仏文学」カテゴリーアーカイブ

トルストイとバルザック:場面中心 vs 総括的描写

2017年8月20日 日曜日 未明(霧)

P.ラボック 小説の技術 佐伯彰一訳 現代小説作法シリーズ ダヴィッド社 1957年(原著は1921年)

トルストイの想像力が、明らかに一番伸び伸びと生動し得る形態たる、あの単刀直入な場面中心の形態(ラボック、同書、p190)

トルストイという偉大な例は、バルザックの例と相互に補足的なものといえる。バルザックの天分は、逆の方向に向いており、いつでも個々の場面より、総括的な描写のほうに引きつけられた。(ラボック、同書、p190)

**

*****

********************************************

小説の作者は技術者だ。

2017年8月20日 日曜日 未明(霧)

P.ラボック 小説の技術(The Craft of Fiction) 佐伯彰一訳 現代小説作法シリーズ ダヴィッド社 1957年(原著は1921年)

・・小説を扱う批評の任務は、とにかく、明瞭だ、と思われる。われわれが小説の組み立てという問題をしかと捉え、効果的にその探究を進めるまでは、小説に関して有用な発言は出来ない。小説について語る際、つねに、われわれを妨げるのは、いわゆる小説の技術面に対する無智であり、したがってまた、これこそ、われわれのぶつかってゆくべき面なのだ。・・・(中略)・・・われわれが是が非でも見たいものは、作者の才能や素養のみならず、その作品なのだーーところで、作品をしかと眺めようとすれば、われわれの力で再創造せねばならぬ。そして、永続的に再創造するための、唯一つの明確な道というのはーー技術を研究し、その過程を追い、構成に注意して読むことだ。この方法の実践こそ、現在の私にとって、正直なところ、小説批評の唯一の興味なのである。小説家に関する論議も、作品自体を真に、明瞭かつ正確に眺めるまでは、そこに何一つ新しいものは期待できまい。
 そして、結局真に、明瞭かつ正確に眺めることは不可能であるーーこれは確かだ。作品というものは、われわれがその上に手をおくと、消えてしまう。・・・(中略)・・・だが、それにしても影の間に、われわれを誘う一条の光が、きらめいている。・・もしそうなら、その可能性はいまあげた方向にこそ存在しているにちがいないと思われる。小説の作者は技術者だ。批評家は、彼をその仕事場で捕らえて、いかにして小説が作られたかを、見なければならぬのである。(ラボック、同書、p206-208)

**

小説家は、その(=小説の)扱い方の中に含まれている無尽蔵の機会を、そのまま見逃すはずもあるまい。・・安易な道は、道とはいえぬ。唯一の道は、語ろうとする物語を一番よく生かす道であり、選ばれ、鍛錬を加えた方法によらずしては、物語を生かすことなど、出来ないのである。(ラボック、同書、p201)

**

多くの小説論議は、じつは、小説論ではないのです。・・・(中略)・・・では、小説そのものを、どうして捉え、どうして論ずるか、これが本書の主題です。(木村彰一、同書、あとがき、p219)

‘art’(芸術)ではなくて、 ‘craft’(技術)なのだと、最近出た新版の序文で著者(=ラボック)自身もふれています。<芸術>という<高遠な>言葉をさけて、<技術>という地道な言葉をわざわざ選んだというのです。軽やかな一般論の高みに舞い上がることをさけて、小説自体という対象に密着したかったからだ、というのです。(木村彰一、同書、あとがき、p220)

<技術>についての分析は精細ですが、作家が何故、また何を目指して、彼の<技術>を選び取るのか、という点には全く触れていないのです。作家と読者との関係という問題も、この点を離れては、生きたつながりとは成り得ないのではないでしょうか。彼の先駆的な考察を動力学へと組みかえてゆくのが、今日の僕らの仕事だと思います。(木村、同書あとがき、p223)

**

*****

********************************************

ラボック「小説の技術(1921年)」:a ‘straw man’-textbook

2017年8月19日 土曜日 晴れ(久しぶりの快晴・暑い陽射し)

P.ラボック 小説の技術 佐伯彰一訳 現代小説作法シリーズ ダヴィッド社 1957年(原著は1921年)

**

グランデ爺さんのけち臭さは、金持ちになるにつれて、ますますひどくなるのだ。現在は過去と同じであり、未来は現在のそのままの延長だ。こうした場面の中で、中年になったウージェニィの辛抱強い忍従は、はっきりと眼で見える事実となり、それ以上強調せずとも、ただちに感じとられ、受け入れられる。・・・(中略)・・・「五年の歳月は去った」とバルザックは言う。しかし、それを言う以前に、歳月の影は少女の上にちらつき、その孤独に押しせまり、みずみずしさを奪い去り、じっと待っている彼女のむっつりとした諦めだけを残してゆく様が、ありありと見える。(ラボック、同訳書、p174)

**

補註 ラボック(Percy Lubbock)は1879年生まれ。ということは、この「小説の技術」はラボックが42歳頃の著作ということになる。

ウィキペディアによると・・・Percy Lubbock, CBE (4 June 1879 – 1 August 1965) was an English man of letters, known as an essayist, critic and biographer.
His 1921 book The Craft of Fiction (‘the official textbook of the Modernist aesthetics of indirection'[4]) became a straw man (補註* 参照)for writers including Forster, Virginia Woolf and Graham Greene, who disagreed with his rather formalist view of the novel. Wayne Booth in The Rhetoric of Fiction[5] considers that Lubbock’s take on the craft of Henry James was in fact schematizing and formal, if systematic, with a flattening effect. Nevertheless, Lubbock’s The Craft of Fiction had a profound influence on novelists in the 1920s and after. As Michaela Bronstein has noted, “Lubbock’s book didn’t just influence critics; it was also a spur to contemporary novelists. Virginia Woolf vacillated between echoing and condemning his ideas. Woolf’s lengthiest engagement with Lubbock was her 1922 essay “On Re-reading Novels,” which primarily praises and extends Lubbock’s argument. However, in her Diary in 15 October 1923, she found herself disagreeing with him from an artistic perspective: “his ideal aesthetic form,” she says, “cannot be accomplished consciously.”[6](以上、ウィキペディアより引用)

**

補註* a straw man 「容易に倒せそうな藁人形」
ウィキペディアによると・・・ 
ストローマン(英: straw man)は、議論において対抗する者の意見を正しく引用しなかったり、歪められた内容に基づいて反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の意見そのものを指す。藁人形論法ともいう。

語源は不明である。 比喩的な用法は、容易に倒せそうな藁人形、ダミー、かかしなどを示唆する(以上、ウィキペディアより引用)、とのこと。

**

*****

********************************************

バルザック 骨董室ーー手形偽造物語

2017年4月13日 木曜日 雪

バルザック 骨董室ーー手形偽造物語 「人間喜劇」セレクション 第7巻 金融小説名篇集 吉田典子・宮下志朗訳 藤原書店 1999年 (「骨董室」オリジナルは1838-39年ごろの出版・出版までには書き直しその他複雑な経緯があったとのこと)

かくして彼(=ヴィクチュルニアン)の生活は、二ヵ月前から、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」(パリでの初演は1811年といわれる)の不滅のフィナーレに似ていた。ちょうどヴィクチュルニアンがもがいているような状況に至った青年たちならば、この音楽に畏怖を覚えるにちがいない。仮に音楽の無限の力を証明するなにかがあるというのなら、それは、快楽にのみ溺れる生活から生じる混乱と苦境とを、モーツァルトの音楽は至高のものに翻訳できるということであろう。これは借金、決闘、ペテン、不運などに酔いしれるという、おそろしい決意の描写にほかならない。「ドン・ジョヴァンニ」におけるモーツァルトは、モリエールの恰好のライバルなのだ。熱烈で力強く、絶望的にして、陽気で、おそろしい亡霊やいたずら好きの女たちがたくさん登場する終曲、夜食のワインにあおられての、最後の試みへの思いと、必死の抵抗で盛りあがる終楽章、ヴィクチュルニアンはたったひとりで、この地獄絵のごとき楽曲のすべてを演奏していた。ふと気づくと、彼は捨てられて、たったひとり、友だちもなしに、まるで魔法の書の巻末のように「終わり」と刻まれている石の前に佇んでいるのだった。そうだ、彼にとってはすべてが終わろうとしていた。(バルザック、同書、p371)

補註 物語の時刻は、「1823年から24年にかけてのこと。冬のはじめにヴィクチュルニアンは、ケレール紹介に20万フランの借金をこしらえたが、シェネルもアルマンド嬢も、このことはいっさい知らなかった。」(バルザック、同書、p359)ーーー1フラン500円から1000円としても、20万フランは今でいう一億円ないし二億円。補註者の日常生活感からはまさに気が遠くなりそうな額だが、これほど末尾にゼロが多く付着してくると、有効数字の桁をそろえ指数を使って計算しないと習慣上(また間違いそうでもあり)不安である。せめてレポレッロに扮したつもりになってこの計算を冷静に行ってみる。

**

・・しかしながら公爵夫人(=ディアーヌ・ド・モーフリニューズ夫人)のごとき女性にあっては、もっとも高尚な感受性にまで到達できると同時に、もっとも身勝手な冷淡さを発揮することもあるのだ。モリエールの数ある栄光のひとつは、ひとつの側面からとはいえ、こうした女性の性質を、「人間嫌い」のなかでセリメーヌという、かれが大理石で彫り上げた最高の彫像のうちに、みごとに描き出したことにある。(補註**)セリメーヌは貴族的な女性を代表している。フィガロという、パニュルジュの再来が、民衆を代表しているごとく。(バルザック、同書、p374)

補註** いつもながらバルザックの視点の目指すところは、「人間嫌い」という物語の進行の面白さよりも、登場人物の造型の妙にある。ミザントロープの主人公に関しては、バルザックはどう評価しているだろうか。読書が進めばいずれは邂逅できそうだ。

補註 パニュルジュ: 「パンタグリュエルの分身とも云へるパニュルジュは性的な面を一身に荷なひ、卑猥な言動を隠れ蓑にスコラ学への辛辣な当て擦りを展開して作品の要を果たす」とのこと。ラブレーはまだ読んだことがないので宿題とする。「フィガロの結婚」のパリ初演は1784年、3年の禁止期間の後とのことーーこれは、このバルザック本の訳注で初めて知った。「ドン・ジョヴァンニ」のパリでの初演は1811年としたら、「ドン・ジョヴァンニ」はモーツアルトの死後ずいぶん経ってから漸くパリで上演されたということになる。

*****

********************************************

バルザック ニュシンゲン銀行ーー偽装倒産物語

2017年4月6日 木曜日 曇り

バルザック ニュシンゲン銀行 「人間喜劇」セレクション 第7巻 金融小説名篇集 吉田典子・宮下志朗訳 藤原書店 1999年 (「ニュシンゲン銀行」は1837年)

ラスティニャックという男は、パリに出てきた当初から、社会全体を軽蔑するよう導かれたんだ。一八二〇年以来、彼は男爵(=ニュシンゲン)と同様に、立派な紳士(オネットム)というのは外観だけにすぎないと悟り、世界はあらゆる腐敗とあらゆる詐欺の集合であると見なしていた。たとえ例外もあるということを認めてはいても、全体としてはそうだと考えていた。彼はいかなる徳義も信じてはいず、ただ人間が徳義を持てる状況だけがあるのだと思っていた。このような見識は彼が一瞬にして得たものだった。つまりそれは、彼がペール=ラシェーズの丘の上に、ある気の毒な正直者(=ゴリオ爺さん)の亡骸を運んだその日に、獲得されたものだった。・・・(中略)・・・ ラスティニャックはこの世界全体を手玉に取り、そこに徳義と誠実さと礼儀正しさの正装をまとって立つことを決心した。利己主義がこの若い貴族を、全身、上から下まで武装させたんだ。(バルザック ニュシンゲン銀行、同書、p182)

補註 ラスティニャックもニュシンゲンも「ゴリオ爺さん」に出てくる主役と脇役、つまり、それぞれ主要登場人物群の一人である。そして、このニュシンゲン銀行でも盛んに出てきて活躍ないし暗躍する。バルザックの創案した「登場人物の使い回し」の技法である。読者は「ゴリオ爺さん」を読み終えた後も、「これでバルザックは一生読まなくても済むぞ」という満足感に浸らしてはもらえない。そこに登場する数々の人々が、そこに至るまでにどのように生きてきたのか、その後どのように生きていくのか、まるで「人まね小猿」(お猿のジョージ)のように「知りたがり」になるように仕組まれてしまうのである。バルザックの罠と呼んでもよいかもしれない。

*****

********************************************