カテゴリー別アーカイブ: language

Dickens, Great Expectations (3)

2017年3月8日 水曜日 曇り

**

Charles Dickens, Great Expectations, 1860-1861; Penguin Classics, 1996, 2003.

ディケンズ 大いなる遺産 石塚裕子訳 岩波文庫 赤229-9、229-10 2014年

**

今日は文学のテーマと言うよりは、英語の時制表現の翻訳に関する話題である:

**

二月末のある午後のこと、ぼくは黄昏れる頃に埠頭でボートから上がった。引き潮に乗ってグリニッジまで漕いでいき、潮流で向きを変えた。その日は良く晴れわたったうららかな日だったのに、日が沈むと霧が垂れこめてきた。ぼくは船舶の間をかなり慎重に手探りするようにして戻らなければならなかった。(以下、略)(石塚訳・下巻、p254)

One afternoon, late in the month of February, I came ashore at the wharf at dusk. I had pulled down as far as Greenwich with the ebb tide, and had turned with the tide. It had been a fine bright day, but had become foggy as the sun dropped, and I had had to feel my way back among the shipping, pretty carefully. (ibid, p382)

補註 石塚訳を分析してみると:
1)二月末のある午後のこと、ぼくは黄昏れる頃に埠頭でボートから上がった。
2)引き潮に乗ってグリニッジまで漕いでいき、潮流で向きを変えた。
3)その日は良く晴れわたったうららかな日だったのに、日が沈むと霧が垂れこめてきた。ぼくは船舶の間をかなり慎重に手探りするようにして戻らなければならなかった。
上記、3つの文の時刻(時間帯)は
1)は、黄昏時、日が沈んで少し薄暗くなったころ。ウィキペディアによると・・・
黄昏(たそがれ、たそかれ、コウコン)は、一日のうち日没直後、雲のない西の空に夕焼けの名残りの「赤さ」が残る時間帯である。黄昏時(たそがれどき)。黄昏る(たそがれる)という動詞形もある。西の空から夕焼けの名残りの「赤さ」が失われて藍色の空が広がると、「まがとき=禍時」という時間帯に入る。
「たそがれ」は、江戸時代になるまでは「たそかれ」といい、「たそかれどき」の略である。夕暮れの人の顔の識別がつかない暗さになると誰かれとなく、「そこにいるのは誰ですか」「誰そ彼(誰ですかあなたは)」とたずねる頃合いという意味である。この風習は広く日本で行われた。「おはようさんです、これからですか」「お晩でございます。いまお帰りですか」と尋ねられれば相手も答えざるを得ず、互いに誰であるかチェックすることでヨソ者を排除する意図があったとされる。
対になる表現に夜明け前を表す「かわたれどき(彼は誰時)」があり、本来はいずれも、夜明け前・日没後の薄明帯を区別せず呼んだと推測される。<以上、ウィキペディアより引用終わり>
2)は、午後の数時間にわたっての行動。
3)は、日が沈んだ後の時間帯。
1)でボート漕ぎを終了、2)3)ではボートを漕いでいるわけである。従って、時間経過の順に並べると、2)→ 3)→1)の順に書かれていないと意味が不明になる。素直に1)2)3)と読み進めると、不思議に矛盾した感覚に襲われるのである。そこで、英文を対照してみると・・

原著英語は明確である。
1)One afternoon, late in the month of February, I came ashore at the wharf at dusk.
2)I had pulled down as far as Greenwich with the ebb tide, and had turned with the tide.
3)It had been a fine bright day, but had become foggy as the sun dropped, and I had had to feel my way back among the shipping, pretty carefully.
上記で、1)は単純な過去形、2)3)は過去完了形であるから、1)を過去形で述べた後、2)3)を過去完了形で叙述すれば、2)→ 3)→1)の順であることは分かりやすい。

さて、ここで考えてみたいのは、英語のこんな表現に出会ったときに、どのように訳すかというテクニックの問題である。
1)二月末のある午後のこと、ぼくは黄昏れる頃に埠頭でボートから上がった。
<1)の補足 ボートから上がるまでの次第は以下のような順序で進んでいたのである>:
2)引き潮に乗ってグリニッジまで漕いでいき、潮流で向きを変えた。
3)その日は良く晴れわたったうららかな日だったのに、日が沈むと霧が垂れこめてきた。ぼくは船舶の間をかなり慎重に手探りするようにして戻らなければならなかった。云々
<そして・・1)の時点に話は戻る>:
上記のように補足すると、時の流れには忠実だが、表現は野暮ったい。叙述の不自然さに、却って思考の流れが蹴躓く。

ならば、以下のごとく、叙述を時間経過に素直に並べ直して、全てを過去形で統一してしまうという手もあろう。もし科学論文を書くための添削指導であれば、私なら以下のような書き方に直していたに違いない。その場合、英語でも日本語でも同じストレートな表現である。
1−1)二月末のある午後のこと、
2)引き潮に乗ってグリニッジまで漕いでいき、潮流で向きを変えた。
3)その日は良く晴れわたったうららかな日だったのに、日が沈むと霧が垂れこめてきた。ぼくは船舶の間をかなり慎重に手探りするようにして戻らなければならなかった。云々
1−2)ぼくは黄昏れる頃に埠頭でボートから上がった。

原著者ディケンズに上記のような淡々とした叙述を心がけてもらえれば、海外の翻訳者も苦労はしないわけである。が、ディケンズは少し凝った表現をしたかったのである。読者もそのちょっぴり凝った文学の表現を楽しめるのである。

完了形や過去完了形の英語に対応する日本語の簡潔な表現がないのであるから、時々はこんなことで苦労することもあるかもしれない。それはそれで面白いと思えばよいだろう。

**

**

*****

********************************************

ジェイン・オースティンの英語

2017年2月23日 木曜日 曇り

末松信子 ジェイン・オースティンの英語ーーーその歴史・社会言語学的研究ーーー 開文社出版 2004年(オリジナルは2001年2月21日付けで九州大学に受理された学位論文)

Sense and Sensibility に登場する Lucy Steele と Anne Steele の姉妹、 Mrs. Jennings, Emma に登場する Miss Bates 等は教養の無い人物として描かれており、彼女らの使う言葉もそれを反映している。Phillipps (1970) も、Austen は地の文では「文法的誤り」を避けようとしたが、逆に登場人物の発話では、教養の無さを示すために、意図的に非文法的な用法を用いていると述べている。・・本研究では、できるだけ多くの領域において、社会言語学的に問題となる用法を、地の文と会話文という文体差、会話文では誰が話しているのかといった点に留意して、見ていくことにする。(末松、同書、序論、p3;also, p210)

1775年に生まれ、1817年に没した Austen は、・・言語生活の点からは19世紀というよりは18世紀の人物と考えられる。(末松、同書、p10)

**

*****

********************************************

Python と Raspberry Pi

2016年11月9日 水曜日 曇り・寒い、道路の水や雪は凍結している。一日中、零下の冬日。

1 金丸隆志 カラー図解 最新 Raspberry Pi で学ぶ電子工作 作って動かしてしくみがわかる (ブルーバックス) 講談社 2016年 

2 金丸隆志 実例で学ぶ Raspberry Pi 電子工作 作りながら応用力を身につける (ブルーバックス) 講談社2015年

3 鎌田正浩 確かな力が身につく Python「超」入門 SBクリエイティブ 2016年

**

久しぶりにHs大学の図書館を訪れ、今日は Raspberry Pi (ラズベリー・パイ)電子工作の入門書を2冊、ざっと目を通した。Python (パイソン)に関しては上記3の入門書(数ヶ月前に購入して持っている本である)で勉強中だった。今日読んだ2冊の本では、Raspberry Pi を用いた電子工作に Python 言語が使われていて、実際の使い方のイメージがつかめて大変役立った(ような気持ちになった)。Raspberry Pi の pi は、Python の pi であることを、実は、今日初めて知った。

**

*****

********************************************

漢字の音訓は韓語だけか万葉仮名だけで一貫しなければならない

2016年3月10日 木曜日 曇り

姜吉云(カンキルウン) 万葉集歌の原形ーーーその発生と再生 三五館 1995年

韓語と照合し難解語を解読しようとする試み自体はよかったが、手法が非語学的だった

もし純韓語で詠まれた歌があったとすればそれは前述したように、新羅が三国を統一した直後に百済や高句麗から渡来した高貴な身分の人物の作品に限られると考えられます。特に「万葉集」の編纂の時期が国家意識の高揚された時期と同時代ですので、それらの作品を排除するには恐れ多い王族関係者でない限り、純韓語で詠まれた歌は編纂の際その採集から除外されたと考えるべきです。ただ「記紀」の中の「わざうた」(童謡)は時局を風刺する歌ですから、作者も露出するのを避ける目的で渡来人社会のみで流行するように韓語で詠まれたものも多くあったと考えられます。・・そして、ことを万葉集歌に限定した場合、純韓語で詠まれた歌は私の研究によれば一首(巻一の九番歌、額田王作)のみで、李寧煕氏の「もう一つの万葉集」で述べられているように万葉集歌のことごとくが純韓語で詠まれているというのは、とんでもない間違いです。しかし、再度述べるように、文法構造自体は日本語形式であるものの、語彙の面において、古代韓語(土着韓語・ドラヴィダ系言語並びに少数のアルタイ系言語を含む)と対応する語彙が相当数あったのは間違いなく、いわゆる「枕詞」がその代表的なものです。(姜吉云 同書、p40)

韓語と照合し難解語を解読しようとする試み自体はよかったのですが、その手法があまりにも非語学的非文学的でした。つまり、朴炳植(パク・ビョンシク)氏や李寧煕(イ・ヨンヒ)氏の手法は「非語学的」で、二人ともに援用された韓語の誤報や、語彙のほとんどが現代の慶尚道の方言や全羅道の方言であり(その方言でさえ正確に把握していません)、また万葉集歌の表記を音読する場合に、万葉仮名と韓字音を混合して使用したばかりでなく、訓読する場合にも韓日の両訓を混合して使用しており、さらに韓字音で訓んだ場合、現代の漢字音を使用し、どう考えても原文の音韻との対応が疑わしい韓語を無理にあてるなど、言語学的な配慮がまったくはらわれていません。・・学問的な究明もなしに万葉の時代から千数百年後の現代の言語で解読しようとするのは無理な話です。・・日本は島国のせいもありましょうが、人々は保守的でしかも国家意識が高く、上古代から密接な関係にある隣国についてよく理解しようとしなかったことや古来韓語を専門的に研究した人があまりいなかったことが、これらの根拠のない書物がはびこるようになった原因です。私がなぜこのようなことを述べたかといいますと、こうした事実をあきらかにし、日本の読者には古代文化の基である韓国と共存するという意味においても、韓語や韓国により深い関心を持っていただきたいと思うからです。 ・・朴炳植氏と李寧煕氏が対象とした歌謡の中で、私の考察により全文が韓語で詠まれたと思しき歌を選んでみますと、いまのところ「日本書紀」の第一〇七・一二二番歌(このほかにも存在する可能性がある)と、「万葉集」の第九番歌の三首です。(姜吉云 同書、p116-117、p118)

「万葉集」第九番歌
・・私自身も、この歌は全文を韓語で訓むべきだと考えてはいますが、その意味は氏(李寧煕さん)が読んだような内容ではなく、しかも性愛とは関係ありません。・・李寧煕氏の解読についてその非学術性・非論理性を論破したいと思います。・・・以下、略・・・ 少なくとも韓語で全文を書いた時にはそこに使用した漢字の音訓は韓語だけか万葉仮名だけで一貫しなければならないと思います。また反対に日本語で全文を書いた時にはそこに使用された漢字は日本語(借用語を含む)の音訓だけで訓み通さねばなりません。(姜吉云 同書、p121、p130)

*****

補注 朴炳植さんは、ウィキペディアによると・・・
朴 炳植(パク・ビョンシク、1930年 – 2009年12月)は、韓国の言語研究家。

*****

**********

もうひとつの万葉集

2016年3月10日 木曜日 晴れ

李寧煕  もう一つの万葉集 文藝春秋 1989年

*****

補注:日本式音と訓を混用、韓国語・日本語・漢文体語句をとりまぜて解読することは許されるか?
李寧煕さんの「もうひとつの万葉集」については、姜吉云(かんきるうん・かんぎるうん)さんは、「その手法があまりにも非語学的非文学的でした。・・言語学的な配慮がまったくはらわれていません。漢字の音訓は韓語だけか万葉仮名だけで一貫しなければならないと思います。」(姜吉云 、万葉集歌の原形 三五館 1995年、p116、p130)と批判されている。姜吉云さんらの批判については、ページを改めてノートを記すこととしたい。とりあえず、以下は李寧煕さんの著書からの私のメモ書き(読書ノート)である。韓国語を全く知らない私には是非判断はできない内容の本である。

*****

万葉集第1巻第9歌
◎ 紀の温泉に幸しし時、額田王の作る歌
  「莫囂圓隣之大相七兄爪湯氣 吾瀬子之 射立為兼五可新何本」

*****

金野乃美草苅葺屋杼礼里之兎道乃宮子能借五百磯所念 
秋の野の vs 金野(せぼる)・・徐伐(そぼる 新羅)・・・

金野とは新羅のことなのです。(李寧煕、同書、p192)「そら」と「みつ」は新羅と百済のことで「そらみつ やまとの国」とは、やまとを形成した新羅・百済二大勢力の歴史を物語る熟語でもあるのです。・・「空見つ」などの意味ではないのです。(李寧煕、同書、p192) 
「莫囂」歌や「野守は見ずや」の歌では新羅ことばでうたっている額田王が、この「金野乃」で百済方言を駆使しているのは、斉明天皇が百済ことばを使っていたからなのでしょう。(李寧煕、同書、p188)

補注 万葉集第1巻第7歌 万葉集原文は以下の通り:
 明日香川原宮御宇天皇代 天豊財重日足姫天皇
  額田王歌 未詳
 金野乃美草苅葺屋杼礼里之兎道乃宮子能借五百磯所念
  右検山上憶良大夫類聚歌林曰一書戊申年幸比良宮大御歌但紀曰五年春正月己卯朔辛巳天皇至自紀温湯三月戊寅朔天皇幸吉野宮而肆宴焉庚辰日天皇幸近江之平浦

*****

「もう一つの万葉集」、すなわち「本来の万葉集」の解読は、歴史的事実を明確にするため大切な作業であり、「こうも読めるのでは?」という話題提起の時期はすでに終わり、本格的に訳読にとりくむ段階の作業でもあると信じます。(李、同書、p17)

吏読(いど)とか吏読文(いどむん)というのは、古代韓国人が漢字を借り、その音訓を活用して韓国語を表記した借字文です。・・吏読風で書かれた多くの部分、とくに「音読みをせよ」と注をつけた句節は、ほとんど例外なく韓国古代語だということでした。 吏読風ととくに風の字をつけたのは、吏読式漢字借字文ではあるが方法がやや異なるからです。日本式音と訓を混用、韓国語と日本語をとりまぜて表記しているところに加えて、漢文体語句まで活用しているので、実に複雑多様な表現法になっているのです。(李寧煕 同書、p8)

言語解釈というものは、考古学の発見のように眼の前に証拠をつきつけるような迫力はありませんが、きちんとした裏付けがあれば十分に説得力があるものです。(李寧煕 同書、p23)

枕詞というものは、・・その歌の主題を暗示している場合が多いのです。 また、枕詞の形容詞、または形容句はほとんど純粋な韓国語です。(李寧煕 同書、p35)・・・またここで分かることは、枕詞がかならずしもそのすぐ下にくることばにかかるものではないという事実です。おもに詩のモチーフ、または主題などにかかるのが枕詞なのです。

*****

万葉集の漢字表記は、韓国語側からみるとまことに厳格で、根拠のない書き方は一字たりともされていないのです。万葉人達は各人の誇りにかけ、学識と精魂を傾けて歌を詠んでいたものと思われます。(李寧煕 同書、p111)

*****

どうしてもすっきり読めない場合、これはあるいは外国語ではなかろうかと疑ってみる
万葉歌が詠われた五世紀から八世紀にかけての日本の国際的政治的背景を考えると、渡来・非渡来を問わず、当時知識階級のことばであった韓国語で、これまた知識階級の文字であった漢字を使って歌を詠む、あるいは文書をつくるということは、むしろ自然の成り行きではないでしょうか。(李寧煕、同書、p211)

補注:「万葉集」編集の時期が、日本に律令制が敷かれて国家主義が強まっていた時期(八世紀後半)であるため、韓国語の歌はよほど捨てられない事情がない限り、編集段階で捨てられる可能性が高かったのではないか、という姜吉云さんの考え(次ページ参照)は、私も妥当だと思う。「よほど捨てられない事情」に関して、そのリーズンが解明できれば、非常に面白い歴史的視点が開けるのではないかと思う。
 一方で、「どうしてもすっきり読めない場合、これはあるいは外国語ではなかろうかと疑ってみる」という李寧煕さんのアイデアは発想としてはすぐれていると思う。ただし、ある程度以上に正しいと確信できる法則を見つけて、その法則を適用して解読していくべきである。なんでもかんでも都合良く先入観の導く方向へ牽強付会していくというのではまちがった袋小路に迷い込みやすいのである。

*****

「あきづしま」を韓国語でよむと、どういう意味になるのか?・・「あきじそむ」。「子の島」(子である島)という意味になります。「子島」すなわち「別島(わけじま)」「分国」の意味なのです。古代日本は、「そらみつ大和の国」で、そら(新羅)と、みつ(百済)系の分国であったので、このようによばれたのでしょうか。(李寧煕、同書、p213)

*****

それにしても、万葉集における読み下しふりがなが一部正確であるのに驚かされます。万葉集がはじめて編輯整理された十世紀中頃までは、韓国語で書かれてある部分の解読が一部可能であったのではないでしょうか。また口伝も部分的に相当正確なものであったと思われます。(李寧煕、同書、p155)

*****

一言主大神は女性?
「宇都志意美(うつしおみ)」(古事記・雄略)は韓国語の「うちじおみ」で、「最高権力者の妻」「女性権力者」「高い身分の女性」のことであった、「うつせみ」「うつそみ」とは関係ありません。・・ この「うつしおみ」は権力者巫女、祭司者を意味しているのです。それで、「やまとに唯独り」の天下の雄略天皇が「拝礼」し、「捧げ物」まで捧げたのでしょう。・・獰猛で鳴る天皇・・その雄略天皇が、矢を向けられながらそれを許し、和気藹々と送ってもらったりしているのは、実に奇異な感じを歴史学者に与えているようです。それは「うつしおみ」の意味が分からないからであり、したがって一言主大神が「女だ」ということが分からないからです。(李寧煕、同書、p166-167)

補注 ウィキペディアによると「能の演目『葛城』では、女神とされている。」とのこと(以下の補注の引用を参照)であり、一言主大神が「女だ」という伝承が何らかの形であったのかもしれないが、少なくともメジャーな考えとしては流布されていないと考えられる。

*****

補注 一言主 ウィキペディアによると
一言主(ひとことぬし)は、日本の神である。
神話・歴史書の記述:
『古事記』(712年)の下つ巻に登場するのが初出である。460年(雄略天皇4年)、雄略天皇が葛城山へ鹿狩りをしに行ったとき、紅紐の付いた青摺の衣を着た、天皇一行と全く同じ恰好の一行が向かいの尾根を歩いているのを見附けた。雄略天皇が名を問うと「吾は悪事も一言、善事も一言、言い離つ神。葛城の一言主の大神なり」と答えた。天皇は恐れ入り、弓や矢のほか、官吏たちの着ている衣服を脱がさせて一言主神に差し上げた。一言主神はそれを受け取り、天皇の一行を見送った、とある。
少し後の720年に書かれた『日本書紀』では、雄略天皇が一言主神に出会う所までは同じだが、その後共に狩りをして楽しんだと書かれていて、天皇と対等の立場になっている。時代が下がって797年に書かれた『続日本紀』の巻25では、高鴨神(一言主神)が天皇と獲物を争ったため、天皇の怒りに触れて土佐国に流された、と書かれている。これは、一言主を祀っていた賀茂氏の地位がこの間に低下したためではないかと言われている。(ただし、高鴨神は、現在高鴨神社に祀られている迦毛大御神こと味耜高彦根神であるとする説もある)
さらに、822年の『日本霊異記』では、一言主は役行者(これも賀茂氏の一族である)に使役される神にまで地位が低下しており、役行者が伊豆国に流されたのは、不満を持った一言主が朝廷に讒言したためである、と書かれている。役行者は一言主を呪法で縛り、『日本霊異記』執筆の時点でもまだそれが解けないとある。
また、能の演目『葛城』では、女神とされている。

<以上、引用終わり>

補注 葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)は、ウィキペディアによると・・・
奈良県御所市森脇にある神社。式内社(名神大社)で、旧社格は県社。
「いちごんさん」や「いちこんじさん」と通称される。葛城山東麓に東面して鎮座する。

<以上、引用終わり>

*****

**********