カテゴリー別アーカイブ: culture & history

原感覚としての儒教を大切にすること

2017年8月15日 火曜日 曇り

加地伸行 儒教とは何か 中公新書989 1990年

私は真言宗信者として仏教を、原感覚として儒教を、論理矛盾を知った上で、ともに大切にしている。(加地、同書、p224)

**

*****

********************************************

民衆の壮大な仏教誤解

2017年8月13日 日曜日 小雨

朝は雨。

**

加地伸行 儒教とは何か 中公新書989 1990年

 それでは、再生や長生という現世への執着に満ちていた中国人が、なぜ輪廻転生という異質の仏教を信じたのかという問題がある。結論を先に言えば、仏教をよく知っていた知識人は別として、民衆の壮大な仏教誤解があったからである。すなわち、輪が回り続けるように苦しみが<転生>して長く長く続くという点がすっぽりと抜け落ち、死んでも来生に再び<肉体を持って>生まれることができるなら良いではないかと考えたのである。・・楽しいこの世に肉体を持ってもう一度生まれることができる転生を良いものと誤解したのである。・・・(中略)・・・ その上、儒教の<再生>は、神主・木主<魂の憑りつくところ>におけるものであるから、結局は観念的とならざるをえない。生きた肉体を伴わない<再生>であるからである。しかし、仏教の<輪廻転生>を「輪廻」抜きで、・・・(中略)・・・ただ過去から現在へ、現在から未来へというレベルで<転生>を言うとき、それは<楽しい>この世に、儒教のように神主に憑りつくだけではなくて、快楽をつくせる生きた肉体を持って再生することができるというふうに誤解することとなる。しかし、この誤解は、同じく再生を説く儒教に比べてかえって魅力的であり、こういう壮大な誤解によって、民衆において仏教が大流行したのである。それが、魏晋六朝時代から隋唐時代に至る状況であった。(加地、同書、p174-175)

**

・・一般民衆にとっての仏教とは<死後も楽しいこの世に再び生まれ変わることができる>ものであり、それならいいではないかと誤解された仏教であった。・・死後、<苦の世界>でなくて<楽の世界>へというこの発想が中国人民衆に広がった結果、そのつきつめた形として浄土思想が大流行となる。すなわち、死後、浄土に<往>ってそこで<生>きる、すなわち<往生>である。
 これは日本においても大流行する。こうした浄土思想、すなわち、死後に長い長い輪廻の苦しみが待っているとはしないで、阿弥陀如来の本願にすがって浄土へ行けるとするのは、中国人や日本人、楽天的な東北アジア人にぴったりであった。(同書、p176)

**

補註: お盆の時期を迎えて、今から50年以上も前、田舎の祖母や叔母と過ごしたお盆の日々を思い返したりしている。お盆の3日間だけは、私たち子供が魚や虫を捕ってはいけないと固く禁じられていた。これは、一年中を通してベースにあった仏教の生類憐れみの仏教思想だけではなくて、この特別なお盆の日に、ご先祖の霊がフナやカブトムシに宿ってこの家に帰ってきているかもしれないという祖霊の<招魂再生>の思想が変形されて一般民衆の心の中にあったことの現れであったのかもしれない。子供の私は、深く疑うでもなく、また深く信じるでもなく、素直に聞き従っていたように思う。北東アジアの民衆の「壮大な仏教誤解」から生まれた俗信であったかもしれないが、私たち子供には通奏低音として心の底を流れ奏でられる日常だっただろう。
 今では私も還暦を過ぎ、父母の位牌だけでなく、祖母やその家を守ってくれた叔母の位牌をも祀る身となってしまった。今日、このお盆の日には、天候が許せば、春から育ててきてやっと咲きはじめたムギワラギクの花を摘んで、若くして異国で死んだ伯父の位牌を代表として、祖母や叔母や父母、私が祀るべき祖霊を想い、家族で語りながら、その依りつくべき位牌に花を飾ることとしたい。

**

*****

********************************************

家族主義的家族 vs 利己主義者集団の家族

2017年8月8日 火曜日 晴れ

加地伸行 沈黙の宗教ーー儒教 ちくまライブラリー99 1994年

 利己主義には大いなる道理に基づいての自律もなければ、自立もない。在るものは自己の利益の追求だけであり、利益に依存する受身的なものである。真の自立した個人主義者であるならば、己れの論理に忠実に従い、時には尊い生命を捧げることもあり得る。そういうりっぱな方が確かにいる。しかし利己主義は、どんなことがあっても絶対に自己の生命は差し出さない。
 日本の教育は、権利とともに義務をも重視する個人主義者を養成していない。小学校以来、義務はいやで権利ばかりを利益的に求める利己主義者を養成しているだけである。その結果、家族主義的家族を否定して個人主義的家族を作ろうなどという目論見はみごとに外れて、利己主義者の集団のような家族が急速に増えつつある。それは戦後日本の教育の無惨な失敗を示している。
・・・(中略)・・・
 ところが家族主義を否定し、しかし個人主義は身につけず、利己主義者として育ち生きる人々の大群を前にするとき、現在のみならず今後も含めて、老人は悲惨である。それが、個人主義的現憲法がもたらす<国民の幸福>なるものの実態である。(加地、同書、p261-262)

 その個人主義もキリスト教と結びついている間は、すなわち唯一絶対神と個人との関係が確かな間はそれなりに機能する。しかし、欧米では、キリスト教信仰を失った人々が増加しているというではないか。そういう人々は、個人主義と言っても、キリスト教徒という帰属感を持っていないのであるから、その個人主義はいずれ遠からず利己主義に転じてゆくことであろう。その極致は、自分を支えてくれるものとして金銭・財産に最高の価値を置く拝金主義である。(加地、同書、p263)

**

*****

********************************************

兼好と法然

2017年5月10日 水曜日 曇り

補註 週末、二泊の帰省。札幌に帰って来た。ここ数日は、その疲れから抜けだせない。

さて、私のふるさと・美作(みまさか)の国、久米南町(くめなんちょう)には誕生寺という地名がある。この地で生まれた我が郷土の偉人といえば、法然上人が筆頭である。法然上人に関する資料を見つけたならばできるだけノートに取っておこうと考えている。小浜さんのサイトで徒然草の引用があったので、有名なものではあるが、ここに引用しておきたい。

**

小浜逸郎さんのブログサイトより: 誤解された思想家・日本編シリーズその6 兼好法師の②
http://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo/e/7d0e626dd359c4ca4c2709815297bc19 より以下引用:

一方では、次のように、偉い坊さんの寛容で人間味のあるさまをほめたたえている段もあるのです。

《ある人、法然上人に、「念仏の時、睡りにをかされて行を怠り侍ること、いかがしてこの障りをやめ侍らん」と申しければ、「目の覚めたらんほど念仏し給へ」と答へられたりける、いと尊かりけり。また、「往生は、一定と思へば一定、不定と思へば不定なり」と言はれけり。これも尊し。また、「疑ひながらも念仏すれば、往生す」とも言はれけり。これもまた尊し。》(三九段)

《法顕三蔵の、天竺に渡りて、故郷の扇を見ては悲しび、病に臥しては漢の食を願ひ給ひけることを聞きて、「さばかりの人の、無下にこそ心弱きけしきを人の国にて見え給ひけれ」と人の言ひしに、孔融僧都、「優に情けありける三蔵かな」と言ひたりしこそ、法師のやうにあらず、心にくく覚えしか。》(八四段)

 つまりは、兼好のような資質の人間の人生にとって、自分が出家僧であることは、それほど重い意味を持たなかったと言えます。(以上、小浜逸郎さんのサイト 兼好法師② より引用)

兼好の思想をあえてひとことでまとめよとならば、要するに、愚かな跳ね上がりを排して、寂かに伝統と向き合う健全な常識に還れということに尽きるでしょう。しかしそれを説くことの思わぬ難しさに気づいていた彼は、多くの矛盾をも顧ず、具体的なあの場面、この場面を持ち出しては、それにあくまでも即しつつ鋭い批判、批評を加えたのだと思います。(小浜逸郎 誤解された思想家・日本編シリーズその6の③
http://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo/e/77c1ef66a208d17948791f174d115c5e より引用)

**

補註 法顕 ウィキペディアによると・・・
法顕(ほっけん、337年(咸康3年) – 422年(永初)3年)は、中国東晋時代の僧。姓は龔、平陽郡武陽縣(今の山西省)の人。仏教の学究を進めるにしたがい、経典の漢語訳出にくらべて戒律が中国仏教界において完備しておらず、経律ともに錯誤や欠落があるのをなげき、399年(隆安3年)、慧景、慧応、慧嵬、道整等の僧と共に長安からインドへ求法の旅にたった。途中ホータン王国を経由しつつ6年かかって中インド(中天竺)に達し、王舎城などの仏跡をめぐり、『摩訶僧祇律』、『雑阿毘曇心論』などをえて、さらにスリランカにわたり、『五分律』、『長阿含経』などをもとめた。413年(義熙9年)海路(南海航路)で青州(今の山東省)へ帰国したが、帰国できたのは法顕のみであった。<以上、ウィキペディアより引用終わり>

補註 誕生寺(というお寺について)は・・平家物語でお馴染みの坂東武者・熊谷直実(法力房蓮生)が建立したとのこと・・ウィキペディアによると・・・
誕生寺(たんじょうじ)は岡山県久米郡久米南町にある法然上人生誕地に建立された浄土宗の寺院。山号は栃社山(とちこそさん)。本尊は圓光大師(法然没後しばらくして、朝廷から贈られた大師号)。坂東武者・熊谷直実は法然の弟子となり出家し法力房蓮生と名乗った。蓮生は建久4年(1193年)法然の徳を慕い法然の父である久米押領使・漆間時国の旧宅、すなわち法然生誕の地に寺院を建立した。これが誕生寺の始まりである。かつては誕生律寺と呼ばれており、御影堂の扁額は「誕生律寺」と掲げられている。<以上、ウィキペディアより引用終わり>

*****

********************************************

英仏文学を理解するためのお金の単位と価値(1)

2017年4月2日 日曜日 晴れ

文学歴史の語彙メモ: (主に19世紀の)英仏の文学と歴史を理解するためのお金の単位

ペニー イギリスのお金の単位は、ポンドを基本としているが、その補助として、ペニーが使われる。1ペニーは百分の1ポンド。この頃(スティーブンソン「宝島」の頃)、4ペニー銀貨があった。

クラウン銀貨 1クラウンは5シリング。1シリングが1ポンドの20分の1。現在では、使われていない。

ギニー金貨 アフリカのギニアから輸入された金を使ってつくられたイギリスの金貨。20シリング、または21シリングにあたる。現在では、使われていない。

8の字銀貨 スペインの古い銀貨。表に「8R」と刻まれていることから、こうよばれた。(金原訳・宝島・訳注、p372-より)

**

2017年4月3日 月曜日 晴れ

W.S. Maugham, Ten Novels and Their Authors, Vintage, 2001 (first published in Great Britain by William Heinemann in 1954)

Fifty thousand francs was two thousand pounds, but two thousand pounds then (補註~1830) was worth far, far more than it is worth now (補註~1954). (ibid., p117)

補註 バルザックが出版業で破産して、母親から50000フランを立て替えてもらったのが1830年頃である。当時、1ポンドが25フラン。
 上記引用部分に続けて、モームはバルザックの「ゴリオ爺さん」の記載を引用しながら、当時の5万フランの価値を推定している。田舎の紳士階級(gentry)ラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算で(かつかつだが)生活できている。学生ラスティニャックは、ヴォケール婦人の下宿で、賄い付きで月に45フランを支払っている(1819~21年)。外に住んで、食事だけだと月30フラン。1950年現在であればおそらく月3万5千フランはかかるはず、とモームは言う(同書、p117)。
 補註者は、ここのモームの記載はやや飛躍があると思う。 Board and lodging to-day in an establishment of the same class as Madame Vauquer’s would cost at least thirty-five thousand franc a month. ibid, p117 となっているが、バルザックの「ゴリオ爺さん」の記載では、ヴォケール婦人の下宿は、オーウェル流の表現を借りれば、中流でもやや下、 upper lower middle class あるいはせいぜい lower middle middle class ではないかと思われるように描かれている。よって、モーム1950年頃のフランが相当安くなっているとしても、3万5千フランまではしないのではなかろうか。1フラン30円としても100万円もすることになるのは、補註者の金銭感覚と合致しない。以下に私なりに試算してみたい: 
 バルザックの「ゴリオ爺さん」のラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算、これをたとえば現代の日本の900~1200万円ぐらいの所得と考えてみる。すると1820年の1フランは、現在の3000~4000円となる。月30フランのフランス料理の賄いは、月額9~12万円。
 スタンダール「パルムの僧院」のファブリックがワーテルローの戦場で馬を取引するときに20フラン程度を考えている。1815年の20フランは、上記の換算では、現在日本の6~8万円となるが、ドサクサ紛れの戦場での金銭感覚としては大きくは外れていないと思う。
 仮に1820年の1フランを3000円とすると、1ポンドは3000x25=7.5万円。イギリスの住み込み女家庭教師の年収40ポンドは、7.5x40=300万円、これも現代日本の労働者の年収を勘案すると感覚的にははずれていない。
 すると、バルザックがお母さんに払ってもらった5万フランは、3000x5万=1億5000万円ということになる。ここに至ると、やや私の金銭感覚とギャップが生じる。息子の借金の肩代わりに1.5億のお金をキャッシュで払えるブルジョア母さんが今の日本にどれだけいるだろうか。ただ、当時は累進課税の所得税住民税がなかったかもしれず、新興のブルジョアが今の億単位(当時の万フラン単位)のお金を所有することは、比較的敷居が低かったのかもしれない。この金銭感覚のギャップが、当時のパリやロンドンで貧富の格差が巨大であったことを明示しているのであろう。
 当時の英仏という国家たちはいわゆる「三角貿易」で巨万の富を築きつつあり、金利収入感覚として、安定した年利4~5%のラインが常識的に意識され、話されているようだ。当時のイギリスは、そしてそれに追随してフランスも、世界から富を吸い上げつつ、巨視(マクロ)的には長期安定「高度成長期」にあった。国内国外に多くの貧困や犠牲を伴いつつも、良きにつけ悪しきにつけ金銭的に豊かな文明を開発享受し、新興市民たちが活き活きと活躍して文化を築いていた時期に当たるのであろう。

補註 2017年4月5日 追記
バルザック「人間喜劇」セレクションの別巻1ハンドブックによると、バルザック当時の1フランは、20世紀末の22フラン、すなわち日本円で500円ほどに相当するだろう、とのこと。これで換算し直してみると、

1820年の1フランは、現在の500円と仮定する。ラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算、これは、現代の日本の150万円ぐらいの所得。
月30フランのフランス料理の賄いは、月額1.5万円。
 スタンダールのファブリックがワーテルローの戦場で馬を取引するときに20フラン程度を考えている。1815年の20フランは、上記の換算では、現在日本の1万円となるが、ドサクサ紛れの戦場での金銭感覚としてもとても安い。
 1フランを500円とすると、1ポンドは500x25=1.25万円。イギリスの住み込み女家庭教師の年収40ポンドは、1.25x40=50万円、これも現代日本の労働者の年収を勘案すると非常に安い。
 フローベールのボヴァリー医師の骨折(単純な整復のみ、複数の長距離往診出張付き)治療謝礼が75フランであり、1フランを500円とすると、500x75=37,500円、この辺りになると今の日本とほぼ同じような価値感覚か、・・保険制度が発達している日本にあって、医療費はやや割高感があるが、3割負担なので払えているというような状況かも知れない。
 そして、バルザックがお母さんに払ってもらった5万フランは、500x5万=2500万円ということになる。これは私たちの金銭感覚にすんなりと受け入れられる。
 というわけで、1フランを500円とする換算表では、当時のフランスでは(今の日本に比べて)、安いものは不当に安く、高いものはまあ妥当な値段に見える。

今までの2回の議論を綜合して、感覚的に把握すると:
1820年当時、庶民の暮らしに要するお金は今に比べて、かなり安価に感じられる。もちろん労賃や賃金も非常に安い。ところが、同じ線型スケールでお金持ちのお金の使い様を見ると、極めて破格の値段になる。つまり、お金持ちはべらぼうに金持ちなのである。

お金の尺度として、現在の感覚スケールに合わせるときは、数フランの尺度のときには1フラン3000~4000円を、数千から数万フラン以上の尺度のときは1フラン500円ぐらいで捉えると、現在の日本人の物価の尺度感覚に合ってくる。

もちろん、お金の計算は線型で行われるものであるから、上記の二重基準の尺度には根本的な無理がある。すなわち、現在日本では、庶民の生活の底上げがなされて、比較的に平準化し、貧富の差が(19世紀初頭のパリに比べて)少ないために、単純な線型変換が感覚的に成り立たないのである。

**

2017年4月7日 金曜日 曇り

バルザック ニュシンゲン銀行 「人間喜劇」セレクション 第7巻 金融小説名篇集 吉田典子・宮下志朗訳 藤原書店 1999年 (「ニュシンゲン銀行」は1837年)

19世紀の換算レート
1フラン=現在のレートに換算すると約千円
1スー(=二十分の一フラン)=約50円
1三チーム(=百分の一フラン)=約10円
1エキュ=3フラン=約3000円
1ルイ=20フラン=約2万円
1リーヴル=1フラン(リーヴルは年金や公債によく用いる)(吉田典子・宮下志朗訳、上記巻末の参考資料、p469)

補註 上記の換算レート(1フラン1000円)は、4月3日の私見による試算(1フラン3000円)と、4月5日に引用した換算レート(1フラン500円)と、この両者の中間である。これはまさに妥当な、中産階級のための換算レートとして採用できるものと思う。

*****

********************************************