カテゴリー別アーカイブ: 仏文学

バルザック 骨董室ーー手形偽造物語

2017年4月13日 木曜日 雪

バルザック 骨董室ーー手形偽造物語 「人間喜劇」セレクション 第7巻 金融小説名篇集 吉田典子・宮下志朗訳 藤原書店 1999年 (「骨董室」オリジナルは1838-39年ごろの出版・出版までには書き直しその他複雑な経緯があったとのこと)

かくして彼(=ヴィクチュルニアン)の生活は、二ヵ月前から、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」(パリでの初演は1811年といわれる)の不滅のフィナーレに似ていた。ちょうどヴィクチュルニアンがもがいているような状況に至った青年たちならば、この音楽に畏怖を覚えるにちがいない。仮に音楽の無限の力を証明するなにかがあるというのなら、それは、快楽にのみ溺れる生活から生じる混乱と苦境とを、モーツァルトの音楽は至高のものに翻訳できるということであろう。これは借金、決闘、ペテン、不運などに酔いしれるという、おそろしい決意の描写にほかならない。「ドン・ジョヴァンニ」におけるモーツァルトは、モリエールの恰好のライバルなのだ。熱烈で力強く、絶望的にして、陽気で、おそろしい亡霊やいたずら好きの女たちがたくさん登場する終曲、夜食のワインにあおられての、最後の試みへの思いと、必死の抵抗で盛りあがる終楽章、ヴィクチュルニアンはたったひとりで、この地獄絵のごとき楽曲のすべてを演奏していた。ふと気づくと、彼は捨てられて、たったひとり、友だちもなしに、まるで魔法の書の巻末のように「終わり」と刻まれている石の前に佇んでいるのだった。そうだ、彼にとってはすべてが終わろうとしていた。(バルザック、同書、p371)

補註 物語の時刻は、「1823年から24年にかけてのこと。冬のはじめにヴィクチュルニアンは、ケレール紹介に20万フランの借金をこしらえたが、シェネルもアルマンド嬢も、このことはいっさい知らなかった。」(バルザック、同書、p359)ーーー1フラン500円から1000円としても、20万フランは今でいう一億円ないし二億円。補註者の日常生活感からはまさに気が遠くなりそうな額だが、これほど末尾にゼロが多く付着してくると、有効数字の桁をそろえ指数を使って計算しないと習慣上(また間違いそうでもあり)不安である。せめてレポレッロに扮したつもりになってこの計算を冷静に行ってみる。

**

・・しかしながら公爵夫人(=ディアーヌ・ド・モーフリニューズ夫人)のごとき女性にあっては、もっとも高尚な感受性にまで到達できると同時に、もっとも身勝手な冷淡さを発揮することもあるのだ。モリエールの数ある栄光のひとつは、ひとつの側面からとはいえ、こうした女性の性質を、「人間嫌い」のなかでセリメーヌという、かれが大理石で彫り上げた最高の彫像のうちに、みごとに描き出したことにある。(補註**)セリメーヌは貴族的な女性を代表している。フィガロという、パニュルジュの再来が、民衆を代表しているごとく。(バルザック、同書、p374)

補註** いつもながらバルザックの視点の目指すところは、「人間嫌い」という物語の進行の面白さよりも、登場人物の造型の妙にある。ミザントロープの主人公に関しては、バルザックはどう評価しているだろうか。読書が進めばいずれは邂逅できそうだ。

補註 パニュルジュ: 「パンタグリュエルの分身とも云へるパニュルジュは性的な面を一身に荷なひ、卑猥な言動を隠れ蓑にスコラ学への辛辣な当て擦りを展開して作品の要を果たす」とのこと。ラブレーはまだ読んだことがないので宿題とする。「フィガロの結婚」のパリ初演は1784年、3年の禁止期間の後とのことーーこれは、このバルザック本の訳注で初めて知った。「ドン・ジョヴァンニ」のパリでの初演は1811年としたら、「ドン・ジョヴァンニ」はモーツアルトの死後ずいぶん経ってから漸くパリで上演されたということになる。

*****

********************************************

バルザック ニュシンゲン銀行ーー偽装倒産物語

2017年4月6日 木曜日 曇り

バルザック ニュシンゲン銀行 「人間喜劇」セレクション 第7巻 金融小説名篇集 吉田典子・宮下志朗訳 藤原書店 1999年 (「ニュシンゲン銀行」は1837年)

ラスティニャックという男は、パリに出てきた当初から、社会全体を軽蔑するよう導かれたんだ。一八二〇年以来、彼は男爵(=ニュシンゲン)と同様に、立派な紳士(オネットム)というのは外観だけにすぎないと悟り、世界はあらゆる腐敗とあらゆる詐欺の集合であると見なしていた。たとえ例外もあるということを認めてはいても、全体としてはそうだと考えていた。彼はいかなる徳義も信じてはいず、ただ人間が徳義を持てる状況だけがあるのだと思っていた。このような見識は彼が一瞬にして得たものだった。つまりそれは、彼がペール=ラシェーズの丘の上に、ある気の毒な正直者(=ゴリオ爺さん)の亡骸を運んだその日に、獲得されたものだった。・・・(中略)・・・ ラスティニャックはこの世界全体を手玉に取り、そこに徳義と誠実さと礼儀正しさの正装をまとって立つことを決心した。利己主義がこの若い貴族を、全身、上から下まで武装させたんだ。(バルザック ニュシンゲン銀行、同書、p182)

補註 ラスティニャックもニュシンゲンも「ゴリオ爺さん」に出てくる主役と脇役、つまり、それぞれ主要登場人物群の一人である。そして、このニュシンゲン銀行でも盛んに出てきて活躍ないし暗躍する。バルザックの創案した「登場人物の使い回し」の技法である。読者は「ゴリオ爺さん」を読み終えた後も、「これでバルザックは一生読まなくても済むぞ」という満足感に浸らしてはもらえない。そこに登場する数々の人々が、そこに至るまでにどのように生きてきたのか、その後どのように生きていくのか、まるで「人まね小猿」(お猿のジョージ)のように「知りたがり」になるように仕組まれてしまうのである。バルザックの罠と呼んでもよいかもしれない。

*****

********************************************

バルザック ゴプセックーー高利貸し観察記

2017年4月5日 水曜日 晴れ

バルザック ゴプセック 「人間喜劇」セレクション 第7巻 金融小説名篇集 吉田典子・宮下志朗訳 藤原書店 1999年 (「ゴプセック」は1830年)

補註 バルザック生誕200周年の出版である。S市の中央図書館に並んでいて助かった。本を買い集めるのは私の趣味の一つなのだが、このところ本棚にスペースがなくなってきていて、落下物による危険もあり、寝起きが苦しいのである。しばらくは図書館通いが必要そうである。

**

「ダイヤが手に入った! ・・・(中略)・・・ 「余は法王(ぱぱ)なり」さ! 今夜、ドミノの勝負の合間に、あいつらにこの一件を話してやったら、どんな馬鹿面をするだろう!」
 いくつかの白い石ころを手に入れただけで引き起こされた、この陰鬱な喜び、この野蛮人のような残忍さは、私をぞっとさせました。(バルザック、ゴプセック、同書、p57)

**

わしは金持ちだから、官房の使い走りから愛人にいたるまで、大臣を動かせる連中の良心を買うことができる。これが「権力」というものではないかね。・・・(中略)・・・ あんたがたの社会秩序全体も、煎じつめれば「権力」と「快楽」に還元できるのではないかね。こんな力をもった人間は、パリに十人ばかりいるが、みな、ひっそりとして人に知られぬ王様で、あんたがたの運命をどうにでも左右できるのだ。人生とはひとつの機械であって、それを動かすのが金ではないだろうか。知っておいてほしいのだが、手段というものは、つねに結果と混同されるものだ。魂と感覚、精神と物質は、決して区別することはできない。金は、あんたがたの今の社会の精神(スピリチュアリスム)だ。(バルザック、ゴプセック、同書、p32)

補註 高利貸しゴプセックの面目躍如・・人間喜劇の名台詞である。手形や利子を巡って、巨大な金額が飛び交うので、換算すると目が回りそうである。が、落ち着いて考えてみると、ヴァーチャルなお金がリッチな人から高利貸しというリッチェストな人に動いているだけで、人々の生産や生きる喜びとは関わりのない擬似世界であることも明瞭である。それにしても、バルザックの「金を物語る力」には驚嘆する。

**

そこに見えたのは、強欲の行き着く先で、強欲と言っても、田舎の守銭奴によくそういう例があるように、もはや非論理的な本能しか残っていないような強欲ぶりでした。ゴプセックが息をひきとった隣の部屋には、腐ったパテや、あらゆる種類の食料品や、かびの生えた貝や魚まであって、その雑多な臭気のために、すんでのところで窒息しそうになりました。いたるところに、蛆虫や昆虫がうごめいていました。これらの最近の贈り物のなかには、あらゆる形の箱や紅茶のケースやコーヒーの包みが混じっていました。マントルピースの上の銀のスープ皿のなかには、ル・アーブル港に、彼の名前で留め置きされている商品の到着通知が入っていました。大きな綿の包みや砂糖の木箱、ラム酒の樽、コーヒー、藍、煙草など、まるで植民地の物産のバザールそのものです! この部屋にはまた、家具や銀器、ランプ、絵画、花瓶、書物、額縁に入れずに巻かれた美しい版画、そして骨董品がところせましと置かれていました。このような大量の値打ちものは、おそらく全部が贈り物というわけではなく、なかには支払いがされなかったために、彼の手元にとどまった担保も含まれていたのでしょう。私は、紋章やイニシャルの入った宝石箱、上等の布地のそろいのナプキンとテーブルクロス、貴重な、しかし銘をはがした武器を見ました。位置を変えられたように見える本があったので開いてみると、千フラン札が何枚も入っていました。・・私は法律家としての生涯のなかで、これほど貪欲で、また風変わりな所業は、見たことがありませんでした。・・・(中略)・・・ 要するに、どの品物も異議申し立ての対象になっていたのですが、それはゴプセックにあっては、強烈な情念が知性に打ち勝った老人すべてに訪れる、あの子供っぽさ、あの理解できない頑固さの最初の徴候を現していました。・・・以下、略・・・ (バルザック、ゴプセック、同訳書、p94)

補註 「ホーディング(hoarding)症候群」の高利貸し亜群の症状記載として、バルザックのこの記載は極めて鬼気迫る書かれ方となっており、思わず長々と引用させていただいた。ホーディング症候群の患者を家族に持つ人の心の痛み、また現実的肉体的苦痛は察するに余りある。慰めの言葉を思いつかない。しかし、そのように苦しんでいる方が、このバルザックの小説を読みながら、少しでもあるいは一時でも心を慰められんことを、私は祈りたい。

補註つづき 「まるで植民地の物産のバザール」・・フランスの農民や手工業者の労働だけではこれほどの巨万の富は築けない。綿や煙草の包みはアメリカ南部から、砂糖やラム酒は西インド諸島から、コーヒーは南アメリカから、藍はインドなどからはるばる運ばれてきたのであろう。いわゆる三角貿易や植民地からの収奪が、このパリの高利貸しの富を構成しているのである。
 ちなみにゴプセックは、ハイチからの賠償金取り立てでも巨大な利をむさぼっているのである。(「ハイチは1820年独立、1825年にはフランスも旧植民者に対する一億六千万フランの補償金を条件に独立を承認する」同書、訳注、p88) ハイチの苦しみは今も続いている。

**

あの貴族(=レストー伯爵)は死にかかっているよ。あの男は、感じやすい魂の持ち主で、悲しみを殺す方法を知らず、逆に必ずや悲しみに殺されてしまうたぐいの人間なのさ。人生ってやつはひとつの仕事であり、職業であって、それを覚えるには苦労しなければならんのだ。いろいろな苦しみを経たおかげで、人生のなんたるかを知った人間は、心根が鍛えられて、一種の柔軟さを身につけ、自分の感受性を制御できるようになる。その神経は、一種の鋼鉄のバネのようなものになって、折れ曲りこそすれ、壊れることはない。こんなふうに出来上がった人間は、胃が丈夫ならば、レバノン杉と同じくらい長生きするにちがいない。あれは見事な木だ。(バルザック、ゴプセック、同訳書、p68)

*****

********************************************

Maugham, Balzac and Le Pere Goriot

2017年4月3日 月曜日 晴れ

W.S. Maugham, Balzac and Le Pere Goriot, Ten Novels and Their Authors, Vintage, 2001 (first published in Great Britain by William Heinemann in 1954)

**

Balzac worshipped success. Perhaps Rastignac was a rascal, but he succeeded. True, his fortune was founded on the ruin of others, but they were fools to let themselves be taken in by him, and Balzac had little sympathy with fools. Lucien de Rubempre, another of Balzac’s adventurers, failed because he was weak; but Rastignac, because he had courage, determination and strength, succeeded. From the day when, at Pere-Lachaise (補註), he had flung his challenge in the face of Paris, he had nothing stand in his way. He had resolved to conquer Paris; he conquered it. ・・・(中略)・・・ From the beginning, his aim had been to live in splendor, to have a fine house with a host of servants, carriages and horses, a string of mistresses and a rich wife. He had achieved his aim: I don’t suppose it ever occurred to Balzac that it was a vulgar one. (ibid., p136-137)

補註 at Pere-Lachaise ゴリオ爺さんが埋葬される場面。

**

*****

********************************************

英仏文学を理解するためのお金の単位と価値(1)

2017年4月2日 日曜日 晴れ

文学歴史の語彙メモ: (主に19世紀の)英仏の文学と歴史を理解するためのお金の単位

ペニー イギリスのお金の単位は、ポンドを基本としているが、その補助として、ペニーが使われる。1ペニーは百分の1ポンド。この頃(スティーブンソン「宝島」の頃)、4ペニー銀貨があった。

クラウン銀貨 1クラウンは5シリング。1シリングが1ポンドの20分の1。現在では、使われていない。

ギニー金貨 アフリカのギニアから輸入された金を使ってつくられたイギリスの金貨。20シリング、または21シリングにあたる。現在では、使われていない。

8の字銀貨 スペインの古い銀貨。表に「8R」と刻まれていることから、こうよばれた。(金原訳・宝島・訳注、p372-より)

**

2017年4月3日 月曜日 晴れ

W.S. Maugham, Ten Novels and Their Authors, Vintage, 2001 (first published in Great Britain by William Heinemann in 1954)

Fifty thousand francs was two thousand pounds, but two thousand pounds then (補註~1830) was worth far, far more than it is worth now (補註~1954). (ibid., p117)

補註 バルザックが出版業で破産して、母親から50000フランを立て替えてもらったのが1830年頃である。当時、1ポンドが25フラン。
 上記引用部分に続けて、モームはバルザックの「ゴリオ爺さん」の記載を引用しながら、当時の5万フランの価値を推定している。田舎の紳士階級(gentry)ラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算で(かつかつだが)生活できている。学生ラスティニャックは、ヴォケール婦人の下宿で、賄い付きで月に45フランを支払っている(1819~21年)。外に住んで、食事だけだと月30フラン。1950年現在であればおそらく月3万5千フランはかかるはず、とモームは言う(同書、p117)。
 補註者は、ここのモームの記載はやや飛躍があると思う。 Board and lodging to-day in an establishment of the same class as Madame Vauquer’s would cost at least thirty-five thousand franc a month. ibid, p117 となっているが、バルザックの「ゴリオ爺さん」の記載では、ヴォケール婦人の下宿は、オーウェル流の表現を借りれば、中流でもやや下、 upper lower middle class あるいはせいぜい lower middle middle class ではないかと思われるように描かれている。よって、モーム1950年頃のフランが相当安くなっているとしても、3万5千フランまではしないのではなかろうか。1フラン30円としても100万円もすることになるのは、補註者の金銭感覚と合致しない。以下に私なりに試算してみたい: 
 バルザックの「ゴリオ爺さん」のラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算、これをたとえば現代の日本の900~1200万円ぐらいの所得と考えてみる。すると1820年の1フランは、現在の3000~4000円となる。月30フランのフランス料理の賄いは、月額9~12万円。
 スタンダール「パルムの僧院」のファブリックがワーテルローの戦場で馬を取引するときに20フラン程度を考えている。1815年の20フランは、上記の換算では、現在日本の6~8万円となるが、ドサクサ紛れの戦場での金銭感覚としては大きくは外れていないと思う。
 仮に1820年の1フランを3000円とすると、1ポンドは3000x25=7.5万円。イギリスの住み込み女家庭教師の年収40ポンドは、7.5x40=300万円、これも現代日本の労働者の年収を勘案すると感覚的にははずれていない。
 すると、バルザックがお母さんに払ってもらった5万フランは、3000x5万=1億5000万円ということになる。ここに至ると、やや私の金銭感覚とギャップが生じる。息子の借金の肩代わりに1.5億のお金をキャッシュで払えるブルジョア母さんが今の日本にどれだけいるだろうか。ただ、当時は累進課税の所得税住民税がなかったかもしれず、新興のブルジョアが今の億単位(当時の万フラン単位)のお金を所有することは、比較的敷居が低かったのかもしれない。この金銭感覚のギャップが、当時のパリやロンドンで貧富の格差が巨大であったことを明示しているのであろう。
 当時の英仏という国家たちはいわゆる「三角貿易」で巨万の富を築きつつあり、金利収入感覚として、安定した年利4~5%のラインが常識的に意識され、話されているようだ。当時のイギリスは、そしてそれに追随してフランスも、世界から富を吸い上げつつ、巨視(マクロ)的には長期安定「高度成長期」にあった。国内国外に多くの貧困や犠牲を伴いつつも、良きにつけ悪しきにつけ金銭的に豊かな文明を開発享受し、新興市民たちが活き活きと活躍して文化を築いていた時期に当たるのであろう。

補註 2017年4月5日 追記
バルザック「人間喜劇」セレクションの別巻1ハンドブックによると、バルザック当時の1フランは、20世紀末の22フラン、すなわち日本円で500円ほどに相当するだろう、とのこと。これで換算し直してみると、

1820年の1フランは、現在の500円と仮定する。ラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算、これは、現代の日本の150万円ぐらいの所得。
月30フランのフランス料理の賄いは、月額1.5万円。
 スタンダールのファブリックがワーテルローの戦場で馬を取引するときに20フラン程度を考えている。1815年の20フランは、上記の換算では、現在日本の1万円となるが、ドサクサ紛れの戦場での金銭感覚としてもとても安い。
 1フランを500円とすると、1ポンドは500x25=1.25万円。イギリスの住み込み女家庭教師の年収40ポンドは、1.25x40=50万円、これも現代日本の労働者の年収を勘案すると非常に安い。
 フローベールのボヴァリー医師の骨折(単純な整復のみ、複数の長距離往診出張付き)治療謝礼が75フランであり、1フランを500円とすると、500x75=37,500円、この辺りになると今の日本とほぼ同じような価値感覚か、・・保険制度が発達している日本にあって、医療費はやや割高感があるが、3割負担なので払えているというような状況かも知れない。
 そして、バルザックがお母さんに払ってもらった5万フランは、500x5万=2500万円ということになる。これは私たちの金銭感覚にすんなりと受け入れられる。
 というわけで、1フランを500円とする換算表では、当時のフランスでは(今の日本に比べて)、安いものは不当に安く、高いものはまあ妥当な値段に見える。

今までの2回の議論を綜合して、感覚的に把握すると:
1820年当時、庶民の暮らしに要するお金は今に比べて、かなり安価に感じられる。もちろん労賃や賃金も非常に安い。ところが、同じ線型スケールでお金持ちのお金の使い様を見ると、極めて破格の値段になる。つまり、お金持ちはべらぼうに金持ちなのである。

お金の尺度として、現在の感覚スケールに合わせるときは、数フランの尺度のときには1フラン3000~4000円を、数千から数万フラン以上の尺度のときは1フラン500円ぐらいで捉えると、現在の日本人の物価の尺度感覚に合ってくる。

もちろん、お金の計算は線型で行われるものであるから、上記の二重基準の尺度には根本的な無理がある。すなわち、現在日本では、庶民の生活の底上げがなされて、比較的に平準化し、貧富の差が(19世紀初頭のパリに比べて)少ないために、単純な線型変換が感覚的に成り立たないのである。

**

2017年4月7日 金曜日 曇り

バルザック ニュシンゲン銀行 「人間喜劇」セレクション 第7巻 金融小説名篇集 吉田典子・宮下志朗訳 藤原書店 1999年 (「ニュシンゲン銀行」は1837年)

19世紀の換算レート
1フラン=現在のレートに換算すると約千円
1スー(=二十分の一フラン)=約50円
1三チーム(=百分の一フラン)=約10円
1エキュ=3フラン=約3000円
1ルイ=20フラン=約2万円
1リーヴル=1フラン(リーヴルは年金や公債によく用いる)(吉田典子・宮下志朗訳、上記巻末の参考資料、p469)

補註 上記の換算レート(1フラン1000円)は、4月3日の私見による試算(1フラン3000円)と、4月5日に引用した換算レート(1フラン500円)と、この両者の中間である。これはまさに妥当な、中産階級のための換算レートとして採用できるものと思う。

*****

********************************************