カテゴリー別アーカイブ: agriculture

「シカ寄せ農業」から「シカ除け農業」へ

2017年8月17日 木曜日 曇り時に小雨

井上雅央・金森弘樹 山と田畑をシカから守る おもしろ生態とかしこい防ぎ方 農文協 2006年

 私自身がやっと「シカ寄せ農業」の実態を知り、増殖の原因が理解できたところだ。わかってみれば、真っ先にやるべきこと、すぐにやれること、ただでできることを、農家も行政も何ひとつやらないまま、オオカミを放つわけにはいかないのだ。今の状況でオオカミなどを放せば、シカとオオカミのバトルは間違いなく集落とその周辺で展開する。ほんの些細な理由で、オオカミはオオカミとして当たり前のことをしただけで、たちまち、凶暴な肉食獣として悪者にされてしまうに違いない。
 オオカミはカードの一枚かもしれないが、金森さんと私(=井上雅央氏)では、何枚先のカードか、という点が異なっているに過ぎない。
 さっそく、あなたや私たちが真っ先にやるべきことを整理しよう。(同書、p86)

**

「シカ寄せ農業」が生まれたわけ

日常農作業に欠落しているシカ対策
・・だが、こうした生産システムを稼働させるための日常の農作業のすべてでシカへの配慮はまったく欠落しているのだ。
 こうした欠陥システムを稼働させ続ける限り、被害多発環境は出現し続け、シカは増え続けるしかない。(井上、同書、p87)

**

 柵の外側に維持管理用通路を確保できるよう、圃場外周路の幅を拡張する。自家用菜園では、被害を受けにくい側に被害を受けやすい品目を集中配置する。シカが身を隠しやすい庭先果樹も思い切った伐採や移植が必要だ。(井上、同書、p88)

**

「集落ぐるみ」以外に道はない

集落の全員が餌づけ犯ーーシカの最初の餌は雑草(同書、p129)
・・シカのお目当ては集落の雑草だ。林地で餌が激減する冬期であろうと、林地で草が硬化する盛夏であろうと、集落では豊富な若い緑草でつねに満腹できる。その餌となる緑草を繁茂させているのが、シカへの配慮を欠いた刈り払い、耕耘、稲刈りなどの農作業であることは繰り返し述べてきた。つまり、集落の全員が餌づけ犯であり続けたのだ。
 だから、集落の全員が目覚め、今、まさに自分たちでシカを増やしているのだという共通認識をもたない限り、状況は悪化し続ける。シカが、ここは餌場だと十分認識し、ここが餌場だと教えられて育った子ジカが、たった一年半で母になり、次の子を産み・・という過程を経てようやく、被害がでる。そこが餌づけ途中で被害が出始めるサルやイノシシとは決定的にちがう点なのだ。・・・(中略)・・・
 みんなが勉強しないと、餌づけや人慣れ、個体数の増加は進む一方なのだ。(同書、p129-130)

*****

********************************************

土壌は植物をかもしながら育む大地

2017年8月14日 月曜日 曇り(時々小雨)

後藤逸男・村上圭一 根こぶ病・おもしろ生態とかしこい防ぎ方:土壌病害から見直す土づくり 農文協 2006年

土壌学のさわりを少し 土と土壌は違う
「土」と「土壌」には微妙な違いがある。「土」とは植物を育む大地、「土壌」とは、植物をかもしながら育む大地で、「壌」には醸す(かもす):ゆっくり育てる」の意味がある。
 有機農産物はおいしいと、よくいわれる。その一因は、有機質肥料が土壌中で微生物によりゆっくり分解され、ゆっくりと作物を育てるからだ。その分、作物の収量は減少する。有機農産物をたくさん穫ろうと、多量の堆肥や有機質肥料を施せば、収量は上がるが、品質は確実に下がってしまう。逆に、化学肥料一〇〇%でも少しずつ施せば、有機農産物に引けを取らないおいしい作物ができる。
 本当にかしこい作物のつくり方は、「有機だけ」にこだわらず、化学肥料とも上手につきあい、焦らずゆっくりとつくること、それが環境にやさしい農業に直結し、土壌病害を抑える切り札にもなる。
 「土壌」にはそのような深い意味があるが、ふだんは簡単に「土」といってしまう。(同書、p44)

代表的な四つの土壌
 日本の土壌は、大まかに「褐色森林土」「黒ボク土」「赤黄色土」「低地土」に分類される。

**

 酸性土壌に石灰資材を施用してpHを6.5程度以上に高めると、作物に(おもにホウ素とマンガンを中心とする)微量要素欠乏が発生しやすい。これが日本の土壌学で土壌酸性改良の上限をpH6.5と定めた根拠である。
 このように高pH土壌で微量要素欠乏が発生しやすいのは、微量要素各成分が土壌中で不溶化するためである。(同書、p77)

**

転炉スラグはケイカルの兄弟(同書、p81)

スラグとは鉱滓という意味で、転炉スラグは製鉄所の製鋼工程で生産される鉄の副産物である。・・主成分はケイ酸カルシウムで、副成分としてマンガンやホウ素などの微量要素を含んでいる。(後藤ら、同書、p80)

転炉スラグは肥料取締法で定められた農業資材:
・・そのケイ酸や微量要素は鉄鉱石、アルカリ分は高炉の中に入れる石灰石に由来し、原料はすべて天然物だ。・・転炉内の温度は約1700度。仮に原料の中に不純物として有害成分が含まれていたとしても、蒸発か分解されてしまう。したがって重金属などの有害成分はいっさい含まれていない。(後藤ら、同書、p83)

**

補註 転炉スラグ 転炉さい: クミアイ転炉石灰(転炉スラグ)http://minex.co.jp/items_ts.html; ミネカル http://tetsugen.co.jp/products/slag.htmlなどとしてJAホクレンなどのブランドで市販されている。
ミネカルなど・・
石灰等のアルカリ分を含むため、酸性土壌の改良効果があります。 同時に、苦土(マグネシウム)、マンガン、酸化鉄、ホウ素、その他の有効な微量要素が補給されます。 土壌のpHを急激に上げることなく、肥料効果が長期間持続することが期待できます。http://tetsugen.co.jp/products/slag.html

**

根こぶ病以外の土壌病害にも効く
また、転炉スラグを施用して土壌pHを十分に高めると、フザリウム属菌など根こぶ病以外のかびを病原菌とする土壌病害にも有効である。やはりアルカリ性がいいのだろう。(後藤ら、同書、p88)

補註 私の畑のカボチャの立枯病に対しても有効かもしれない・・試してみる価値がある。ただし、高pH化によるリスクとして、「高pH土壌にすると、細菌や放線菌を病原菌とする土壌病害が出やすくなる(本書、p95)」ので、ジャガイモそうか病などが出現することになる。(ちなみに、今の私の畑では、膚の綺麗な美ジャガが育つ)。

**

*****

********************************************

山川祥秀さんのブドウ・ワイン学入門

2017年1月28日 土曜日 雪

山川祥秀(やまかわ よしひで) ワイン博士のブドウ・ワイン学入門 創森社 2003年

**

 ・・自分の好みに合ったワインが最高のワインなのです。
 しかし、不思議なものでワインを飲みつけますと、好みが変わってきます。・・・(中略)・・・その段階で,本当の好みの白ワインと赤ワインに落ち着いてきます。ワインは不思議な飲み物です。
 私は長年の経験から、良いワイン、悪いワインという表現を使いません。好き、嫌いと自分の好みでの表現を使うことにしています。(山川、同書、p20)

**

結果枝の本数:
ゆったりと日当たりのよい五本/メートル(補註 結果母枝から出る新梢・結果枝の本数)は、期待していたほどブドウの品質がよくならず、少しは葉が重なり合い日陰ができるくらいの七〜八本/メートルと大差ない結果となりました。面積当たり収穫量と考え合わせれば、七〜八本/メートルがはるかに有利な本数でした。一〇本/メートルまで混雑すると、明らかに果汁糖度は低くなってしまいました。(山川、同書、p53)

**

*****

********************************************

玉村さんのワイン畑

2017年1月28日 土曜日 雪

玉村豊男 私のワイン畑 扶桑社 1994年

 私も同じようなものだ。
 ウチだって、畑をやりたいとは思っていたがそれほど広い面積が必要なわけではなかった。農業経験にしても、妻が見習い数年、私はゼロ。しかしできることなら眺めのよい土地がほしいと探しているうちに、結局一町歩を超える農地を取得することになってしまった。それでなにか俺もやらねば・・と考えたあげく、ワイン用ブドウなら興味がもてるだろう、と思ってブドウ畑をつくりはじめたわけである。はじめから確固とした目標や決意があったわけではない。
 もちろん私の場合はまだ計画がスタートしたばかりで、ただほうぼうに広言した手前あとにひけなくなっている、といった状態に近く、・・以下略・・(玉村、同書、p126)

**

 ワインは、毎日のように飲む飲みものであり、特殊な趣味の対象ではない。
 ワインは風土の産物であり、その土地が本来持っている力によって生まれるものだ。
 私がつくりたいのは日常の食卓にのぼらせるテーブル・ワインで、しかも自分が住んでいる土地と風光の質が生みだしたブドウ、自分が手をかけて育てたブドウからつくったもの、なのである。
・・・(中略)・・・
 畑にはすでに有機肥料やカキ殻、土壌改良剤などを投入してある。これからもたまには堆肥を入れたりはするとは思うが、基本的にはいまの土の力でできるブドウを(土に)つくってもらえればよいと考えている。(玉村、同書、p155)

**

・・ちっとも雨が降らないから”雨読”がない。ときにはからだを休めたいと思っても、晴れればやらなければならない仕事が山積しているのが農家の常だから外に出る。”晴耕”ばかり続くのである。(玉村、同書、p174)

**

*****

********************************************

土着天敵の分散能力

2017年1月24日 火曜日 雪(朝は晴れていたのに、曇りのち雪、北国の冬はこのパターンが多い)

根本久・和田哲夫・編著 天敵利用の基礎と実際 減農薬のための上手な使い方 農文協 2016年

**

土着天敵の分散能力
1)近距離性
コモリグモ科などの地上徘徊性クモ類
ハネカクシ類
捕食性ゴミムシ類
2)中距離性
クサカゲロウ類
寄生蜂類
捕食性カメムシ類
3)遠距離性
バルーニングするクモ類
ヒラタアブ類
テントウムシ類
(同書、p45)

*****

**

*****

********************************************