literature & arts」カテゴリーアーカイブ

ツルゲーネフ はつ恋

2018年1月6日 土曜日 曇り

ツルゲーネフ はつ恋 神西清(じんざい・きよし)訳 新潮文庫 1952年(原著は1860年)

  情け知らずな人の口から、わたしは聞いた、死の知らせを。
  そしてわたしも、情け知らずな顔をして、耳を澄ました。

という詩の文句が、わたしの胸に響いた。
 ああ、青春よ! 青春よ! お前はどんなことにも、かかずらわない。お前はまるで、この宇宙のあらゆる財宝を、ひとり占めにしているかのようだ。憂愁でさえ、お前にとっては慰めだ。悲哀でさえ、お前には似つかわしい。お前は思い上がって傲慢で、「われは、ひとり生きるーーまあ見ているがいい!」などと言うけれど、その言葉のはしから、お前の日々はかけり去って、跡かたもなく帳じりもなく、消えていってしまうのだ。さながら、日なたの蝋のように、雪のように。・・・(中略)・・・
 さて、わたしもそうだったのだ。・・ほんの束の間たち現れたわたしの初恋のまぼろしを、溜息の一吐き(ひとつき)、うら悲しい感触の一息吹をもって、見送るか見送らないかのあの頃は、わたしはなんという希望に満ちていただろう! 何を待ちもうけていたことだろう! なんという豊か未来を、心に描いていたことだろう!
 しかも、わたしの期待したことのなかで、いったい何が実現しただろうか? 今、わたしの人生に夕べの影がすでに射し始めた時になってみると、あのみるみるうちに過ぎてしまった朝まだきの春の雷雨の思い出ほどに、すがすがしくも懐かしいものが、ほかに何か残っているだろうか? (ツルゲーネフ、同訳書、p130-131)

**

父は、しきりに何やら言い張っているらしかった。ジナイーダは、いっかな承知しない。その彼女の顔を、今なおわはしは目の前に見る思いがする。ーー悲しげな、真剣な、美しい顔で、そこには心からの献身と、嘆きと、愛と、一種異様な絶望との、なんとも言いようのない影がやどっていた。・・・(中略)・・・ーー従順な、しかも頑なな微笑である。この微笑を見ただけでもわたしは、ああ、もとのジナイーダだなと思った。(ツルゲーネフ、同訳書、p122-123)

*****

********************************************

チェロと宮沢賢治

2017年12月12日 火曜日 晴れ

横田庄一郎 チェロと宮沢賢治 ゴーシェ余聞 岩波現代文庫(文芸276) 2016年(オリジナルは1988年・音楽之友社)

 ・・そいつらには、わたしは説明しないんだ。やはり、実際やったものでなければ解らない。わたしは、終戦当時の肥料の足りないころ、馬の糞を拾ったんだ。何でも本当のことを実施して肌に触れて骨に響いての実感が大切なんだ。やって見た人だって、言うことは必ずしも本当のことではないんだし。田のあぜで田を眺めているような描写じゃだめなんだ。そりゃ自分で田植えをしてみれば、その人の感じも変わってくるんだ。なんでもやってみる。それを賢治はやったんだ。(横田、同書、p113; 補註 「藤原嘉藤治氏に聞く」1974年 より引用されたもの。藤原氏は賢治全集の編纂に携わった後、1945年に岩手県東根山麓に入植)

*****

2017年12月13日 水曜日 曇り

「かくあらねばならぬ」と自らを鞭打つ音楽家ベートーヴェンに賢治が魅かれていったのに対し、「紙を長くしコーヒーを呑み空虚に待てる顔つき」(「農民芸術概論綱要」の「農民芸術の製作」)の都会のインテリは、存在することの哀しみをただよわせたモーツァルトに魅かれていたのである。「おれはひとりの修羅なのだ」という賢治がその存在の哀しみにとどまっていたら、守護神になれない修羅のままなのだ。賢治はこの時代、かくあらねばならぬ「運命」に衝き動かされていたといってもいいだろう。文字通りの心象スケッチであった。(横田、同書、p208)

*****

********************************************

*****

********************************************

ゴーリキー ストラースチ・モルダースチ

2017年11月23日 木曜日 曇りときどき小雨

ゴーリキー ストラースチ・モルダースチ (詳細不明・コピーを読ませてもらった。p116-126の短篇)

 声をあげて泣くまいとしてギリギリ歯ぎしりをしながら、私は足ばやに中庭を出た。(同書、p126)

 とうていはねつけられないほど人間らしくーーそれほどやさしく、それほど好い感情をもってーー彼女は言った。そして彼女の眼はーー醜い顔にある子供らしい眼は、乞食女の微笑ではなく、謝礼するものをもつ止める人の微笑でほほえんでいた。・・・(中略)・・・
 私は中庭に出て、ためらいながら立ちどまった。ーー地下室の開いた窓から鼻にかかった陽気な歌声が中庭へ流れた。母親は変な言葉をハッキリ発音しながら息子を寝かしつけていた。

 やってくるよストラースチ・モルダースチが・・・(以下、略)・・・(同書、p125-126)

**

 彼はうっとりするようにほほえんだ。その魅するような微笑を見ていると、彼への堪えがたい焼けつくような憐れさから、町じゅうに向かってわめきたて、泣きさけびたくなるのであった。美しいその頭は細い頸の上で、まるで異様ななにかの花のように揺れていた。が眼は、うちかちがたい力で私を惹きつけながら、ますます生き生きと燃えるのだった。
 子供らしい、けれども恐ろしい彼の饒舌を聞きながら、私はちょっとの間、どこにすわっているのか忘れていた。と急にまた、獄窓のような小さな、外側から泥をはねかけられた窓や、真っ黒な炉の口や、片隅の麻屑の堆積(やま)や、また扉口のぼろの上に寝たバターのように黄いろい女、母親の体、を見るのだった。(同書、p119)

**

*****

********************************************

太宰治 パンドラの匣

2017年11月10日 金曜日 曇りのち雨

太宰治 パンドラの匣 太宰治全集8 筑摩書房 1989年(オリジナルは昭和二十年一〇月二二日から二二年一月七日まで「河北新報」新聞連載小説)

死と隣り合わせに生活している人には、生死の問題よりも、一輪の花の微笑が身に沁みる。僕たちはいま、謂わば幽かな花の香にさそわれて、何だかわからぬ大きな船に乗せられ、そうして天の潮路のまにまに身をゆだねて進んでいるのだ。この所謂天意の船が、どのような島に到達するのか、それは僕も知らない。けれども、僕たちはこの航海を信じなければならぬ。死ぬのか生きるのか、それはもう人間の幸不幸を決する鍵では無いような気さえして来たのだ。死者は完成せられ、生者は出帆の船のデッキに立ってそれに手を合わせる。船はするする岸壁から離れる。
「死はよいものだ。」
 それはもう熟練の航海者の余裕にも似ていないか。新しい男には、死生に関する感傷は無いんだ。
  九月八日(大宰、同書、p45)

**

「・・真の自由思想家なら、いまこそ何を置いても叫ばなければならぬ事がある。」・・・(中略)・・・「天皇陛下万歳! この叫びだ。昨日までは古かった。しかし、今日に於いては最も新しい自由思想だ。十年前の自由と、今日の自由とその内容が違うとはこの事だ。それはもはや神秘思想ではない。人間の本然の愛だ。今日の真の自由思想家は、この叫びのもとに死すべきだ。・・・以下、略・・・」
  十月十四日(大宰、同書、p112)

**

・・献身の身支度に凝り過ぎた。お化粧にこだわっていたところが、あったように思われる。新しい男の看板は、この辺で、いさぎよく撤回しよう。僕の周囲は、もう、僕と同じくらいに明るくなっている。全くこれまで、僕たちの現れるところ、つねに、ひとりでに明るく華やかになって行ったじゃないか。あとはもう何も言わず、早くもなく、おそくもなく、極めてあたりまえの歩調でまっすぐに歩いて行こう。この道は、どこへつづいているのか。それは、伸びて行く植物の蔓に聞いたほうがよい。蔓は答えるだろう。
「私はなんにも知りません。しかし、伸びて行く方向に陽が当たるようです。」
 さようなら。
  十二月九日(大宰、同書、p154-155)

**

 (マア坊は)小さく首肯(うなづ)いて、顔を挙げた。その顔が、よかった。完全の無表情で鼻の両側に疲れたような幽かな細い皺が出来ていて、受け口は少しあいて、大きい眼は冷たく深く澄んで、こころもち蒼ざめた顔には、すごい位の気品があった。この気品は、何もかも綺麗にあきらめて捨てた人に特有のものである。マア坊も苦しみ抜いて、はじめて、すきとおるほど無慾な、あたらしい美しさを顕現できるような女になったのだ。これも、僕たちの仲間だ。新造の大きな船に身をゆだねて、無心に軽く天の潮路のままに進むのだ。幽かな「希望」の風が、頬を撫でる。(大宰、同書、p149)

・・いまの女のひとの顔には皆一様に、マア坊みたいな無慾な、透明の美しさがあらわれているように思われた。女が、女らしくなったのだ。しかしそれは、大戦以前の女にかえったというわけでは無い。戦争の苦悩を通過した新しい「女らしさ」だ。なんといったらいいのか、鶯の笹鳴き(補註#)みたいな美しさだ、とでもいったら君はわかってくれるであろうか。つまり、「かるみ」さ(補註##)。(大宰、同書、p150)

*****

補註# 鶯の笹鳴き
ウェブ歳時記によると・・笹鳴
小鳴/笹子/笹子鳴く/鶯の子鳴く
鶯は冬になると餌を求め、山を下り人里で暮らす。鳴き声の美しい鶯も冬にはチャッ、チャッ、という地鳴きしかできない。幼鳥に限らず、冬の鶯の鳴き方はこの地鳴きである。(cf.谷渡り)

補註## かるみ
小西甚一 俳句の世界 の芭蕉の項を参照下さい。

*****

********************************************

ドストエフスキーと父親殺し/不気味なもの

2017年10月7日 土曜日 曇り時々雨

フロイト ドストエフスキーと父親殺し/不気味なもの 中山元・訳 光文社古典新訳文庫 2011年(原著は、「ドストエフスキーと父親殺し」1928年、「不気味なもの」1919年)

**

・・この賭博への情熱は、何度決意してもやめることができず、自己処罰の機会を与えるものとなったのだった。それが思春期のオナニー強迫が再現されたものであったと考えるならば、この賭博熱がドストエフスキーの生涯でこれほど大きな場所を占めていたことは、まったく不思議ではないのである。(同書、「ドストエフスキーと父親殺し」p274)

**

この言葉はそれだけでは理解しがたいものだとしても、オリンピアとナターニエルの内的な同一性を示すものと考えれば、その意味が理解できる。オリンピアはいわばナターニエルのコンプレックスを分離して、人物像として示したものなのである。(同書、「不気味なもの」p205)

補註: 自動機械の人形オリンピア: E.T.A.ホフマンの「砂男」から。主人公が大学生ナターニエル。

*****

********************************************