カテゴリー別アーカイブ: 英文学

ディケンズ ドンビー父子(1)

2017年4月14日 金曜日 曇り

ディケンズ ドンビー父子 田辺洋子訳 東京こびあん書房 2000年

**

補註 バルザックの「人間喜劇」の訳本は15巻ほどもあり、中央図書館にもHs大学図書館にも並べられている。最後の2巻は事典と「あらすじ集」に当てられている。バルザック本のあらすじーーーこれは「あらすじ」とはいえ、相当に長い。読んでみると確かに詳しいあらすじでないと役立たない訳がわかる。
 一方、ディケンズ本に関しては、あらすじ集といったものはかなり簡略でもよさそうである。バルザック本ほどの筋の展開とトリックの複雑さは見られない。ある意味、安心して読み進められるのがディケンズ本の良いところであろう。同時に、ディケンズ本を読んで物足りないと感じる人(10年前の私はまさにそうだったのだが)には、それが物足りない理由にもなろう。
 今日から読み始めた「ドンビー父子」は、前回の「ハード・タイムズ」の4倍はありそうな、巨大な本である。図書館で借りてきているので、2週間で読み終えなければならない。去る4月8日に原書を注文してあるが、それが届くのはこの訳本を読み終えた後になるかもしれない。

**

2017年4月19日 水曜日 雨

「ギルスよ!」と船長(=ネッド・カトル船長)は裏の茶の間に駆け込み、彼の手を実に優しく取りながら言った。「舳先をしっかり風上に向けんかい。ならわしら、何とかしのげるて。お前さんはなただ」と船長はおよそ人智の探り得たもっとも貴重にして実際的な教義を説く者の厳粛さで。「舳先をしっかり風上へ向けておくだけのことよの。ならわしら、何とかしのげるて!」
 ソルじいさん(=ウォルター少年の伯父のソロモン・ギルズ老人)は彼(=船長)の手をそっと握り返し、礼を述べた。(同書、田辺洋子訳、上巻、p152-153)

どうかこういう時こそ舳先をしっかり風上に向けられますようとの伝言を托し(同書、上巻17章、p274)

補註 「舳先をしっかり風上へ向けておく」・・数日前の私なら意味不明の訳語であるが、「宝島」の船長の言葉を銘記しているため、この船長言葉はきっと lay to! と英訳するのだと思うのである。もちろん、アクセントは to の上にある。 lay は自動詞である・・ You may lay to that! (この海賊言葉の場合のアクセントはもちろん lay の上である)。

さらに補註
和西海洋辞典・辞書 Japanese-Spanish Ocean Dictionary, diccionario …
www.oceandictionary.jp/jjss/js-abc/jstsu.html によると・・
[海][帆を]詰め開きの [風上への帆走]、一杯開きの、クロースホールド、adv.詰め開き … /ceñir: [他動][海][船を風上に]ラフさせる、[船を]風上に向ける、[舵を]船首が風上に向くように取る、詰め開きで帆走する[英語: to luff, to sail close hauled].

「しかし、時にはお客様のために、風上に舳先を 向けて(困難な手段を選んで)走らなければいけないこともあります」・・などという使い方の場合であれば、 lay to (風上に向けて停泊)ではなくて、[舵を]船首が風上に向くように取る、詰め開きで帆走する[英語: to luff, to sail close hauled] というような英語になりそうである。詳細は、原書が届いてからこの上巻第9章の原文に到達した折りに再考察したい。

close-hauled の意味 ウェブ辞書によると・・
having the sails trimmed for sailing as close to the wind as possible
(帆船が)帆を詰め開きにした,いっぱい開きの

**

これで何もかもしまいにすりゃええんじゃ。(同書、p155)

補註 この本の訳者の田辺氏は広島生まれで広島経済大学教授とある。彼女の訳は、ロンドンっ子たちの会話が、東京弁ではないのである。それが何弁か分からないのであるが、それでも岡山出身の私にはどことなく「ようわかる」ので不思議である。ひょっとして広島弁のバイアスがかかった訳語になっているのかもしれない。「それもよか(九州弁?)」とも思うのである。岡山・広島弁なら、「それでもええんじゃ」と思えばよいのである。

*****

補註 フローレンスとポール姉弟がドンビー氏によって送られることになる、ピプチン女史の住むブライトンという海辺の街は? ウィキペディアによると・・・
ブライトン(Brighton)は、イギリスのイングランド南東部に位置する都市。行政上はイースト・サセックス州ブライトン・アンド・ホヴに所属する。
知名度・規模ともにイギリス有数の海浜リゾートである。観光都市であることから、ホテルやレストラン、エンターテインメント施設が多数あり、これらの施設を活かしたビジネスカンファレンスなども頻繁に開催されている。このほかの側面として、大学や語学学校をはじめとする教育施設が多い。このため学生が多く、パブやナイトクラブが多数あり、パーティ・タウンとしても有名である。<以上、ウィキペディアより引用終わり>

**

補註 半島戦争(同書、p162)1808年 – 1814年 ウィキペディアによると・・・
半島戦争(はんとうせんそう、1808年 – 1814年、英: Peninsular War(半島戦争)、西: Guerra de la Independencia Española(スペイン独立戦争)、葡: Guerra Peninsular(半島戦争)、仏: Guerre d’Espagne(スペイン戦争)、カタルーニャ語: Guerra del Francès(フランス戦争))は、ナポレオン戦争中イベリア半島でスペイン軍、ポルトガル軍、イギリス軍の連合軍とフランス帝国軍との間に戦われた戦争である。日本ではスペイン独立戦争またはスペイン反乱としても知られている。この戦争は「ハンマーと金敷」の役に擬えられている。すなわち「ハンマー」とはアーサー・ウェルズリーに率いられた4万から8万の軍勢からなる英葡軍であり、それによって金敷であるスペインの軍とゲリラとポルトガルの民兵軍の上でフランス軍が打ちのめされたのである。<以上、ウィキペディアより引用終わり>

**

********************************************

ディケンズ ハード・タイムズ

2017年4月13日 木曜日 雪(猛烈な風の吹雪、ただし路面の温度は高いので高速道路のクルマは流れている。飛行機はひょっとして止まるかもしれない)

チャールズ・ディケンズ ハード・タイムズ 山村元彦・竹村義和・田中孝信訳 英宝社 2000年 (原作は1854年4月1日から8月12日にかけて「家庭の言葉」に週刊連載された。ディケンズ、42歳)

「お父様はわたしに生命を与えて下さっておきながら、生きるよすがとなる小さな日々の喜びを、何から何までどうして取り上げておしまいになったのです? わたしはそのため死んでいるとしか思えないような状態で生きてきました。わたしの魂の美しさはどこにあるのです? わたしの感情はどこにあるのです? 何をなさったの、お父様、いつかは花が咲くべきだった庭になにをなさったの? 今は、ここに、ただ広いだけの荒野があるだけ」
 彼女は両手で自分の胸を叩いた。
 「もし一度でも、ここに、花が咲いていたら、その灰だけでも、救いとなったでしょうに。それなのに、今、わたしの人生は何もかも救いようのない空虚のなかに沈み込んでいるのです。こんなこと、言うつもりじゃありませんでした。・・・(中略)・・・今、わたしがつい口にしてしまったことは、あのとき、ほんのちょっとしたきっかけをお父様が与えて下さってたら、きっと口にしていたでしょう。わたし、お父様を咎めてるんじゃありません。私の中にお父様が決して育むことのなかったものを、お父様はご自分の中に決して育んでおられないのだから。だけだ、ああ! お父様がずっと前にそうなさっておられさえしたら、あるいは、お父様がわたしのことを構わずにほっておいて下さりさえすれば、ずっとよかったでしょうし、わたしだって、今日、もっと幸せな人間だったことでしょうに!」(ディケンズ、同書、p386)

ただ、その結婚にまったくどうでも構わないわけでもなかったのです。というのは、トム(補註:ルイーザの弟)にとってよかれと思ったのです。実体のないものに向こう見ずな逃避をしたのです。今ではそれがどれほど向こう見ずなことだったか、少しずつ分かってきました。(ディケンズ、同書、p389)

補註 ルイーザが大雨の夜、一人、汽車に乗ってコークタウンの実家に戻り、父のグラッドグラインド氏に会ってすぐに訴え語る言葉。
 ハード・タイムズの舞台はロンドンの遙か北に位置する架空の工場町コークタウン。

**

 彼女は頭を上げなかった。自分の惨めな姿が見られたという鈍い怒り、あのときひどく彼女を憤慨させた、あのふと表れた眼差しの予言通りになってしまったのだという鈍い怒りが、毒の炎を上げて彼女の内面にはくすぶっていた。ちからは完全に密閉されると、裂け、爆発するものである。・・・(中略)・・・彼女の最も強い性質は、長い間自らを押さえ付けるために用いられてきた結果、今や大きな一塊の強情となって、友に反抗して立ち上がったのである。(ディケンズ、同書、p402)

**

「わたしはただ、あの方への愛、あの方のわたしへの愛に心動かされただけです。あの方がおうちに戻られてからおそばに置いていただき、心を打ち明けて下さったということだけを頼りとしているのです。あの方のご性格と結婚についてある程度存じ上げているということだけを頼りにしているのです。ああ、ハートハウス様、あなた様だって、それを頼りとされておられたはずです!」
 この熱のこもった非難の言葉は、彼の心があったはずの空洞を突いた。そこは、今では腐った卵の巣になっていたのだが、もし口笛を吹いて追い払われていなかったならば、天国の小鳥たちのすみかとなっていた場所だった。(ディケンズ、同書、p415)

補註 シシーがハートハウス氏を訪ね、語る。

**

*****

********************************************

ディケンズ ピクウィク氏の冒険

2017年4月12日 水曜日 雨

C.ディケンズ 英国紳士サミュエル・ピクウィク氏の冒険 梅宮創造訳 未知谷 2005年
(The Posthumous Papers of the Pickwick Club)

ところが今、こんな獄舎にしけ込んでいるよりも、ずっと立派に振る舞える好機がすんなり到来したのです。獄に留まるなんて、あなたを知らない人からすれば、こちんこちんの石頭、意地っぱり、天邪鬼とされるのが落ちでしょうな。それだけのことですわ、まったく。片や、ご自分の友達の所へ、元の研究へ、健康で楽しい日常へと戻ることもできるのに、何をためらうことがあるんですかい。あの忠実で献身的な下僕を自由の身にしてやることだってできましょうが。(同書、p315)

補註 弁護士のパーカー氏がピクウィクに語る台詞。フリート債務者監獄に入獄中の場面である。債務者監獄については、「リトル・ドリット」でも紹介した。ディケンズのお父さんも家族で入れられていて、ディケンズ少年は靴墨工場で児童労働者として働いたのであった。
 本書、梅宮訳は全訳ではなく、抄訳しかもかなりの意訳とのこと。今まで私は滅多に抄訳本は手にしてこなかったのだけれど、ディケンズに関しては、私にとって英語がかなり難しく、いわゆる初見では(実際にはオーディオブックなので初聴というべきだが)ほとんど頭と尻尾がどこにあるかさえ聴き取れないのである。そこで、適当な日本語訳が手に入れば、とりあえず通読して頭に概略を描いておき、そのあとからオーディオブックに取り組むことにした。S市の中央図書館の棚に並んでいるのを見初めて借りてきた。

**

おいらは今までな、タイツを穿きゲートルを着け、眼鏡までかけた天使なんざ、聞いたこともなきゃ、物語で読んだことも、絵で見たこともねえんだ。憶えてるかぎりではな、まさかそんなこたァねえってもんよ。・・それでもおっさんは、正真正銘の天使なんだ。おっさんよりも立派な天使がいるっていうなら、そんなことぬかす奴の顔が見てえや (同書、p302)

補註 サム・ウェラーがジョブ・トロッターに語る台詞。サムはコックニー(マイ・フェア・レディのイライザの英語)で話すはずだ。となると、私にはかなり聴き取りにくい英語だろう。日本語訳なら、弥次喜多の江戸言葉風に訳せば雰囲気が合うのだろうか。梅宮訳は雰囲気をよく伝えようとしていると感じた。
 つい最近では、「宝島」のジョン・シルバーはじめ海の男(兼業海賊者)たちの英語がコックニーで読まれていた(ちなみにスティーブンソンの紙の本ではコックニー発音を反映した綴りを採用していない。あくまでオーディオブックのナレーターが読みに工夫を凝らしているわけだ)。最初は全く聴き取れなかったコックニーであるが、何度も繰り返して聴き続けていると聴き取れるようになってくるのが不思議である。

**

ピクウィク氏はそう云って、「では皆さん、ごきげんよう」と別れの声をかけた。大勢の囚人から歓声があがった。もう一ぺん握手を交わしたくて詰め寄る者もあった。ピクウィク氏はパーカーさんの腕を引き寄せ、急いで獄舎を出たものの、そのとき、ここに入れられた日よりもずっと悲しく沈鬱な気分に襲われたのであった。ーーーああ、ピクウィク氏はなんと多くの、悲しく不幸な人間を置きざりにしてしまったか。(同書、p320)

補註 ピクウィク氏が債務者監獄を去る場面。

*****

********************************************

ディケンズ 朗読短篇選集

2017年4月2日 日曜日 晴れ

ディケンズ 朗読短篇選集 小池滋編著 北星堂 2006年 (Charles Dickens; Selected short stories for public readings

補註 この選集に採られているものは以下の6編:
バーデル対ピックウィック裁判 小池滋訳
ボブ・ソーヤー氏の独身者パーティ 小池滋訳
ひいらぎ旅館のブーツ 荒井良雄・逢見明久訳
哀れな旅人 広河治訳
マグビー駅のボーイ 青木健訳
ドクター・マリゴールド 佐藤眞二訳

**

<終わりに、ブーツは次の二つの考えに同感するかと、私に尋ねました> まず最初に、いかに結婚を誓い合う仲でも、あの子供たちほど純粋な恋愛をしている恋人は、そう滅多にいないでしょうね。それに、これから結婚しようと考えている大勢の恋人たちにとっては、早いうちに引きとめられ、引き離され、連れ戻されるほうが、幸せなのでしょうね。(ディケンズ、ひいらぎ旅館のブーツ、同書、p85)

**

ディケンズ文学の「声を感じさせる語り」
活きの良いたたき売りの語りのリズムが、作品全体に作り出される。また、大道商人が客に語りかける構造が、朗読者が聴衆に向かい合う関係と重なる点においても、公開朗読に最適の作品といえる。マリゴールドは、その語りによって、鍋や皿など平凡極まりない品々を、魅力的なものへと変容させるが、それは、ディケンズが、自らの語りの力によって、ヴィクトリア朝のロンドンに存在した人やものを、作品中で、人々に喜びを与えるものとして表現したことと同質の行為である。(佐藤眞二 ドクター・マリゴールド、解説、同書、p185-186) 

**

*****

********************************************

英仏文学を理解するためのお金の単位と価値(1)

2017年4月2日 日曜日 晴れ

文学歴史の語彙メモ: (主に19世紀の)英仏の文学と歴史を理解するためのお金の単位

ペニー イギリスのお金の単位は、ポンドを基本としているが、その補助として、ペニーが使われる。1ペニーは百分の1ポンド。この頃(スティーブンソン「宝島」の頃)、4ペニー銀貨があった。

クラウン銀貨 1クラウンは5シリング。1シリングが1ポンドの20分の1。現在では、使われていない。

ギニー金貨 アフリカのギニアから輸入された金を使ってつくられたイギリスの金貨。20シリング、または21シリングにあたる。現在では、使われていない。

8の字銀貨 スペインの古い銀貨。表に「8R」と刻まれていることから、こうよばれた。(金原訳・宝島・訳注、p372-より)

**

2017年4月3日 月曜日 晴れ

W.S. Maugham, Ten Novels and Their Authors, Vintage, 2001 (first published in Great Britain by William Heinemann in 1954)

Fifty thousand francs was two thousand pounds, but two thousand pounds then (補註~1830) was worth far, far more than it is worth now (補註~1954). (ibid., p117)

補註 バルザックが出版業で破産して、母親から50000フランを立て替えてもらったのが1830年頃である。当時、1ポンドが25フラン。
 上記引用部分に続けて、モームはバルザックの「ゴリオ爺さん」の記載を引用しながら、当時の5万フランの価値を推定している。田舎の紳士階級(gentry)ラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算で(かつかつだが)生活できている。学生ラスティニャックは、ヴォケール婦人の下宿で、賄い付きで月に45フランを支払っている(1819~21年)。外に住んで、食事だけだと月30フラン。1950年現在であればおそらく月3万5千フランはかかるはず、とモームは言う(同書、p117)。
 補註者は、ここのモームの記載はやや飛躍があると思う。 Board and lodging to-day in an establishment of the same class as Madame Vauquer’s would cost at least thirty-five thousand franc a month. ibid, p117 となっているが、バルザックの「ゴリオ爺さん」の記載では、ヴォケール婦人の下宿は、オーウェル流の表現を借りれば、中流でもやや下、 upper lower middle class あるいはせいぜい lower middle middle class ではないかと思われるように描かれている。よって、モーム1950年頃のフランが相当安くなっているとしても、3万5千フランまではしないのではなかろうか。1フラン30円としても100万円もすることになるのは、補註者の金銭感覚と合致しない。以下に私なりに試算してみたい: 
 バルザックの「ゴリオ爺さん」のラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算、これをたとえば現代の日本の900~1200万円ぐらいの所得と考えてみる。すると1820年の1フランは、現在の3000~4000円となる。月30フランのフランス料理の賄いは、月額9~12万円。
 スタンダール「パルムの僧院」のファブリックがワーテルローの戦場で馬を取引するときに20フラン程度を考えている。1815年の20フランは、上記の換算では、現在日本の6~8万円となるが、ドサクサ紛れの戦場での金銭感覚としては大きくは外れていないと思う。
 仮に1820年の1フランを3000円とすると、1ポンドは3000x25=7.5万円。イギリスの住み込み女家庭教師の年収40ポンドは、7.5x40=300万円、これも現代日本の労働者の年収を勘案すると感覚的にははずれていない。
 すると、バルザックがお母さんに払ってもらった5万フランは、3000x5万=1億5000万円ということになる。ここに至ると、やや私の金銭感覚とギャップが生じる。息子の借金の肩代わりに1.5億のお金をキャッシュで払えるブルジョア母さんが今の日本にどれだけいるだろうか。ただ、当時は累進課税の所得税住民税がなかったかもしれず、新興のブルジョアが今の億単位(当時の万フラン単位)のお金を所有することは、比較的敷居が低かったのかもしれない。この金銭感覚のギャップが、当時のパリやロンドンで貧富の格差が巨大であったことを明示しているのであろう。
 当時の英仏という国家たちはいわゆる「三角貿易」で巨万の富を築きつつあり、金利収入感覚として、安定した年利4~5%のラインが常識的に意識され、話されているようだ。当時のイギリスは、そしてそれに追随してフランスも、世界から富を吸い上げつつ、巨視(マクロ)的には長期安定「高度成長期」にあった。国内国外に多くの貧困や犠牲を伴いつつも、良きにつけ悪しきにつけ金銭的に豊かな文明を開発享受し、新興市民たちが活き活きと活躍して文化を築いていた時期に当たるのであろう。

補註 2017年4月5日 追記
バルザック「人間喜劇」セレクションの別巻1ハンドブックによると、バルザック当時の1フランは、20世紀末の22フラン、すなわち日本円で500円ほどに相当するだろう、とのこと。これで換算し直してみると、

1820年の1フランは、現在の500円と仮定する。ラスティニャック一家6人が一年に3000フランの予算、これは、現代の日本の150万円ぐらいの所得。
月30フランのフランス料理の賄いは、月額1.5万円。
 スタンダールのファブリックがワーテルローの戦場で馬を取引するときに20フラン程度を考えている。1815年の20フランは、上記の換算では、現在日本の1万円となるが、ドサクサ紛れの戦場での金銭感覚としてもとても安い。
 1フランを500円とすると、1ポンドは500x25=1.25万円。イギリスの住み込み女家庭教師の年収40ポンドは、1.25x40=50万円、これも現代日本の労働者の年収を勘案すると非常に安い。
 フローベールのボヴァリー医師の骨折(単純な整復のみ、複数の長距離往診出張付き)治療謝礼が75フランであり、1フランを500円とすると、500x75=37,500円、この辺りになると今の日本とほぼ同じような価値感覚か、・・保険制度が発達している日本にあって、医療費はやや割高感があるが、3割負担なので払えているというような状況かも知れない。
 そして、バルザックがお母さんに払ってもらった5万フランは、500x5万=2500万円ということになる。これは私たちの金銭感覚にすんなりと受け入れられる。
 というわけで、1フランを500円とする換算表では、当時のフランスでは(今の日本に比べて)、安いものは不当に安く、高いものはまあ妥当な値段に見える。

今までの2回の議論を綜合して、感覚的に把握すると:
1820年当時、庶民の暮らしに要するお金は今に比べて、かなり安価に感じられる。もちろん労賃や賃金も非常に安い。ところが、同じ線型スケールでお金持ちのお金の使い様を見ると、極めて破格の値段になる。つまり、お金持ちはべらぼうに金持ちなのである。

お金の尺度として、現在の感覚スケールに合わせるときは、数フランの尺度のときには1フラン3000~4000円を、数千から数万フラン以上の尺度のときは1フラン500円ぐらいで捉えると、現在の日本人の物価の尺度感覚に合ってくる。

もちろん、お金の計算は線型で行われるものであるから、上記の二重基準の尺度には根本的な無理がある。すなわち、現在日本では、庶民の生活の底上げがなされて、比較的に平準化し、貧富の差が(19世紀初頭のパリに比べて)少ないために、単純な線型変換が感覚的に成り立たないのである。

**

2017年4月7日 金曜日 曇り

バルザック ニュシンゲン銀行 「人間喜劇」セレクション 第7巻 金融小説名篇集 吉田典子・宮下志朗訳 藤原書店 1999年 (「ニュシンゲン銀行」は1837年)

19世紀の換算レート
1フラン=現在のレートに換算すると約千円
1スー(=二十分の一フラン)=約50円
1三チーム(=百分の一フラン)=約10円
1エキュ=3フラン=約3000円
1ルイ=20フラン=約2万円
1リーヴル=1フラン(リーヴルは年金や公債によく用いる)(吉田典子・宮下志朗訳、上記巻末の参考資料、p469)

補註 上記の換算レート(1フラン1000円)は、4月3日の私見による試算(1フラン3000円)と、4月5日に引用した換算レート(1フラン500円)と、この両者の中間である。これはまさに妥当な、中産階級のための換算レートとして採用できるものと思う。

*****

********************************************