カテゴリー別アーカイブ: 英文学

ディケンズ 二都物語

2017年5月27日 土曜日 雨(朝から午後まで、時にかなり激しく降る)

ディケンズ 二都物語 加賀山卓朗訳 新潮文庫 平成26年(2014年)(原著初版は1859年刊)

 ルーシーは青ざめ、震えていた。慰めようとするシドニーも自分への絶望で満たされているので、このときの会話はほかのどこでも交わされないようなものとなった。
「もしあなたが、ミス・マネット、眼の前にいるこの男ーー見捨てられて、くたびれ果てた、飲んだくれの哀れな男ーーの愛に応えてくださったとしたら、たしかに幸せではありますが、この日このときにも、あなたに惨めさと悲しみと後悔をもたらすことに気づくでしょう。あなたを弱らせ、辱め、自分ともどもひきずりおろしてしまうことに。あなたがこの男になんの愛情も抱けないことはよくわかっています。愛など求められた義理じゃない。愛していただけないことに感謝したいぐらいです」
「たとえそうだとしても、あなたを助けられないのでしょうか。ミスター・カートン。また失礼なことを申しますが、あなたの人生をよりよい方向に導くお手伝いができませんか。わたくしがあなたの告白にお応えする方法はないのでしょうか。いまのお話は告白と考えてよろしいですね」少しためらったあと、彼女は心からの涙を流しながら、穏やかな声で言った。「あなたがほかの誰にも明かさないのはわかっています。わたくしのほうで、それをなんとか、あなたの役に立てられないでしょうか、ミスター・カートン?」
 彼は首を振った。(同訳書、p265)

「・・・死ぬときには、自分に対する最後の正直なことばをあなたに聞いてもらい、この名前も、欠点も、惨めさも御心のなかにやさしくとどめてもらったという、たったひとつの神聖な思い出を胸に抱いていける。そのことについてあなたに感謝し、祝福を祈ります。あとのことは気になさらず、どうかお幸せに!」(同訳書、p268-9)

「・・・つまりおれは、あなたと、あなたが愛する人のためなら、なんでもするということです。もし生活がもう少しまともで、人のために犠牲になれる余地や機会がわずかでもあるなら、あなたと、あなたが愛する人たちのために、喜んで犠牲になります。・・・以下、略・・・」(同訳書、p269-70)

補註 シドニー・カートンーー私が子供の頃(恐らく小学低学年)に見た「二都物語」の白黒映画映像・・それは異常に感銘深く、幼い私の心に強いインパクトを残し、この不幸な、気高い行いの青年の名前を、忘れられないその結末とともに、50年以上を経た今になってもそのまま呪文のように覚えているのである。
 上記に引用した場面は、シドニーがルーシーに愛を打ち明ける場面である。まさに「ほかのどこでも交わされないようなもの」である。空でホバリングするヒバリでさえ、あるいはネズミを捜して地を歩く狐でさえ、恋人に求愛する場合には、自身をある程度つくろい、相手にとってある程度は価値あるものと(自分を欺してでも)認めて、ある程度の成算ありとして求婚を決意するものである。ところが、シドニー・カートンには、その愛する気持ちには嘘偽りも衒いもないものの、ヒバリや狐にさえも当然であるはずの相手を前にした身繕いや相手に相応しいはずの自分に対する思い入れや自信が、表面上すっかり欠如している。このような愛の告白は、あり得ない。・・あり得ない設定ではあるものの、むしろそれ故にこそ、読む人に強烈な衝撃と感動を残さないではいない。これこそがシドニー・カートンという人物に相応しい行いであるし、そのような稀にも見られない人物を(たとえ扁平な一枚のカリカチャーであったとしても)創造してしまえることが、ディケンズという特異な小説家の真骨頂と言えると思う。

**

補註 映画「二都物語」ウィキペディアによると・・・
「二都物語」 – 1957年、イギリス映画 ラルフ・トーマス監督 カートン:ダーク・ボガード、ルーシー:ドロシー・テューティン (補註:私が見たのは、NHKテレビなどで放映されたものであろう)

**

*****

********************************************

ディケンズ 「クリスマス・ストーリーズ」における孤独な旅人

2017年5月10日 火曜日 曇り

チャールズ・ディケンズ クリスマス・ストーリーズ 田辺洋子訳 渓水社(けいすいしゃ)2011年(原著は1850年から1867年までのクリスマス特集号)

訳書の原本はエヴリマン・ディケンズ版 Charles Dickens, The Christmas Stories, ed. Ruth Glancy (1996)

田辺洋子 解説:「クリスマス・ストーリーズ」における孤独な旅人 同書の巻末 pp819-829

**

「クリスマス・ストーリーズ」には印象的な四人の孤独な旅人が登場する。即ち、「七人の貧しき旅人」(1854)のリチャード・ダブルディック、「柊亭」(1855)のチャーリー、「誰かさんの手荷物」(1862)のミスター英国人、そして「マグビー・ジャンクション」(1866)のヤング・ジャクソン(又の名をバーボックス・ブラザーズ)という。彼らはその不明な名に象徴される通り、空白の過去を引きずりながら何かを断ち切るために、或いは何かから逃れるために、孤独な旅に出る。旅はもちろん人生の「旅」の表象だが、果たして彼らは何から逃れ、何を求めて、どこへ旅をするのか? そして最終的には何を見出すのか? (田辺、同書、p819)

**

最初に墓地を訪れ、「仮にベベル(=孤児)が死んだら」感傷的に花輪を飾ろう伍長の姿を客観的に想い描いて冷笑していた彼は今や、他者のために命を擲つことをも辞さぬ伍長への真の人間的な敬意を通し、雄雄しくも、自分を失った時の娘にベベルの姿を重ね合わせる。「娘」を失った伍長に自分の姿を重ねるという飽くまで自己中心的な連想の輪を断ち切ったとき、彼は心の殻を一つ突き破ったと言えるだろう。父代わりの伍長を失ったベベルが「父」を再び見出せるとすれば「実の娘」に対して真の「父」たる自分を措いてない。翻せばベベルを「娘」として引き取るためにはまずもって彼自身が真の意味での「父」たらねばならない。・・・(中略)・・・今や自らに課した目的を果たそうとする、或いは自己の取るべき立場を見極めた、彼の最終的な心の砦の氷解の軌跡はそれまでは単に窓から眺めていたにすぎない堅牢な要塞を自分の足で一歩一歩、自己の使命たる「我が子」と共に踏み越えて行く過程に鮮明に跡づけられる。(田辺、同書、p824)

**

 如何に早く(速く?)訳すかではなく、ともかく訳せるか、の問題だった、「クリスマス・ストーリーズ」は。それくらい難しかった。思わずボヤくこと頻り。「ディケンズってこんなにクドかったかね? 今さらながら感心するよ」「いいじゃないの、いつまでもそんな風に思えるなら」とは母から返って来た意外な言葉。「ん?」どうやら「クドい」を「スゴい」と聞き違(たが)えたらしい。ま、いっか。(田辺、訳者あとがき、同書、p831)

補註 訳者の田辺洋子女史は1955年広島生まれ。1996年の「互いの友」から始まって、この2011年のクリスマス・ストーリーズまで次々とディケンズ飜訳本を出版されている。「ともかく訳せるか、の問題だった」・・原書と突き合わせてみると、田辺氏のおっしゃることはよーくわかる(といいながら、その苦労は膨大で、未熟な私の想像を絶する)。
 私がディケンズを読み始めたのは遅く、文字通り「60の手習い」であるが、田辺氏その他、多くの先達の手引きに助けられながら、これから楽しんで読み進めていきたいと考えている。

*****

********************************************

ディケンズ ボズのスケッチ

2017年4月30日 日曜日 曇り・午後4時頃より雨降り続く

ディケンズ ボズのスケッチ 短編小説篇(上・下) 藤岡啓介訳 岩波文庫 赤229-5 2004年(原作は1834年から1837年頃)

(原著はまだ未購入)

**

補註 ディケンズの最初期の作品群。

**

*****

********************************************

エミリ・ブロンテ 嵐が丘

2017年4月30日 日曜日 曇り・午後4時頃より雨降り続く

エミリ・ブロンテ 嵐が丘 中岡洋・芦澤久江訳 ブロンテ全集7 みすず書房 1996年(原作初版は1847年)

補註 物語の始まりは1801年の秋の終わりか冬の始まり頃。語り手のロックウッドが、大家のヒースクリフからスラッシュクロス・グレインジを賃借するところから始まる。ヒースクリフの住まいは嵐が丘(ワザリング・ハイツ Wuthering Heights)。

「ワザリングというのは嵐のときにその場所がさらされる大気の荒れ具合を謂う、この地方独特の意味の深い形容詞だ。なるほどあそこは澄んですがすがしい風がしょっちゅう吹きまくっているにちがいない。(E.ブロンテ、同書、p5)

**

確かに階段を昇ると呼吸が非常に荒くなること、ふいにちょっとした物音がしても身顫いをすること、ときどきたちの悪い咳をすることには気づいていましたが、こうした徴候が何の前兆であるのかまったく知りませんでしたので、彼女(=ヒンドリーアーンショーの若妻フランセス1777年結婚)に同情したい気持ちなどさらさら起こってきませんでした。普通このあたりではね、ロックウッドさん、向こうさまから先にわたし(当時アーンショー家の召使い・家政婦ミセス・ディーン)たちのことを好きにならないかぎり、よその人を好きになったりはしないのです。(E.ブロンテ、同書、p69)

**

(ヒースクリフに対する)ヒンドリーの扱いは聖者でも悪鬼にしてしまうに足るものでした。そしてほんとうに、その時期にはあの若者のヒースクリフはまるで何か悪魔的なものに取り憑かれているように見えたものです。彼はヒンドリーが救いがたいほど堕落していくのを目の当たりにして喜んでいました。そして粗暴な不機嫌さや獰猛さが日に日に目につくようになっていくのでした。(同書、p102)

彼女(=キャサリン・アーンショー)は野心満々だったからです。--そして誰かを騙そうと言うつもりは全然ないのに、二重の性格を身につけていったのです。(同書、p104-105)

**

補註 アーンショー家の召使い・家政婦ミセス・ディーン:この物語の主要な語り手
エレン(愛称は、ネリー、ネル、など)フランセスはエレンと呼び、キャサリンはネリーと呼び、ヒースクリフはネリーまたは時にエレンと呼び、ヒンドリーは時にネルとも呼ぶ。
ヒンドリー・アーンショーの乳兄弟(ということは、ネリーの母が、ヒンドリーの乳母をしていたということだろう)。(同書、p101)
フランセスが産後亡くなってからは、ヘアトン・アーンショーの乳母。
エドガー・リントンとキャシーが婚約した時点で22歳(同書、p122)。
キャサリンがリントン家にお嫁に行くときにキャサリンの家政婦として付いていく(嵐が丘からスラッシュクロス・グレインジへ移る;18年前、つまり1783年)。
1801年時点で、スラッシュクロス・グレインジの「家といっしょにまるで備品のように雇われている家政婦の落ち着きのある女性(同書、p12)」と紹介されている。

**

・・彼には立ち去って行くだけの力がありませんでした--
 ああ、彼は救いがたい--運命は決まっている、そしてその宿命に向かってまっしぐらに飛んでいくしかないのだ! とわたし(=ネリー)は思いました。(同書、p113)

**

「どちらの場所に魂が住んでいるにしても--あたし(=キャサリン)の魂とあたしの心で、自分は間違っていると確信しているの!」(同書、p124)

「・・ネリー、彼(=ヒースクリフ)があたし(=キャサリン)以上にあたし自身だからなの。あたしたちの魂がなんでできていようと、彼のとあたしのとは同じもので、リントンのは月光が稲妻と、霜が火と違うほどに違っているのよ」(同書、p127)

**

2017年5月16日 火曜日 雨

補註 S市中央図書館にて、翻訳書、読了。

*****

********************************************

ディケンズ ドンビー父子(6)

2017年4月22日 土曜日 雨

ディケンズ ドンビー父子 田辺洋子訳 東京こびあん書房 2000年

Charles Dickens, Dombey and Son, Penguin Classics, 2002 (原作は1848年)

**

It may have been that in all this there were mutterings of an awakened feeling in his (=ドンビー氏) breast, however selfishly aroused by his position of disadvantage, in comparison with what she (=フローレンス) might have made his life. But he silenced the distant thunder with the rolling of his sea of pride. He would hear nothing but his pride. And in his pride, a heap of inconsistency, and misery, and self-inflicted torment, he hated her.
To the moody, stubborn, sullen demon, that possessed him, his wife (=イーディス) opposed her different pride in its full force. They never could have led a happy life together; but nothing could have made it more unhappy, than the willful and determined warfare of such elements. (ibid., p610)

**

2017年4月26日 水曜日 曇り

  ’I trust myself to that,’ she said, ‘for his better thoughts of me, and mine of him. When he loves his Florence most, he will hate me least. When he is most proud and happy in her and her children, he will be most repentant of his own part in the dark vision of our married life. At that time, I will be repentant too — let him know it then — and think that when I thought so much of all the causes that had made me what I was, I needed to have allowed more for the causes that had made him what he was. I will try, then, to forgive him his share of blame. Let him try to forgive me mine!’ (ibid., p940)

補註 田辺洋子訳のドンビー本、今朝、読了。読み始めたのが4月14日なので、12日間もかかったことになる。原書ペンギン版で1000ページ弱、訳本田辺版で上巻下巻合わせて1000ページ余。ハード・タイムズ(1854年)に比べて恐らく4倍ものヴォリュームの大作であった。ハード・タイムズの方が6年も後の作品になるけれども、このドンビー父子の方が、少なくとも父と娘との愛情のテーマに関しては、あるいは夫婦の間の愛(憎)に関しても、(それぞれハード・タイムズとの対応が考えられるが)、このドンビー本の方が、より突っ込んで入れ込んで書かれている。

ディケンズの長篇に関して、私はまだ数冊を読み終えたばかりであり、全容を語れる立場にはない。が、ハード・タイムズでもドンビー父子でも同じようなテーマが繰り返し描かれていることを鑑みると、ディケンズが執拗に追究し乗り越えようとし、しかしすっきりとは乗り越えられずに藻搔いていたテーマであるのだろう。それはまた、読者の心の中で、過去に解決済みとされていながら、単に埋蔵して忘れていただけで実は解決されていなかった問題(癒えていない心の傷)を自覚させ、掘り起こせと呼びかけるのであろう。

**

‘Strange words in my own ears,’ said Edith, ‘and foreign to the sound of my own voice! But even if I had been the wretched creature I have given him occasion to believe me, I think I could have said them still, hearing that you and he were very dear to one another. Let him, when you are dearest, ever feel that he is most forbearing in his thoughts of me — that I am most forbearing in my thoughts of him! Those are the last words I send him! Now, good bye, my life!’ (ibid, p940)

補註 But even if I had been the wretched creature (that) I have given him occasion to believe me (to be the wretched creature), I think I could have said them (=Strange words;前に引用したイーディスの発言) still, hearing that you and he were very dear to one another.

補註 forbearing 形 我慢強い 辛抱強い 寛大な

補註 ディケンズの文章を訳すのは非常に難しい。易しそうな言葉使いでありながら、意外と正確には把握しづらいのである。

複雑な内容を表現するここの英語の表現は、何度も文章を目で読み返して、言葉を補ったりしてみないと判然とわかってこない。オーディオブックで聴いていたら、耳で聞いてすんなり理解するのは至難だろう。あるいは逆説的だが、耳に入る順にそのまま理解していった方が、すんなりと頭に入ってくるのかもしれない。いずれにせよ、相当の英語の修練と、文学的素養の修練(この場面で作中人物はこう語るのが道理で納得!と瞬時に判断できること)とを、今後の課題とさせられている。

*****

********************************************