literature & arts」カテゴリーアーカイブ

太宰治 パンドラの匣

2017年11月10日 金曜日 曇りのち雨

太宰治 パンドラの匣 太宰治全集8 筑摩書房 1989年(オリジナルは昭和二十年一〇月二二日から二二年一月七日まで「河北新報」新聞連載小説)

死と隣り合わせに生活している人には、生死の問題よりも、一輪の花の微笑が身に沁みる。僕たちはいま、謂わば幽かな花の香にさそわれて、何だかわからぬ大きな船に乗せられ、そうして天の潮路のまにまに身をゆだねて進んでいるのだ。この所謂天意の船が、どのような島に到達するのか、それは僕も知らない。けれども、僕たちはこの航海を信じなければならぬ。死ぬのか生きるのか、それはもう人間の幸不幸を決する鍵では無いような気さえして来たのだ。死者は完成せられ、生者は出帆の船のデッキに立ってそれに手を合わせる。船はするする岸壁から離れる。
「死はよいものだ。」
 それはもう熟練の航海者の余裕にも似ていないか。新しい男には、死生に関する感傷は無いんだ。
  九月八日(大宰、同書、p45)

**

「・・真の自由思想家なら、いまこそ何を置いても叫ばなければならぬ事がある。」・・・(中略)・・・「天皇陛下万歳! この叫びだ。昨日までは古かった。しかし、今日に於いては最も新しい自由思想だ。十年前の自由と、今日の自由とその内容が違うとはこの事だ。それはもはや神秘思想ではない。人間の本然の愛だ。今日の真の自由思想家は、この叫びのもとに死すべきだ。・・・以下、略・・・」
  十月十四日(大宰、同書、p112)

**

・・献身の身支度に凝り過ぎた。お化粧にこだわっていたところが、あったように思われる。新しい男の看板は、この辺で、いさぎよく撤回しよう。僕の周囲は、もう、僕と同じくらいに明るくなっている。全くこれまで、僕たちの現れるところ、つねに、ひとりでに明るく華やかになって行ったじゃないか。あとはもう何も言わず、早くもなく、おそくもなく、極めてあたりまえの歩調でまっすぐに歩いて行こう。この道は、どこへつづいているのか。それは、伸びて行く植物の蔓に聞いたほうがよい。蔓は答えるだろう。
「私はなんにも知りません。しかし、伸びて行く方向に陽が当たるようです。」
 さようなら。
  十二月九日(大宰、同書、p154-155)

**

 (マア坊は)小さく首肯(うなづ)いて、顔を挙げた。その顔が、よかった。完全の無表情で鼻の両側に疲れたような幽かな細い皺が出来ていて、受け口は少しあいて、大きい眼は冷たく深く澄んで、こころもち蒼ざめた顔には、すごい位の気品があった。この気品は、何もかも綺麗にあきらめて捨てた人に特有のものである。マア坊も苦しみ抜いて、はじめて、すきとおるほど無慾な、あたらしい美しさを顕現できるような女になったのだ。これも、僕たちの仲間だ。新造の大きな船に身をゆだねて、無心に軽く天の潮路のままに進むのだ。幽かな「希望」の風が、頬を撫でる。(大宰、同書、p149)

・・いまの女のひとの顔には皆一様に、マア坊みたいな無慾な、透明の美しさがあらわれているように思われた。女が、女らしくなったのだ。しかしそれは、大戦以前の女にかえったというわけでは無い。戦争の苦悩を通過した新しい「女らしさ」だ。なんといったらいいのか、鶯の笹鳴き(補註#)みたいな美しさだ、とでもいったら君はわかってくれるであろうか。つまり、「かるみ」さ(補註##)。(大宰、同書、p150)

*****

補註# 鶯の笹鳴き
ウェブ歳時記によると・・笹鳴
小鳴/笹子/笹子鳴く/鶯の子鳴く
鶯は冬になると餌を求め、山を下り人里で暮らす。鳴き声の美しい鶯も冬にはチャッ、チャッ、という地鳴きしかできない。幼鳥に限らず、冬の鶯の鳴き方はこの地鳴きである。(cf.谷渡り)

補註## かるみ
小西甚一 俳句の世界 の芭蕉の項を参照下さい。

*****

********************************************

ドストエフスキーと父親殺し/不気味なもの

2017年10月7日 土曜日 曇り時々雨

フロイト ドストエフスキーと父親殺し/不気味なもの 中山元・訳 光文社古典新訳文庫 2011年(原著は、「ドストエフスキーと父親殺し」1928年、「不気味なもの」1919年)

**

・・この賭博への情熱は、何度決意してもやめることができず、自己処罰の機会を与えるものとなったのだった。それが思春期のオナニー強迫が再現されたものであったと考えるならば、この賭博熱がドストエフスキーの生涯でこれほど大きな場所を占めていたことは、まったく不思議ではないのである。(同書、「ドストエフスキーと父親殺し」p274)

**

この言葉はそれだけでは理解しがたいものだとしても、オリンピアとナターニエルの内的な同一性を示すものと考えれば、その意味が理解できる。オリンピアはいわばナターニエルのコンプレックスを分離して、人物像として示したものなのである。(同書、「不気味なもの」p205)

補註: 自動機械の人形オリンピア: E.T.A.ホフマンの「砂男」から。主人公が大学生ナターニエル。

*****

********************************************

もとよりときには首を切られることもあるだろう・・阿Q正伝

2017年10月8日 日曜日 曇り

魯迅 故郷/阿Q正伝 藤井省三訳 光文社古典新訳文庫 2009年
(阿Q正伝の原著は1921年)

彼は焦って、眼の前が真っ暗になり、耳がワーンと鳴り出して、気を失いそうだった。しかし彼は完全に気を失うことはなく、焦るいっぽう、平然としており、彼の意識の内では、人はこの世に生まれたからには、もとよりときには首を切られることもあるだろう、という気がしていた。・・・(中略)・・・もっともわかっていても同じことで、彼はただ人はこの世に生まれたからには、もとよりときには見せしめのため引き回されることもあるだろう、と思うだけなのだ。(同書、p145)

*****

********************************************

滅びの都:全体主義の終末的ディテール

2017年9月15日 金曜日 晴れ

滅びの都:全体主義の終末的ディテール

アルカージイ・ストルガツキー ボリス・ストルガツキー 滅びの都 佐藤祥子訳 群像社 1997年

**

補註 原著の出版は1988年。書かれたのは1970-1972、1975、1987、とある。訳書で500ページにも及ぶ大作であり、実は読み始めたのは「ストーカー」を読んだ直後、おそらくは2年ほども前のことであるが、なかなか読み進めにくく、今ようやく全篇を読み終えたのである。

**

われわれが作品の構想を練りはじめたのは1968年で、この小説がわれわれの存命中に発表されることがまずありえないことは最初からわかっていた。(ボリス・ストルガツキイ、まえがきにかえてーー日本の読者へ、本訳書、p5)

これまでの理想はことごとくかき消え、足元を支えるイデオロギーは消滅した、だがこれから先も何とか生きていかなければならないーーただ飲んで、食べて、気晴らしをするだけでなく、何か大切な目的を追求し、生きることのなかに何か気高いものを求め、食べるために働くのでなく、働くために食べるのでなければならない。だが何のために? われわれの世界はどこへ行くのか? それはどうなるべきか? またわれわれはどうなるべきか? (同上、p6)

**

よい造りだ、きれいだ、おれたちのよりよく出来ている。暮らしぶりも概ね悪くなかったらしい。だがそれでも消滅したんだ・・。・・・何年も暮らして、何年も建設して、自分たちのガイガー・・愛すべき飾り気のない人を賛美して・・。その結果がこのとおり、無だ。まるで誰もいなかったみたいだ。骨ばかりで、しかもなぜか、これだけの移住地にしては、数が少ない・・。こんなわけです、大統領閣下! 人間は予定を立てるだけで、神が何か波紋のようなものを放てば、一切はおじゃんになるのだ・・。(ストルガツキイ兄弟、同書、p433)

**

「都市」のあり方をもっとも皮肉に寓意的に表している部分は、「都市」の住民が定期的に自動機械に職業と配置を決めてもらい、各人は同じ職業、地位に長くとどまることが禁じられているというくだりだろう。専門家をつくらない、つまり個々人を特性をもたない交換可能な部品にするということである。だが同時にそれとはまったく別にもうひとつの人事のシステム、幹部人事のシステムが働いており、それこそが最終的にすべてを統轄し決定していることも行間にはっきり語られている。(佐藤祥子、同訳書、解説p502)

**

「全体主義」
・・ここには全体主義の終末的ディテールが暗喩のかたちでびっしり描き込まれ寓話の絵巻をかたちづくっている。
 まず動機は何であれ、地球上の各地から流れてきた個々ばらばらな人間たちが「万人の幸福」の実現という一つの「偉大な」目的のもとに個別性を無視してまとめられ、滅私奉公に働いている。このユートピア実現の道のりでは如何なる「なぜ?」もあってはならないーーという「都市」の設定は全体主義の設定そのものである。ここに「都市」の団結を固めるための仮想敵「アンチ都市」が付け加えられれば条件は完璧に揃う。(佐藤祥子、同、p502)

**

*****

********************************************

革命によるカーニバル的転倒の暴力性・非人間性

2017年9月14日 木曜日 降り続く雨(ときに陽射しもあり)

ミハイル・A・ブルガーコフ 犬の心臓 水野忠夫訳 河出書房新社 (原著は1925年に執筆;文学の集いでブルガーコフ自身が朗読、1926年には原稿は押収され、原稿が作者の手元にもどされたのは1930年;初めて活字になったのは1968年・西ドイツ;ソ連国内で公刊されたのは1987年、1989年;日本語の水野訳は、1971年初版、2012年・復刻新版)

**

自然と平行して研究を進める vs 無理に問題をでっちあげる

「・・ぼくはこの五年間、脳から脳下垂体を取り出して、ずっと研究しつづけてきた・・ぼくがどのように仕事をしてきたか、きみはしっているね、想像に絶する仕事だった。そこでいま、きみにたずねるが、それは何のためだったのだ? ある日、可愛らしい一匹の犬を、それこそ身の毛もよだつほどいやらしい人間にしてしまうためだったとは!」
「なにかしら異常なことがあったのです!」
「そう、ぼくはその考えに全面的に賛成だ。それがどうして起こったかといえば、きみ、研究者が自然を感じつつ、自然と平行して研究を進めるかわりに、無理に問題をでっちあげ、カーテンを持ち上げようとしたためなのだ。そのためにシャリコフのようなのができてくるのだ、彼なんか粥に入れて食ってしまえというわけだ」(ブルガーコフ、同訳書、p171)

**

 ここで注意を要するのは、この物語では人間が犬の性格を帯びて野卑になるわけではなく、元来善良と言ってもいい犬に、下品な人間の性格が乗り移るということだろう。(沼野充義、同訳書、解説p218)

「原稿は燃えない」
 このように、「犬の心臓」はソ連社会の不条理をグロテスクに諷刺しただけではなく、笑いを噴出させるようなカーニバル的活力を備えている。だからこそ、いま読んでも、当時のソ連社会の文脈を超えて、新鮮であり続けているのだろう。・・「犬の心臓」は、カーニバル的転倒の芸術的な可能性を十分に活用しているという意味ではカーニバル的文学だが、それと同時に、思想的には革命によるカーニバル的転倒の暴力性・非人間性を批判した「反カーニバル文学」の様相も示すことになる。この作品の奥行きの深さと評価の難しさは、まさにこの二律背反的な課題をブルガーコフが鮮やかに遂行しているということから来ているのではないかと思う。(沼野充義、同訳書、解説p221)

**

補註(ネタバレ注意!) 2017年9月15日
「犬の心臓」が書かれたのと同じような時期に書かれたSF作品として、すでにこのブログでも紹介したことのある「ロボット」、それから「われら」、などを連想する。「ロボット」や「われら」の設定が、テーマが必然的に抱えている本質的に難しい問題(解決不能問題ともいえる)を中心に組み立てられているのに対し、このブルガーコフの「犬の心臓」は、その難題がひょっとすると「なかった」かもしれないような偶然・岐路も可能である。というのは、この小説では、犬に移植された人間の組織(ここでは脳下垂体と性腺)によって犬が人になってしまうのだが、その<イヌ→人>がその時代の人間社会での優等生に成長するという可能性もストーリーとしては十分あり得るからである。その場合には、この小説はすっかり様変わりした方向へ進んでしまう。ならば、この「犬の心臓」が抱えている本質的なストーリーの岐路は、「人を教育によって善へ導けるかどうか」というところへ収束してくる。惨めな生い立ちで厳しい環境を生きてきた俗悪な人といった<イヌ→ヒト>シャリコフが突然に教授の前に現れたとして、このヒト・シャリコフを教授にとって望ましい人・シャリコフへと教育(環境)によって変えられるか否かというテーマである。

「犬の心臓」では、手に負えないほど酷いシャリコフの振る舞いに耐えられなくなって、教授たちは再手術を施してシャリコフをもとのイヌに戻してしまう。もともとイヌだった人間をイヌに戻すだけだから刑法や倫理にとっては難しい課題であるが、それは今は重要な問題ではない。「イヌの心臓」のストーリー展開としては、言葉による教育を放棄して生徒や学生に体罰を加える教師・教授に対応する。あるいは、重い罪を犯した人間に対し死刑を執行する社会に対応するだろう。

おそらくブルガーコフ自身はこの小説で「教育の可能性」などをテーマとしているつもりはなかったと思うので、上記の問題にこれ以上立ち入ることは避けたい。

**

*****

********************************************