カテゴリー別アーカイブ: gardening

ヘッセ 庭でのひととき:一区画の土地に責任をもつ

2017年2月4日 土曜日 晴れ

ヘルマン・ヘッセ 庭仕事の楽しみ フォルカー・ミヒェルス編 岡田朝雄・訳 草思社文庫 2011年 (訳本のオリジナルは1996年、草思社)

**

・・その生活は、精神的でも英雄的でもないけれど、まるで失われた故郷のように、あらゆる精神的な人間とあらゆる英雄的な人間の心をその本性の核心でひきつけるなぜなら、それは最古の、最も長く存続する、最も素朴で最も敬虔な人間の生活だからである。つまり土地を耕作する者の生活、勤勉と労苦にみちてはいるけれど、性急さがなく、本来憂慮というもののない生活なのだ。なぜならば、その生活の根底をなすものは、信仰であり、大地、水、空気、四季の神性に対する、植物と動物の諸力に対する信頼だからである。
 私は、・・・(中略)・・・ こんなに落ち着いて永遠に変わらぬように見える色彩にあふれた豊かな景色を、黄金色の桑の木の梢越しにいつまでも眺めていたいと思う。(1931年)(ヘッセ、同書、一区画の土地に責任をもつ、p144)

**

・・他者を改善し 世界を教育し 歴史を理念によって形成しようとする
あの情熱 あの激しい欲求をも 人は鎮めなければならない。 なぜなら
残念ながら世界はやはり そういう高貴な精神をもった人の衝動でさえ
ほかのあらゆる衝動と同様に 最後には流血や 暴力行為や
戦争へと導くようにつくられているからだ。
そして賢明であることは あくまでも賢明な人たちの錬金術であり遊戯である。
それに対して世界は より粗野でより激しい衝動に支配されるのだ。
だから私たちは欲をかくのはやめよう。そして 窮迫した時代にも
できるだけ世界の成り行きに あの魂の平安をもって臨もう。
古代の人たちが称揚し得ようとつとめた魂の平安を。そして私たちは善をなそう。
すぐさま世界を変革しようなどと考えずに。これもまた行う価値のあることだ。(補註$$)
(ヘッセ、庭でのひととき、同書、p176; 補註:1935年に書かれた叙事詩。ヘクサーメター長短短六歩格という詩形で書かれている。補註##)

補註## 1935年当時、ヘッセ58歳。
 ヘッセはニノン・ドルビンと1931年に結婚(ヘッセ、54歳)。モンタニョーラ村の土手の南斜面に建てられたカーサ・ロッサに住んでいた。そこは、ルガーノ湖の対岸のイタリア領にそびえる連山を展望できるすばらしい眺めの場所にあった。(フォルカー・ミヒェルス、編者あとがき、同書巻末、p355-357より抜粋)

補註$$ 「すぐさま世界を変革しようなどと考えずに」
本ウェブで最近紹介したチャペック氏の「発展はどこをめざすか(1938年)」にも同様の考え方が述べられています。ご参照ください。(チャペック 発展はどこをめざすか 2016年12月23日付けの当ウェブサイト)

**

*****

********************************************

果樹の接ぎ木・さし木・とり木

2017年1月24日 火曜日 晴れ

小池洋男・編著 だれでもできる 果樹の接ぎ木・さし木・とり木 上手な苗木のつくり方 農文協 2007年

リンゴ 
 矮性台木のM26台木やM9台木を用いた場合の樹体サイズは比較的小さく、主に並木植えの密植条件で栽培される。これらの台木は、休眠枝を用いた実用的なさし木繁殖がほとんど不可能で、取り木繁殖によって台木生産される。
 最近、マルバカイドウ台木とM9台木の交配で育成されたJM7台木の利用が増えつつある。これはさし木繁殖が可能な矮性台木である。(同書、p50)

**

補註 JM7台木
私たちの果樹園に昨年秋に定植したブラムリーリンゴの台木は、JM7台木である。JM7台木を自ら増やすことは今後も決してないのだけれど、自分たちが育てている苗がどのような性質のものか良く理解している必要がある。

**

ブドウの「緑枝接ぎ」
圃場で台木の新梢に穂品種の新梢を接ぐ「緑枝接ぎ」(同書、p80)

台木品種の選択
半矮性のテレキ5BB
欧州系品種のように樹勢の強い品種や肥沃な土壌では、半矮性の3309や矮性の101-14などの利用も検討する。

さし木・発芽後の管理
 発芽、伸長した新梢は、支柱を立ててまっすぐに誘引し、生育を助ける。
 新梢の生育が良好な場合は、さし木当年に台木として接ぎ木に利用できる。伸長が不十分な場合はそのまま一年間養成し、来春基部まで切り戻して、新たに発生した新梢に接ぎ木を行う。(同書、p82)

緑枝接ぎの方法
 接ぎ木時期
 接ぎ木時期は、開花前の5月下旬から6月中旬が適期である。これより早くて樹液流動が活発な時期や、逆に遅くて台木新梢の硬化が進んだ時期では活着が悪い。(同書、p82)(補註:本州と比べて北海道では発芽・開花ともに約一か月遅れるので、「接ぎ木時期は、開花前の6月下旬から7月中旬が適期である」と読み替えると良いかと思う。)
 穂木の採取と調製
 穂木は生育良好で充実した新梢(葉数10枚以上に伸びた枝)の、中央部からやや基部寄りの部分を採取する。枝がやや硬くなり副梢の活動が始まっている節が最適である。
・・・(中略)・・・
 活着の確認
 活着すると、接ぎ木後一週間程度で穂木の葉柄が黄変し脱落する。この現象が確認されればほぼ接ぎ木成功と判断できるが、穂全体が萎れてくれば残念ながら失敗である。
 穂品種に休眠枝を用いた緑枝接ぎ
 ・・①穂木が確保しやすく、穂木を持っての圃場間の移動が容易、②活着後の新梢伸長が旺盛などのメリットがある。
 基本的な管理は緑枝の場合と同様であるが、穂木が乾燥していると著しく活着が劣る。健全な状態で接ぎ木適期の5月まで保存することができれば、緑枝よりも優良苗の生産が可能である。(同書、p83)(補註:北海道では剪定が11月中下旬、それから接ぎ木適期の6月まで、延々7ヶ月間に渡って乾燥させないで冷蔵保存しなければならない。野菜と一緒に冷蔵庫に入れて頻繁に戸の開け閉めを行うようでは厳しいかもしれない。穂木の保管のために冷蔵庫を新調する必要が・・懸念される。)

*****

********************************************

虫といっしょに庭づくり オーガニック・ガーデン

2017年1月24日 火曜日 晴れ

ひきちガーデンサービス 曳地トシ・曳地義治 虫といっしょに庭づくり オーガニック・ガーデン・ハンドブック 築地書館 2008年

**

 バラは何種類ものハバチにねらわれる。
 ・・酷なことをいうようだが、枯れるものは仕方がないと受け入れ、残ったものだけが、自分の庭にあっているものと考えてほしい。
 また、どうしてもバラを育てたいのであれば、人為的につくりだされた園芸種のバラ(ハイブリッド系)よりも、原種や原種に近いバラ(オールドローズ系)にしてはどうだろうか。
 農薬をまくということは、天敵も死んでしまうので、この先もずっと農薬をまきつづけることになり、バラの園というより、「農薬の園」になってしまう。(曳地、同書、p136)

**

補註 オーガニックでバラ育て
私たちのバラ育ては、今度の春を迎えれば三年目のシーズンに入ることになる。北海道は(本州に比べれば)湿気が少な目で、夏も涼しく、バラも育てやすいように思う。しかし、バラを愛でる動物たちは実に多い。その愛で方は「食べたい・食べたい」という連中ないしその母たちがメジャーであるから全く油断ならない。昨年は何とか手で取ることで乗り切ったけれど、さて今シーズンはどんなシーズンになることだろうか。
 当農園を訪れてくださるおばあさま・おばさま・少女たちには、いつでも(7,8,9月のシーズン中は)小さなバラの花束をおみやげにプレゼントできるように、を目標に花を育てて咲かせていきたいと思うのである。
 昨夏ずっと咲き続けてくれるたのはシャルポンティエやレディオブシャーロットである。これらの花は小輪であるので小さな花束が似つかわしい。姿形は端正で、色合いに気品があり、香りも素敵である。

*****

********************************************

To build the soil’s web of life(土壌生物のウェブを造るために)

2016年12月20日 火曜日 曇り

Rombough, Lon,  The Grape Grower, A Guide to Organic Viticulture,  Chelsea Green Publishing, White River Junction, Vermont, 2002

**

A layer of properly made compost would solve most of the problems created by other mulches. Compost is dark enough that it would warm up as well as bare soil, would add organic matter and support the soil microlife well, and wouldn’t attract rodents or other burrowing animals. (Rombough, ditto, p64)

To build the soil’s web of life, it is likely that a mix of plants is needed; the different species become tied together by the microlife in the soil, and the effects are shared among all the plants, including the grapes. (Rombough, ditto, p64)

**

補註 compost アクセントは前(com)に。堆肥、積み肥

補註 burrow  n キツネ・ウサギなどの(巣)穴; vi <地面などに>穴を掘る。

補註 To build the soil’s web of life 土壌の生き物たちが織り成す複雑な関わり合いの網(土壌生物のウェブ)

**

補註 ブドウ栽培テキスト:Rombough本
来春のブドウ苗、予定していた500本が届かないことがほぼ確実となってきた今日この頃である。来年のプランを修正し、ゆったりとした気持ちで「土」を育てていきたいと思っている。このRombough本は、簡潔にまとめられているブドウ栽培テキストである。有機ブドウ栽培に関してもかなりのページが割かれている。

*****

********************************************

チャペック 園芸家の一年

2016年12月11日 日曜日 雪

カレル・チャペック 園芸家の一年 飯島周・訳 平凡社ライブラリー825 2015年

庭はいつになっても、けっして完成しない。その意味では、庭は人間の社会、および人間のいとなみのすべてに似ている。(チャペック、同書、p176)

この下のほう、この大地の下にこそ、真の仕事がある。ここに、ここに、新しい茎が成長している。ここからあそこまで、この十一月の辺境の中で、三月の生命が突進していく。ここ大地の下には、偉大な春のプログラムが描かれている。・・そして、きびしい寒さで土が凍って硬くならぬうちに、もっと向こうまで掘り進むのだ。秋のうちに早々と準備しておいた仕事のおかげで、春には緑の丸天井が築かれる。わたしたち秋の仕事人は、それで自分の役割を果たしたわけだ。  大地の下の、固く丸っこい芽、球根の頭にある腫瘍、ひからびた葉のかかとの下にある奇妙な出っぱり。それらは、春の花がとび出す爆弾だ。  春は芽吹きの時期だ、とわたしたちは言う。現実には、芽吹きの時期は秋だ。自然を眺めている限り、たしかに、秋は一年の終わりと言える。しかし、むしろ、秋は一年の始まり、と言ったほうが、もっと当たっている。(チャペック、同書、p195-196)

*****

補註 このウェブサイトに新しいカテゴリーとして gardening の項を追加した。horticulture と gardening とどちらにしようかと迷ったが、よりくだけた gardening という言葉を選んだ。日本語では、園芸、庭作り。

*****

********************************************