少年少女文学」カテゴリーアーカイブ

Stevenson, Treasure Island

2017年3月31日 金曜日 晴れ(朝)

Robert Louis Stevenson, Treasure Island, Edited with an Introduction by John Seelye, Penguin Classics, 1999 (first published in USA by Charles Scribner & Sons, 1894)

オーディオブック  Robert Louis Stevenson, Treasure Island, Read by Jasper Britton, NAXOS AudioBooks, 2007.

**

今回は英語のイディオム LAY TO に関して:

“My man,” said Captain Smollett, “I have not the slightest desire to talk to you. If you wish to talk to me, you can come, that’s all. If there’s any treachery, it’ll be on your side, and the Lord help you.”
“That’s enough, cap’n,” shouted Long John, cheerily. “A word from you’s enough. I know a gentleman, and you may lay to that.” (ibid., p105)

**

補註 lay to [《 自動詞+前置詞》 to…]

1) you may lay to that 
これはロング・ジョン・シルバーの口癖のようで、何度も何度も出てくる。「あなたそれに賭けてもよい」→ (直前に述べた事柄は)確かだ、間違いない、のような意味か。一般の英語学習者が真似ても良い表現なのか、一部の海賊士官候補生にのみに使用を任せた方が良い俗語表現なのか、見当がつかない。一応、後者と考えておきたい。

ウェブ辞書によると・・ http://ejje.weblio.jp/content/lay+to
研究社 新英和中辞典での「lay to」の意味
[《自動詞+ 副詞》 tó]
(1) 【航海, 海語】 (船首を風に向けて)停船する.
[《自動詞+前置詞》 to…]
(2) …に勢いよく取りかかる.
The crew laid to their oars. 乗組員たちは勢いよくオールを手に取った.
手元のウィズダム英和では自動詞として、3 ・・に(金を)賭ける となっていて、こちらの意味の方が文脈に合っていそうである。

**

“Well, gentlemen,” said the captain “the best that I can say is not much. We must lay to, if you please, and keep a bright look out. It’s trying on a man, I know. It would be pleasant to come to blows. But there’s no help for it till we know our men. Lay to, and whistle for a wind, that’s my view.” (ibid., p66)

2)We must lay to, and keep a bright look out.
3)Lay to, and whistle for a wind, that’s my view.

補註 この Lay to は目的語を伴わず、単独で使われている。
[《自動詞+ 副詞》 tó] (船首を風に向けて)停船する ・・辞書に載っているのはこれである。

(船首を風に向けて)停船する・・落ち着いてじっと待つ、といった意味か。船長 the Captain Smollett の発言なので、このめずらしい意味でぴったりなのかも知れない。いずれにしても、ネイティブでない英語学習者には(あるいはヨットや帆船の操船に知識皆無の素人には)語感を捉えるのが困難で、理解の難しそうなイディオムである。

**

2017年4月2日 日曜日 晴れ

スティーブンソン 宝島 完訳版 金原瑞人訳 偕成社文庫 1994年

補註 本棚から「宝島」の邦訳本を見つけ出してきた。

“Well, gentlemen,” said the captain “the best that I can say is not much. We must lay to, if you please, and keep a bright look out. It’s trying on a man, I know. It would be pleasant to come to blows. But there’s no help for it till we know our men. Lay to, and whistle for a wind, that’s my view.” (ibid., p66)

この部分の訳を金原訳を参照してみると・・
We must lay to, if you please, and keep a bright look out. ひたすらがまんして、じっくり観察することです。(金原訳・p142)
But there’s no help for it till we know our men. しかし見方になってくれる人間がわかるまで、われわれには打つ手がないのです。(金原訳・p142)
Lay to, and whistle for a wind, that’s my view. 座して追い風をまつ、それしかないでしょう。(金原訳・p142)

補註の補註 whistle for A
ウィズダム英和では、Aを口笛で呼ぶ、よって、Lay to, and whistle for a wind を直訳すると、(船首を風に向けて)停船し、追い風を口笛で呼ぶこと。「座して追い風をまつ」・・金原訳はぴったりとこなれた訳になっている。

*****

********************************************

Wilder, Silver Lake, Long Winter, & Little Town

2017年2月13日 月曜日 曇り(零度Cより上で、少し雪が融けている)

Laura Ingalls Wilder, By the Shores of Silver Lake, Harper

But there was something else here that was not anywhere else. It was an enormous stillness that made you feel still. And when you were still, you could feel great stillness coming closer. (ditto, p60)

補註 ローラは12歳、一家は鉄道の西進とともに西、ノースダコタへ。1880年ごろのお話。

**

2017年2月17日 金曜日 今朝は昨夜来0度上の温かさで雪が融けてきている。Silver Lake を今朝で読み終わり、次へと進めそうである。

Moving Day
Ma and Mary were glad because this was the end of traveling; they were going to settle on the homestead and never move again. Carrie was glad because she was eager to see the homestead, Laura was glad because they were leaving town, Pa was glad because he always liked moving, and Grace sang and shouted in gladness because all the others were glad. (ditto, p259-260)

Pa sat just outside the doorway, in a chair on the grass. They did not talk. They sat looking, while stars came out one by one and frogs are croaking in the Big Slough. A little wind was whispering. The darkness was velvety soft and quite and safe. All over the huge sky the stars were twinkling merrily. (ditto, p264)

*****

Laura Ingalls Wilder, The Long Winter (Harper, first published in 1940; revised edition, illustrated by Garth Williams, published in 1953; First Harper Trophy edition, 1971)

ほとんど餓死寸前まで追い込まれた長い寒い冬・・今の時代が氷河時代であること、そして今現在がその間にある間氷期であることを実感させられた。リトルハウス・シリーズの中でも長い、圧巻の一冊かと思う。ローラ・インガルスの文体は独特な稚拙体ではあるが、彼女が生きて深く体験した内容に裏づけられており、実に力強く読者に訴えてくる。

*****

Laura Ingalls Wilder, Little Town on the Prairie (Harper, first published in 1941; revised edition, illustrated by Garth Williams, published in 1953; First Harper Trophy edition, 1971)

2017年2月22日 水曜日 曇り

Sent Home from School
“We are sent home from school,” Laura said.
Ma sat down. She looked helplessly at Pa. After a dreadful stillness, Pa asked, “Why?” and his voice was stern.
・・・(中略)・・・
Then Pa spoke sternly. “You girls will go back to school tomorrow morning, and go on as though none of this had happened. Miss Wilder may have been wrong, but she is the teacher. I cannot have my girls making trouble in school.”
“No, Pa. We won’t,” they promised.
“Now take off your school dresses and settle down to your books,” said Ma. “You can study here, the rest of the afternoon. Tomorrow you’ll do as Pa says, and likely it will all blow over.” (ditto, Little Town on the Prairie, p164-165)

*****

********************************************

Wilder, Little House on the Prairie, & On the Banks of Plum Creek

2017年2月2日 木曜日 雪

Laura Ingalls Wilder, Little House in the Big Woods, first published 1932;
Little House on the Prairie, 1935;
On the Banks of Plum Creek, 1937;
(This edition first published 1992 by Dean)

**

If Pa had not known what to do, or if Ma had been too frightened to drive, or if Laura and Mary had been naughty and bothered her, then they would have been lost. The river would have rolled them over and over and carried them away and drowned them, and nobody would ever have known what became of them. For weeks, perhaps, no other person would come along that road. (Little House on the Prairie, Chapter 2, Crossing the creek, p159)

**

‘Oh, Charles, no!’ Ma said. ‘Not when we have done so much.’
Pa said he didn’t believe it. He said, ‘They always have let settlers keep the land. They’ll make the Indians move on again. Didn’t I get word straight from Washington that this country’s going to be opened for settlement any time now?’
‘I wish they’d settle it and stop talking about it,’ Ma said. (ditto, Chapter 21, Indian Jamboree, p313)

補註 北米大陸はもともとネイティブの人々が広々と居住していたものであり、まっさらの「新天地」というわけにはいかない。このあたりのテーマは、どのような視点から読み進めれば良いか、たとい少年少女文学とはいえ、難しい。考え始めると、英語を読むスピードも減速し、ページを捲る手も止まってしまう。
 藤永茂さんの「アメリカ・インディアン悲史」(朝日選書21、1974年)、「アメリカン・ドリームという悪夢 建国神話の偽善と二つの原罪」(三交社、2010年)なども併せ読むべきであろう。
 ・・が、取りあえず今回は主にファミリー小説という視点から、物語として読み進めていくこととする。

**

He (=Pa) figured that Indians would be as peaceable as anybody else if they were let alone. On the other hand, they had been moved west so many times that naturally they hated white folks. But an Indian ought to have sense enough to know when he was licked. With soldiers at Fort Gibson and Fort Dodge, Pa didn’t believe these Indians would make any trouble. (ditto, Chapter 22, Prairie Fire, p321)

**

 Pa took her hand and comforted it in his big one. He said, ‘We must do the best we can, Laura, and not grumble. What must be done is best done cheerfully. And some day we will have horses again.’ (On the Banks of Plum Creek, Chaper 2, The house in the ground, p367)

**

・・ So tomorrow you stay where Ma can watch you. You are not to go out of her sight all day. If you are good all day, then we will let you try again to be a little girl we can trust.
‘How about it, Caroline?’ he asked Ma.
‘Very well, Charles,’ Ma said out of the dark. ‘I will watch her tomorrow. But I am sure she will be good. Now back to bed, Laura, and go to sleep.’ (ditto, Chapter 5, p379)

**

Nothing but the blue sky was higher than she was. The wind was blowing. The green prairie was wide and far. Laura spread her arms and jumped, and the straw bounded her high. (ditto, Chapter 8, p394) 

Pa got up quickly and went to the door and stood looking out. His back quivered. Laura and Mary did notknow what to think.
When Pa turned around, his face was stern but his eyes were twinkling.
‘All right Laura,’ he said. ‘But now I want you girls to stay away from that straw-stack. Pete and Bright and Spot will have nothing but hay and straw to eat this winter. They need every bite of it. You don’t want them to be hungry, do you?’
‘Oh no, Pa!’ they said. (ditto, p396)

**

‘But I do know this, Caroline,’ he said. ‘No pesky mess of grasshoppers can best us! We’ll do something! You’ll see! We’ll get along somehow.’
‘Yes, Charles,’ said Ma.
‘Why not?’ said Pa. ‘We’re healthy we’ve got a roof over our heads; we’re better off than lots of folks. You get an early dinner, Caroline. I’m going to town. I’ll find something to do. Don’t worry!’ (ditto, Chapter 26, Grasshopper Eggs, p493-494)

補註 pesky 形 嫌な、うるさい、やっかいな

補註 艱難に際して示される不屈の開拓者魂・・チャールズ。そして、その妻キャロライン。 

**

補註 マイケル・ランドン Michael Landon 「大草原の小さな家」テレビ・シリーズについて
ウェブ情報で調べてみると・・
マイケル・ランドン Michael Landon  頼もしくて優しい父さんチャールズ・インガルス役。
1936年生まれ。1991年没。1974年に自身の制作・主演で「大草原の小さな家」をスタート。時には監督・脚本も兼ねる。

http://paonyan.com/daisogen/epiguide01.htm からの情報によると・・・
インガルス一家の旅立ち Little House on the Prairie
本国放送  1974年
日本初放送 1975年
日本再放送 1984年4月7日
監督マイケル・ランドン 脚本ブランチ・ハナリス

すばらしい収穫 A Harvest of Friends
本国放送 1974年9月11日
日本初放映 1975年
日本再放映 1984年4月7日
監督マイケル・ランドン
脚本ジョン・ホーキンス
ゲスト レイモン・ビエリ(オニール役)

補註 テレビ番組などについて(2017年2月7日追記)
 日本での放映の年度をみると、私がこの映像を見たのは、今から40年以上も前ではあるが、すでに幼少年期を過ぎ、東京で大学生をしていた時期であることがわかる。それよりもずっと前の、少年時代に見ていたような錯覚に陥っていたようなので、不思議な気がした。
 小学校に上がるか上がらないかの頃、劇場映画で「スイスのロビンソン」映画を見たことが、小学校時代を通じて忘れられない思い出となった。また、(今度は間違いないと思うが・・)「宇宙家族ロビンソン」という連続番組があり、「タイムトンネル」と並んで、子供の時の私の最も好きなテレビ番組であった。それらは皆、アメリカからやってきたものである。が、日本の子供が活躍するドラマ番組に、「宇宙人ピピ」という実写(プラス・アニメのピピ)の連続番組があり、それが最終回を迎えたときは寂しい思いをしたのを今だに覚えている。もちろん、手塚治虫のアトムや、円谷プロのウルトラQやウルトラマン・セブンなども、欠かさず見ていたと思う。小学校の講堂で行われる映写会では、「シンドバッドの冒険」のようなお話が一番好きだったように思い出される。(残念ながら母に連れていってもらった映画は、上記の「スイスのロビンソン」と「百一匹ワンちゃん」で最後になってしまった)。(2017年2月7日追記)

*****

********************************************

チャペック 長い長いお医者さんの話

2016年12月19日 月曜日 晴れ

カレル・チャペック 長い長いお医者さんの話 中野好夫訳 岩波少年文庫 1952年(オリジナルのチェコ語版は1931年) 挿し絵はヨセフ・チャペック

・・それはつまり、光と空気と日光のおかげなのだよ。(チャペック、同書・長い長いお医者さんの話、p32)

どの妖精にしたってそうですが、今までのしごとをさっぱりよして、なにかほかの、もっと利口なしごとに商売がえをしなけりゃ、今の世の中では、とてもやってゆけませんからねえ。なに、その気になりさえすりゃあ、しごとはいくらでもあるもんですよ。(同書、p52)

*****

わたしは、あの手紙一つのために、一年と一日というもの、かけずりまわっていたわけなんですが、わたしはそのあいだに、いろんなものを見聞きしました。プルゼン、あるいはホルンツェやタボールででしたが、それはそれは美しいりっぱな国ですよ、あなた、この国は。(チャペック、同書・郵便屋さんの話、p95)

補註 この物語の中の郵便屋さんの放浪を読んでいると、宮澤賢治の「旅人の話」を彷彿させられた。賢治の旅人は、一年と一日ではなくて、生まれ変わって何世にもわたって旅を続けるのであるが、かれはそのあいだに、いろんなものを見聞きした。美しいりっぱな国々と人々に巡り会ったのである。チャペック童話の出版が1931年(昭和6年)のことであるから、賢治の旅人の話とほぼ同じ頃に発想されたのであろう。(賢治の1931年がどのような状況であったかは、以前のこのWEBサイト、「ヘンリー・ミラー:パリは娼婦に似ている」のページに記載したので、ご興味をお持ちの方はこちらも参照いただきたい。

*****

こんなふうに、カッパにむくようなしごとがいくらもあるものですから、商売替えするものがぞくぞくと出て、今までどおり水の底にじっとしているものは、だんだんすくなくなりました。(チャペック、同書・カッパの話、p104)

補註 民俗学的にカッパの起源をどこに求めるのか、一度調べて、整理してみたいと思う。(40年前に柳田国男の遠野物語などを読んでいた頃は、チェコにもカッパが出没することなど、思いつきもしなかったのである。)非常に特殊な獣(ケモノ)だけに、起源は単一ではないかというのが私の第一感である。(2016年12月21日追記)

*****

補註 2017年2月15日水曜日・追記
 比較的長篇の「王女さまと子ネコの話」を本日で読み終えて、この一冊を読了。
 チャペック氏には語りかけたい子供たちや人々、それもふるさとチェコから広がって世界中の子供たちや人々がいたのだ。

「最後に一等つよいポイントの札は、・・人が、まごころをこめて書いた手紙、これがそうなのです。だからこの札は、ほかのどの札よりもつよい。たとえばですね、コルババさん、母親が子どもにあてた手紙だとか、人が自分自身よりも、もっとだいじに思っている人にあてた手紙だとか、まあそういった手紙ですね。」(チャペック、郵便屋さんの話、同書、p68)

「コルババさんはずいぶん、いろんなことを知りました。村も見ました。町も見ました。野も見ました。森も見ました。美しい日の出や、日の入りも見ました。春がきて、やがてツバメのむれの帰ってくるのも見ました。まいた種が、やがてみのって、刈り入れられるのも見ました。森にはキノコが、野には梅の実が、熟れていました。ジァテツ州ではホップを、ムニエルニッツェ州ではブドウばたけを、トゥジェボン州ではコイを、そしてパルドビツェではしょうがパンを、見ました。しかし、もはや一年と一日がすぎてしまって、まだたいせつな手紙のぬしがわからない情けなさを考えると、さすがのコルババさんも、がっかりしてしまって、ふとある道ばたに腰をおろすと、つい思わず弱音がでてしまいました。(チャペック、郵便屋さんの話、同書、p83)

わたしは、あの手紙一つのために、一年と一日というもの、かけずりまわっていたわけなんですが、わたしはそのあいだに、いろんなものを見聞きしました。プルゼン、あるいはホルンツェやタボールででしたが、それはそれは美しいりっぱな国ですよ、あなた、この国は。(チャペック、同書・郵便屋さんの話、p95)(補註 2017年2月15日・再録、何度読んでも心をうたれる)

*****

********************************************