとは思わなかった。文化とは生きかたなのであるから、そう簡単に変えることができるものではない。(加地、同書、p102)

**

*****

********************************************

加地伸行 家族の思想

2017年11月6日 月曜日 晴れ

加地伸行 家族の思想 儒教的死生観の果実 PHP新書 1998年

「論語」における<孝>の理想主義
・・このように、弟子の質問を受けている仁や、(孔子の考える)政治は、孔子が創出しようと思索に努力し続けたものである。とすれば、孝もまた同じく孔子において思索が進行中であったと思われる。そのため、孔子の弟子に対する応答は、仁や政の場合と同じく一定しなかった。
 私は、孔子が最後に辿りついた孝の概念は「祖先を祭り、子孫を生み、生命の連続を信じることによって死の不安を克服する」ということに集約されると考えている。しかし、そこに至るまでの間、思索の過程として、あるいは理想主義的に、あるいは感傷的に、じぐざぐとして述べられ、それが「論語」の中に残っている。そして一般には、この過程において説かれたことばがよく知られておりその理想主義のゆえに、時としてとてもついてゆけないという気持ちを抱かせることもある。(加地、同書、p93)

**

*****

********************************************